【FX初心者必見】XMで口座開設をするメリットとやり方をすべて徹底解説!

 

これからFXを始めようと思っている方で、どの証券会社を選べばいいのか迷っているという方は多いと思います。

そのような方におすすめなのが「XM Trading」という海外FX業者です。XMは海外の業者ですが、日本人からの人気も絶大で、初心者から上級者まで使いやすい仕様とサービスが魅力です。

そこで今回は、XMの魅力や使うメリット、口座開設の方法まで具体的にご紹介していきます。

 

XM TradingとはどんなFX業者?

 

XM Tradingとは、XMグループの1つの会社で日本人向けにサービスを提供する会社です。

2009年に設立されたTradexfin Limitedという会社が運営会社となっています。

おおもとのXMは30カ国語に対応しており、世界的にも知名度も人気も高いFX業者となっています。日本語サポートもかなり充実しているので日本人でも最も人気の高い業者なので、安心感もあるでしょう。

 

XM Tradingの3つの特徴

 

では、ここからはFX初心者の方でも分かりやすいように、XM Tradingという海外FX業者の特徴についてご紹介していきます。

金融ライセンス

XMはグループで合計4つの金融ライセンスを取得しています。もちろん日本人向けのサービスを提供しているXM Tradingも金融ライセンスを取得しています。

海外FX業者は日本の金融庁の認可を受けていないので、「本当に安心して運用ができる業者なのか」と不安に感じている人も多いと思いますが、XMはライセンスを取得しているので合計4つの国から認可を受けているということになります。

その上、保有しているライセンスは取得するのが難しい、審査基準の厳しいライセンスばかりなので、その分信頼性はかなり高いということができるでしょう。

 

XMグループが取得している金融ライセンス

XMグループが取得している金融ライセンスは、イギリス・キプロス・オーストラリア・ベリーズの4つの国です。

取得しているライセンスの詳細は以下の通りです。

 

XMグループが保有する金融ライセンス
・英国金融行為監視機構(FCA)
・キプロス証券取引委員会(CySec)
・オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)

 

この中でも最も厳しい審査基準で有名なのがイギリスの金融ライセンスです。金融ライセンスは常にその審査基準を満たしておかないと剥奪されてしまうので、常に安心して取引のできる環境が整っているということができます。

その他の金融ライセンスも審査基準がしっかりと定められているものばかりなので、信頼性には問題がないと言えるでしょう。

 

XM Tradingのライセンス

日本人向けに設立されているXM Tradingもセーシェル共和国の金融ライセンスを取得しています。

セーシェルの金融ライセンスは比較的取得しやすいとは言われていますが、持っていることによって一定の信頼度は担保されていると言えるでしょう。

 

日本人向けの企業を持っている理由

XMは日本人向けにXM Tradingという企業を設立しています。もともとはXMが日本人へのサービス提供を行っていました。

しかし、日本人向けのサービスを提供する会社はキプロスのライセンスを取得できなくなってしまったため、XMは新しく会社を設立することで対応したのです。

このようになった要因としては、日本人向けにサービスを提供する企業に認可を与えている国に対して日本の金融庁が圧力をかけたことがあります。その1つがキプロスで、その圧力を受けたキプロスは日本人向けのサービスを提供する企業には金融ライセンスを発行しないようになってしまいました。

このような経緯があってXM Tradingを立ち上げているので、XM Tradingがセーシェル共和国のライセンスしか持っていなくても、グループ企業と同様の信頼度があると考えることができるでしょう。

資金管理方法

XMは信託保全分別管理という2つの方法でトレーダーから預かった資金を管理しています。

国内のFX業者の場合はこの2つの管理方法が義務付けられていますが、海外FX業者の場合は業者に一任されています。

そのため、業者によっては会社の運営資金とトレーダーからの資金の区別が曖昧になっているところも多く、会社が倒産した際には資金が返ってこないという業者もあります。

しかし、XMの場合はしっかりとトレーダーの資金を守るための取り組みが行われているため、安心して資金を預けることができるでしょう。

 

信託保全とは

XM Tradingが行っている信託保全とは、顧客から預かった資金を信頼できる銀行の信託口座で管理することを指します。このことによって、万が一その企業自体の運営が傾いたり、倒産してしまったり、企業の資産が差押になってしまった場合でも、顧客から預かった資金は信託銀行から返金されるという仕組みです。

XM Tradingでは、顧客から預かった資金と利益分は、欧州にある優良銀行の信託口座に転送されています。

FXの取引では大きな資金を預ける人も多くなりますが、信託保全されていることによって安心して大きな額の取引ができるでしょう。

 

分別管理とは

分別管理とは、顧客から預かった資金を企業が運営する資金とは別に分けて管理することを指します。

分別管理がされていない企業の場合、企業の運営資金と分けられておらず、運営が傾いた時に資産が減ってしまう可能性があります。

XM Tradingでは欧州の信託口座に転送する際に、企業の資金とはしっかりと分けているため、二重で資産が保管されており安心して取引ができる環境が整えられていると言えます。

 

取引方式

XMの取引方式はNDD方式となっています。そのため、透明性の高い取引が可能となっていますし、かなり高い約定力となっています。

海外FX業者はNDD方式を使っている業者が多くありますが、その中でもXMの約定力はかなり高く、多くのトレーダーから高い評価を得ています。

 

