TitanFXの安全性・入出金・プラットフォームについて徹底解説

 

今回はTitanFXの安全性や入出金のスペック、プラットフォームについて詳しく説明します。

わかりやすく説明しますので是非参考にしてください。

 

信頼性(安全性) の高さ (ライセンスや運営実績)

TitanFXはバヌアツ共和国の金融ライセンスを持っています。

また、最新情報として2021年に「モーリシャスの金融サービス委員会」により登録および認可されました(ライセンス番号:GB20026097)

 

信託保全を採用していないことに不安を覚える方もいるでしょう。しかし、TitanFXは、顧客資産と運営資産を明確に分別管理していますし、分別管理に利用している銀行の信用度は以下の通り非常に高いです。

・バヌアツ国立銀行

バヌアツ政府が70%、バヌアツ国立保護基金が15%、国際金融公社が15%を所有する国立銀行。

・ナショナルオーストラリア銀行

オーストラリア最大の銀行

このように信頼性の高い銀行を分別管理に利用していますし、The Financial Commissionに加盟しているのでトラブルが発生した場合、最大2万ユーロの保証もあります。

 

信頼性に対する悪い口コミもほとんどないため十分信頼できる海外FX業者であるといえるでしょう。

主要海外FX業者の信託保全・分別管理一覧表

主要海外FX業者の信託保全・分別管理の状況についてまとめました。

信託保全が採用されている主要海外FX業者は以下の通りです。

業者名 信託保全OR分別管理 特徴
TitanFX 分別管理 倒産した時の保証はなし。

The Financial Commissionに加盟しているので

トラブルが発生した場合、最大2万ユーロの保証あり。

XM 分別管理 最大100万ドルまで保証される。
AXIORY 信託保全 倒産しても全額保証。またThe Financial Commissionにも加盟しているので

トラブルが発生した場合、最大2万ドルの保証あり。

TradeView 分別管理 35,000ドル’までは倒産しても保証される。
EXNESS 分別管理 倒産した時の保証はなし。

ただしイギリスのグループ会社には手厚い保証がある。

BIGBOSS 分別管理 倒産した時の保証はなし。
TradersTrust 分別管理 倒産した時の保証はなし。
MyfxMarkets 信託保全 倒産しても全額保証。
HotForex 分別管理 最大500万ユーロまで保証される。
LandFX 分別管理 倒産した時の保証はなし。
MiltonMarkets 分別管理 倒産した時の保証はなし。
FXPRO 分別管理 最大5万ポンド(約750万円)、最大2万ユーロ(約260万円)まで保証される。
FBS 信託保全 倒産しても全額保証。
iFCMarkets 分別管理 AIG EUROPE LIMITEDの保険に加入しており万が一倒産しても顧客資産は全額保証される。

 

信託保全(もしくは実質信託保全の業者)

  • AXIORY
  • MyfxMarkets
  • FBS
  • iFCMarkets

 

倒産した場合、何らかの保証がある業者

  • TitanFX
  • XM
  • TradeView
  • HotForex
  • FXPRO

 

倒産したときの保証がない業者

  • EXNESS
  • BIGBOSS
  • TradersTrust
  • LandFX
  • MiltonMarkets

 

TitanFXの入出金の対応

TitanFXで利用できる入金方法は4つです。

  • 国内銀行送金(日本)
  • クレジットカード/デビットカード(VISA・Master・JCB・AMEX)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)

 

TitanFXではすべての入金方法の手数料が無料です。JCBを少額で利用した場合、JCBから手数料が取られるの可能性があるようですが、TitanFXに連絡すれば戻してくれます。

入金スピードは、「クレジットカード・デビットカード」「bitwallet」「STICPAY」で入金した場合、24時間365日即時取引口座へ資金が反映されます。

国内銀行送金の場合は、銀行営業時間内であれば30分から1時間で反映されますが、営業日の15時以降や土日祝日の場合は営業時間の反映が翌営業日になる可能性ありますので注意が必要です。

 

TitanFXの出金方法は4つです。

  • 国内銀行送金(日本)
  • クレジットカード/デビットカード(VISA・Master・JCB)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)

