【初心者向け】海外FXの始め方について丁寧に解説します!

FXトレードを行うには、国内X業者が運営している以外だと、海外FX業者を利用することになります。

国内FX業者と海外FX業者では取り扱う通貨などは同じであるものの、サービス内容が違う部分が結構あります。

そのため国内ではなくあえて海外FXを利用するという人も少なくありません。

そうした海外FXですが、トレードをスタートするにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は、海外FXの始め方について丁寧に見ていきます。

海外FXの始め方を紹介

1.海外FX業者のウェブサイトから口座開設手続きを行う

海外FXの顧客は日本だけでなくアメリカやイギリス、中国など世界中にいます。

対応する国が多いと申込書の郵送などに多大なコストがかかることから、口座開設におけるほとんどの処理はウェブサイト上でおこなえるようになっています。海外FXを始めたいと思ったら、まずはFX業者が運営しているウェブサイトにアクセスするようにしましょう。

海外FX業者で新規口座開設をすることに、「英語が分からないから自分には無理!」とか「複雑そうで面倒!」と思っている方は多いのではないでしょうか。

正直に言うと、海外FX業者で口座開設するのは非常に簡単です。もちろんスマホからでも出来ます。

本サイトで紹介している全22社の総合ランキングで常に上位となっているGEMFOREXという業者は、最短30秒で新規口座開設が可能です(公式ホームページでも謳っています)。

本サイトでは初心者でも分かりやすく口座開設が出来るように、写真付きで口座開設手順を紹介するページを用意しています。

口座開設する方は是非参考にしてください。

2.本人確認書類を添付する

海外FXではウェブサイト上から取引用の口座を開設できます。ですが作成された直後は口座があっても使えないようになっています。正確には、本人確認を行わなくても取引は可能ですが、出金が出来なくなっています。

こうした状態を解決するには本人確認用の書類を提出しなければいけません。

本人確認は「口座開設をした人の証明」を目的として行われます。同時に犯罪行為の防止やテロ活動の幇助をさせないための制度でもあります。

提出する書類は免許証や保険証をスマホ等で撮影して、口座開設画面上にアップロードするだけです。郵送でのやり取りはありません。 

3.FX取引用のツールのダウンロード

インターネット技術の発展により、様々なことがパソコン上で行えるようになりました。こうした流れはFXトレードでも同様で、FX用の取引ツールをダウンロードすれば自宅からいつでもFXトレードがおこなえるようになります。

FXトレードはいろいろな情報を駆使することから取引ツールのサイズも大きいと思うでしょう。ですがほとんどのツールは数メガバイトから数十メガバイトほどのサイズしか無いので、自宅で使っているパソコンに負担をかけることはほとんどありません。

最後に行うのが「口座開設が承認されたことの確認」です。

本人確認の手続きを済ませしばらく経過すると、海外FXの運営側から本人確認の結果が通知されます。通知内容を見て承認されたことを確認したら、取引用ツールを起動して、自分の口座にアクセスできるかどうかを確認してください。アクセスができるようになれば、FX取引が行えるようになります。 

国内FX業者の場合、口座が承認されるためには、登録住所に送付される「簡易書留書類」を受け取る必要があるため、1週間以上かかる場合も珍しくありません。

海外FXはこの簡易書留書類がないので、口座開設から取引できるまでの期間が大幅に短くなっています。 

海外FXを始めるのに必要なものとは?

海外FXを始めるためには、全くなにもなくてOK!ということはありませんが、基本的には持っている物を使えば、誰でもすぐに始めることができます。

実際には何が必要なのでしょうか?

