スキャルピングを禁止しているFX会社が多い中、TitanFXはスキャルピングを禁止されていません。

TitanFXはスキャルピングを行うにはめちゃくちゃおすすめのFX会社です。

 

そこで、今回はTitanFXで行うスキャルピングについて詳しく説明しますね。

他の海外FX会社のスキャルピングとも比較しますのでぜひ参考にしてください。

 

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、数pipsの利益を何度もとっていく取引手法のことをいいます。

1回あたりの利益は少ないですが、何度も取引をして利益を積み重ねることによって大きな利益にしていくのです。

スキャルピングは1回あたりの利益が少ないので、1日に何度も取引することになります。スキャルピングで主にトレードしている人の中には一日数百回トレードする人も珍しくありません。このスキャルピングですが、利益が取りやすい取引手法といわれています。

なぜならポジションを保有している時間がものすごく短いからです。

 

ポジションを保有している時間が長いと、いつ相場の急変に出くわすか分かりません。

ポジションを保有しているときに、相場の急変にあってしまうと大きな損失が出てしまう可能性があります。

スキャルピングは、ポジションを保有している時間がものすごく短いので利益が出しやすい取引といわれているのです。

スキャルピングのメリット

この章ではスキャルピングのメリットについて説明します。スキャルピングの主なメリットは4つあります。

  • トレード時間が短くて済む
  • スキャルピングはストレスが少ない
  • 相場の動きが少ない時でも利益が出せる
  • 少ない資金でも大きな利益になる

スキャルピングのメリットについてわかりやすく説明しますので是非参考にしてください

 

トレード時間が短くて済む

スキャルピングのメリットの1つ目は、トレード時間が短くて済むことです。株式取引やFXにおいて長期間、株式や外貨を保有していることはリスクが高いことになります。

特にFXの場合、レバレッジ機能を使っている人がほとんどなので、長時間、外貨を保有するリスクは非常に高いです。

なぜ長時間、市場に参加しているとリスクが高いかというと、相場は突然大きく下落することがあるからです。記憶に新しいのが2015年に起きたスイスフランショックと2020年に起きたコロナショックです。

スイスフランショックもコロナショックも一瞬にして大きく相場は下落してしまいました。

市場に参加している時間が長ければ長いほどこのような大きなショックにあってしまう可能性が高くなります。

スキャルピングは、数秒から数分でのトレードになるので大きな相場下落が起きた時に出くわさなくて済む可能性が高くなります。

 

スキャルピングはストレスが少ない

スキャルピングのメリットの2つ目は、ストレスが少なくて済むことです。スキャルピングは極めて短い時間で取引が終わるので、ストレスが少なくて済みます。長期間市場に参加しているとどうしても相場が気になりストレスになることはよくあることです。

相場が気になりすぎて仕事や家事が手に付かない人も少なくありません。スキャルピングは自分で決めた一定時間集中して取り組むことになるので、トレードをしていない間、相場に関するストレスが少なくなります。

ストレスなく取引をすることは株式取引やFX取引において非常に大きなことなのでストレスが少ないことはスキャルピングの大きなメリットになります。

 

相場の動きが少ない時でも利益が出せる

スキャルピングのメリットの3つ目は、相場の動きが少ない時でも利益が出せることです。通常の取引では相場に動きがないと利益を出すことは出来ません。

しかしスキャルピングの場合、そもそも1回当たりに狙う利益が少ないので相場の動きが少ないレンジ相場の時も利益を出すことが出来ます。

相場は、常に激しく動いている訳ではありません。むしろレンジ相場である時間帯のほうが長いのが一般的です。

レンジ相場の時もしっかり利益を出せることはスキャルピングの大きなメリットです。

 

少ない資金でも大きな利益になる

スキャルピングのメリットの4つ目は、少ない資金でも大きな利益になることです。これは特にFXの場合にいえるのですが、FXは元手の資金の何倍もの取引をすることができるレバレッジという機能があります。

レバレッジ機能を使ってスキャルピングを行えば、値幅が取れなくてもちりも積もれば大きな利益になります。

一度当たりの利益が少なくてもトータルすれば大きな利益になることはスキャルピングの大きなメリットです。

スキャルピングのデメリット

この章では、スキャルピングのデメリットについて説明します。スキャルピングのデメリットは主に4つあります。

  • 手数料がかさむ
  • 根気や集中力を必要とする
  • 損切りラインを決めておかないと大損に繋がる
  • スキャルピングを禁止している証券会社がある

スキャルピングのデメリットについてわかりやすく説明します。

 