DD方式とNDD方式の違い

FXの取引方式には、DD方式NDD方式という2つの方法があります。

DD方式とは、日本語では相対取引という意味合いで、国内FX業者が多く採用しています。

DD方式の場合、トレーダーが行った注文が一度FX業者を経由してインターバンクに通ります。その際にFX業者は顧客の注文とは逆のカバー注文を行うので、顧客が損をした時にはFX業者には利益が出るようになっています。

そのため、DD方式の場合はFX業者がトレーダーから直接手数料をとる必要がないため、スプレッド幅を狭くして提供することができるという点がメリットとなっています。

それに対してNDD方式は、直結取引という意味で、トレーダーの注文はFX業者を経由せずにそのままインターバンクに流しています。FX業者を通さない分、透明性の高い取引ができますし、DD方式と比較すると約定力がかなり高くなるので、取引しやすい環境が整っていると言えます。

しかし、NDD方式の場合は業者の利益の取り分が元のスプレッドの上に乗せられているので、手数料はDD方式よりも高くなる点がデメリットと言えるでしょう。

 

XMの約定力の高さには定評がある

海外FX業者の場合、XMと同様にNDD方式を使っている業者は多くあるのですが、その中でもXMの約定力にはかなり定評があります。

XMは複数の優秀なLP(リクイディティプロバイダー)を使っており、変動が激しい相場の中でも最もよい市場価格の注文を確定することができます。

DD方式の場合、スリッページと言って自分が注文した価格とは異なる価格でのエントリーや決済となってしまう場合もありますし、約定拒否されてしまうこともあります。

しかし、XMの場合は100%の注文執行率を誇っていますし、約定平均スピードは0.336%すべての注文の99.35%が1秒以内に約定されるという高い約定力となっています。

この数値はNDD方式を採用している海外FX業者の中でもかなり高い数値となっているので、XMが人気の高い理由と言えます。

 

XM Tradingを利用する8つのメリット

 

では、ここからはXMを利用して取引をするメリットをご紹介していきます。かなり人気の高いFX業者ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

最大888倍という高いレバレッジ

XMの人気の理由の1つとして、最大888倍という高いレバレッジ設定があります。レバレッジとはてこの原理のことで、これを使えば少額でも大きな金額分の取引を行うことができます。

つまり、通常投資を行う時には10万円の資金を使って10万円分の取引を行いますが、レバレッジを使えばもっと少ない金額で10万円分の取引をすることが可能になるということです。このレバレッジが使えるからこそ、FXの取引は人気があるのです。

国内FX業者は最大25倍までと制限されているレバレッジですが、海外の場合はFX業者によって自由に設定することができるようになっており、XMは最大888倍という設定になっています。このレバレッジは海外FX業者の中でもかなり高い数字なので、より資金効率のよい取引が可能です。

国内FX業者の25倍のレバレッジで1万円を使って取引をする場合、25万円分の取引ができますが、XMの場合は888万円分の取引が可能になるということです。この高いレバレッジを使える点はXMが人気な理由の1つです。

 

レバレッジは大きさよりも使い方が重要

FXにおけるレバレッジには少額でも大きな利益を狙った取引が可能になるというメリットもありますが、大きなレバレッジを使っていた時に相場が自分の予想と異なる動きをした場合、大きな損失に繋がってしまうケースもあります。

そのため、常に高いレバレッジで取引を行うとリスクが高くなってしまいます。

もちろん海外FX業者の中にはXMよりも高いレバレッジを誇っている業者はありますが、レバレッジは高ければいいというわけではないので、XMの888倍で充分だと言えるでしょう。高いレバレッジと低いレバレッジを上手に使い分けることによって、安定して収益を出すことが可能となります。

ゼロカットシステムがあるため安心して取引ができる

XMはゼロカットシステムを採用しています。FXにおいて急な相場変動により思わぬ損失を出してしまい口座残高が0以下になってしまったら、大きな損害額を負担しないといけません。これを追証といいます。

ただ、海外FX業者の大きなレバレッジを使った取引を行った時には、多額の損失額を負担しなければいけない状況になる可能性もあります。

そのため、海外FX業者ではゼロカットシステムという方式を用意していることが多いです。もちろんXMでもこのシステムが採用されています。

 

ゼロカットシステムは追証の心配がない

ゼロカットシステムとは、口座残高が0以下になってしまった時に口座残高以上の損失をXMが負担してくれるという仕組みです。

FXのトレーダーで借金を抱えてしまう方の多くが、追証を自分の資産で払うことができずに借金をしなければいけない状況に追い込まれてしまっているのです。

特に大きなレバレッジを使った取引をする場合、自分の想定しているよりも大きな損失を出してしまうこともあるでしょう。そのため、レバレッジの高い海外FX業者の場合には追証のないゼロカットシステムの存在がとても重要となります。

ゼロカットシステムがあれば、口座残高以上の損失を出すことはないので、借金を抱えるかもしれないという心配をすることなく、より高い利益を狙った取引をすることが可能となります。

XMには高いレバレッジとゼロカットシステムが用意されているため、自分の思った通りの取引が自由に行える環境が整っているということができるでしょう。

 

ロスカット水準も20%で積極的な取引が可能

FX業者はトレーダーの資産を守るためにロスカットという仕組みを用意しています。

ロスカットとは、証拠金維持率が一定水準になった場合にFX業者が強制的にその時点で持っているポジションをすべて決済するという仕組みです。このロスカットになる水準はFX業者によって自由に定めることができるのですが、XMの場合は20%となっています。

ロスカットはトレーダーの資金を守るために用意されているのですが、急な相場変動があった時や大きなレバレッジを使ったポジションを持っていた場合、損失額がかなり大きくなってしまうこともあります。

