MT5の使い方・MT4にはなかった機能は?

今回はMT5の使い方について紹介していきます。

MT4にはなかった機能、MT4から進化した機能を中心に見ていきたいと思います。

使い方の前に~MT5とはどんなもの?~

MT5は海外FX業者などでFXトレードをする際に使うプラットフォームです。

トレーダーはこのMT5を通じて、取引をすることになります。

最初にMT4が作られ、その後進化した「MT5」がリリースされたという流れです。

まだ、MT4を使っている人も多いですが、この先時代が流れていくにつれて、どんどんMT5ユーザーが増えていくものと予想できます。

パソコンのスペックについて

よく言われるのが、

  • 使い方どうこうの前に、MT5は使用メモリが多いので、ある程度のスペックのパソコンでないと厳しい
  • MT4のままでいるべき

という事です。ただ、これについては「ほぼ間違い」だと言えます。

確かにMT5がリリースされた当初は、その頃のハイスペックパソコンでないと辛いものがありました。ですが、パソコンも進化していますから、「現在のパソコン」を使っているのであればMT5は普通に動きます。

具体的に言うと、メモリが4ギガバイト以上あるパソコンであればまず大丈夫です。

MT5はMT4に比べると動作が軽いです(MT5を使ってから、MT4に戻ると実感しやすいです)。

「パソコンのスペック」のことだけで使い方も調べてこなかったという人は、ぜひMT5に切り替えてみてください。

MT5の使い方・豊富な時間足

MT4
月足、週足、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足

MT4では計9タイプの時間足があります。

MT5
月足、週足、日足、12時間足、8時間足、6時間足、4時間足、3時間足、2時間足、1時間足、30分足、20分足、15分足、12分足、10分足、6分足、5分足、4分足、3分足、2分足、1分足

一方でMT5は、計21タイプの時間足があります。

正直、特に「マニアックな分足」はほとんど使えせんが、MT5で追加された8時間足や12時間足は結構役立ちます。

もちろん時間足の使い方自体はMT4と一緒ですから、特に困ることはないでしょう。

気配値ウィンドウの使い方

MT4の気配値ウィンドウでは「ティックチャート」と「通貨ペアリスト」しかチェックできませんでした。

しかし、MT5の気配値ウィンドウでは、さらに「詳細」と「プライスボード」もチェックできるようになりました。

詳細タブの使い方

「詳細タブ」をクリックする→直近価格、安値、高値などを確認できます。

特に1つの通貨ペアに絞っているFXトレーダーにとって役立つ機能です。

プライスボードタブの使い方

「プライスボードタブ」では、「登録した通貨ペア」がリストアップされます。

1つの画面でどの通貨ペアの注文もできるので、かなり利便性が高いです。

「複数の通貨ペアに手を出しているトレーダーが、各通貨ペアについて売り買いする」のがプライスボードタブの主な使い方となるでしょう。

ナビゲーターウィンドウの使い方

ナビゲーターウィンドウは自動売買システム(EA)や、インジケーターを表示させるためのものです。

MT4:細かいフォルダ分けなどができず、縦にずらっと並べるしかなかった
MT5:EAやインジケーターを、自分で細かくカテゴライズできるようになった

使い方としては、

自分でフォルダを作る→フォルダ内に自由に好きなものを入れる

という感じです。

「パソコンの超初心者」でなければ誰でも使いこなすことができるくらいに簡単です。

そもそもMT5のほうが、デフォルトでもナビゲーターウィンドウがスッキリまとまっていて閲覧しやすいです。

画面の調整方法

MT5のインストールができたらメイン画面の調整をしてみましょう。

こだわり始めるとキリがないので、

  • ツールバー
  • 表示させる通貨ペアの厳選
  • チャートの調整

だけ行っておけばとりあえず十分です。

注文方法

MT5の使い方として、最も大事なのは「注文方法」です。

自身がない人はまずは「デモ口座(リアルマネーを使わない練習用口座)」でトレーニングしましょう。

  1. 成行注文
  2. 指値注文(逆指値注文)

まずはこの2つについては確実に抑えておきましょう。

1.成行注文

流れは以下の通りです。

  1. 気配値ウィンドウで取引したい通貨ペアをダブルクリック
  2. 「タイプ」で「カウントダウン注文」をチョイス
  3. 「数量(トレード量)」を選択
  4. 注文に対して自分でコメントを残す(残さなくてもいい)
  5. 「成行買い」をクリック

これで成行注文が完了します(他にも色々なやり方があります)。

②指値注文(逆指値注文)

成行注文は「今の価格で注文するよ」という、言わば「リアルタイム注文」です。

一方、指値注文は「この価格になったら注文」してねという、「予約注文」です。成行注文しかできないようだと、FXトレードの戦略が全然広がっていかないので、必ず指値注文もできるようになりましょう。

  1. 気配値ウィンドウで取引したい通貨ペアをダブルクリック
  2. タイプで「指値注文」をチョイス
  3. その下のタイプで「どの指値注文をするか」をチョイス
  4. 予約の有効期限を決める(無期限にもできます)
  5. 「注文」をクリックする

これで指値注文が完了します(これについても他にもやり方があります)。

補足1:MT5の「ダウンロード場所」によって使い方が多少変わる

MT5は開発元のオフィシャルサイトからダウンロードすることができます。

しかしながら、「MT5に対応している海外FX業者のサイト」からダウンロードを行うことをおすすめします。

なぜなら、FX業者オリジナルのスクリプト・インジケーター・自動売買システムが最初から入っていたり、サーバー登録が楽にできたりするからです。

※開発元のオフィシャルサイトからMT4をダウンロードすることはできなくなっています(海外FX業者のサイトからならできる)。

補足2:MacのパソコンでもMT5の使い方は基本一緒

最近では、MacのパソコンでもMT5を使うことができます。

使い方そのものは、Windowsと変わりません。

まとめ:MT5の使い方は簡単!切り替えを検討してみては?

以上、MT5の使い方や、MT4との差などについて紹介してきました。

まとめると、

  • 現在のパソコンであれば問題なく動く
  • 時間足が豊富になった
  • 気配値ウィンドウやナビゲーターウィンドウが便利になった
  • 「開発元」ではなく「海外FX業者」からダウンロードすると色々と便利

といったところです。

まだMT5に対応していないFX業者もありますが、「自分がメインで使っている海外FX業者がMT5に対応している」という場合は、これを機にMT4からMT5への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事