 

TitanFXはすべての出金方法の手数料が無料です。クレジットカードへの出金の場合、入金額が上限になります。

着金までの時間ですが、国内銀行送金の場合は、2~3営業日、クレジットカード・デビットカードは1営業日以上、「bitwallet」「STICPAY」の場合は、即時反映されるようです。

取引ツール(取引プラットフォーム)

TitanFXでは世界で最も利用されているプラットフォームであるMT4とMT5の利用ができます。

国内FX業者でMT4とMT5が利用できる業者は少ないので、世界で最も利用されているプラットフォームを利用できるのはTitanFXの大きなメリットでしょう。

 

MT4とMT5の違いは?

MT4とMT5の特徴についてまとめてみましたので、どちらで取引するかを決める参考にしてください。

 

MT4 MT5
利用料金 無料 無料
日本語対応
チャート 1つ画面に複数のチャートを同時に表示できる 1つ画面に複数のチャートを同時に表示できる
両建
ワンクリック注文
ストラテジーテスター
インジケーター 73種類 96種類
時間足 9種類 21種類
描画ツール 31種類 44種類
動作速度 普通 速い
EAの数 とても多い 普通
対応している海外FX業者 海外FX業者はほぼすべて 少数

そもそも、MT4とMT5とは、それぞれ、メタトレーダー4とメタトレーダー5のことでメタクォーツ社という会社が開発した世界で最も利用されているFXのプラットホームのことです。

MT4とMT5は、ほとんどの国内FX会社では採用されていないため、日本人の方にはあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、MT4とMT5は、世界で最も利用されているだけあって様々な特徴があります。

例えば、1つの画面に複数のチャートを表示できることや自由自在にラインを描画できること、利用できるインジゲーターやオシレーターが多いことなど、MT4とMT5を使えばテクニカル分析を行う上で不足が起こることはないでしょう。

 

MT4とMT5の機能には、多くの共通点があります。

まずは、MT4とMT5の共通点について理解しましょう。

また、MT4とMT5には、いくつかの相違点もあります。

トレードスタイルによって、MT4とMT5のどちらを使ったほうが有利になりますので、MT4とMT5の相違点についてもしっかり理解していきましょう。

 

MT4とMT5の共通点とは?

MT4とMT5には、様々な共通点があります。

まずは、MT4とMT5の共通点についてしっかり理解しましょう。

 

MT4とMT5の主な共通点は7点あります。

  • 利用料金
  • 日本語対応
  • チャート
  • インジケーター・オシレーター
  • 両建
  • ワンクリック注文
  • ストラテジーテスター

MT4とMT5の共通点についてわかりやすく説明します。

 

利用料金

MT4とMT5ともに、利用料金は無料です。

費用がかからず、世界最高峰のプラットフォームを利用できるのはMT4とMT5の大きなメリットといえるでしょう。

 

日本語対応

MT4とMT5ともに、完全に日本語に対応しています。

TitanFX自体も日本語に完全対応していますので、ストレスなく利用することが可能です。

何か不明点や質問したいことがある場合は日本語で対応してくれますので、安心して利用できるでしょう。

 

チャート

MT4とMT5は、どちらも1画面に複数のチャートを表示させられます。

もちろん、複数の時間足の同じ通貨ペアを表示させることはできますが、同じ通貨ペアだけではなく複数の通貨ペアを表示させることもできますので、相場の流れを掴むのに非常に便利だといえるでしょう。

 

両建

両建てとはその名の通り、「買いのエントリー」と「売りのエントリー」を同時に行うことです。

MT4とMT5ともに両建を行えます。両建てを利用できるのもMT4・MT5の大きな特徴です。

 

ワンクリック注文

ワンクリック注文とは、その名の通り、ワンクリックで素早く成行注文が出せる注文方法です。

特に、スキャルピングやデイトレードなどスピードが求められる取引手法の場合、ワンクリック注文ができるのは大きなメリットでしょう。

MT4とMT5ともに、ワンクリック注文できます。

 

ストラテジーテスター

ストラテジーテスターとは、指定した期間の値動きを自動再生させるような機能のことです。

ストラテジーテスターがあると、簡単にバックテストを行うことができますし、値動きの洞察力を鍛える練習ができます。

FXで利益を出すためには、チャート分析ができることは非常に重要な項目になりますので、ストラテジーテスターが利用できるのは大きなメリットでしょう。

ストラテジーテスターもMT4とMT5のどちらでも利用できます。

MT4とMT5の相違点とは?