しかし、XMの場合は20%という低いロスカット水準になっているので、ロスカットにあってしまうギリギリまで積極的に取引をすることができます

豪華で魅力的なボーナスが用意されている

海外FX業者を利用するトレーダーの多くが、豪華なボーナスを利用したいという気持ちがあることでしょう。

もちろんXMにも他のFX業者と比べても圧倒的な大きさのレバレッジが用意されています

付与されたボーナスを活用すれば、自分の資金をあまり多く使わずに取引をすることができます。基本的に海外FX業者はキャンペーンのような形で不定期にトレーダーに向けてボーナスの付与を行うことが多いですが、XMでは常にボーナスが用意されているのでメリットが大きいといえっます。

より効率のよい取引をするためにはボーナスはかなり魅力的な要素となりますので、XMで利用できるボーナスもぜひチェックしておきましょう。

 

取引ボーナス3000円付与

 

XMでは口座を開設した段階で3000円分のボーナスを用意しています。口座開設をしたばかりの段階ではXMでどのような取引ができるのかが分からないと思います。

そのため、XMはまずは何のリスクもない状態でXMの取引環境を試すことができるように、口座開設ボーナスを用意しています。

このボーナスの3000円は出金することはできませんが、ボーナスを使って出た利益は出金することができます。そのため、ボーナスを使えばより効率のよい取引ができるでしょう。

ただ、取引ボーナスを使って出した利益を出金した場合、その出金した割合に応じてボーナスは消滅します。

例えば、3000円のボーナスを使って1万円の利益を出した場合に、利益のうちの40%である4000円の出金を行うと、ボーナスの40%分である1200円が消滅します。この点には注意して出金の手続きを行いましょう。

 

最大50万円の入金ボーナス

 

XMの最も大きなボーナスは入金ボーナスです。XMでは5万円までは100%45万円までは20%という2段階の入金ボーナスの仕組みが用意されています。

このボーナスは出金することができませんが、ボーナスを使って出した利益は出金することが可能となっています。そのため、より大きなボーナスを使うことによって効率のよい取引が可能となります。

入金ボーナスを最大限利用するためには、235万円を入金した時です。この場合には100%ボーナスは最大5万円分となっているので、225万円の20%である45万円と合わせて50万円分のボーナスが付与されます。そのため、285万円で取引を始めることができるのです。

このように、入金ボーナスをうまく活用することによってより大きな利益を狙うことができます。また、このボーナスが不定期に行われるのではなく常に開催されているので、いつでもよりよい状態で取引を始められるという点が大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、このボーナス分の証拠金は出金する際に消えてしまうので、出金する時には気を付けておきましょう。

また、ZERO口座の場合にはボーナスの対象外となってしまうので、XMでボーナスを活用した取引を行いたいと思っている方はスタンダード口座かマイクロ口座を開設するようにしましょう。

 

約定力が高いので思った通りの取引ができる

XMの魅力を語る上で必須となるのが、約定力の高さです。

相場は常に変動をしているので、FXの取引ではちょっとした時間の差が大きな損失につながる場合があります。そのため、約定力の高さは取引をする上でかなり重要な要素の1つとなります。

XMは先ほども解説したように、注文執行率が100%となっており、約定スピードも平均0.336%とかなり高い数値になっています。そのため、安心して取引をすることができる環境が整っているということができるでしょう。

 

約定力とは「約定率」と「約定スピード」

約定力とは、約定率約定スピードの2つで判断されます。

約定率とは、トレーダーが注文した取引が意図した通りに成立する割合のことを指します。この約定率が高ければ高いほど、思い通りの取引ができるということが言えます。約定スピードとは、トレーダーが注文してから実際に約定の処理が行われるまでのスピードのことを指します。

相場を使って利益を出すFXでは、注文をしてから約定されるまでに価格変動が起これば利益が目減りしたり損失に繋がってしまうこともあります。

そのため、約定率と約定スピードの2つの要素が自分の希望を満たしているFX業者を使うことによって、よりスムーズに利益を出せる取引が可能となります。

 

執行率100%=約定拒否されることがない

FX業者によっては、約定拒否をされるという噂がネット上で流れている業者もあります。

約定拒否とは、トレーダーが注文をしてもそれがFX業者によって拒否されてしまい、インターバンクに通らないということです。約定拒否が行われてしまうと、自分の思った通りの取引をすることができず、ストレスを感じることも多いでしょう。

しかし、XMの場合は公式HPでも「注文拒否なし」と公言されていますし、約定拒否をされたというトレーダーの声もないので、安心して取引ができるでしょう。

 

スリッページがほとんどない

スリッページとは、トレーダーが注文をした時のレートと実際に通った注文のレートの差のことを指します。約定スピードが遅い業者を使っている場合、相場が大きく動いているタイミングでは自分が行った注文と実際に約定された注文が異なることもあります。

しかし、XMの場合は約定スピードが0.336秒とかなり早く、99.35%の注文が1秒以内に約定されます。もちろん大きな相場変動の際には、多少のスリッページが起こることもありますが、それでもその幅は他の業者に比べるとかなり小さいものとなっています。

そのため、自分の思った通りの取引をすることができます。この高い約定力もXMの人気の理由となっています。

 

扱っている通貨ペアの数は業界トップクラス

XMでは、FXだけでも扱っている通貨ペアは57種類とかなり豊富です。メジャーな通貨ペアだけではなく、マイナーな通貨ペアも多くあるので、さまざまな通貨ペアと高いレバレッジを利用して、より高い利益を狙うことができます。

