国内FXと海外FXの違いとは?9つの視点から徹底比較!

FXトレードををさあ開始しよう!と思った時に、「国内FX」でスタートするか、「海外FX」でスタートするかに悩むことはないでしょうか?どちらにもそれぞれのメリット・デメリットがあるので、自分が重視するポイントを何に置くかで選択方法が変わってきます。

今回は国内FXと海外FXの違いと、それぞれのメリット・デメリットを比較して見ていきます。

レバレッジが高いのは海外FX

もともと、レバレッジの高さは国内外でそれほど大きな差がなかったのですが、2011年に金融庁がレバレッジを最大25倍に引き下げるという規制をスタートしました。そのため、国内FXはどのFX業者も軒並み25倍となっています。2018年にはレバレッジ10倍にする策も上がっていたので、今後もこの規制が緩まるとは考えづらいでしょう。

それに対して、海外FXの場合平均400倍~500倍といったハイレバレッジが今も保たれており、レバレッジが高いFX業者の中には3,000倍という非常に高いレバレッジを売りにしている海外FX業者もあります。レバレッジが高い分、少ない証拠金でも大きな取引ができるという点が海外FXのメリットとも言えるわけです。

ゼロカットシステムがあるのは海外FX、追証があるのは国内FX

国内外のどちらのFX業者においても「強制ロスカット」が行われます。その理由として、FXにはレバレッジがあるため、運用資金以上のマイナスが出ることがあるからです。

ロスカットとは、証拠金維持率が一定数を下回ると、今保有しているポジションを強制的に決済し、損失を最低限にとどめるという仕組みです。しかし、大きな相場の値動きによって強制ロスカットが間に合わないということがまれにあります。その時には口座の残高が大きくマイナスになってしまうというケースが少なくはありません。その際、国内FX業者の場合には、そのマイナスになってしまった資金を自分で払わないといけません。これを追証といいます。2011年の東日本大震災の時などにはこのようなケースがあり、多くのトレーダーが借金を抱えてしまいました。つまり、国内FXでは突然大きな借金を抱えてしまうといったリスクがあるのです。

しかし、海外FXの場合、大半のFX業者が「ゼロカットシステム」という制度を設けています。この仕組みによって、万が一突然の事態で口座の残高がマイナスになっても、FX業者がかわりにマイナス分を負担をしてくれて口座残高を0まで戻してくれます。そのため、入金金額以上の損失を出す心配がありません。

豪華なボーナスがあるのは海外FX

国内FXの場合、口座開設によるキャッシュバックなどはありますが、その大半は入金金額や取引数など条件付きのものがほとんどです。

それに対し、海外FXの場合には、とても豪華なボーナスキャンペーンが用意されています。口座開設だけで20,000円をくれるGEMFOREX(時期によって金額は異なります)や、入金額の100%ボーナス付与などのキャンペーンを行っている海外FX業者も多数あります。その場合、100万円入金するとなんと200万円分として口座に反映されるのです。このようなボーナスがかなり大きいことから、元手となる資金は少なくてもトレードすることができるのが海外FXの魅力です。

取引銘柄数が多いのは海外FX

国内FX業者の場合、数十種類の通貨ペアと少数のCFDしか扱っていないことが多いです。ただし、銘柄が少なくても困らないと考えている方、ドル円のみを運用をしようと思っている人には、特にその差は感じないと思われます。

一方で、海外FX業者の場合、数多くの通貨ペアやその他のマイナーな通貨、個別株なども取引できるようになっています。老舗の海外FX業者は長く運営している分、多くの通貨ベアや銘柄を扱っている場合もあります。

スプレッドが狭いのは国内FX

スプレッドとは、1通貨あたりの売り値と買い値の差額をいいます。一般的には、スプレッドの開きが狭いFX業者の方が利益を上げやすいと考えられています。

日本のFX業者のスプレッドは世界でもトップクラスの狭さだと言われています。これだけの狭いスプレッドになっているのは、トレーダーの損失が出ており、FX業者の利益がある程度担保されているからだといえます。そのため、時に勝ちすぎているトレーダーは突然スプレッドを広げられたり、口座を凍結してしまったり等のトラブルがあることもあるので注意が必要です。

一方の海外FXに関しては、FX業者によってさまざまですが、日本と比較するとスプレッドはやや広めです。中には低スプレッドを売りにしているところやスプレッドゼロ口座もありますが、その分を手数料でしっかり取られるケースもありますので、事前に自分で調べておく必要があるでしょう。

取引ツールが安心なのは海外FX

国内FX業者はそれぞれの会社で取引ツールを開発しています。対して海外FXの場合は、「Meta Trader」というシリーズのツール(MT4やMT5)を使用している場合が多いです。

MT4・MT5は、裁量トレードだけではなく自動売買システム(EA)を導入した場合にも使いやすくなっているため、ほとんどの海外FX業者がほぼすべてこのツールを使用できるようになっています。もしFX業者を変えた場合でも操作に戸惑うことはありませんし、自社のものではないため不正な動きをしてもすぐに発覚してしまいます。

国内FX業者の自社独自のツールの場合、使用感は良い部分があるかもしれませんが、不正な価格操作があったとしてもユーザーからは分からないようにすることもできるため、疑問は残ります。

口座開設が簡単なのは海外FX

国内FXの場合、金融庁は取引者からの税金を取りこぼすことを防ぐために、すべてのFX業者に顧客のマイナンバーを集めることを義務付けています。そのため、国内FX業者で口座開設をしようとした場合、マイナンバーの提出が必須になります。それだけではなく、細かい作業がたくさんあるので、スタートしようとしてもすぐにスタートできるわけではありません。

一方の海外FX業者は、顔写真付きの証明書と住所が印字された書類と、顔写真のアップロードのみのところが多いのが特徴です。忙しい方だと口座開設に手間がかかるとなかなかトレードが開始できないので、口座開設が簡単だと便利です。

入出金が楽なのは国内FX

国内FX業者の場合、「クイック入金」という簡単な入金方法が準備されていることがあります。ネット銀行からも24時間振り込めるので、相場が大きく動いた時でも安心です。

海外FX業者の場合、以前は入出金にかなり時間を要したり手続きが面倒だったりしましたが、今はかなり簡単になっています。

ほとんどの業者がクレジットカードからの入金ができたり、国内送金ができるところも増えてきました。また、ビットコインからの入金ができるところもあり、多種多様な入出金方法が行えるようになっています。

税率が一律なのは国内FX

国内外問わず、FXで発生した利益には日本の税務署から税金が課せられます。給与所得者だとFXの利益が20万円から、非給与所得者だと38万円以上の所得があると税金が課せられます。

国内FXの場合、所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%一律20.315%となっています。

しかし、海外FXの場合、利益によって5%~45%(住民税の10%を加えて55%)まで税率は変わってきます。サラリーマンの方の場合、税率は自分の会社員としての所得とFXの利益によって変わってくるなど、その人によって、税金の額は大きく変わってきます。

まとめ

国内FXと海外FXの特徴について比較してみましたが、その特色は全く異なることがわかっていただけたかと思います。

どちらがいい悪いという優劣がつけれるものではないですが、自分に合うほうを選択してトレードを行うのがよいでしょう。

国内外のみならず、FX業者によってもサービス内容は変わるので、口座開設の前にしっかりとチェックしておきましょう。

おすすめの記事