本当に稼げる?XM初心者が理解しておくべき基本知識を分かりやすく説明します!
・海外FXをまだ始めていない人
・始めようか悩んでいる人
・よく聞くXMという業者は本当にいい業者なのか不安な人
・XMで実際に稼げるのか疑心暗鬼な人

この記事では、こんな方々向けにXMの基礎知識を紹介していきます。

まず結論から言ってしまうと海外FX初心者であればXMで口座開設しておいて損はありません。

 

海外FXをやっている日本人の内、約7割はXMの口座を保有していると言われています。

これって結構すごいことですよね?

 

XMが選ばれ続けているのにはキチンとした理由があります。

そうでなければここまで口座開設数は増えませんし、有名にもなるはずがありません。

 

「有名なのは知っているけど、実際に稼げるのかが心配だ!」という方もいるでしょう。

それについては個々のトレーディング能力次第というのが結論になります。

どこの業者を使おうが、損をする人は損をしますし、利益を出し続けて億万長者になる人もいます。

 

ただXMという業者は、他の数ある海外FX業者と比較すると、億万長者になれるくらい稼ぐことができる「要素」が多いです。

要は他の海外FX業者でトレードするよりも、稼げるチャンスが多いのです。

 

この記事では「稼げる要素が満載のXM」について初心者向けに分かりやすく解説していきます。

なぜXMは人気があるのか?

安全性が高い

海外FX業者の安全性を判断するのに欠かせない要素は「金融ライセンス」です。
金融ライセンスとは、「金融サービスを「業として」行う場合、当該金融サービス業(金融業)に対する参入規制または開業規制として必要とされる資格または手続」のことです。
とは言っても様々な種類がある金融ライセンス。取得するのが難関な金融ライセンスもありますし、すぐにでも取得できる「ライセンスもどき」のようなものまであります。
海外FX業者の中には、金融ライセンスを取得せずに運営している業者もあります。なんか怖いですよね。
せっかく口座開設して取引するなら、しっかりとした金融ライセンスを保有している業者と付き合った方が安全性が高いわけです。
XMが保有している金融ライセンスは沢山あります。
複数の金融ライセンスを保有すること自体が珍しいことですが、XMは金融ライセンスマニアか?というほど多くの金融ライセンスを保有しています。

 

【XMが保有しているライセンス一覧】

XMグループの各社名 ライセンス名
Trading Point Holdings Ltd (本社) キプロス証券取引委員会(CySEC)
Trading Point of Financial Instruments UK ltd(EU) 英国金融行動監視機構(FCA)
Trading Point of Financial Instruments Pty Ltd オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
Tradexfin Limited(日本人トレーダーが所属する会社) セーシェル金融庁ライセンス
XMは全世界で事業を展開している巨大企業です。グループ会社としては計4社あります。
XMの本社はキプロス共和国という国にあります。
XMグループの中に、「Tradexfin Limited」という会社があり、日本人のトレーダーはその会社と取引をしています。
Tradexfin Limited」は、セーシェル諸島の金融ライセンス(SD010)を取得していますが、ライセンス取得の条件に関する詳細は開示されていないため、
信頼性はそれほど高くないと感じるトレーダーもいるかもしれません。
しかし、グループ全体においては、ライセンス取得が厳しいといわれるキプロスや英国でライセンスも取得しており、安心して利用できる海外FX業者といって間違いないです。
キプロス・英国の金融ライセンスを取得するのは並大抵ではないと言われています。相当審査が厳しいらしいです。
XMグループとして取得するのが難しい金融ライセンスを複数取得しているので、安心できる業者だと判断できます。
日本の企業で例えるなら、トヨタの子会社と取引するようなものです。そう考えれば安心できますよね。

日本語に完璧に対応している

海外FXを始めようとしている人にとって、大きな不安要素の一つが「日本語対応しているか問題」だと思います。

 

「海外FX=英語ができないといけない」

こういうイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

 

結論を言ってしまうと、XMは完璧に日本語対応しています。見事としか言いようがないほど完璧です。

国内のFX会社と取引するのとなんら違いが無いです。

一度公式ホームページを見てみればよく分かると思いますが、適当に英語を日本語に翻訳しているようなレベルではなく、完全に日本人が制作していると思います。

 

「ホームページが日本語表記されていても、問合せする時などは英語が必要なんじゃないの?」と不安に思う必要もありません。

XMでは「ライブチャット」で日本語によるサポートが受けられます。

ライブチャットは平日9時~18時まで可能で、対応時間内に問い合わせられる場合にはすぐに返事が返ってきます。この返信がもの凄く早いです。しかも完璧な日本語です!