MT4とMT5の機能の多くに共通点がありますが、主な相違点は6つです。

  • インジケーターの数
  • 時間足の数
  • 描画ツール
  • 動作速度
  • EAの数
  • 対応している海外FX業者

MT4とMT5の相違点についてわかりやすく説明します。

 

インジケーターの数

MT4とMT5では、利用できるインジケーターの数が違います。

上記の表の通り、MT4では73種類、MT5では、96種類のインジケーターを使うことができます。

MT4とMT5どちらでも利用できるおすすめのインジケーターについて、種類別にまとめましたので取引する際の参考にしてください。

 

<トレンド系>

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド

 

<オシレーター系>

  • ストキャスティクス
  • RCI

参考までにMT4とMT5で利用できるインジケーターの数についてまとめましたので目を通してみてください。

 

比較項目 MT4 MT5
トレンド系 7 13
オシレーター系 13 15
ボリューム系 4 4
ビル・ウィリアムズ系 6 6
その他 43 58
合計 73種類 96種類

 

時間足の数

MT4は、9種類の時間足を利用でき、MT5は21種類の時間足を利用することができます。

時間足に関しては圧倒的にMT5が多いことがわかります。

 

<MT4で利用できる時間足>

分足:1分足・5分足・15分足・30分足

時間足:1時間足・4時間足・日足

その他:週足・月足

 

<MT5で利用できる時間足>

分足:1分足・2分足・3分足・4分足・5分足・6分足・10分足・12分足・15分足・20分足・30分足

時間足:1時間足・2時間足・3時間足・4時間足・6時間足・8時間足・12時間足

その他:日足・週足・月足

 

正直、MT4の9種類でも十分ですが、多くの時間足を使いこなすことができれば、より、精度の高い分析を行うことができます。

利用できる時間足が多いことで困ることはないので、時間足についてはMT5に軍配が上がるといってよいでしょう。

 

描画ツール

チャート分析する上で、描画ツールは非常に重要です。

描画ツールの種類が多ければ多いほど、自分に合った描画ツールを選ぶことができるでしょう。

表のとおり、描画ツールは、MT4が31種類、MT5が44種類用意されています。

描画ツールの面から見るとMT5の方が優れているといえるでしょう。

 

動作速度

動作速度は、結論からお話しすると圧倒的にMT5の方が早いです。

MT4は2005年に誕生し、MT5は2011年に誕生しています。やはり新しいMT5の方が速度は速くなります。

MT4も決して遅くはありませんが、MT5は、サクサク動作を行うことができますので、ほとんどの人はノーストレスで取引できるでしょう。

特に、スキャルピングやデイトレードなど瞬時の判断力を求められる取引の場合、動作速度が非常に重要になります。

動作速度の面から見るとMT5の方に、軍配があがるといって良いでしょう。

 

EAの数

EAとは、FXの自動売買ソフトのことで、エキスパート・アドバイザーの略です。

EAに関しては、先輩のMT4が圧倒的に数が多いので、FXの自動売買を行いたい方は、MT4を利用するようにしましょう。

 

まとめ

今回はTitanFXの安全性や入出金のスペック、プラットフォームについて重点的に説明しました。

TitanFXは信託保全は採用されていませんが、トラブルが発生した場合、最大2万ユーロの保証があるのは大きな安心感になります。

また、入出金のスペックも非常に高く、安心して取引できる海外FXです。世界最大のプラットフォームであるMT4・5の利用できるのトレーダーに取って非常にありがたいですね。

安全性が高くMT4・5を利用できるのはTitanFXを利用する大きなメリットになるのではないでしょうか?

おすすめの記事