  1. パソコン
  2. スマホ
  3. 本人確認書類
  4. マイナンバー確認書類
  5. インターネット環境
  6. 初期投資金

1.パソコン

今はスマホがあればトレードをすることは可能です。しかし、やりやすさの点で言うとやはりパソコンの方が良いので、最初はきちんと用意した方がいいでしょう。

FXをやりたいという人ならば既に持っている人も多いかもしれないですし、特に分析をしたり取引ツールを使ったりする場合はスマホなどよりも断然パソコンの方がいいです。それほど高スペックである必要がないので、高くないもので大丈夫です。

ただし、FX業者が提供しているツールは大半がWindows仕様なので、なるべくWindowsのパソコンを用意した方がいいです。

2.スマホ

スマホは今やだれでも持っているツールですので、新しく用意する必要はありません。経済ニュースのチェックをしたり外出先でのちょっとしたトレードをしたりと、非常に使い勝手が良いです。ガラケーでもできないことはないですが、スマホの方が反応が良くスピード面や機能面で勝っています。

最近はFX業者がアプリなどを開発しているので、スマホのみでFXに取り組んでいるトレーダーもいるようです。

ここまでは、まずツールの準備の段階です。

3.本人確認書類

口座開設の際は、国内FXでも海外FXでも必ず本人確認書類の提出が求められます。

提出方法は国内FX業者の場合は郵送などもありますが、基本的にはメール添付などの画像提出が可能となっています。ちなみに、本人確認書類に何があるのか、参考にしてみてください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民号の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

これら全てが本人確認書類として認められるわけではわりません。FX業者によって違いがありますので気を付けてください。また、海外FXの場合は、本人確認書類が下記に限定される場合が多いので覚えておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳

さらに海外FXの場合、これにプラスして住所確認書類が求められる場合が多いです。住所確認書類とは一般的に下記のようなものです。

  • 住民票の写し
  • 戸籍抄本や謄本
  • 公共料金の明細書
  • 固定電話利用明細書
  • カード利用代金明細書

ただし、これらは6ヶ月以内に発行されたもののみ認められる場合が多いので、発行年月日に気を付けましょう。

4.マイナンバー確認書類

これは日本のFX業者で口座開設する場合にのみ必要となります。

海外FX口座の場合は必要ありません。マイナンバー確認書類にはいくつか種類があります。

  • 個人番号カード
  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバー記載の住民票

ちなみに、国内FXではマイナンバー確認書類の提出は義務です。海外FXの場合はマイナンバー確認書類は必要ないですが、提出を求められることがあります。FX業者によっては義務とされているところもありますが、これに応じなくてもトレードを続けることができます。

FX業者によって違いがありますので、しっかり調べておくようにしましょう。

口座開設ボーナスを貰ってタダで取引を始めよう!

口座を開設したら、自己資金を入金しなければトレードは出来ないと思っていませんか?海外FXの場合は、多くの業者で口座開設するだけで豪華なボーナスが貰えます。金額は業者によって異なりますが、3,000円~30,000円ぐらいの口座開設ボーナスが多いです。

取引に慣れるまでは、この口座開設ボーナスだけで取引することをおすすめします。万が一損をしても自分の懐を痛めることが無いので、ノーリスクで海外FXになれることができます。

ボーナスがゲットできる海外FX業者をまとめたページがあるので、是非参考にしてください。

国内FXと海外FXどちらを選べばいいの?

単純に考えると、国内FXの方が安心では?と思われるかもしれませんが、最近では海外FXを選択するトレーダーも増えてきています。それでは両者の違いはどこにあるのでしょうか?

簡単に表にまとめましたので参考にしてみてください。

項目名 国内FX 海外FX
レバレッジ 規制あり(最大25倍) 規制なし
ゼロカット なし あり
追証 あり ゼロカットがある場合なし
スプレッド 狭め 広め
処理方式 DD方式 NDD方式の方が多い
プラットフォーム 独自が多い MT4やMT5が多い(共通)
自動売買ツール 有料や接続不良が多い MT4が自動売買に対応
税金 申告分離課税(一律20.315%) 総合課税・累進課税
稼げば稼ぐほど税金が上がる

見てみると海外FXの方がメリットが多いように感じますね。中でも、ポイントはゼロカットシステムです。ゼロカットとは、トレードで大きな損失が出た場合に口座残高が0になる前に自動で決済してくれるというシステムです。