それ以外の時間帯には、メールを送るか、公式ホームページの問い合わせフォームから連絡するかのどちらかを選びましょう。通常1営業日以内には返事が返ってくるようになっています。

電話での問い合わせは出来ませんが、ライブチャットがあれば電話するのと同じようなものなので何不自由なくトレードに集中できます。

なので日本語しかできない方でも、XMであればストレス無しにトレードが可能です!

開設口座数が多いのにマイナス評価をあまり聞かない

XMについて悪評を聞いたことがありますか?あるとしても数が少なくないですか?

XMの口座開設数は100万口座を突破し、1.5億回以上の取引注文実績があります。この数は毎日右肩上がりで増え続けています。

 

ここまでXMでFX取引している人が多いのであれば、悪評がネット上に溢れていてもおかしくないですよね。

実際にネットやSNSなどでXMの口コミを調べてみても、あまり多くの悪評は出ていません。

悪評として出ているのは、トレードで損をした腹いせにXMを叩いているケースだったり、自身の経験ではなく「誰かから聞いたうわさ」のような信憑性に欠けるコメントが出ていたりし

ます。もし出金拒否や約定拒否などがXMであれば、口座数100万を超える会社なのですぐにその話は拡散されます。

ただXMは悪評が立つような不正なことは一切しないと公言し、実践している会社なので悪い口コミが圧倒的に少ないのです。

 

試しにTwitterで「XM 出金拒否」や「XM 約定拒否」といったワードで検索してみたら以下の1ツイートしか出てきませんでした。

貴重なので添付しておきます(笑)

 

日本の銀行で例えるなら三菱UFJ銀行

XMは海外FX業者の中で最も知名度が高く、安全性の高い非常に優秀な業者です。

日本の銀行で表現するなら国内最大手の「三菱UFJ銀行」と言ったところでしょうか。

 

ちなみに筆者個人的な意見ですが、

XM=三菱、GEMFOREX=みずほ、Axiory=三井住友、iFOREX=りそな

というイメージです。

あくまで筆者のイメージなのでここは無視してくれてOKです。書きたかっただけです。

圧倒的に充実した機能がある

888倍の高いレバレッジ

XMは最大888倍のレバレッジで取引が可能です。

 

レバレッジとは、少ない資金を元手に大きな金額の取引を可能とする仕組みです。

FXに限らず、先物取引、証券取引など金融取引においては、レバレッジを活かした取引は必ず存在します。取引商品の決済・交換を伴わない場合に多く見られる仕組みです。

レバレッジを駆使したトレード例

レバレッジ1倍のトレード例

例えばあなたが100万円を元手に外貨預金で資産運用するとしましょう。

分かりやすく1ドル=100円のときに100万円をドルに交換したとします。

 

その場合、100万円÷100円=10,000ドルを手にすることになります。

ドルのまましばらく保有して1ドルが110円になった時に円に交換した場合、110万円になります。

10万円の利益が出ました。

これは言い換えるとレバレッジ1倍で運用したのと同じです。

 

レバレッジ25倍のトレード例

次に日本国内のFX会社において同様の取引をしたとします。

レバレッジは日本で許されている最高レバレッジである25倍で運用してみます。

 

100万円×25倍=2,500万円分をドルに交換することになり、250,000ドルを手にすることになります。

1ドル100円から110円になれば250万円の利益が出たことになります。

 

レバレッジ888倍のトレード例

最後にXMの最大レバレッジ888倍に当てはめてみましょう。

100万円×888倍=8.88億円をドルに交換することになり、8,880,000ドルを手にすることになります。

110円になれば8,880万円の利益が出たことになります。

 

