easy marketsの独自ツールの詳細|特徴や使い方を徹底解説!

easy markets(イージーマーケット)の利用者の中で最も人気が高いのは、easy marketsが採用している独自ツールです。
海外FX業者の多くは、MT4やMT5を利用しているところが多くなっているので、取引ツールが違うという点は他社と圧倒的に違う部分だと言えるでしょう。

この独自の取引ツールにより、その名前通り簡単に取引を行うことができますし、より自由な選択が可能となるので、初心者から上級者まで多くのファンを獲得している海外FX業者です。
そこで今回は、easy marketsの独自ツールの特徴について詳しくご紹介していきます。

easy marketsの独自ツールとMT4の違い

easy marketsでは、独自ツールとMT4の両方を利用することができます。
そこでここからは、この2つの違いについて見ていきましょう。

 

プラットフォーム 独自ツール MT4
最大レバレッジ 200倍 400倍
スプレッド(USD/JPY) 2.4pips 2.0pips
スリッページ
ストップロスの自動設定

 

このように、easy marketsの独自ツールとMT4には、さまざまな違いがあります。
この数値だけを見ると、MT4の方が魅力的だと感じる方もいるようです。
しかし、easy marketsの独自ツールにしかないツールもたくさんあり、それを活用することによってより自由な取引を行うことが可能です。

 

そのため、ここからはより詳しくeasy marketsの独自ツールについて見ていきましょう。

 

easy marketsの独自ツールの便利な機能

easy marketsとMT4では、取引の仕方が大きく異なります。
easy marketsにしかない機能もたくさんあるので、利用する際にはしっかりと学んでから行う方がよいでしょう。

easy marketsで利用することができる独自ツールの特徴は、以下の通りです。

 

easy marketsの便利な
独自ツール
特徴 メリット デメリット
easyTrade FXとバイナリーの中間の取引が可能で、比較的簡単。 ・損失リスクが抑えられる
・取引が簡単
・他の機能が使えない
・利益が出しづらい
dealCancellation 自分の保有した取引をなしにすることができる ・安心して取引できる
・設定方法が簡単
・キャンセル可能時間は限られている
・手数料の支払いが必要
フリーズレート 3秒間表示レートを止めることができる ・回数無制限
・手数料がかからない
なし

 

ここからは、easy marketsの独自ツールに用意されている便利な機能について具体的に見ていきます。

 

簡易的に取引ができる「easyTrade」

easyTradeとは、FXの取引にバイナリーオプションの特徴を加えたような仕組みとなっています。
そのため、FXの取引に慣れていない初心者の方でも気軽に取引を行うことができる点が魅力だと言われています。

バイナリーオプションとは?
バイナリーは「二進法」という意味で、為替レートを指標として価格が上がるか下がるかを予想するという投資方法です。
FXとは異なり、「取引開始時刻」「購入開始時刻」「終了時刻」「判定時間」が決められており、その時間内にどのように動くのかを事前に決めて投資します。
リスクは高い投資方法だと言われていますが、2択から選択することができるので、誰でも気軽に行うことができると人気が高まっています。

ではここからは、easyTradeの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

最大損失額は賭けた金額のみ

FX初心者の場合、自分で最適なレバレッジを選択したり、どれくらいの単位で取引をしたらいいのかが分からず、気づいたら大きな損失を出してしまったということもあるようです。
特に海外FX業者の場合、高いレバレッジをかけることができるので、より大きな利益を獲得することもできますが損失額がかなり膨らんでしまうことも考えられます。

しかし、easyTradeでは自分で賭ける金額を設定することができます。
そのため、指定した期間の中で出る利益は最大限に受け取ることができる上に、損失額は賭けた金額のみとなっています。

このような仕組みになっていることから、FX初心者の方でも気軽にチャレンジできると考えられています。

 

満期までの時間を自分で選択できる

easyTradeでは、自分で満期までの時間を設定することができます。
バイナリーの場合、決められた時間で参加して取引を行わなければいけないので、忙しい方だとなかなか自由に取引できないと感じることもあるでしょう。

しかし、easyTradeは自分の好きなタイミングでスタートすることができ、「1時間・3時間・6時間」の中から自由に選ぶことができるので、すき間時間を活用して取引を行うことができます。
FXの市場は世界中で開かれており、市場が活発になる時間も違うので、自分がスタートする時刻から逆算して考えればより利益を出すことができるでしょう。

また、仕事が忙しい方の場合、ポジションを閉じるのを忘れていて大きな損失を出してしまうという危険もないので、安心して取り組むことができるでしょう。

 

自分でポジションを閉じることも可能

easyTradeでは自分でポジション保有時間を決めることができます。
しかし、必ずしもその時間を待つ必要はありません。

自分で判断して、途中でポジションをクローズすることもできるのです。
万が一価格が下がりそうな時でも、対処方法があるので安心して投資することができるでしょう。

スプレッドがかからない

easyTradeの取引では、スプレッドが必要ありません。
FXの取引ではスプレッドがかかってきますし、海外FX業者の場合は変動型になっているケースが多いので、その時のスプレッドに応じて取引をするのが難しいと感じる人もいるでしょう。

しかし、easyTradeではスプレッドがかからない分、より分かりやすい取引をすることができます。
そのため、FXの取引が難しいと感じる初心者の方でも、利益が出しやすい環境になっていると言えるでしょう。

 