また、FXだけではなく、CFD銘柄や貴金属も多く取り扱っているため、豊富な手段を使って自分の思った通りの取引を実現することができるでしょう。

海外FX業者では取引通貨ペアが多い業者も多数ありますが、これだけ多くの通貨ペアや銘柄を扱っているFX業者はほとんどないので、XMの口座1つでより便利に利用することが可能です。

 

銘柄によってレバレッジサイズは異なる

XMの最大レバレッジは888倍となっていますが、通貨ペアによってはレバレッジが制限されるものもあります。特にマイナーな通貨の場合は相場の変動も大きいので、50倍~400倍となります。

それぞれの通貨ペアに対するレバレッジは公式サイトに記載されているので、マイナーな通貨ペアを利用したい方は事前にチェックしておくといいでしょう。

ただ、レバレッジサイズが制限されるといっても、充分に大きな利益を狙うことは可能なサイズとなっているので、安心です。

 

CFD銘柄等も多く扱われている

XMでは、FXの通貨ペアだけではなく、さまざまな銘柄の取引を行うことができます

先物CFD商品は8種類、株式指数取引銘柄は14種類、貴金属取引銘柄は2種類、エネルギー銘柄は5つとなっています。これだけ多くの取引を1つの口座で行うことができるので、XMを利用するという方も多いようです。

現在あまりFX以外に興味がないという方でも、FXのトレードを行う中でやりたいと思った時にすぐ始められる環境があるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

日本人スタッフがサポートしてくれるので安心

XMTradingは日本人向けのサービスを提供しているFX業者となっています。

そのため、サイトはすべて日本語で記載されていますし、サポートも日本語で行ってくれます

海外FX業者の中には、日本語サポートがなく英語での問い合わせを行わないといけないところもあるので、すべて日本語で行えるという点は大きな安心材料となるでしょう。

 

日本人スタッフが平日24時間体制でサポート

海外FX業者で日本語対応を行っている業者でも、少し日本語の分かる外国人がサポート業務を行っている場合、説明してくれている言葉がわかりづらかったり、聞きたい質問の回答が得られないというケースも多くあります。

また、外国人は文化の違いから日本人が求める細かく丁寧なサポートをしてくれないということもあるでしょう。

しかし、XMの場合は日本人スタッフが常駐しており、平日は24時間体制でさまざまな質問や要望に回答してくれます。そのため、初めてFXを行うという方でも気軽に相談できますし、安心して利用することができるでしょう。

 

メールとライブチャットという2つの方法が用意されている

XMのサポートには、メールライブチャットという2つの方法があります。

ライブチャットとは、LINEのような形で気軽にチャットが行えるものです。公式サイト内でより素早く回答を得ることができるので、便利に活用することができます。ライブチャットの場合は平日9~17時と限られた時間のみの対応となりますが、メールの問い合わせは平日24時間体制で受け付けています。

XMのサポートの迅速さにはかなり定評があり、メールでも早ければ問い合わせから1時間以内に返答が得られるので、すぐに対応することが可能です。

 

XMのサポートはさまざまな賞を受賞している

XMはサポート体制にかなり力を入れており、数々の賞を受賞しています。

 

これまでにXMが獲得してきた賞
・ベストカスタマーサービスグローバル賞2019
・最高の外国為替カスタマーサービス賞
・ベストトレーディングサポート賞2017

 

このような賞を受賞していることからも、世界的に見ても高い評価を得ているということができるでしょう。実際にネット上でもXMTradingのサポートに対して高い評価をしているトレーダーは多く存在します。

そのため、FXのことが何も分からずに始めたFX初心者の方でも安心でしょう。

 

ロイヤルティプログラムで取引をするほど利益が増える

XMには、ロイヤルティプログラムという独自のシステムが用意されています。

ロイヤルティプログラムとは、取引量や取引継続期間に合わせてポイントが付与されるという仕組みです。このポイントは証拠金として使うこともできるので、XMを使えばより利益を出しやすい環境で取引を行うことができます。

 

XMで口座開設すると同時に自動でスタート

XMで口座を開設したら自動でロイヤルティプログラムがスタートします。特に何か設定が必要なわけではないので誰でも簡単に利用することができます。

このロイヤルティプログラムでは、XMPという独自のポイント制度が用意されています。XMPは取引量に応じて、一定量のXMPが付与される形式となっています。そのため、取引をすればするほどより多くのポイントを獲得することができます。

 

ロイヤルティーステータスは取引日数で決まる

 

XMのロイヤルティプログラムには、ロイヤルティーステータスという仕組みが用意されています。ステータスは「EXCUTIVE(エグゼクティブ)「GOLD(ゴールド)」「DIAMOND(ダイヤモンド)」「ELITE(エリート)」の4つがあり、このランクが上がるほど取引量に応じてもらえるXMPが多くなります。

ステータスはXMで口座を開設して取引を行った日数によって定められます。ステータスは取引を実際に行った日数で変わってくるので、まだランクが低くて早く有利な状態での取引を行いたいという方はできるだけ毎日取引を行うようにするといいでしょう。ロイヤルティーステータスのそれぞれの詳細は以下の通りです。

 

ロイヤルティーステータス 獲得できるXMP ステータス条件 リセット条件
EXCUTIVE 10XMP
GOLD 13XMP 30日の取引 30日以上取引をしていない時
DIAMOND 16XMP 60日の取引 60日以上取引をしていない時
ELITE 20XMP 100日の取引 100日以上取引をしていない時

 