元手は同じ100万円ですが、レバレッジを上手く使うことで大きく稼ぐことが出来るわけです。

この仕組みは元手があまり多く確保出来ない方にとって非常に有効な資産運用方法です。

100万円が8,880万円になる可能性があるわけですから夢がありますよね。

 

筆者個人的な意見ですが、「日本人が大好きな宝くじ」を買うならその資金を海外FXで運用してみたほうが稼げる可能性は飛躍的に向上します。

1回のトレードで億単位の利益を出すことも決して夢ではありません。

そもそも少ない軍資金でこれだけの利益が上げられる可能性のある投資は海外FXか宝くじくらいです。

株式投資も人気の資産運用方法ですが、ここまで大きく稼ぐことは素人ではまず間違いなく不可能です。

 

XMの最大レバレッジ888倍というのは、海外FX業者の中では高い部類に入ると思います。

もっとレバレッジが高い業者も何社かはありますが、888倍もあれば十分です。

レバレッジの高さだけで選べば別業者の方がいいように見えるかもしれませんが、上述した「会社としての圧倒的な安全性」とセットで考えればXMのような大手を選ぶべきです。

以下に代表的な海外FX業者のレバレッジ比較表を記載するので参考にしてみてください。

 

【最大レバレッジ比較表】

海外FX業者 最大レバレッジ 最低必要証拠金 ロスカット水準
XM 888倍 1円 20%
GEMFOREX 1000倍 110円 20%
AXIORY 400倍 275円 20%
HotForex 1000倍 110円 10%
FBS 3000倍 37円 20%
is6com 1000倍 6円 50%
BigBoss 555倍 198円 20%
iFOREX 400倍 206円 0%
LAND-FX 500倍 220円 30%
TitanFX 500倍 220円 20%
Tradeview 500倍 220円 100%
FxPro 500倍 220円 20%
IFC Markets 400倍 275円 10%
FXDD 500倍 220円 100%
Traders Trust 500倍 220円 50%

約定力が半端なく高い

FX取引において「約定力」というのは非常に重要なポイントです。

どんなにレバレッジが高くて魅力的な複合サービスがあったとしても、結局はFXトレードで利益が出なければ意味がありません。

FXで利益を出すためには、売り又は買いのポジションを持って、最終的には決済しなければいけません。

 

約定力が高いということは、自分が「ここだ!」と思ったときにしっかりと決済が出来るということです。

「そんなの当たり前だろ!」と思う方もいるかもしれませんが、約定力が低い・不安定な海外FX業者は結構あります。

約定力が低い為にスリッページが多発してせっかくの稼ぎが少なくなってしまう、又は損切をするのにスリッページが発生して思った値では決済できずに損失を拡げて決済されてしまうことも業者によっては起こりうるリスクです。

スリッページとは
FXで注文を行った際にクリックした時の価格と約定した時の価格がズレてしまうこと。短期的な値動きや、価格の急変動を狙った取引を行う人にとってはこれが起こることは致命的です。

 

XMの約定力は数ある海外FX業者の中でも最上位です。

下の表は海外FX業者の「約定力トップ3」をまとめた表になっています。

上位3社はいずれも素晴らしい約定力を誇りますが、その中でもXMはトップに君臨します。

 

追証なしのゼロカットシステムを採用している

XMが採用しているゼロカットシステムとは「口座残高がマイナスの状態でロスカット決済されたとしても、追証の支払い義務が生じないシステム」のことです。

マイナス残高は全てゼロにリセットしてもらえるので、どれだけ負けたとしても絶対に入金した金額以上の損失が生じることはありません。

ゼロカットシステムで追証請求が発生しないのは、国内FX業者にはないXMの絶大なメリットと言えるでしょう。

海外FX業者の多くでゼロカットシステムが採用されています。

筆者が国内FXを引退して海外FXへ完全移行した最大の理由が「ゼロカットシステム」があるからです!
ゼロカットシステムの分かりやすい説明

【国内業者の場合】

相場が急変動して、残高がマイナス10万円で決済執行されてしまった
→追証としてトレーダーが10万を追加入金して補填する必要があります=要はFX業者に対する借金です。

【海外FX業者 XMの場合】

相場が急変動して、残高がマイナス10万円で決済執行されてしまった
→マイナス10万円分はXMが補填。トレーダーは1円たりとも追加入金(追証)を入金しなくてOK。

XMなら追証の恐怖を微塵も感じることなく、最大888倍のハイレバレッジを活かして大胆にトレードできます。

 

これって凄い事だと思いませんか?残高がマイナスになったらXMがゼロになるまで補填してくれるんですよ?