これのメリットは、借金が発生しないという点にあります。自分が入金した資金が0になることはあっても、それ以下になることはありません。

しかし、国内FXの場合はそうしたシステムがありません。

また、処理方式にも大きな違いがあります。国内で採用されているDD方式は、トレードの際にトレーダーと市場の間にFX会社が入って注文を一旦FX会社が受け取る仕組みです。

この部分が不透明なため、不正取引が行われる可能性を否定できません。自分の注文がそのまま市場に流れるとは限らないからです。この方式の場合はトレーダーの損失が会社の利益になるという点でも不信感が募ります。

一方で、NDD方式の場合はトレーダーの注文がストレートに市場に流れるという安心感があります。

こうして比較してみるとやはり海外FXの方がメリットが多いように感じます。

今後のことを考えると、最初から海外FX業者を選択することをおススメします。ただし、スプレッドが国内FXより広いことや稼げば稼ぐほど税金がかかるという点は忘れないようにしましょう。

なぜ海外FXが選ばれ続けているのか?

海外FXといってもいろいろなFX業者があり、各社それぞれが個性をもっています。そうした中で共通性があるとすれば「レバレッジが高い」ことが挙げられます。

国内FXの場合は法律によって25倍がレバレッジの上限と決まっていますが、海外FXはその限りではありません。そのため500倍や1,000倍、FX業者によっては最大3,000倍ものレバレッジを掛けられるところもあります。レバレッジが高いと、少ない資金で大きく勝負ができたり、取引を分散できたりと様々なメリットが得られるようになります。

もちろん取引の規模が大きくなるのでリスクコントロールは必須ですが、コントロールできればレバレッジの低い国内FX業者よりも効率よく稼ぐことが可能です。

レバレッジ以外では「スプレッドが比較的広い」のも共通しているポイントです。国内のFX会社はDD方式を採用しているのに対して、海外FXNDD方式を採用していることから、スプレッドが広くなっています。

ただし取引の公正さは海外FXのほうが優れています。

 

海外FX業者の選び方

海外FXは国内FXより優れているところはあるものの、どの業者でも安全というわけではありません。質のよいFX業者を見極める必要があります。ここではそうした良いFX会社を見分け方についてみていきましょう。

1.金融ライセンスを取得しているかチェック

「金融ライセンスを保有している業者か」を必ずチェックしてください。

金融ライセンスにも様々ありますが、何かしらのライセンスを所持しているFX業者とそうでないFX業者とでは安全度が大きく異なります。ライセンス未取得の業者、ライセンス未取得なのに保有していると嘘をついている業者などがあります。ここは非常に重要なポイントなので必ずチェックするようにしましょう!

チェックするには本サイトのトップページをご覧いただければ、全22社の金融ライセンス保有状況が分かります。

2.ボーナスがあるFX業者かチェック

「ボーナスが充実しているかどうか」をチェックするようにしてください。

国内FXは金融庁が定めた法律によって提供できるボーナスに制限が設けられていることもあるのですが、海外FXは金融庁の制限を受けないことから独自のサービスを提供できるのでボーナスがかなり豪華です。

たとえば口座開設ボーナス。新規口座開設をする際にボーナスをもらえることがあります。

得られるボーナスは3,000円から20,000円ぐらいですが、キャンペーンなど特定の時期になると3万円を超える場合もあります。

ほかにも、入金ボーナスというのもあります。入金という言葉が示すとおり、開設した口座にお金を入金することで得られるボーナスです。なかでも、よくあるのが「100%入金ボーナス」です。たとえば5万円自己資金を入金すると、FX業者が100%ボーナスを付与してくれるので入金額と同額の5万円をゲットできます。

要は自己資金5万円がボーナスをもらうことにより10万円となって取引が可能になるということです。

FXでは入金方法が銀行送金であったりクレジットカードであったりといろいろありますが、基本的にはどの入金方法であってもボーナスは入手できます。

入金額に対してどれくらいのボーナスがもらえるのかは、今まで入金した金額や利用するFX業者によっても異なります。どこがお得なのかを調べたほうがよいかもしれません。

3.評判を口コミなどでチェック

海外FX業者を事前に知るのに一番効果的で手っ取り早いのは、「ネットで口コミサイトを探る」ことです。ツイッターなどのSNSで調査してもいいでしょう。また、ランキングサイト等で上位に来ている業者であれば、基本的には問題の無い海外FX業者であると判断していいと思います。