ロイヤルティーステータスは一定期間取引が行われていないとリセットされてしまい、それに伴いそこまでに貯めたXMPも消滅してしまいます。そのため、取引を継続する意思がある場合には気を付けておきましょう。

 

XMPは取引に利用することができる

取引によって貯めたXMPは、取引をするために使うことができます。

XMPは自動で反映されるわけではないので、自分で換金する必要があります。XMPを3で割った数字が実際にボーナスとして反映されます。今自分が取得しているXMPの量はいつでもXMのマイページから確認できるので、その数字から反映できるボーナス量を計算し、換金するといいでしょう。

XMPを換金した場合も、他のボーナスと同様に出金することはできませんが、ボーナスを使って出した利益は出金することが可能となっています。

そのため、より有利な取引環境が用意されていると言えるでしょう。

 

プラットフォームが豊富でどのデバイスでも使える

XMでは、さまざまなデバイスで便利に取引ができるように豊富なプラットフォームが用意されています。

利用できるデバイスはパソコン・スマートフォン・タブレットの3つで、パソコンの場合はMacとWebTrader、スマートフォンはiPhoneとandroid、タブレットはiPadとandroidに対応できるようになっています。

 

 

プラットフォームはMT4とMT5の2つを利用することができます。MT5に対応しているFX業者はまだまだ少ないですが、XMではMT5も利用することができるので、かなり大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

MT4とMT5の違い

MT4とMT5はスペック面がかなり異なり、スペックだけで見るとMT5の方がかなり高いということができるでしょう。

動作の早さや機能の多さは新しく登場したMT5の方が優勢です。

しかし、MT5は現状ではまだほとんどのEAに対応できていません。そのため、EAを使って取引をしたいと考えている方にとっては、MT4を利用することをおすすめします。

 

プラットフォームは事前に決めておく

XMでは、口座開設をする際にMT4を使うのかMT5を使うのかを尋ねられます。それによって使える口座が異なるからです。

そのため、どちらのプラットフォームを自分が使いたいのかを事前に決めておく必要があります。初めてFXをする方でどちらのプラットフォームを使った方がよいか迷ってしまうという方は、MT5を選ぶことをおすすめします。MT5を使えば、より快適な取引環境を整えることができるでしょう。

その後EAを使った取引をしたいと思った場合には、XMで追加口座を開設する際にMT4を選べば、さまざまなEAを使うことができます。XMではEAを使った取引も快適に行える環境がありますし、VPSも無料で使えるサービスもあるので、より利益を狙った取引を行うことができるでしょう。

 

EAでの取引もできるので多様な取引が可能

XMでは、EAを使った取引も可能となっています。

EAとは自動売買システムのことで、事前に過去の相場から組み込まれたプログラムによって、トレーダーの代わりにシステムが取引をしてくれるという仕組みです。

EAを使えば、FX初心者で取引の方法が分からない方や仕事が忙しくてなかなかチャートを常時見て取引をすることができないという方でも安心して取引をすることができます。FX業者の中にはEAを使っての取引ができない業者もありますので、とても多様な取引で利益を狙うことができるでしょう。

 

VPSも無料で提供されているので便利

 

EAを使うためには、VPSという仮想サーバーを契約する必要があります。

VPSを使う理由としては、EAはプログラムを常に稼働させておく必要があるのですが、パソコンの電源が落ちてしまったりすると、プログラムが作動しないので思わぬ損失を出してしまう可能性があるからです。

VPSを使えば、パソコンをシャットダウンしていても仮想サーバー内でシステムが自動で稼働してくれるので、安心して利用することができます。

通常、VPSの契約には月3000~4000円の資金がかかります。定期的な運用資金がかかってしまうと、コツコツ利益を積み上げてもその分が目減りしてしまいます。ただ、XMの場合は一定の条件を満たせばVPSが無料で利用することができるので、より利益の出しやすい環境下で取引をすることができます。

 

VPSを無料で使える条件

VPSを無料で使うことができる条件は、最低50万円分の資金が口座に入金されており、1か月に往復5Lotもしくは500往復マイクロロットのお取引がある場合です。

この条件を満たせば毎月の資金をかなり抑えることができ、利益が増やしやすい状況となるので、EAの利用を考えている方はぜひ検討してみてください。

 

FXを学ぶことができる豊富なツールがあり初心者でも安心

 

XMでは、FX初心者の方もより満足な取引ができるように、プラットフォームの使い方ウェビナーシグナルのお知らせなどのサポートが用意されています

このような情報は公式サイトからいつでも見ることができるので、気軽にさまざまな情報を得ることができます。FXを始めたばかりだとどうやって相場を見ればいいのか、トレードはどのようにしたら勝てるのか、何も分からないと思いますし、その知識を勉強するのも大変だと感じるでしょう。

しかし、XMのツールを使えばより手軽に多くの情報を獲得することができるので、かなり便利と感じると思います。

 

XMで用意されているツール

XMで用意されているさまざまなサポートツールは以下の通りです。

 

・デイリーマーケット分析ビデオ
・FXウェビナー
・プラットフォームチュートリアル
・FXシグナル
・MQL5(メタクウォーツ・ランゲージ5)
・経済指標カレンダー
・FX経験ツール

 

特に初心者の方におすすめなツールは、FXウェビナーです

XMでは、毎月複数回さまざまな情報を講師が話してくれます。

 

 

毎回21時にスタートするので、副業でFXを行っている方でも安心して受講することができるでしょう。

 

XMを利用する際に注意すべき点

 

