TitanFXの両建てはほぼ制限なし!海外FXの両建て事情とは!

両建てとは、ロングポジションとショートポジションを同数、同時に保有することです。

ロングポジションとショートポジションを同時に保有することで利益と損失が相殺され、利益を損失も出ない状況になります。

一見するとあまり意味がないと思われるかもしれませんが、両建てには様々なメリットがあります。

しかし、海外FX業者では両建てができないと思っている方は多いのではないでしょうか?

確かに海外FX業者の多くは両建てに制限があります。しかし、TitanFXは、ほとんど両建てに制限がありませんので両建てを行いたい方には非常におすすめです、

そこで今回は、「TitanFXの両建てとそもそも両建てとはどんなものなのか」について説明します。

海外FXの両建てとは?

両建てとは、先ほど説明した通りロングポジションとショートポジションを同数、同時に保有することです。

海外FXの両建てといっても基本的には一緒になります。

ただし、海外FXの両建てには様々な種類がありますのでしっかり理解するようにしましょう。

両建ての種類

海外FXの両建てには様々な種類がありますが、主な種類は3つに集約されます。

  • 同一口座内両建て
  • 同一業者での複数口座両建て
  • 異なる業者間での両建て

両建ての種類についてしっかり理解していきましょう。

同一口座内両建て

最もオーソドックスなのが同一口座内での両建てです。

両建てを禁止している海外FX業者は多いですが、この同一口座内の両建てはほとんどの海外FX業者で認められている両建てになります。

なぜなら、同一口座内の両建ては、海外FX業者にとってリスクが少ないからです。

なぜで同一口座内での両建てが海外FX業者にとってリスクが少ないかというと、同一口座内の両建てでは利益分と損失分が相殺されるためです。

海外FX業者が損失を被ることがないので、同一口座内での両建ては認められています。

この後、紹介する同一業者での複数口座両建てや異なる業者間での両建てについては、海外FX業者が損失を被ってしまう可能性がありますので、多くの海外FX業者では認められていません。

しかし、TitanFXでは認められているので安心してくださいね。

同一業者での複数口座両建て

海外FX業者では、国内FX業者と違い、同一業者間で複数の口座を持つことが可能です。

しかし、多くの海外FX業者では複数口座の両建ては認めていません。

なぜなら、海外FX業者が大きな損失を被ってしまう可能性があるからです。

例えば、A口座でロングポジションを保有して、B口座でショートポジションを保有しているとしましょう。

為替が大きく上昇トレンドに乗った場合、A口座では大きな利益になります。そしてB口座では大きなマイナスになるのは皆さんお分かりでしょう。

しかし、ここで大きな問題があります。それは海外FX業者の多くはゼロカットシステムを採用していることです。

ゼロカットシステムは、口座残高以上のマイナスが出ることは無いので、今回の場合、大きく上昇トレンドになっても、B口座での損失は、口座残高までになります。

一方、A口座の利益は、ハイレバレッジをかけていれば、かなり大きな利益を得ることができます。

ゼロカットの口座残高以上の損失は海外FX会社が補填しますので、このような両建てをされてしまうと、海外FX業者は非常に大きな損失を被ってしまうことになるのです。

よって同一業者での複数口座間の両建てはほとんどの業者で認められていないのですが、TitanFXでは同一業者での複数口座間の両建ても可能です。

異なる業者間での両建て

異なる業者間での両建ても、先程の同一業者での複数口座の両建てと同様の理由で、ほとんどの海外FX業者では認められていませんので注意するようにしましょう。

TitanFXでは異なる業者間での両建ても認められていますが、他の海外FX業者の多くは異なる業者間での両建てを認めていませんので、TitanFXでも利用しないほうが無難でしょう。

両建ての手法

両建てには様々な手法があります。今回は両建ての主な手法を4つ紹介しますのでぜひ参考にしてください。

  • スワップポイント狙いの両建て
  • 異なる通貨ペアでの両建て
  • 経済指標狙いの両建て
  • ロスカット回避の両建て

それぞれ手法についてわかりやすく説明しますので是非参考にしてください。

スワップポイント狙いの両建て

両建てをうまく活用することによって、スワップポイントを着々と貯めることができます。

両建てをすることによって、売却益や売却損が出ない状況になるので、ロングポジションのスワップポイントとショートポジションのスワップポイントの差分を得ることが可能です。

ただし、両建てを外すタイミングを間違えてしまうと、スワップポイントが吹き飛ぶほどの損失になってしまうので注意が必要ですし、現在スワップポイントは各国、非常に低い状況にありますので、あまり大きな利益を望むのは難しいかもしれません。

異なる通貨ペアでの両建て

相関性の高い異なる通貨ペアでの両建ても有効です。GBP/JPYとEUR/JPYは、相関性が非常に高いため、同一通貨ペアでの両建てと同じような効果が期待できます。

もし、同一通貨ペアでの両建てが禁止されている場合、相関性の高い通貨ペアでの両建てを検討するようにしましょう。

経済指標狙いの両建て

経済指標狙いの両建ては非常に有効です。例えば、アメリカの雇用統計のように大きく一方向に動くことが期待される場合、両建てをすることによって大きな利益を狙うことができるでしょう。

ただし、経済指標狙いの両建てについては禁止している海外FX業者が非常に多いので実際に行う際は注意するようにしてください。

ロスカット回避の両建て

両建てをすることによって利益と損失を固定することができるため、ロスカットを回避することができます。

相場動向を見極めたい際は非常に有効な手法になるでしょう。

両建て禁止の理由とは?

