ビットコインとXMについて徹底比較!おすすめの取引所も紹介!

海外FX業者の中で最も人気のあるのは「XM」です。多くの方が、XMで莫大な利益を得ていますが、最近、ビットコインがすごい人気で気になっている方も多いのではないでしょうか?

ビットコインは仮想通貨の代表格であり、激しく値動きすることからたびたび話題にあがりますが、暴落や急騰など世間を騒がすことが多いもののビットコインについて、詳しくは知らないという人も少なくないでしょう。

そこで今回は、街のお店での決済にも使える便利な仮想通貨、ビットコインの基本を解説します。XMとも比較しますのでぜひ参考にしてください。

目次

そもそもビットコインって何?

ビットコインとはどのようなものを指すのでしょうか。仮想通貨の意味とあわせて覚えておきましょう。

ビットコインは仮想通貨の一種

ビットコインは「仮想通貨」と呼ばれる通貨の一種です。現在は数千種類もの仮想通貨が存在するとされており、ビットコインは最初に作られた仮想通貨として知られています。

ビットコインは、仮想通貨の中でも知名度が群を抜いて高いため「仮想通貨=ビットコイン」と思っている人も多いでしょう。しかし、ビットコインはあくまでも数ある仮想通貨の中の一つに過ぎません。

ビットコインは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がネット上に発表した論文をきっかけに誕生し、2009年1月に使用が開始されました。サトシ・ナカモトなる人物が何者なのかは、2022年現在も明らかになっていません。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、主にインターネット上で取引される電子通貨のことです。公的な発行主体や管理者が存在せず、円やドルといった法定通貨と違い国からの保証もありません。

ビットコインの誕生に続いて、さまざまな仮想通貨が誕生しています。ビットコイン以外の代表的な仮想通貨はが、イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュです。日本発祥のモナコインという仮想通貨もあります。

インターネット上の取引で使用されるお金には、仮想通貨以外に電子マネーもあります。電子マネーは企業が発行・管理していますが、仮想通貨の多くは発行・管理の主体が存在しません。

電子マネーの決済手段が限定的であるのに対し、仮想通貨は用途に無限の可能性があることも特徴です。

ビットコインの特徴

ビットコインの大きな特徴として、特定の国や銀行に依存していないことが挙げられます。仲介者を入れずに取引できるため、世界中の誰とでもいつでも通貨のやり取りが可能です。

銀行や国を通した取引に比べ、手数料も安く設定されています。「ブロックチェーン」と呼ばれる技術により、高いセキュリティを確保できている点も特徴です。

ビットコインのデータはネット上で管理されており、全てのユーザーがビットコインの管理に関われます。ビットコインは価格が変動する上、法定通貨に換金できるため、投資対象として購入する人が多いのも実情です。

さまざまな理由から値上がりが期待できる仮想通貨として注目を集めています。

ビットコインと他の仮想通貨との違いとは

ビットコインは時価総額が大きく、他の仮想通貨と比べても圧倒的な1位をキープし続けています。時価総額とは時価市場価格と発行数量から算出したものであり、通貨の価値を判断する指標の一つです。

他の仮想通貨より値動きが激しい点もビットコインの特徴です。投資対象として購入するタイミングによっては、大きな利益・損失を生み出すため、ビットコイン投資はハイリスク・ハイリターンの投資手法といわれることもあります。

ビットコインは、さまざまなサービスや店舗で決済手段として使うことが可能です。他の仮想通貨でも決済できるサービスや店舗はあるものの、ビットコインならより多くのシーンで決済手段として利用できます。

ビットコインのメリット・デメリットとは

ビットコイン投資に興味がある人の中には「どんなメリットがあるの?」「損をするリスクはない?」といった疑問を持っている人は多いのではないでしょうかもいるのではないでしょうか。

なるべくお金を減らさずに投資をするためには、メリットだけでなくリスクと対策を覚えておくことも大切です。ビットコインのメリット・デメリットを紹介します。

ビットコインのメリットは4つ!