もしそれでも困るというのであれば大手業者を選びましょう。

海外FX業者の大手と言えば、「GEMFOREX」か「XM」が有名です。

両社とも多くの日本人トレーダーが利用している業者なので、疑問があった場合直接業者に聞かなくても大体のことはネット検索すれば解決策が見つけられます。

まとめ

海外FXを始めるには複雑な手続きがいるのではないか?と思われがちです。

ですがほとんどの処理はスマホで済ませられるため、実際は簡単に手続きが行えます。そのためには、スマホ以外にも免許証や保険証などの写真を提出する必要がありますので、忘れずに用意してください。

海外FXのオススメの始め方は、とにかく口座開設ボーナスを貰って始めることです。

まずは貰ったボーナスで取引に慣れてから自己資金を投入していくという方法を取った方が良いでしょう。

注意点としては、海外FXも国内FXと同様に良い業者がある一方で悪い業者もあります。困ったら大手業者で始める、ちょっとマイナーな業者に手を出すなら上述したポイントは最低でもチェックして取引を開始するようにしましょう。

※本サイトのトップページでは「全22社の海外FX業者をランキング形式で紹介」しています。各社の強み弱みや評判、口コミなどを分かりやすくまとめてあるのでそちらも是非チェックしてください。

海外FX業者ランキング

1GEMFOREX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
56点/60点

メリット
  • 口座開設ボーナスや100%入金ボーナスが充実
  • 0.78秒以内に99.99%の約定率
  • 日本語によるサポートが充実
  • リクオートや約定拒否がない
  • レバレッジは最高水準の5,000倍(レバレッジ5,000倍口座)
150以上の自動売買ソフト(EA)やミラートレードが利用可能!
常時開催の破格ボーナスで有名な海外FX業者
GEMFOREXは2014年にサービスを開始した海外FX業者です。
現在の口座開設数は62万を突破(2022年6月時点)、最大5,000倍のレバレッジを武器に利用者を増やしています(※レバレッジ5,000倍口座)
GEMFORXの最大の特徴は、ボーナスキャンペーンの充実度と150以上のEAツールを無料でダウンロードできる点でしょう。口座開設ボーナスや入金ボーナスは内容を変更しながらほぼ常時開催されており、他社比較してもボーナス金額は群を抜いています。また口座開設した人なら自動売買ツールやミラートレードを無料で利用できるのも魅力です。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
5,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式/NDD方式 MT4/MT5 メール、ライブチャット モーリシャス金融ライセンス
ボーナスで2万円もゲットできた。一切入金しなくてもトレードできるのはありがたい
レバレッジ1,000倍を試してみたかったので口座開設してみた。口座開設ボーナスや入金ボーナスが貰えるのでGEMFOREXがどんなものか試してみるのに便利
ミラートレードが無料でできるのはお得に感じる
EAツールありすぎてどれ使ったらいいかよくわからないけど得した気分
DD方式が確定なので裏で操作されているか不安
2019年に金融ライセンスやっと取得したようだけど、FSPのライセンスって大丈夫?(2021年にモーリシャス金融ライセンスを取得済)
通貨ペアは他の業者に比べると44種類と少なめ。マイナー通貨で冒険しなければ大した問題ではないとは思う
90日以上トレードしていないと口座維持手数料(15ドル)がかかるから注意!