両建てが禁止されている理由は、先ほど説明した通り、海外FX業者にとって大きな損失になってしまう可能性があるからです。

両建てを行う際は、両建てを認められている業者で行うようにしてください。

後ほど両建てが認められている海外FX業者について紹介しますが、TitanFXでは不正な両建て以外ほぼすべての両建てが認められているので海外FXで両建てを行う際は、TitanFXを利用するようにしましょう。

 

海外FXで両建てをするメリット

海外FXで両建てをするメリットは主に3つです。

  • 相場の様子見が可能
  • スワップポイントによる利益を得ることが可能
  • ロスカットリスクを下げられる

それぞれのメリットについてわかりやすく説明します。

相場の様子見が可能

両建てをすることによって、利益と損失をホールドすることができますので、相場の様子を見ることができます。

トレンドが出るまでホールドしておき、トレンドが出たときに一方向を離すことによって大きな利益を狙うことができるでしょう。

スワップポイントによる利益を得ることが可能

ロングポジションとショートポジションのスワップポイントの差分を両建てをすることによって得ることができます。

現在は、スワップポイントは決して高くありませんので、大きな利益は望みにくいですが、着実に利益を狙いたい方にとってはおすすめです。

ロスカットリスクを下げられる

損益を両建てすることによってホールドできるため、ロスカットリスクを下げることができます。

相場動向を見極めたい場合、両建ては非常におすすめです。ただし、両建てを離すタイミングを間違ってしまうと、あっという間にロスカットにかかってしまう可能性があるので、両建てを外すタイミングにはくれぐれも注意してください。

海外FXで両建てをするデメリット

海外FXで両建てをするメリットはたくさんありますが、当然ですがデメリットもあります。海外FXで両建てをする主なデメリットは3つです。

  • 発注のタイミングが難しい
  • どちらもロスカットの可能性
  • スプレッドが負担になる

わかりやすく説明しますのでぜひ参考にしてください。

発注のタイミングが難しい

両建ては、損益をホールドできる非常に有効な方法ですが、利益を得るためにはどちらか一方を先に離さなければなりません。

このどちらか一方を離すタイミングが非常に難しいのが実情です。

タイミングよく離すことができれば良いですが、なかなかタイミングよく一方向を離すのは難しいでしょう。

どちらもロスカットの可能性

先ほども、説明しましたが両建ては一方向離すタイミングが非常に難しいです。

離すタイミングを間違えてしまうと、あっという間にロスカットになってしまう可能性もありますので注意が必要になります。

スプレッドが負担になる

スプレッドは、両建てにとって大きな負担になります。

特に海外FX業者は、国内FX業者に比べスプレッドが広い傾向にありますので、両建てを行う際はしっかり確認するようにしましょう。

両建てがばれるとどうなる?

両建てがばれてしまうと、利益が帳消しになってしまったり、取引停止、最悪の場合、口座凍結になってしまいます。

両建てが禁止されている海外FX業者で両建てをしてしまうと必ずバレますので、両建てを行う際は両建てが認められているFX業者で行うようにしましょう。

両建てを行う際は、必ず両建てが認められている業者を利用するようにしましょう。悪いことは絶対に見つかります。「自分だけはバレないかも」という甘い考えは絶対にやめるようにしましょう。

海外FXで両建てをするならTitanFXがおすすめ

TitanFXは、高速のトレードシステムが使えるなど基本スペックが非常に高い海外FX業者です。

TitanFXでは基本的にすべての両建てが認められていますので、両建てを行いたい方にとっては大きなメリットになるでしょう。

また、TitanFXでは両建てをすると証拠金が相殺されます。

海外FX業者によって片側分の証拠金が必要な業者もありますが、TitanFXでは両建てになると証拠金は必要ないので覚えておきましょう。

もちろん、ゼロカットシステムを悪用した両建てはタイタンFXでも認められていませんので注意するようにしてください。

TitanFX以外に両建てがおすすめの業者を紹介!

正直、両建てを行うのであればTitanFXが1番おすすめですが、タイタンFX以外にも両建てでお勧めできる業者はあります。

  • GEMFOREX
  • AXIORY

それぞれの業者の両建ての特徴について説明していきます。

GEMFOREX

GEMFOREXでは、同一口座内での両建てが認められています。GEMFOREXは、ボーナスが豪華でスプレッドが低いなど様々なメリットがある海外FX業者になりますので、同一口座内での両建てが認められているのは非常にありがたいでしょう。

AXIORY

AXIORYは、信託保全が採用されており、豪華なボーナスがあるなど多くのユーザーに愛されている海外FX業者です。

AXIORYでは、なんとすべての両建てが認められています。

基本スペックも非常に高いため、AXIORYで両建てを行うメリットは非常に大きいでしょう。ただし、不正な両建ては当然認められていません。

まとめ

今回は、海外FXの両建てについて説明しました。多くの海外FX業者では両建てを禁止していますが、一部業者では両建てが認められています。

その中でも、両建てを行うのであればTitanFXがぶっちぎりでおすすめです。

なぜなら、TitanFXでは、ゼロカットを悪用した両建て以外ほぼ全ての両建てが認められているからです。

両建てはうまく利用すれば大きな利益を狙うことができる手法です。

しかもタイタンFXの場合、証拠金が相殺されますので多額の資金がなくても両建てを活用できます。

もちろん、両建てにもデメリットはあります。しかしデメリット以上に両建てには様々なメリットがありますので、ぜひ今回の記事を参考にしていただき海外FXの両建てで大きな利益を狙っていただければ幸いです。

おすすめの記事