ビットコインには様々なメリットがありますが、 主なメリットは4つです。

ビットコインのメリット
  • 少額から投資することができる
  • 海外への送金が簡単かつ手数料が安い
  • 24時間365日トレードすることができる
  • 今後も有望な市場である

    仮想通貨のそれぞれのメリットについてわかりやすく説明します。

    少額から投資することができる

    ビットコインをはじめとする仮想通貨は、1円単位で投資をすることができます。現在のビットコインの価格は500万円を超えていますが、ピットコインには、1円単位で投資することが可能なあので少額投資が可能です。

    通常、株式投資や投資信託・FXに投資をする場合、最低でも1万円程度の投資資金が必要なことが一般的です。 1円という最少単位で取引することができることは仮想通貨の大きなメリットといえるでしょう。

    海外への送金が簡単かつ手数料が安い

    通常、銀行預金で海外送金を行う場合、4000円以上の手数料がかかることが一般的です。

    また最近はインターネットでも外国送金を行うことができるようになりましたが、やり方が複雑で、まだまだ銀行の店頭で手続きを行うことが一般的です。

    また、相手方に着金するまでに2営業日程度時間がかかることも珍しくなく、海外送金を行うことは大変なイメージを持っている方も多いでしょう。

    しかし、仮想通貨を使えば、簡単に安い手数料で海外送金を行うことが可能です。

    またスピードも速く数十分で先方にとどくことが一般的です。海外送金を簡単に行うことができることは仮想通貨の大きなメリットでしょう。

    24時間365日トレードすることができる

    仮想通貨は、24時間365日トレードをすることができます。24時間365日いつでも取引をすることができる市場は極めて少ないです。

    代表的な金融商品である日本株の投資の場合、平日の9:00から15:00 までしか取引をすることはできません。

    また取引可能時間が長いとされているFXの場合でも、土日に取引することはできないので、24時間365日取引することができるのは、仮想通貨は大きなメリットがあるといってよいでしょう。

    今後も有望な市場である

    仮想通貨は認知度が高まってきたとはいえ、まだまだ株式市場などに比べると市場規模ははるかに小さいです。 

    しかし、 現在仮想通貨の認知度は高まってきており法整備も進んでいます。また仮想通貨市場は有望であると考えている会社は非常に多いため、有力企業が今後参入してくる可能性は十分にあるでしょう。

    このように将来有望な市場であることも仮想通貨の大きなメリットであるといえるでしょう。

    ビットコインのデメリットは3つ

    様々なメリットがあるビットコインですが、 当然ですがデメリットもあります。

    ビットコインのデメリット
    • 価格の値動きが激しい
    • セキュリティーに問題がある場合がある
    • 税金が高い

      ビットコインのデメリットについてわかりやすく説明していきますね。

      価格の値動きが激しい

      仮想通貨は、取引量が株式などに比べて少ないため時として突発的な動きをすることがあります。

      1日で数十パーセント以上乱高下することも珍しくなくポジションを保有している際は、特に価格のチェックはしっかり行うようにしてください。

      仮想通貨は、当然ですが夜中でも動いているので寝ている間に大暴落しているということもなくはないので注意してくださいね。

      セキュリティーに問題がある場合がある

      仮想通貨のセキュリティーは強化してはいますが、 ハッキング集団の能力も高く、今後、ハッキングなどの事件が起きる可能性は残念ながらあるでしょう。

      税金が高い

      仮想通貨にかかる税金は、10種類ある所得税のうち雑所得に分類されます。雑所得の最高税率は55%と非常に高いため高額所得者の場合、仮想通貨の利益の半分が利息で消えてしまいます。

      ポピュラーな投資である株式投資や投資信託の最高税率は20.315%のため仮想通貨の税率は高いと言わざるを得ないでしょう。

      ビットコインはどうやって買うの?