2XM
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
54点/60点

メリット
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • 100%入金ボーナスやポイント特典がいっぱい
  • 平均約定率は業界最高レベルの99.35%を1秒以内に執行
  • 日本語サポートが充実
日本人に人気No.1の実績豊富な海外FX業者。
信頼抜群な安定感と豊富なボーナスが魅力
XM(エックスエム)は2009年からサービス開始、日本進出でも10年以上の実績がある、日本人投資家に絶大な人気を誇る海外FX業者です。
おすすめランキングでも必ず上位に選出されており、海外FXを始めるにあたって知らない人はいないほど圧倒的な知名度があります。海外FX口座を持つ利用者の70%以上がXMの口座を保有していると言われています。
XMはアジア向けに「XMTrading」というサービスを提供しており、日本在住者が利用できるのはこのXMTradingとなります。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 メール、ライブチャット セーシェル金融庁ライセンス
レバレッジ1,000倍は高すぎず低すぎずとても使いやすい
知名度が高いだけでなく、ボーナスが充実していることや他のFX業者と比べてみても使い勝手が良く、ビギナーから上級者までどんな人にもおすすめ
日本語サポートがしっかりしているので、まったく不安はない
どこの海外FX業者を選んでいいかよくわからなかったらとりあえずXMにしておけば問題ない
スプレッドが全般的に広めなので、スキャルピングトレードしようとする人には向いていない
Zero口座はレバレッジも500倍だし、ボーナスもないので開設するメリットがあまりない
出金する際にはかなり時間がかかるし手数料もかかる点がマイナスポイント
取引通貨ペアによってはスリッページが大きいものもあるので注意

3iFOREX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
52点/60点

メリット
  • 100%(初回入金1,000ドルまで)25(残り5,000ドルまで)のウェルカムボーナス
  • 年利3%の利息キャンペーンあり
  • 750以上の取引可能銘柄
  • 日本語対応がしっかりしている
  • 信託保全あり
運用実績は25年以上!
安心と信頼で人気を誇る、海外FXの歴史を物語る老舗FX業者。
iFOREXは 1996年創業、25年以上の運用実績があるFX業界でも歴史が古い海外FX業者です。長いこと日本人向けにサービスを提供してきており、日本人にも人気の高いFX業者の1つとして知られています。
最大レバレッジは400倍とあまり高くありませんが、出金拒否といったトラブルはなく、信頼性高いFX業者だと言えるでしょう。
またiFOREXはロスカット水準が0%なため、口座残高ぎりぎりまでポジションを保有できます。海外FXでは通常20~30%のロスカット水準となっているため、iFOREXの0%は他にあまり類を見ません。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
400倍 不可 あり 不可 0%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 FXnet Viewer(独自ツール) メール、電話、ライブチャット 英領バージン諸島金融サービス委員会
やっぱり20年以上の実績は偉大。すべてにおいて安定した稼働を実現
ロスカット水準0%だからハイレバトレードを思う存分楽しめそう
通貨ペアおよそ80種類あるので、メジャー通貨以外のマイナー通貨でトレードしたい人にはおすすめ
サーバーインフラが不安定なのか、よくサーバーが落ちる
FXnetなる独自プラットフォームもいいけど、MT4使えないのは残念
スキャルピング不可&EA使用できないので上級者には物足りない業者

4FBS
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
50点/60点

メリット
  • 100%入金ボーナスや各種キャンペーンが魅力
  • 初回入金1ドルから(セント口座のみ)
  • 信託保全がされている
  • 取引量に応じたキャッシュバック(1ロットあたり最大15ドル)
  • 最大レバレッジは3,000倍
他を圧倒する海外FX最高水準の3,000倍というハイレバレッジ。
スポーツカーが当たるといった豪華なキャンペーンも魅力
FBS は2009年に設立された海外FX業者です。これまでに190ヶ国以上2,300万人のお客様にサービス提供し、海外FX初心者からFXトレード経験豊富な専用トレーダーまで、数多くのユーザーに利用されています。また、FCバルセロナがスポンサーといった話題性も豊かです。
100ドルのクイックスタートボーナスや100%入金ボーナス、さらにはスポーツカーがもらえるトレードコンテストなどお得なキャンペーンも見逃せません。
そんなFBSを有名にしたのはレバレッジ3,000倍と業界No.1のレバレッジの高さでしょう。マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロスプレッド口座の3つの口座でレバレッジ3,000倍のトレードが行えます。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
3,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 LINE、メッセンジャー、電話、ライブチャット キプロス証券取引委員会、ベリーズ国際金融サービス委員会
レバレッジ3,000倍はやはりすごい。どんなものか試してみたくなる魅力を感じる
自動売買(EA)用にVPSサーバが無料で使えるのはかなりお得
取引のたびにキャッシュバックされるのってポイント還元みたいで得した気分になる
ボーナスはとっても魅力なのに出金時の条件が異様に厳しすぎて面倒くさい
公式ホームページが翻訳ソフトで訳しただけのような意味不明な日本語で、サポート部分はかなり不安
約定が滑りまくるのでスキャルピングには不向きな業者だと思う