「国内FXの方が安全だ!」と信じてトレードしている方が大勢いると思いますが、日本のFX業者はこの「ゼロカットシステム」を導入していません。

というか日本では禁止されているんです。金融庁から。

「投資は自己責任」という名のもとに、日本国内のFX業者でトレードをしている投資家は借金を背負うリスクを常に背負っているのです。

 

筆者は個人的にあるトレードで苦い経験があります。実体験を紹介します。

日本国内のFX業者でトレードをしていた頃、ポンド円で「買いのポジション」を保有していました。

ある日イギリスがEUを離脱するという決定を発表し、ポンド円が急落しました。

逆指値を入れていたにもかかわらず、相場があまりにも急変動しすぎて約定がされずに逆指値を入れていた値とはかけ離れた価格で約定されてしまいました。

 

そこで起きたのが約20万円の追証請求。。これはショックでした。

取引していたFX会社に問合せをして、「逆指値を入れていたのに約定されずに残高がマイナスなった。約定されなかったのはFX会社の責任なのだから追証は払わなくていいですよね?」と聞いてみたところ、「急な為替変動があった場合に逆指値やロスカットが正常に機能しない場合があることは注意事項に記載がある。会社としてはお客様の損失を補填することは出来ない為、発生した追証は支払ってもらう必要がある」と言われたことがあります。

この時は「さすがにそりゃないだろ、、」と思いましたが、結局は約20万円という追証を翌日入金しました。

この経験を経て、筆者は国内のFX会社での取引を完全に終了することにしました。

何社かで口座を保有していましたが全て閉鎖し、代わりに海外FX業者の口座を開設し、海外FXのトレードをスタートしました。

一番最初に開設したのは、XMとGEMFOREXの2口座でした。

 

もう国内のFX会社で取引することは恐ろしすぎて絶対に出来ません。

ゼロカットシステムがあるXMがいかに安全で、「投資家保護」を追求しているかを身に染みて分かっています。

海外FXを主戦場としているトレーダーの何割かは、筆者と同様の経験をして国内FXが嫌になってしまった人だと思います。

理不尽な追証請求をされるリスクを排除したいなら、XMに移行してしまった方が100万倍いいと思いますよ。

ボーナスやキャンペーンが充実している

XMのボーナスは結構豪華です。というか本格的にトレードをして稼ぎたい!と真剣に考えている人向けのボーナスが充実していると言った方が良いかもしれません。

まずはXMではどのようなボーナスやキャンペーンがあるのかを表にまとめてみます。

 

XM ボーナス種類と条件
ボーナスタイプ ボーナス獲得手順・条件
XMの口座開設ボーナス 3,000円獲得手順

 XM口座開設・新規登録の方のみ

 登録時にボーナス獲得を希望

 30日間以内に有効化完了

条件:

 入金は不要、未入金ボーナス

 利用期間制限なし

 出金不可

XMの入金ボーナス 100%+20%獲得手順

 登録時にボーナス獲得を希望

 5万円までの入金に対し100%

 5万円~225万円の入金に対し20%

条件:

 利用期間制限なし

 XM ZERO口座は獲得不可

 出金不可

XMロイヤリティポイント ~700円獲得手順

 登録時にボーナス獲得を希望

 ステータスにより1ロットの取引あたり20ポイントまで

 ポイントをボーナス又は現金に交換

条件:

 続けて取引すること

 出金可能

 XM ZERO口座は獲得不可

XM ボーナスに関する注意事項
  • XM ZERO口座の場合、入金ボーナスと取引ボーナスは獲得出来ない!
  • ボーナス希望の場合はXMマイクロ・スタンダード口座を開設しましょう!
  • XM口座から出金する際、その割合のボーナス額が消える!