      ビットコインに投資するためには、まずはビットコインを買わなければなりません。ビットコインの購入方法について解説します。

      ステップ1 取引所の口座を開設する

      ビットコインへの投資を始める場合、まずは仮想通貨取引所に口座を開設します。本人確認書類とメールアドレスを用意すれば、スマホやパソコンを使って口座開設の手続きを行うことが可能です。

      コインチェック。GMOコイン・bitFlyer・DMM Bitcoinなどを利用すれば、オンラインで手続きを完結できます。

      ステップ2 指定の口座に入金する

      取引所に口座を開設したら、次に指定口座へ日本円を入金します。主な入金方法は、銀行振込・ATM入金・コンビニ入金です。

      ATM入金とコンビニ入金は手数料がかかりますが、銀行振込(入金)なら手数料無料の取引所もあるため、銀行振込での入金がおすすめです。入金手数料は1回の入金ごとにかかります。手数料を抑えたい場合は、一度にまとめて入金しましょう。

      ステップ3 購入する

      指定口座に日本円を入金したら、ビットコインを購入できるようになります。ビットコインの購入手段は、主に「販売所取引」と「取引所取引」の2種類です。

      販売所取引とは、取引所を相手にビットコインを購入する方法を意味します。取引所取引は一般投資家から購入する方法です。取引所取引のほうが取引自体は複雑になりがちですが、手数料は抑えられます。

      ビットコインの売り方

      ビットコインを売る主な方法には、販売所取引・取引所取引・個人間取引があります。それぞれの内容をチェックしておきましょう。

      販売所で売る

      販売所取引では、ビットコインの購入だけでなく売却もできます。取引所が提示する価格で売ることになるため、その価格で売るかどうか検討するだけで済むことがメリットです。

      売却する場合はすぐに買い取ってもらえるので、初心者におすすめの売却方法です。一方、販売所で売る場合は価格が低めに設定されているケースが多く、大きな利益は出しにくいでしょう。

      取引所で売る

      取引所を介してビットコインを一般投資家に売ることも可能です。ある程度希望に近い価格で売れる可能性があり、販売所の提示価格より高値で売れやすくなります。

      ただし、希望金額で売れない場合は注文が成立しません。注文手続きに慣れていない場合は、思わぬ安値で売れてしまう恐れもあるため、ビットコインの売買に慣れた段階で始めるのがおすすめです。

      個人間で取引する

      ビットコインの売買は、取引所を介さずに個人間でやり取りすることも可能です。個人間取引のことを「OTC取引」とも呼びます。OTC取引を行う相手はSNSや仲介サービスで見つけるのが一般的です。

      OTC取引なら取引所を介さないため、手数料が発生しません。お互いが合意すれば、相場の影響を受けずに取引金額を決められます。一方、双方の信用のみでやり取りすることになるため、詐欺に遭ってしまうリスクもあります。

      投資以外のビットコインの使い道

      ビットコインは、ネットショップやリアル実店舗の決済で使うことが可能です。利用できるお店はまだ少ないものの、電子マネーでの決済と同じように使えます。公共料金をビットコインで支払えるサービスを提供している取引所もあります。

      国際送金の手段としてビットコインを使えば、金融機関を通さないため手数料がかからない上、簡単な手続きで素早く海外へ送金することが可能です。

      仮想通貨のマイニングについて

      仮想通貨の取引記録は「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を使って、ネット上のデータベースに保存されます。

      取引記録を承認してブロックチェーンにつなげる作業が「マイニング」です。承認作業を完了した個人または法人には、新たに発行された仮想通貨が成功報酬として与えられます。

      マイニングは個人・法人を問わず誰でも行えますが、承認作業には複雑な計算が必要なため専門知識が必要です。また、承認作業を完了させたことが認められるのは、作業を最短で完了させた個人または法人のみとされています。

      つまり、マイニングによる恩恵を受けられるのは、複雑な計算を最も早く完了させた者だけなのです。マイニングで報酬を得ようと考える個人・法人は世界中に存在し、激しい競争が繰り広げられています。

      マイニングで儲けることはできる?