XMは魅力的なサービスをたくさん提供しているFX業者ですが、いくつかデメリットとなり得る点もあります。ただ、その箇所を理解しきちんと対策をしておけばリスクヘッジをすることは可能ですので、注意しておくようにしましょう。

 

スプレッド幅は広めの設定

XMはかなり人気の高いFX業者ですが、唯一の欠点として挙げられるのが「スプレッド幅の広さ」です。

他の海外FX業者と比較して圧倒的に広いというわけではありませんが、若干広めになっていますし、他のサービスが充実している分目についてしまう箇所ではあります。特にマイナーな通貨に関しては、スプレッド幅が広めの設定になっていることがあるので、注意しておくべきでしょう。

 

ロイヤルティプログラムを加味すれば気にならない

XMのメリットとして、先ほどもご紹介したように、XMにはロイヤルティプログラムという制度があります

これは取引量に応じてXMPというポイントが付与され、そのポイントは証拠金に換金することができるという仕組みになっています。

そのため、このロイヤルティプログラムのポイントを使えば、スプレッド幅はそこまで気にならないものとなります。特にロイヤルティーステータスを高めている方は平均値もしくは平均値以上のスプレッド幅にすることができる通貨ペアもあるでしょう。

そのため、長くXMを使えば使うほど、自分で有利な取引環境を作ることができます。

日本の金融庁から認可を受けていない

XMTradingは日本の金融庁からの営業認可を受けていません。海外FX業者の場合、「日本の金融庁から認可を受けていないので不安」と思っている方もいると思います。

しかし、XMが日本の金融庁から認可を受けない理由は、「取引環境面で制限をされてしまうから」という理由からです。

日本の金融庁は、営業許可を出す条件として、レバレッジを最大25倍にすることやゼロカットシステムを採用しないことなどを挙げています。

この条件をのんでしまうと、XMが現状行っている魅力的なサービスは提供できなくなってしまうのです。そのため、XMは意図的に日本の金融庁からの認可を受けていないのです。

 

XMは多くの国からのライセンスを取得している

XMは日本の金融庁からの認可は受けていませんが、グループで見ると4つの国からの金融ライセンスを取得しています。もちろんXMTradingもセーシェル共和国からのライセンスを保有しています。

そのため、日本の金融庁からの認可がなくてもその信頼度は充分に高いと言えるので、安心して取引を行えます

 

XMの口座タイプ

 

XMの口座タイプは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XMTrading口座」の3つが用意されています。

口座タイプは口座開設時に選択しなければいけません。それぞれ特徴がありますので事前にチェックしておき、自分の行いたい取引が行える口座タイプを選びましょう。

スタンダード口座

スタンダード口座は、888倍という高いレバレッジや豪華なボーナスなどのXMのメリットを最も受けることができる口座ということができます。そのため、初心者の方から上級者の方まで自分の好きなように使うことができる口座だということができるでしょう。

豊富なボーナスと高いレバレッジでより大きな利益を狙った取引がしたいという方やどの口座を使ったらいいかまだ分からないという方はスタンダード口座を開設して取引を始めることをおすすめします。

 

スタンダード口座をおすすめしたい方
・ボーナスを最大限に使いたい方
・高いレバレッジで大きな利益を狙いたい方
・FX初心者で口座タイプに迷っている方

 

マイクロ口座

マイクロ口座は、より少額での取引を行いたいと思っている方向けの口座になります。

XMのその他の口座の場合、最小取引単位は1Lot=1000通貨となっていますが、マイクロ口座はMT4を使えば1Lot=10通貨MT5の場合は1Lot=100通貨で取引を行うことができます。

そのため、少額での取引が可能となっています。また、マイクロ口座は取引単位以外はスタンダード口座と変わらないので、高いレバレッジや豪華なボーナスはすべて受け取ることができます。

 

マイクロ口座をおすすめしたい方
・少額での取引を行いたい方
・まずはXMのトレードを試したいと思っている方
・豪華なボーナスは受けたいと思っている方

 

XMTrading Zero口座

XMTrading Zero口座とは、他の口座に比べてスプレッド幅がきわめて狭い設定になっている口座です。

ゼロ口座は、最低スプレッド幅は0.00pipsとなっているので、スキャルピングでの取引をしたい方向けの口座となります。ゼロ口座はスタンダード口座やマイクロ口座では無料となっている取引手数料が片道5ドルかかります。

ただ、この点を加味しても他の2つの口座と比較すると、スプレッド幅は狭いと言えます。

ゼロ口座は唯一ボーナスが付与されないので、XMの豪華なボーナス目当てで口座開設をする方には向いていないでしょう。

 

XMTrading Zero口座をおすすめしたい方
・スキャルピングでの取引を行いたい方
・運用資金に余裕がある方
・よりスプレッドの狭い口座で取引を行いたい方

 

XMの入出金方法

 

XMの入出金方法には、「国内銀行送金」「クレジット/デビットカード」「BitWallet」「STICPAY」の4つが用意されています。この中から自分の使いたい手段を使って入金するようにしましょう。

ただ、出金の際にはルールがあるので、注意しておきましょう。

 

国内銀行送金

国内銀行送金は、自分が持っている日本の銀行から振込で送金できるので、手軽に利用できる方法です。最低でも1時間以内には入金が確認されるので、とても便利です。

また、XMでは入出金の際の手数料は1万円以上の場合は無料となっているので、銀行の振込手数料のみで対応できます。1万円未満の場合、980円の手数料がかかるので1万円以上の入金をおすすめします。