    新規口座開設するだけで3,000円貰えるのは嬉しいボーナスですよね。

    口座開設ボーナスが貰える業者は他にもありますが、全く貰えない業者も結構あります。XMではいつどのタイミングで口座開設しても必ず3,000のボーナスをGETできるので、まずはその3,000円でトレードしてみてXMでのトレードに慣れてみることをお勧めします。

    ボーナスでもらった軍資金ですから無くなっても自分の懐は痛みませんし。

     

    筆者が個人的に「XMがスゴイと思うところ」は、入金ボーナスが他社より充実している所です。

    真面目に長期的にトレードをしていきたいと思っている方には特に優れていると思います。

    上表の2段目の項目に記載しましたが、XMには「2段階の入金ボーナス」があります。

     

    ①5万円までの入金に対して100%の入金ボーナス

    自己資金5万円をXMに入金すれば、100%のボーナスが貰えるので、計10万円でトレードが可能になります。

     

    ➁5万円~230万円の入金に対して20%の入金ボーナス

    ①に続いて、自己資金を入金していくとその額が230万円になるまで入金ボーナスが20%貰えるというボーナスです。

    単純に言うと、225万円を入金すると45万円の入金ボーナスが貰えて、計270万円でトレードが可能になります。

    この入金ボーナスは、初回の入金に限らず2度目以降の入金でも、ボーナス総額が50万円(5,000ドル相当額)に達するまでは、何度でもリアル口座に入金した時点で自動的に付与されます。複雑な受け取り方法もなく、何度もボーナスを申請する必要がないのもユーザーにとっては手間がかからず、非常にありがたいシステムです。

    特に申請等をせずとも総額50万円のボーナス金額になるまで勝手にボーナスを付与してくれるっていうのが非常にありがたいんです。

    ここまで入金ボーナスの条件がいいのは、数ある海外FX業者の中でもXMが一番だと思います。

    取引可能な通貨ペアが多い

    XMで取引が可能な通貨ペアは計57種類にも及びます。これは数ある海外FX業者と比較しても、非常に多い取扱量です。

    通貨ペアの選択肢が多ければ、その時期に’’熱い’’通貨を取引できるということなので、多い方が絶対にいいです!

     

    FX コモディティー 株価指数 エネルギー 貴金属
    57種類 8種類 18種類 5種類 4種類

     

    上記表はXMのスタンダード口座で取り扱い可能な通貨ペアです。

    XMの口座種類はスタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座の3種類がありますが、口座種類によって取扱通貨が異なるので注意しましょう。

    これだけの種類があれば何もストレスは無いでしょう。少なくとも筆者は全く感じません。

     

    以下にXMのスタンダード口座で取り扱い可能な通貨ペアを紹介します。スプレッドもまとめて紹介しますので取引の参考にしてくださいね。

     