      マイニングで承認作業を完了させれば、お金を支払わなくても仮想通貨を得られます。しかし実際には、個人がマイニングで儲けるのは極めて困難といわざるを得ません。

      複雑な計算が求められるマイニングでは、競争に勝つために高性能なコンピューターが使われています。それだけの機器をそろえるための資金を用意できる法人が、圧倒的に有利です。

      マイニングでは昼夜を問わずコンピューターを稼働させる必要があるため、電気代もかかります。日本は電気代が比較的高いため、コスト面で電気代が安い国・地域には勝てません。

      これらの理由から、個人が日本でマイニングに取り組んでも、報酬を得られる可能性はほとんどないといえるのです。

      マイニングにはどんな方法がある?

      マイニングの主な方法は3種類があります。

      マイニングの種類
      • ソロマイニング
      • クラウドマイニング
      • プールマイニング

      それぞれの特徴やメリットを知っておきましょう。

      ソロマイニング

      個人が1人でマイニングに取り組む方法を「ソロマイニング」と呼びます。現在ではパソコンにマイニング用のプログラムをインストールして行うのが一般的です。

      マイニングが誕生した当時、主流を占めていたのはソロマイニングでした。しかし次第に資金力のある法人が有利になっていく傾向が強くなり、競争に勝つのはかなり難しくなってきています。

      ただし仮想通貨の種類によっては、個人によるマイニングで報酬を得られる可能性があります。全ての報酬を自分1人で受け取れる点が、ソロマイニングの魅力です。

      クラウドマイニング

      「クラウドマイニング」とは、マイニングに力を入れている法人へ投資を行い、その法人が得た報酬を分けてもらう形で稼ぐ方法です。資金協力のみを行うため、実際に自分でマイニングを行う必要はありません。

      多額の資金やマイニングに対する深い知識がなくても、実質的にマイニングへ参加できる仕組みです。実際には自分で資産を運用しない「投資信託」のようなものだと考えれば分かりやすいでしょう。

      投資先の法人によっては、倒産したり資金を持ち逃げしたりするケースもあるため、信頼できる法人を探せるかどうかが重要です。

      プールマイニング

      複数人でチームを組み、協力してマイニングに取り組む方法が「プールマイニング」です。クラウドマイニングと違い、実際に自分もマイニング作業を行います。ソロマイニングによって報酬を獲得するのが困難という状況を受け、生み出された方法です。

      自分のコンピューターを他のメンバーに貸し出したり、チームのコンピューターを借りて作業を行ったりと、プールマイニングではさまざまな形態が考えられます。チームで得た報酬は、メンバーの作業量に応じて分配されます。

      おすすめの仮想通貨取引所のコインチェックとは

      コインチェックは国内仮想通貨取引所で2012年に設立されました。

      取引所の運営は、コインチェック株式会社が行っており、国内の取引所では取扱銘柄数が豊富な点や、取引ツールの使いやすさ、また口座開設のスピーディーさなど、様々な点で評価が高く、人気の取引所となっております。

      そんなコインチェックですが、基本スペックは以下のとおりです。

      取引所名 コインチェック(Coincheck)
      取り扱い銘柄数 17種類
      入金手数料 ・銀行振込:無料

      ・即時入金(3万円未満):770円

      ・即時入金(3万円以上):1018円

      ※コンビニ入金も即時入金と同手数料

      出金手数料 407円
      取引手数料

      BTCを購入した場合

      販売所:無料

      取引所:スプレッド

      送金手数料 ・BTC:0.0005 BTC

      ・ETH:0.005 ETH

      ・XRP:0.15 XRP

      最低取引額 ・取引所:0.005BTC

      ・販売所:0.001BTC

      レバレッジ倍率 現物取引のみ

      コインチェックのメリット

      コインチェックには様々なメリットがありますが、主なメリットが3つです。

      コインチェックのメリット
      • 取扱銘柄数が豊富
      • 取引ツールが使いやすい
      • サービスの多様性に優れている

        これらのメリットについて説明しますので参考にしてください。

        取扱銘柄数が豊富

        コインチェックでは2022年4月現在で17種類の銘柄を取り扱っていることがメリットとして挙げられます。

        これは、国内の仮想通貨取引所では高水準の銘柄取扱数となっています。なお、コインチェックではレバレッジ取引が2020年3月でサービス停止となっているため、現物取引のみとなっています。 