通常の取引よりも利益が出しづらい

easyTradeは便利な機能ですが、通常のFXの取引に比べてデメリットになる部分もあります。
それが「利益が出しづらい」という点です。

easyTradeでは投資した金額が最大の損失額となっているので、誰でも取り組みやすくなっています。
しかし、その分利益や損失額の計算が独自計算されてしまうため、通常のFX取引で稼げる方の場合、利益が出しづらくなってしまうのです。
そのため、経験者の方は通常の取引を行った方がよいでしょう。

 

他の機能を使うことができない

easy marketsには、easyTrade以外にもさまざまな便利な機能が用意されています。
しかし、easyTradeを使う場合、他の機能は利用することができません。

easy marketsのほかの機能に魅力を感じている方の場合は、easyTradeの利用は控えておいた方がよいでしょう。

ポジションをキャンセルできる「dealCancellation」

dealCancellationとは、自分が保有していたポジションをキャンセルすることができる機能です。
通常のFXの取引の場合、自分が保有しているポジションが予想と逆行していたとしても、途中で取り消すことができません。
そのため、対策として損切りを行うことが必要となります。

しかし、損切りをする時には精神的に負担がかかるので、なかなか損切りを行うことができずに大きな損失を出してしまうという方も多くいます。
そのような方におすすめなのが、dealCancellation」という独自機能です。

 

6時間以内の取引を簡単にキャンセルできる

dealCancellationを利用するためには、取引を行う前にdealCancellationの機能をONにしておく必要があります。
その時に、「1時間・3時間・6時間」の中から自由に期間を設定することができ、キャンセル可能時間を指定します。

dealCancellationを利用すれば、自分が指定した時間内の取引はなかったことにすることができます。
相場の動きが自分の予想と異なった時に、損失を防ぐことができるのは大きなメリットでしょう。

また、設定方法も簡単なので、初心者の方でも気軽に利用することができるという点も魅力だと言われています。
利用したい方は、必ずdealCancellationのチェックをONにするように気を付けましょう。

 

ボラティリティが高い時に有利

重要な経済指標が発表される時や市場が開くタイミングでは、ボラティリティが高くなってしまうことがあります。
そのような場合に、dealCancellationを利用しておくと有利だと言われています。

dealCancellationを利用する時には手数料がかかりますが、ボラティリティが高い時間帯だと大きな損失が出てしまうことが考えられます。
自分が持っているポジションが大きな含み損を抱えて損失のリスクが高いという場合、dealCancellationを利用すれば損失額一定の手数料のみでポジションをなくすことができるため、リスクヘッジになると言えるでしょう。

特に海外FX業者の場合、国内FX業者に比べて高いレバレッジをかけることができるため、ハイレバレッジによって大きな損失が出る場面ではdealCancellationが活躍すると考えられます。

 

キャンセル時間を決めなければいけない

dealCancellationを使ったとしても、いつでも自由にポジションをキャンセルできるわけではありません。
最大6時間しか利用することができませんし、その時間も自分で指定する必要があります。

この期間内でしか使えないという点をしっかりと理解していないと、思わぬ損失を出してしまうこともあるでしょう。

手数料で損失額が大きくなることもある

dealCancellationを利用する場合、手数料を支払わなければいけません。
その手数料の金額は、有効期間が長くなればなるほど高くなってしまいます。

このような仕組みになっているため、むやみにdealCancellationを使っていると、dealCancellationの利用によって利益が目減りしてしまうことも考えられます。
毎回利用するのではなく、使うタイミングはしっかりと判断するようにしましょう。

 

3秒間レートを固定できる「フリーズレート」

フリーズレートとは、約3秒間ほど表示レートを固定することができるという機能です。
この機能を使うことによって、自分の理想のタイミングを正確に判断することができるため、スキャルピングの取引をする方に人気があります。

 

固定した状態で発注できる

通常のFXの取引を行っていると、自分が思ったタイミングで発注ができていなかったり、どこが最適なのか判断することができずに、思わぬ損失を出してしまったというケースも多くあります。
特にスキャルピングなどの短期間での取引を行う方や、より激しい相場で取引を行う方の場合、そのちょっとしたズレが致命傷となります。

しかし、フリーズレートを利用すれば3秒間固定されたレートを見ることができるので、自分の理想のタイミングでエントリーすることができます。
その上、フリーズレートを使用している最中に発注することもできるので、便利だと言われています。

 

使い方が簡単で手数料がかからない

フリーズレートの使い方は簡単です。
エントリーボタンの下に「フリーズレート」という文字があり、そこにカーソルを合わせるとクリックできるようになっています。
そこを押せば、簡単に表示レートを3秒間固定することが可能となっています。

また、フリーズレートは何回でも自由に使うことができますし、手数料もかかりません。
そのため、利用する上でデメリットとなる点がないと言われています。

スキャルピングの取引を行う際や相場が激しい時間帯に取引を行う際はもちろんですが、通常の取引でも利用することによって、発注ミスを大幅に減らすことができるでしょう。
特にFX初心者の方は、発注が思うようにできないという方も多いので、ぜひ利用してみることをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?easy marketsには、さまざまな独自の便利機能が用意されています。
この機能を使うことによって、初心者から上級者まで取引しやすい環境を整えることが可能となっています。

これからeasy marketsを使おうと考えている方は、easy marketsの独自取引ツールを利用することをおすすめします。

おすすめの記事