    通貨ペア・スプレッド一覧を表示する

    【通貨ペア】 【最低価格変動】 【最低スプレッド】 【平均スプレッド】
    EURUSD 0.00001 0.0001 0.00016
    AUDUSD 0.00001 0.0001 0.00019
    EURGBP 0.00001 0.0001 0.0002
    GBPUSD 0.00001 0.0001 0.00021
    USDCHF 0.00001 0.0001 0.00023
    USDCAD 0.00001 0.0001 0.00024
    EURCHF 0.00001 0.00017 0.00027
    NZDUSD 0.00001 0.00011 0.00029
    AUDCAD 0.00001 0.00021 0.0003
    AUDCHF 0.00001 0.00012 0.0003
    EURCAD 0.00001 0.00021 0.00031
    EURAUD 0.00001 0.00023 0.00033
    CADCHF 0.00001 0.00024 0.00037
    GBPAUD 0.00001 0.00012 0.00039
    AUDNZD 0.00001 0.00014 0.0004
    GBPCHF 0.00001 0.00016 0.0004
    NZDCAD 0.00001 0.00031 0.00041
    NZDCHF 0.00001 0.00021 0.00046
    GBPCAD 0.00001 0.00015 0.0005
    EURNZD 0.00001 0.00028 0.00055
    GBPNZD 0.00001 0.00035 0.00059
    EURSGD 0.00001 0.00024 0.00163
    USDSGD 0.00001 0.0003 0.002
    CHFSGD 0.00001 0.00022 0.0025
    NZDSGD 0.00001 0.00034 0.0025
    EURDKK* 0.00001 0.00106 0.0027
    GBPSGD 0.00001 0.00042 0.0028
    USDHKD* 0.0001 0.0011 0.0028
    EURHKD* 0.00001 0.00074 0.0033
    USDDKK* 0.00001 0.0002 0.0034
    USDCNH* 0.0001 0.0018 0.0036
    USDPLN 0.00001 0.00072 0.0037
    USDSEK 0.00001 0.00029 0.0049
    EURPLN 0.00001 0.00299 0.005
    EURSEK 0.00001 0.00177 0.0055
    GBPDKK* 0.00001 0.0003 0.0055
    USDNOK 0.00001 0.00052 0.0055
    EURNOK 0.00001 0.00135 0.006
    USDTRY* 0.00001 0.00069 0.0065
    EURTRY* 0.00001 0.00111 0.007
    GBPNOK 0.00001 0.0013 0.0078
    GBPSEK 0.00001 0.0033 0.0085
    USDMXN 0.00001 0.0017 0.011
    EURZAR 0.00001 0.00248 0.013
    USDZAR 0.0001 0.0115 0.0135
    USDJPY 0.001 0.01 0.016
    EURJPY 0.001 0.01 0.025
    CHFJPY 0.001 0.01 0.03
    AUDJPY 0.001 0.01 0.033
    GBPJPY 0.001 0.01 0.033
    CADJPY 0.001 0.013 0.034
    NZDJPY 0.001 0.014 0.035
    SGDJPY 0.001 0.033 0.2
    USDHUF 0.001 0.101 0.25
    EURHUF 0.001 0.08 0.3
    EURRUB* 0.0001 0.0165 0.42
    USDRUB* 0.0001 0.0185 0.42

    (XM公式ページより)※「*」がついている通貨ペアはレバレッジが制限されます

     

    XMで大金を得た口コミ紹介

    XMで大金を稼いでいる人は結構沢山います。専業トレーダーもXMをメインにFXをしている人が多いです。

    ツイッターなどのSNSで検索してみるとよく分かりますが、本当に皆さん良く稼いでいますね←羨ましい!

    ここでは実際にXMで稼いだ!という口コミをいくつか紹介します。

    上記口コミを見てみると、実際の収支画面を添付している人もいるので信憑性は高いですね。

    XMは入金ボーナスが充実しているので、長期的・継続的にFX取引をして大きく稼ぎたいトレーダーにとっては最良の業者です。

     

    ネットやSNSでXMについて検索すると、本当に多くの情報が手に入ります。試しに何でもいいから検索してみてください。

    XMで取引をしていて不明なことがあった場合、会社に問合せして質問するのが面倒だなと思っている人は、ネットやSNSで検索すればすぐに調べられるのも大きな魅力です。

    特に海外FX初心者にとっては、すぐに情報が得られるXMで取引をするのが非常にいい選択だと言えます。

     

    他の代表的なFX業者との比較

    「XM」と「そこそこ有名な海外FX業者」を分かりやすく比較してみます。

    比較するのは、「LANDFX、AXIORY、TITANFX」の3社です。

    どの業者も人気業者ではありますが、XMほどの人気はありません。

    下に一覧表を作成したので、興味のある方は是非ご覧ください。

     

    【XMと他3社の主要スペック比較表】

    業者名 口座種別 取引ツール 手数料
    PIPS換算
    最低入金額 USD/JPY 通貨ペア数
    XM マイクロ MT4 無料 500円 1.6 59
    XM スタンダード MT4 無料 500円 1.6 59
    XM ゼロ MT4 1.0 2万円 0.45(1.45) 56
    LANDFX 個人 MT4 無料 1万円 0.8 60
    AXIORY スタンダード MT4
    cTrader
    無料 2万円 1.3 38
    AXIORY NANO MT4
    ctrader
    0.6 2万円 0.3(0.9) 38
    TITANFX スタンダード MT4 無料 2万円 1.33 63
    TITANFX ブレード MT4 0.7 2万円 0.33(1.03) 63