        取引ツールが使いやすい

        コインチェックで取引を行うときは、独自で開発されたツールを使って取引を行います。

        初心者の方や、取引に慣れていないうちは、売買の仕方など操作方法がわからないといったことがありますが、コインチェックなら、誰でもすぐに慣れることのできる画面となっています。

        また、コインチェックではパソコンがなくてもスマホがあれば取引できるよう、アプリの開発も行っています。

        このスマホアプリも使いやすいと好評で、公式ページでも「ダウンロード数NO.1」と公言しており、会社がスマホアプリなどの取引ツールの開発に力を入れていることが伺えます。

        サービスの多様性に優れている

        コインチェックでは、2022年時点で仮想通貨の取引以外に以下のサービスが提供されています。

        コインチェックが提供している主なサービス
        • コインチェックつみたて
        • コインチェックIEO(Initial Exchange Offering)
        • コインチェック NFT(β版)
        • コインチェックでんき
        • コインチェックガス
        • コインチェックアンケート
        • 貸暗号資産サービス
        • ステーキングサービス(β版)
        • OTC取引サービス

        以上のとおり相当数のサービスが展開されており、仮想通貨の活用方法の幅が広がるサービスが展開されていることもまたメリットといえるでしょう。

        たとえば、積み立てであれば、毎月ビットコインを自動で定額積立してくれるため、資産運用を仮想通貨で行い人や、投資初心者にとってはありがたいサービスといえます。

        そのほかにも、是非活用したいサービスが複数展開されているため、気になる方はリサーチを行ったうえで実際に体験してみると良いでしょう。

        コインチェックのデメリット

        コインチェックのデメリットは、取引所で売買できるのはビットコインのみである点です。

        アルトコインのほとんどは、販売所のみで購入する必要があります。

        ※取引所と販売所の違い

        取引所は、個人間で売買をするフリマのような場(現物取引)

        販売所は、運営(コインチェック)の保有分から購入する

        販売所で購入する場合、運営が保有している仮想通貨を購入するため、「スプレッド」が発生し、取引所より手数料分が上乗せされ高く購入する必要があります。 

        コインチェックは、取扱銘柄数は多いですが、取引所ではビットコインのみしか売買できないため、色んなアルトコインを取引したい方は手数料が高めになるというデメリットがあります。

        口座開設方法

        コインチェックの口座開設方法について紹介します。

        会員登録をクリックする

        公式ページの「会員登録」をクリックしましょう。

        メールアドレスとパスワードの登録

        登録する「メールアドレス」「パスワード」を入力し、チェックボックスに「チェック」を入れ、「会員登録」をクリックしましょう。

        なお、メールアドレスは、コインチェックから重要な内容のメールが来ることもあるため、普段使用しているものを使用することをおすすめします。

        メールアドレスにURLが届く

        入力したメールアドレスにURLが記載されているメールが届くので、そのURLをクリックすると、メールアドレスの登録は完了となります。

        なお、もし届かない場合は、迷惑メールのフォルダに入っているかもしれないので、確認してください。

        マイページにログイン

        メールに記載されたURLをクリックし、コインチェックの公式ページに移動するので、右上の「ログイン」をクリックします。

         

        画面が移動したら登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、チェックボックスに「チェック」を入れ、「メールアドレスでログイン」をクリックしましょう。

        各種重要事項の承諾

        サービスを利用するにあたって、各種重要事項に同意、承諾、誓約をする必要があります。画面上部の「各種重要事項を確認する」をクリックします。

         

        すべての項目にチェックを入れ、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

        本人確認書類の提出

        「本人確認書類を提出する」というボタンが画面上に表示されるので、クリックします。

         

        電話番号を入力し、届いたSMSに表示されている6桁の番号を入力します。

         

