海外FX初心者が海外FXを始めるならデモトレードから初めてみよう!

海外FX口座には、自分のお金を使わなくてもトレードが体験できるデモ口座を設けている業者があります。

そこで、デモ口座を開設してトレードをすれば、お金を使わずにトレード体験することができます。

今回は、そんな海外FXのデモ口座とデモトレードについてご紹介していきます。

デモ口座とは?

海外FXにはたくさんの業者がありますが、どの会社も何種類か口座を設けているのが一般的です。

それぞれに特徴がありますが、その中でもデモ口座は実際に入金することなくトレードの体験や練習ができることで重宝されています。

ここでは、日本人トレーダーに人気の海外FX業者XM」のデモ口座開設方法や、デモトレードにはどんなメリットがあるのかについてご説明していきます。

デモ口座の開設方法

では、早速XMを例にデモ口座の開設方法を確認していきましょう。

>>>>>XMのデモトレードを申込する

 こちらがXMの公式ホームページのホーム画面です。この中で、黄色い枠の中の「デモ口座開設」のボタンを押してデモ口座を開設します。

この後必要事項を記入するフォームへ移動します。必要事項は以下です。

1.個人情報(英語表記で入力してください)

  • 氏名(姓名)
  • 居住国
  • 都道府県、市
  • 電話番号
  • コード(+81)
  • Eメールアドレス
  • 希望言語

2.取引口座詳細

 プラットフォームはMT4MT5を選べるようになっており、口座タイプはstandard口座かzero口座の選択になります。基本通貨は、USDEURJPY3種類から選択できます。レバレッジは、XMの最大値888倍まで設定することができるようになっていて、投資額は1,0005,000,000までを選択できます。

3.口座パスワード

 

小文字、大文字、数字を組み合わせて作成してください。

これらの情報を入力して、「デモ口座開設」という緑のボタンを押せばOKです。その後、XMから登録したEメールアドレスへメールが届きます。それを開封して、「Eメールアドレスをご確認下さい。」という赤いボタンを押してください。この認証リンクは24時間経つと無効になりますので、気を付けてください。

 

この後、更にXMからメールが届きます。このメールに、指定したプラットフォーム(MT4MT5)のログイン情報が記載されています。数字で記載されているIDをメモしておくようにしましょう。同じメールに、サーバーへのリンクが記載されていますので、そのリンクからデモ口座にログインします。

これで、デモ口座自体は開設することができます。ただ、これだけではまだトレードできませんので注意してください。この後、MT4MT5のプラットフォームをお持ちの端末にインストールしなければなりません。口座開設時に指定したプラットフォームでなければログインできませんので、気を付けてください。こちらのインストール方法も簡単に触れておきます。

MT4MT5のインストール方法

  • PCの場合、XMの公式ホームページからインストール可
  • iPhoneiPadなど、iOSの端末の場合はApp Sroreからインストール可
  • Androidのスマホやタブレットの場合、Google Playからインストール可

インストールして、ログインする際にはXMから届いたメールに記載されている指定のサーバーを利用しなければなりませんので注意してください。

以上が、XMのデモ口座開設に関する情報です。

リアル口座開設時に必要な本人確認書類などの提出は、デモ口座では必要ありません。

ちなみに、このデモ口座は開設手数料も口座維持費もかかりません。また一人最大5口座まで作成することができるので、色々なパターンのトレードを試すことができます。

有効期限はありませんが、90日以上のログインがなければ自動的に閉鎖されます。デモ口座の残高はリセットすることができないので、残高減少により取引ができなくなった場合には、新しいデモ口座を作る必要があります。この点には注意が必要です。

デモトレードのメリット

既に海外FXをご経験されている方にはあまり関係ないかもしれませんが、初めて海外FXに挑む時、いきなりリアルマネーで取引をするのはちょっと怖い気がします。

海外FXは国内FXと違うところも多いですし、国内FXにはないハイレバレッジの取引もあります。しかし、デモトレードを利用することで、ハイレバレッジのトレードの雰囲気を感じることができる点は非常におススメです。また、これまでMT4MT5を利用したことがなかった人にとっては、これらの取引の仕方に慣れる良いチャンスとなります。

さらに、基本的な自動売買ツールを使ってみるということもデモ口座ではできます。これからFXをやっていくのであれば、必ず使う時がきます。特に損切りの自動設定はぜひここで試してみてください。

デモトレードで気を付けることとは?

無料だし、口座開設も簡単だし、デモ口座を作ってみようかなと思ってくだされば幸いですが、その前にいくつか注意点もお伝えしておきます。

デモ口座はそもそもリアル口座とはサーバーが別になります。このため、デモトレードのスプレッドや約定力などはリアルトレードとは全くちがう場合があることは覚えておきましょう。

ですから、デモトレードで特訓したことがそのままリアルトレードで生かせるわけではないということです。

また、FX業者の中にはデモ口座でトレーダーをいい気分にさせるために、リアル口座よりもずっとスペック設定を上げているところもありますので、より注意が必要です。あくまで、練習。本番とは全くちがうということは頭に入れておきましょう。

デモ口座を開設できる海外FX業者

デモトレードのメリットと共にデメリットもおわかりいただけたでしょうか。先程は、海外FXの中でも特に日本人に人気のあるXMを例にとって口座開設のご説明をしましたが、同じような手順で他の海外FX業者でもデモ口座を開設することができます。デモ口座を開設できる海外FX業者をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

  • GEMFOREX
  • FBS
  • IronFX
  • iFOREX
  • HotForex
  • TRADE VIEW
  • MYFX Markets
  • LAND-FX
  • FXDD
  • AXIORY

ここで紹介した会社以外にももちろんデモ口座はあります。これらの会社は基本的にMT4またはMT5を利用していて、どのFX業者を試してもプラットフォームの使い心地は同じです。違うとすれば、最大レバレッジくらいでしょう。

ですから、あまりたくさんの会社でデモ口座を開設してもメリットはありません。複数のFX業者で開設しなくても、一つのFX業者で開設したデモ口座だけで十分と言えるでしょう。

デモ口座を使ってゲーム感覚にて海外FXに親しもう

今回は、デモトレードについてご説明しました。

よくデモトレードは「リアルトレードとは全然違うから意味がない」という話もあるのですが、大切なのは海外FXの雰囲気を感じることとゲーム感覚でトレードを楽しむことができるという点だと思います。

リアルトレードでは、実際のお金が動くのでやってみたいけどできないことってたくさんあります。それを試すことができるのも、デモトレードの良さです。あまりマイナス情報は気にせず、気軽にデモトレードを楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事