     

    まずはXMの口座種類ですが、計3種類あります。それぞれ特徴を持っていますが、筆者個人的にはスタンダード口座の一択で問題ないと思います。

    XMの口座種類に関しては後ほど詳しく紹介するのでここでは割愛します。

     

    XMと他3業者との大きな違い

    ①最低入金額が低い

    XMの最低入金額は500円とかなり少額で始められるのが特徴です。一方で他3社は最低入金額が1万円~2万円と多くなっています。

    最低入金額が低いということは、FXの軍資金が少ない人にとっては大変有利です。

     

    ➁スプレッドが広い

    これはXMのデメリットですね。唯一と言ってもいいでしょう。

    他3社と比較するとスプレッドが少し広くなっています。ただこのスプレッドに関しては一概にXMが広いとは言えないんです。

    市場流動性が低い時、経済指標発表時などは各社スプレッドが拡がる傾向にありますが、その拡がり方は業者によって異なります。

    通常時において、XMが他3社よりもスプレッドが広いのは紛れもない事実ですが、上記のような状況の場合はXMの方がスプレッドが狭くなる可能性も十分に考えられます。

     

    それともう一つ重要なことがあります。

    確かにXMのスプレッドは広いですが、約定力が半端なく高いので、確実に約定(決済)することができます。

    一方で他3社は、XMほどの約定力が無い為、決済ボタンをクリックしても値がズレて決済されてしまう可能性が十分に考えられます。

    そうなると公表されているスプレッドを鵜呑みにして「スプレッドが広いから使えない!」と安易に判断するのは危険だと言えます。

    「約定力+スプレッド」で判断すべきだと筆者は考えます。

    そう考えるとXMのスプレッドの広さは、そこまで問題視するレベルではないと思います。

     

    口座種類

    XMの口座の種類 マイクロ口座
    (STP)
    スタンダード口座
    (STP)
    Zero口座
    (ECN)
    1ロット数 1,000通貨 10万通貨 10万通貨
    最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
    全主要通貨のスプレッド 最低1pips 最低1pips 最低0pips
    手数料 なし なし 往復10ドル
    =1.0pips
    ボーナス あり あり なし
    (口座開設ボーナスはあり)
    最低入金額 500円 500円 1万円

    XMには「スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座」の計3種類の口座があります。

    上の表に各口座の基本情報を一覧表にしてみましたので参考にしてください。

    それぞれ特徴があるので自身にあった口座を探してみてくださいね!

    ①マイクロ口座

    XMの「マイクロ口座」の特徴は一つだけです。

    1ロット数が1,000通貨なので、超少額トレードしかやらないよという人向けの口座です。

    MT4の場合0.01ロット(10通貨)、MT5の場合0.1ロット(100通貨)からトレードが可能です。

     

    100通貨単位で取引したい方は、XMのマイクロ口座を選択すればいいでしょう。

    逆に言えば1,000通貨単位以上で取引をしようとしている方はマイクロ口座で口座開設する必要はないので、「スタンダード口座」を選択しましょう。

    ちなみに100通貨というのは、スタンダード口座で言うと0.001ロットです。

    XMの最大レバレッジである888倍で100通貨を運用した場合、必要となる証拠金は約13円です。

    ドル円の買いポジションを持った場合、100pips動くと100円の利益になります。

     

    さすがにここまで少ない利益だと、あまりリスクを取ってやる必要性は無いですね。。

    XMのマイクロ口座は、スタンダード口座と同様にボーナスが口座開設ボーナスなどが貰えるのが唯一の良いところかもしれません。

    本当に少額しか取引しないという方にはオススメできる口座です。

     

    ➁スタンダード口座

    XMで口座開設するのであれば、スタンダード口座がおすすめです。迷ったら「スタンダード口座」にしておけばまず問題ないでしょう。

    1ロット数が10万通貨なので、「初心者の私には大きすぎるかも、、」と思っている人もいるかもしれませんね。

    10万通貨というのは例えば1ドル=1円であれば1,000万円分の通貨のことですから。

     

