【初心者も簡単】追証計算方法〜もう自分で計算しなくていい?おすすめサイト紹介〜

海外FXをやる上で1番のリスクになるものは何だと思いますか?

それは「追加証拠金(追証)」です。

海外FXはリスクが高いと思われがちですが、リスクと言うとこの追証以外は特にありません。

今回は、FXにおいて1番のリスクになりうる追証、特に追証の計算方法についてFX初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

大きな借金を作ってしまうことにならないように是非この記事を参考にしてください。

最後にはもう計算する必要がないおすすめのサイトもご紹介します!

追証って何?

まず初めに、追証とは何かという話をしていきます。
追証とは「追加証拠金」の略で、FXトレードの際、証拠金が足りなくなったときに追加で支払う証拠金のことです。FXトレードをしている際には損失が出てしまうことがあります、その損失が拡大してしまい証拠金の維持率が基準を下回ってしまった時に請求されます。

追証を払えないとどうなるの?

追証が発生したからといってそれが借金になるということではありません。ポジションが維持できなくなる可能性が生まれたというだけです。

証拠金が不足してしまうと、新規の注文はできずポジションが強制決済されてしまいます。

そこで追証を支払えば強制決済されることなくポジションを維持できます。

では、その追証を払えないとどうなるのでしょうか?

もし追証を払うことができなくて強制決済されてしまっても借金になってしまうことはなく、口座の預託金が少なくなってしまうというだけです。証拠金の不足が分かってから追証を払わなければ強制決済になってしまうという期間がとても短いので、そこで追証を早く払うために借金をしてしまう人がいるというだけなのです。

追証計算方法に入る前に、追証のリスクを初めから生まないためのシステム「ゼロカットシステム」について説明していきます。

ゼロカットシステムって何?

ゼロカットシステムとは、ロスカット(損失が大きくなってしまった場合に自動的に行われてしまう強制決済のこと)が間に合わず、口座がマイナスになってしまった場合に海外FX業者側が負担してそれをゼロに戻してくれるというシステムです。
簡単に言ってしまうと、追証はなく、絶対借金が生まれないようにできるシステムです。

なぜ海外FX業者はゼロカットシステムを採用できるの?

このゼロカットシステム、国内FX業者にはありません。ではなぜ海外FX業者にはゼロカットシステムがあるのでしょうか?

それは、国内FX業者と海外FX業者の利益の上げ方の違いにあります。

簡単にいうと、

国内FX業者はトレーダーが損をすると儲かる
海外FX業者はトレーダーが得をすると儲かる

スタンスとなっているからです。この違いによって海外FX業者はゼロカットシステムを採用し、トレーダーに思い切った取引をさせ効率的に利益を出させることで、儲けようとしているわけです。

ゼロカットシステムがある主な海外FX業者

  • GEMFOREX
  • XM
  • iForex
  • FBS
  • Axiory
  • IF6FX
  • TitanFX
  • Tradeview

その他多数あります。

追証計算方法

追証とはどんなものなのか、なんとなく分かっていただけたと思いますが、ここからはメイン追証計算方法について見ていきます。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の比率のことで、ポジションの証拠金に対する圧迫具合を表すものです。

この計算をすることで、ロスカットがどのタイミングで行われてしまうのか分かります。

証拠金維持率は「%」で表されることが多く、200~300%に保つのがベストです。

証拠金維持率(%)= 有効証拠金÷必要証拠金×100

たとえば、ロスカット水準が50%のFX業者があるとします。

そして証拠金残高が10万円であった場合で考えます。
その10万円から2万円を取引に使った場合、証拠残高は8万円となるので、証拠金維持率は80%ということになります。

この証拠金維持率が50%になると、このFX業者ではロスカットが行われてしまいます。この数字で考えた場合、合計で5万円使った場合にロスカットが行われるということです。

有効証拠金って何?

有効証拠金とは、その時点での有効的な証拠金の総額のことです。

有効証拠金=証拠金+含み損益(評価損益)

※証拠金とは口座残高のことです。

証拠金が10万円
含み損益が5万円 の場合
10+5=15で有効証拠金は15万円となります。

必要証拠金って何?

必要証拠金とは、ポジションを持つためには必ず必要な証拠金のことです。

必要証拠金=取引金額÷レバレッジ倍率

※取引金額は(通貨ペアレート×取引数量)で求められます。

この式には簡単な数字を入れて計算してみましょう!

通貨ペアレートが100
取引数量が5万
レバレッジが50倍

として計算してみましょう。すると計算式はこのようになります。

(100×50,000)÷50=100,000

結果、必要証拠金は10万円ということがわかります。計算自体はそんなに難しくないですね!

業者別のロスカット水準

ロスカット水準はFX業者によって違います。
上の証拠金維持率の計算の例では、ロスカット水準50%のFX業者の場合で計算しました。

以下に、有名海外FX業者のロスカット水準を紹介しておきます。

海外FX業者 ロスカット水準

 

海外FX業者名 ロスカット水準
XM 20%以下
iForex 0%
GemForex 20%以下
FBS 20%以下
Tradeview 100%
Axiory 20%以下
TitanFX 20%以下

 

おすすめ:証拠金シミュレーション

ここまで追証とは何か、追証計算方法などの説明をしてきましたが、これがあれば自分で計算する必要がないというサイトをご紹介します。計算は機械にさせて楽しましょう。

そのサイトの名前は「証拠金シュミレーション」です。

証拠金シュミレーションで出来ること
  • 円口座、ドル口座をはじめさまざまな通貨に対応
  • レバレッジ:1倍から1,000倍まで対応
  • 目標利益、損失時の金額計算が可能

この名前で検索するとたくさんヒットしますが、海外FXに対応しているものがベストです。国内のものはレバレッジが25倍固定になっているものもあります。

まとめ

今回は、追証計算方法をメインとし、追証とは何かという基本的なところから、追証計算方法や追証計算をしてくれるサイト紹介というところまで、FX初心者の方でも分かるようにということを意識して見てきました。

海外FXは足を踏み入れるリスクが高いと思われていますが、追証というリスクを回避できればそんなに危険なものではありません。追証計算方法をマスターし、リスク回避を行うようにしてください。

おすすめの記事