国内銀行送金の場合、本人確認の書類と異なる名義の口座からの送金はできません。入力ミスの場合も同様に不可能なので、入金の際は注意しておくようにしましょう。

 

クレジット/デビットカード

クレジット/デビットカードでの入金の場合は、24時間365日いつでも即座に反映されるので、早く取引がしたい方におすすめの方法です。急な相場変動の際にも即入金できるので、とても便利です。

また、手数料は無料となっており、最低入金額は500円なので、少額から始めたいという方でも便利に使うことができるでしょう。

ただ、現在XMの場合はVISAのカードのみの対応となっています。(これまでにJCBカードでXMに入金歴がある方は、JCBも利用することができます。)VISA以外のカードを使っている方にとっては、この点は不便と言えるでしょう。

VISAのクレジット/デビットカードを使う場合、1回あたり80万円、1日あたり300万円の上限額となっており、入金上限回数は15回までです。この点は注意しておきましょう。

 

クレジット/デビットカードで入金したら同様の方法で出金

クレジット/デビットカードを使って資金を入金した場合、出金の際にルールがあります。

クレジット/デビットカードで入金した額分は、入金したものと同じクレジット/デビットカードで出金をする必要があります。この場合には、返金という形の手続きとなっています。入金した金額以上の額は国内銀行送金での出金となります。

また、入金してから3か月以上経過した場合には、クレジットカードでの出金ができなくなるので、国内銀行送金で出金しましょう。

 

Bitwallet

Bitwalletの場合も、クレジット/デビットカード同様、24時間365日いつでも即座に資金が反映されます。

最近ではFXの証拠金の入金にBitwalletを使う方もかなり増えているようです。特にXMはクレジットカードで入金する場合、VISAしか使うことができないので、他のカードを使っている方はBitwalletでの入金を行うといいでしょう。

ただ、Bitwalletの場合はJPY口座のみの対応となっているので、USD・EUR口座を使っている方は別の入金方法を使うようにしましょう。

また、Bitwalletもクレジット/デビットカードと同様に、入金した額までしかBitwalletの出金ができません。その点も注意しておきましょう。

 

STICPAY

STICPAYはBitWalletと同じようなオンラインウォレットです。24時間365日いつでも即座に口座に資金が反映されるので、とても便利な手法です。STICPAYの場合、すべての通貨タイプの口座に対応しているので、USD・EUR口座を使っていてオンラインウォレットを利用したいという方は、STICPAYを使うといいでしょう。

また、STICPAYも入金した金額分しか出金することができないので、気を付けておきましょう。

 

XMの口座開設方法

 

ではここからは、実際にXMで口座を開設するために方法について解説していきます。

手順は簡単で、初心者の方でも手続き自体は数分で終わらせることが可能となっています。

 

口座開設手続きの手順

個人情報の入力

 

 

まず最初に入力するのは、個人情報です。

入力する個人情報の項目
・名前(ローマ字)
・居住地
・希望言語
・電話番号
・Eメール

 

名前はローマ字での入力が必須となります。また、ユーザー1人につき1つのメールアドレスしか登録できないので、追加口座を開設したいという方はログインして口座を追加するようにしましょう。

 

取引口座詳細

 

 

自分が取引を行いたい取引口座を選びます。

 

取引口座詳細の項目
・取引プラットフォーム
・口座タイプ

 

プラットフォームはMT5とMT4の2つから選ぶことができます。MT5の方が最新のプラットフォームでより速度が高くなったため、近年人気が高まっていますが、マイクロ口座の場合には最小取引単位が変わってしまうので注意が必要です。

口座タイプは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XMTrading Zero口座」の3つから選ぶことができます。先ほどご紹介した内容をチェックして、自分の行いたい取引に合った口座を開設するようにしましょう。

この項目を入力したら、その下にある「ステップ2に進む」のボタンをクリックします。

 

個人情報 Part2

 

 

新しいページを開くと、再度個人情報を入力する欄が表示されます。入力する項目は以下の通りです。

 

入力する個人情報
・名前(カナ表示)
・生年月日

 

先ほどは名前は英語での入力でしたが、次はカタカナでの入力になるので注意しましょう。

 

住所詳細

 

 

 

住所の入力を行います。この際の入力はすべて英語になります。英語で住所を書く際の例は以下の通りです。

日本語:東京都 墨田区 押上 1-1-2

英語:1 Chome-1-2 Oshiage, Sumida, Tokyo

 

この例を参考に、間違いのないように記載するようにしましょう。間違ってしまうと、本人確認の際に実際の住所と異なるという風に判断されてしまい、利用までに時間がかかってしまうことがあるかもしれません。そのため、入力の際にはしっかり確認しておきましょう。ただ、文字数制限があるため、建物名は省略しても大丈夫です。

また、その後に「納税義務のある米国市民ですか」という質問がありますが、大半の方が国籍は日本だと思いますので、その場合にはいいえをチェックしましょう。

 

取引口座詳細

 

 

取引口座詳細では、以下の項目の入力が必須となります。

 

取引口座詳細の入力内容
・口座の基本通貨
・レバレッジ
・口座ボーナス

 

口座の基本通貨はEUR・USD・JPYの3つから選ぶことができますが、日本円を選ぶといいでしょう。

レバレッジはいろいろと選ぶことはできますが、最大レバレッジの888倍にしておくのがベターでしょう。レバレッジは取引の際に自分で利用するレバレッジサイズを決めることができます。そのため、最大レバレッジに設定しておけばより自由な取引が可能となるでしょう。

 

投資家情報

 

 

投資家情報では、その人がどれくらいの資産で取引をするのかという情報を記載する必要があります。

 

