海外FXのデメリット10選!

海外FXをスタートしようと思ったらそのメリット・デメリットについて知っておく必要があります。

今回は海外FXのデメリットを10個ほど紹介していきます。

メリット・デメリットを踏まえた上で海外FXの在り方について考えてみる良いチャンスとなれば幸いです。

日本の金融庁に認められていない

金融庁から「海外FX業者の勧誘には気をつけてください」という文が警告文として発表されているように、つまり残念ながら日本の金融庁からは、海外FXは危険であると判断されていることが事実としてあります。

金融庁が言っているなら海外FX業者は「危険な会社」と思うかもしれません。

しかし、海外FX業者が国内金融庁に登録していないのはしっかりとした理由があります。

それは、日本の金融庁に登録する=国内FX業者と同様の運営をしなければならない、つまり、 日本の金融庁に登録すると、レバレッジは25倍になり、追証が発生してしまうのです。

そのため登録しないことで海外FX業者は利用者を守っています。

 しかし、認可を受けていないからといって、日本在住の人が海外FX業者を利用できないということはありませんし、法律に触れることもないため、その点は安心できるわけですが、実際に金融庁から認められていないのは事実ですので、そこは理解しておきましょう。

詐欺会社が存在する

これは残念ですが海外FX業者、国内FX業者どちらにも言えることですが、お金が関わるジャンルには絶対に詐欺を働く人や業者が出てきてしまいます。金融庁はこのような詐欺について警告文を出しています。

詐欺会社に引っかかると、入金したが出金ができないという事象がかなり多い確率で起こります。利益が出るように作られたツールで何度も入金させ、最終的には出金させないで自分たちのお金にしてしまう卑劣な集団はとても多く存在しています。

このような詐欺会社に引っかからないようにするためには、しっかりと事前にリサーチしてから海外FXを利用するようにしないといけません。 

税金が高い

海外FX、国内FXに比べると税率が高くなります。海外FXは、所得が雑所得となってしまい、累進課税制度を採用していることから税金計算が複雑で、面倒くさいと感じる方はとても多いです。

「海外FXだし、お金の流れなんてわからないだろうし、申告しなくてもいいのでは?」と考えてしまう方もいるかもしれませんが、税務署はしっかりとお金の流れを見ています。日本においては年間20万円の所得を超えると確定申告をしなければなりませんので、包み隠さず申告することを心がけましょう。

日本語が通じないという心配がある

最近の海外FX業者は、日本人向けにサービスを展開しているところも多く、日本人向けのサービスを充実させています。なかには、実際に日本人スタッフを抱えている業者もありますので、海外FXといえど日本人にも安心なサービスを展開しているのが現状です。

口座開設においてもサイト内の文章は日本語になっているケースが多いため、そのように日本語対応している海外FX業者を選ぶのがよいでしょう。 

スプレッドは国内FXにはかなわない

国内FX業者で超低スプレッドを提供しているGMODMM FXなどのドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルなど主要通貨のスプレッドに勝さる海外FX業者はないといっても過言ではありませんが、最近は海外FX業者が提供するスプレッドもかなり狭くなってきていて、以前より差が無くなってきました。

一昔前までは、海外FX業者でトレードするには広いスプレッドは我慢しなければいけなかったのが、今では高水準の低スプレッドでトレードすることが可能になってきています。

突然の日本撤退リスクがある

近年、海外FX業者に対する金融庁の締め付けはかなり厳しい現状です。金融庁は海外FX業者を日本市場から締め出すために、あらゆる方向から圧力をかけており、先ほど説明した警告もその1つです。日本国内で目立っている海外FX業者のほとんどは、金融庁からこの警告を受けています。

2014年ごろには、PepperstoneThinkforexなど、優良なオーストラリアライセンスの海外FX業者が、一気に日本の金融市場から撤退したことがニュースになりました。その関係者によると、これも金融庁がオーストラリアの金融当局に直接圧力をかけたためだと言われています。

もちろん、どの海外FX業者も優良業者だったので「出金拒否」や「顧客資金の持ち逃げ」などということはありませんでしたが、メインで利用していたFX業者が突然日本から撤退するリスクがあることは常に意識しておきましょう。

出金に時間と手数料がかかってしまう

海外FX業者の出金は一般的に海外銀行送金となります。海外銀行送金の場合は、通常出金手続き完了から着金までに25営業日、出金手数料として2,5004,000円程度かかるのが普通です。これは国内FX業者にはないデメリットとなります。出金1回ごとに数千円もの手数料がかかれば、何回も出金しているとそれだけで手数料としてかなりの金額がかかることになります。

長期ポジション保有に向かない

ハイレバレッジトレードは、短期で少ない資金の運用という点でかなり優れています。しかし、長期にポジションを保有するには向かない部分があります。

特にスワップポイントを獲得するならば、ハイレバレッジはリスクが大きすぎますし、スワップポイントも通貨ペアによっては買っても売ってもマイナス設定になるFX業者は多く、取引の仕方次第ではうまく利用できないことも多いためです。

ハイレバレッジトレードは、取引スタイル・方法によってはデメリットになることを覚えておきましょう。

信託保全が義務化されていない

国内FX業者の場合、金融庁の厳しい行政指導により、すべてのFX業者が「信託保全」を行うことを義務付けられています。この制度は、万が一時にも資金が戻ってくる可能性は極めて高くなり、お金が保証されるという制度です。

一方、海外FX業者はこうしたルールがなく指導も厳しくありません。特定の補償機構に加盟しているFX業者ならば「2万ユーロ(約250万円)」まで信託保全されているところもありますが、そういった仕組みを利用していない海外FX業者であれば、取引によるデメリットが生じてしまうといったリスクがあります。

また一定の補償が得られるFX業者であっても「補償は入金した証拠金だけに限られる」というケースがほとんどなので、儲けはしっかりと自分の口座に戻すということをしないと、意外なところで損害が膨らんでしまうリスクも存在しまいます。

分離課税ではなく総合課税である

FXでは、売買で得た利益やスワップポイントに対し税金がかかってきます。

国内FXでの利益の場合は分離課税となるため、得た利益に対しての税率は20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)です。もし500万円利益が出たのであれば、約100万円ほど税金がかかることになります。

しかし、海外FXの場合は分離課税ではなく総合課税となります。そのため給与所得同様、以下のように課税所得額に応じて税率が高くなってしまいます。

例)
課税所得20万円以上195万円以下の場合:税率15% 所得税控除なし
課税所得195万円以上330万円以下の場合:税率20%、所得税控除9万7,500円など

利益が500万円の場合は、最大で30%もの税率が課せられてしまいます。

また確定申告も自分で行わなければなりません。国内FX業者の場合、分離課税で源泉徴収をしてもらえば、確定申告が不要なFX業者も存在します。ただし、利益が少ない場合、総合課税は税率が低く、分離課税である国内FX業者でトレードするより、手元に残るお金が多くなることがあるので、すべては自分の努力次第で変わってきます。

最後に

以上、海外FXのデメリットを10個ほど紹介してきました。

これから海外FXを始めようと考えている方、既に始めているもののよく分からないことが多い、と思っている方はぜひ参考にしてください。これまで国内FXしか使用したことが無いという方は、まずは大手の海外FX業者(XMやGEMFOREX)で取引してみると良いでしょう。

もしどの海外FX業者がいいか迷ってしまう方がいるのであれば、本サイトのトップページに22社をランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

おすすめの記事