5IS6FX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
48点/60点

メリット
  • 日本語対応が充実
  • ボーナスが魅力(最大200%の入金ボーナスも)
  • 最大レバレッジは1,000倍
海外FX最高水準1,000倍のハイレバレッジ。
最大200%の入金ボーナスが魅力(不定期)

IS6FXは、2016年にサービスをスタートさせた日本人に人気の海外FX業者「is6com」が、20209月にサービスを一新して誕生したFX業者です。リニューアル後は弱点でもあった「入出金の遅さ」を克服したほか、ボーナスキャンペーンがさらに充実。不定期ながら入金ボーナスが200%になることもあります。

そんなIS6FXの魅力は海外FXの中でも最高水準のレバレッジ1,000倍。これによりボーナスとハイレバレッジを利用してFXトレードを充分楽しむことが出来ます。また、海外FXでは一般的な追証なしゼロカットシステムが取り入れられているのでハイレバレッジな取引でも安心です。is6com時代には金融ライセンス未取得でしたが、IS6FXでは「セントビンセントグレナディーン島の金融ライセンス:26536BC2021」を取得。比較的簡単に取れると言われている金融ライセンスではありますが、一定の信頼性はあると考えてよいでしょう。

最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 50%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 MT4/MT5 メール、LINE、フォーム セントビンセントグレナディーン島金融ライセンス
問い合わせに対する回答の素早さは群を抜いている
入出金対応は他と比べても早いと感じるので急ぎの際には便利
小額投資でも1,000倍のレバレッジがかけられるis6comならFX最大の魅力を実感できる
口座開設したときちょうど入金ボーナスが200%だったのでラッキー
取引通貨ペアが30種類以上はあるものの、他の海外FX業者と比べて少ない印象がある
金融ライセンスを取得しているが、比較的簡単に取れる金融ライセンスなので少し不安
感覚的にNDD方式でなくDD方式だと思う。気になる人は別の業者のほうがいいと思う
ロスカット水準50%と高めなので、思い切ったハイレバレッジがかけられない

6MYFX Markets
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
46点/60点

メリット
  • ハイレバスキャルピングトレードができる
  • オーストラリア大手FX業者のホワイトラベルにて信頼性が高い
  • ドル関連の通貨ペアのスプレッドは他と比べても狭い
中・上級のスキャルピングトレーダーに人気!
オーストラリア生まれの中堅海外FXブローカー
MYFX Marketsは、2013年にオーストラリアで設立された海外FX業者。
広告を出さず、あまりキャンペーンも派手に行っていないこともあって、日本国内ではあまり知られてはいませんが、約定力や低スプレッドを武器に展開、堅実な運営を行っている業者の一つです。
2020年には公式サイトが日本語対応となったほか、20216月には取引条件やサービスを刷新するなどリニューアルが行われており、徐々に知名度が上がりつつあります。スプレッドが狭く安定していることや短期売買に特化した取引ツール「cTrader」が導入されていることなどから、中・上級トレーダーの中でも特に短期トレードを目指すスキャルピングトレーダーに向いているでしょう。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
500倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/cTrader メール、電話、チャット、LINE セントビンセントグレナディーン
データセンターが東京にあるって聞いたのでスピードについては非常に期待できる
豪ドル関連の通貨ペアを使う時にはMYFXMarketsは最高
公式ホームページを見るとよさそうなんだけれど、日本でやっている人が少なく情報が少ない
プラットフォームでMT5が使えないのは少々残念
おすすめの記事