投資家情報の入力内容
・投資額(USD)
・取引の目的および性質
・雇用形態
・職種
・学歴
・所得総額(米ドル)
・純資産(米ドル)

 

ここで注意すべき点は、最初の投資額のところです。XMではレバレッジ制限があり、口座内の資金が200万円~1000万円の場合は最大200倍、1000万円以上の場合は100倍とレバレッジが制限されてしまいます。

そのため、最大888倍という大きなレバレッジを使いたい方は200万円以下の資産を入力するようにしましょう

XMの口座開設をしたい方で専業主婦の方や収入があまりない方、学生の方などもいると思います。FX業者の中には、収入で審査が通らないというところもありますが、XMの場合はそのような審査基準はないようです。ただ、18歳以上の方しか口座開設することができないので、学生の方は注意が必要です。

 

口座パスワード・確認

 

 

 

口座パスワードには、大文字・小文字・数字をすべて含んだ8文字~15文字の設定が必要です。ログインの際に必要になりますので、入力した内容はしっかりと覚えておくようにしましょう。

また、確認の欄では利用規約や個人情報保護方針の同意が必要となります。ここはきちんと書類を見てからチェックを入れるようにしましょう。

全ての入力が終わったら、「リアル口座開設」のボタンをクリックします。

 

 

この画面が表示されたら、口座開設手続きは完了です。

 

XMから届いたメールを確認

口座開設手続きが終わったら、先ほど入力したメールアドレス宛のメールボックスを確認しましょう。XMからこのようなメールが届いていたら、仮登録は完了しています。迷惑メールとして届いている可能性もあるので、メールが届かない場合にはチェックしてみましょう。

 

 

メールが届いてから24時間以内に「Eメールアドレスをご確認ください」のボタンをクリックします。

 

この画面が表示されたら、リアル口座開設は完了です。

 

会員ページにログイン

口座開設が完了したら、実際に会員ページにログインしてみましょう。

XMからもう1通このようなメールが届いているはずですので、チェックしてログインしましょう。

 

ログインの際に必要なIDはメールに記載されていますので、先ほど入力したパスワードと一緒に入力してログインを行いましょう。

 

この画面が表示されれば、口座開設完了です。

 

 

XMで口座開設をしたら行うこと

 

XMで口座開設をしたら、取引をするために口座を有効化する必要があります。

会員ページにログインしたら、「こちらより口座を有効化する」というボタンがありますので、そこから手続きを行いましょう。

 

 

本人確認書類提出

XMでは、本人確認書類の提出が必須となっています。

必要になる書類は、「身分証明書」「住所確認書」の2つです。提出できる書類は以下の通りですので、チェックしておくようにしましょう。

 

 

身分証明書

身分証明書として提出できる書類は、有効期限内のパスポートのカラーコピーか公的な身分証明書です。

重要なポイントは、カラーであることと名前・出生年月日・発行日か有効期限が記載されていることです。具体的に提出できる書類は以下の通りです。

 

提出できる書類
・パスポート
・運転免許証
・マイナンバーカード
・写真付きの住基カード
・在留カード
・障がい者手帳

 

住所証明書

住所証明書と身分証明書は併用することはできません。そのため、異なる書類を提出するように気を付けましょう。

 

提出できる書類
・運転免許証
・健康保険証
・マイナンバーカード
・公的料金の請求書か領収書
・携帯電話料金の請求書か領収書
・クレジットカード明細
・住民票
・納税関係の書類

 

口座有効化はメールでチェックする

必要な個人情報の書類を提出したら、口座が有効化されるのを待ちましょう。早い時は10分程度で終わりますが、審査に時間がかかった場合でも最大24時間以内には有効化されます。有効化されるとメールでお知らせが届きますので、登録したメールアドレスをチェックするようにしましょう。

 

証拠金の入金

 

口座の有効化が終わったら、まずは証拠金を入金します。証拠金の入金は、「国内銀行送金」「クレジットカード」「Bitwallet」「SticPay」の4つから選ぶことができます。自分が使いやすい手段で入金するようにしましょう。

 

MT5・MT4のダウンロード

 

すでにダウンロードしている人は必要ないですが、初めて海外FXに挑戦する方はプラットフォームとなるMT5・MT4のダウンロードが必要となります。

口座開設をする段階でどちらのプラットフォームを使うのか、選んだ方のプラットフォームのダウンロードを行いましょう。ダウンロードは公式サイトか会員ページの「プラットフォーム」のボタンから行うことができます。

使用する端末に合わせたプラットフォームをダウンロードできるので、適切なものを選択しましょう。

まとめ

いかがでしたか?XMは世界的にも人気の高い海外FX業者です。高いレバレッジと豪華なボーナスが選ばれる要因として大きなメリットとなっていると考えられますが、それ以外にも魅力的なサービスが充実しているので安心して取引ができるでしょう。さまざまな取引をする方に対応してくれている業者なので、どなたでもより便利に使うことができます。

その上、XMTradingは日本人向けにサービスを提供しているので、日本語のみで対応できるので安心です。XMほど多くのトレーダーから支持されているFX業者はないと言えるほどの人気なので、初心者から上級者まで自分の思った通りの取引が可能です。

特に初心者の方向けのウェビナーなどのサポートも充実しているので、まだFXのことがあまり分からないけど取引を始めたいと思っている人にはぜひおすすめしたいFX業者です。まだどの口座を開設するか迷っているという方は、XMで口座を開設して取引を始めてみることをおすすめします。

おすすめの記事