    ただその心配は全く必要がありません。

    なぜなら1ロットではなく0.1ロット、0.01ロットでもトレードが可能ですから。

    0.1ロットというのは1万通貨。1ドル=1円であれば100万円分です。0.01ロットは10万円分です。

     

    XMの最大レバレッジである888倍で、1ドル=100円の時に1ロット(10万通貨)保有しようとした場合に必要な自己資金(必要証拠金)は11,261円です。

     

    ちなみに計算式は以下のように算出できます。

    10万ドル(1ロット) × 100円(日本円レート) ÷ 888(レバレッジ888倍) = 約11,261円

     

    同様の買いポジションを保有していたとして、1ドルが101円になった場合、手にできる利益は10万円です。

    投資金額11,261円で100pips取れれば、10万円の利益になるって凄いですよね!

    XMの最大レバレッジは、海外FX業者の中でも高い方なので本当に夢のある取引が可能です。

     

    また、XMでは取引ボーナスや取引量に応じて「XMPポイント」というポイントが勝手に貯まっていきます。

    これが結構バカにできない制度で、トレードしているといつの間にか結構なポイントが貯まります。

    直接換金は出来ませんが、トレードに使用できるのでXMで取引している人は結構ポイント集めが好きな人が多いです(笑)

    ③ゼロ口座

    取引単位の考え方はスタンダード口座と全く同じですが、スプレッドが「0」のときも本当にあるほど狭いスプレッドで取引できることが特徴です。

    一見するとこの口座が一番いいのでは?と考える人がいるかもしれませんが、取引するたびに別途手数料が掛かります。。

    手数料をスプレッドに換算すると、全然お得ではないので筆者としてはゼロ口座はあまりオススメしません。

     

    しかもXMのゼロ口座は、入金ボーナスが全く貰えません(新規口座開設ボーナス3,000円は貰えます)。

    入金ボーナスが貰えないのは、真剣にトレードしようとしている方からすれば致命的に厳しい条件です。

     

    結論として、XMで口座開設するのであれば「スタンダード口座」一択でいいと筆者は考えます!

    口座開設方法

    ここまで読み進めていただいた方の中には、XMで口座開設してみたい、XMで口座開設しても損はないかな?と思っている人も多いと思います。

    そうは思っても、口座開設手続きが面倒だなと思ってませんか?

     

    結論から言ってしまうと、XMの口座開設は非常に簡単です。

    登録完了にかかる時間は約2分です。XMリアル口座開設はスマホ・パソコンで可能です。

    口座開設申込内容、口座開設の際に必要な書類(本人の「身分証明書」、「現住所確認書類」の2点)等に特に問題がない場合には通常30分程度で完了します。

    口座開設の有効化手続きが完了した旨のお知らせメールが届き、お取引を開始していただけます。

     

    XMの口座開設と日本国内のFX会社とで大きく異なるのは、圧倒的に短時間で、簡単に口座開設が可能だということです。

    専用用紙に記名捺印するとか、何かを郵送するといった煩わしい作業が一切必要ありません。

     

    口座開設したからと言って、自宅にXMから郵送物が届くということも絶対にありませんので家族に内緒でFXをやりたい!と考えている人にも安心です。

    詳細な口座開設手順については、別記事にまとめているので、参考にしてください。

     

    さいごに

    大人気の海外FX業者であるXMについてまとめてきました。

    かなり分かりやすく書いたつもりですが、分かりづらいところがあったらすいません。

     

    XMが日本人トレーダーに人気な理由がよく分かったのではないでしょうか?

    海外FXをやっている日本人トレーダーの約7割もの人が、XMの口座開設をしているというのは伊達ではありませんね。

    XMで口座開設するのは非常に簡単ですし(最短2分で完了)、3,000円の新規口座開設ボーナスも貰えるので、口座開設しておいて全く損はないのです。

    初心者からベテラントレーダーといった幅広い層に大人気のXMでトレードしてみてはいかがでしょうか?

    おすすめの記事