        電話番号認証が完了したら、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

         

         

        コインチェックアプリで本人確認の続きを行う

        個人であればコインチェックアプリから認証を進めないため、アプリをダウンロードします。

         

         スマホアプリでログインしたら、本人確認画面が表示されるので「本人確認をする」をタップします。

         

         基本情報として「氏名」「住所」「その他基本情報」を入力し、「次へ」をタップします。

         

         

        運転免許証やパスポートなど本人確認書類を選択します。(以下は運転免許証の場合)

         ちなみに、本人確認書類で提出できるのは以下のようなものがあります。

         利用できる本人確認書類
        • 運転免許証
        • パスポート
        • 運転経歴証明書
        • 住民基本台帳カード
        • 個人番号カード

        次に本人確認書類の撮影を行います。免許証の両面写真や免許証などを持った自分が写っているところを撮影するなど、アプリの指示通りに写真・動画を撮影してください。審査が完了したら完了メールが登録したアドレスに届きます。審査を通過することができると、いよいよ取引できるようになります。これでコインチェックの口座開設は完了です。

        XMとビットコインの比較

        XMの基本スペックについてまとめました。

        スタンダード口座

        (STP)

        マイクロ口座

        (STP)

        ZERO口座

        (ECN)

        最低入金額 5$ 5$ 100$
        最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 500倍
        ゼロカットシステム
        ボーナスやキャンペーン 口座開設3,000円ボーナス

        入金100%ボーナス

        取引キャッシュバック

        口座開設3,000円ボーナス

        入金100%ボーナス

        取引キャッシュバック

        口座開設3,000円ボーナス
        マージンコール 50% 50% 50%
        ロスカットレベル(強制ロスカット水準) 20% 20% 20%
        ストップレベル 4.0pips 4.0pips 4.0pips
        ロット単位 100,000通貨 1000通貨 100,000通貨
        最小取引量 1,000通貨

        (0.01ロット)

        10通貨

        (0.01ロット)

        10,000通貨

        (0.01ロット)

        最大取引量 500万通貨

        (50ロット)

        10万通貨

        (100ロット)

        500万通貨

        (50ロット)

        取引手数料 無料 無料 1.0pips
        取引方式(DD方式とNDD方式) NDD方式 NDD方式 NDD方式
        スプレッド

        (ドル円)

        2.0pips 2.0pips 0.1pips
        取引ツール(取引プラットフォーム) MT4・MT5 MT4・MT5 MT4・MT5
        取引銘柄 57種類 56種類
        登録方法 日本語可能 日本語可能 日本語可能
        信頼性(安全性)の高さ 高い 高い 高い
        入出金の方法 豊富 豊富 豊富
        税金 総合課税 総合課税 総合課税
        日本語対応 十分 十分 十分

        ビットコインは今最も勢いのある金融商品といえます。

        しかし、XMも決して負けていません。特に最近はドル円の相場が2022年3月の中旬から2022年4月初旬にかけて10円以上急激に円安が進みました。もし、XMの特徴であるハイレバレッジでドル円の「買い」で取引をしていれば莫大な利益を得ることができたでしょう。

        また、ビットコインの手数料は不透明なところも正直ありますが、XMの手数料はかなり透明性が高いです。XMの場合、ドル円やユーロ円などの主要通貨であれば、ビットコインとは比べ物にならない情報が入ってくるのも大きなメリットでしょう。

        ビットコインに投資をするのは決して悪いことではありませんが、相対的に見てXMの方が優れた金融商品であると私は思います。

        まとめ

        今回は、最も勢いのある投資商品であるビットコインについて詳しく説明をしました。最後にXMのスペックについてまとめてビットコインとの比較について考察しましたので参考にしてください。

        どちらも非常に良い商品ではありますが、歴史や安定性を考えるとまだまだXMのほうに軍配が上がるのではないでしょうか。ぜひ今回の記事を参考にしていただきビットコインやXMの理解を更に深めていただければ幸いです。

         

        おすすめの記事