手数料がかさむ

スキャルピングのデメリットの1つ目は、手数料がかさむことです。スキャルピングは数秒から数分での取引を何度も行う取引です。

1回当たりの手数料は小さくても何度も取引することによって手数料の負担が重くなってしまうのです。

スキャルピングを行う際は、手数料の低い証券会社を選ぶようにすることが重要です。

 

根気や集中力を必要とする

スキャルピングのデメリットの2つ目は、スキャルピングには根気と高い集中力が必要なことです。

スキャルピングは一瞬の相場の動きを察知して取引を完結させる作業です。これを何回も成功させなければ大きな利益にはなりません。

スキャルピングには一瞬の判断力が必要になりますので高い集中力や根気が必要になります。

 

損切りラインを決めておかないと大損に繋がる

スキャルピングのデメリットの3つ目は、損切りのラインをしっかり決めておかないと大損してしまう可能性があることです。

損切りは、スキャルピングに限らず株式投資やFXなどの資産運用を行う際には非常に重要なものです。

しかし、スキャルピングの場合は特に重要です。いくら市場に参加する時間が短いといっても、相場が自分の思った方向とは逆に動くことはいくらでもあります。

その時に素早く損切りすることが出来なければ大きく損失を負ってしまうことになります。

 

損切りは頭では分かっていても難しい作業です。スキャルピングをする際は、絶対に損切りできる自分なりのルールを作って置くことが極めて重要になります。

曖昧な損切りルールではいざというときに絶対に損切り出来ません。何故なら人間の本能は損切りを嫌がっているからです。

人間の本能に逆うことをするわけなので明確かつ強制的に損切りするルールを自分なりに作りましょう。

 

スキャルピングを禁止しているFX会社がある

スキャルピングのデメリットの4つ目は、FXの場合、FX会社によってはスキャルピングを禁止している会社があることです。

なぜ、FX会社によってスキャルピングを禁止されている会社があるかというとスキャルピングを顧客に行われることによってFX会社が損をしてしまう可能性があるからです。

なぜスキャルピングによってFX会社が損をしてしまうかというと、FX会社は、市場から為替を取りにいっています。しかしスキャルピングは早ければ数秒で完結する取引なので、FX会社が市場から為替を取りに行くのが遅れてしまう可能性があるからです。

市場から為替を取りに行くのが遅れた結果、FX会社が損失を負うことになります。

FX会社にとってはこのようなリスクがあるためFX会社によってはスキャルピングを禁止している会社があるのです。

 

スキャルピングを禁止している業者は多い!

利益が出しやすいスキャルピングですが、先ほど説明した通り、多くのFX会社はスキャルピングを禁止にしていることをみなさんご存知でしょうか?

なぜ、スキャルピングを禁止しているFX会社が多いかというと、端的にいうとFX会社にメリットがないからです。

スキャルピングを行うことによって、取引件数が多くなるため大量の発注が来ることが想定されます。大量の発注が来るとサーバーが重くなり約定に影響してしまう可能性があるのです。

約定に影響が出てしまうと多くのFXトレーダーに迷惑をかけることになってしまいます。

逆にいうと、スキャルピングを認めているFX会社は大量に約定が来てもさばける自信があるFX会社ということができるのではないでしょうか?

TitanFXの約定力は高いです。約定力に自信がある会社だからこそスキャルピングを認めているということができるかもしれませんね。

TitanFXの口座別スペック

TitanFXの口座スペックについてまとめました。TitanFXには、スタンダード口座とブレード口座という口座があります。

Zeroスタンダード口座

(STP口座)

Zeroブレード口座

(ECN口座)

最低入金額 US$200相当 US$200相当
最大レバレッジ 最大500倍 最大500倍
ゼロカットシステム
ボーナスやキャンペーン なし なし
マージンコール 90% 90%
ロスカットレベル(強制ロスカット水準) 20% 20%
ストップレベル 0pips 0pips
ロット単位 100,000通貨 100,000通貨
最小取引量 1,000通貨

(0.01ロット)

1,000通貨

(0.01ロット)

最大取引量 100ロット 100ロット
取引手数料 無料 US $ 3.5(100,000通貨)
取引方式(DD方式とNDD方式) NDD方式 NDD方式
スプレッド

(ドル円)

1.33Ppips~ 0.33pips
取引ツール(取引プラットフォーム)
取引銘柄 150種類以上 150種類以上
登録方法
信頼性(安全性)の高さ
入出金の方法
日本語対応

スキャルピングは、スプレッドが重要になりますのでTitanFXでスキャルピングを行う場合、ブレード口座がおすすめです。

 

スキャルピングにはTitanFXがおすすめの3つの理由

TitanFXでスキャルピング行うのがおすすめの理由はたくさんありますが主な理由は3つです。

  • スプレッドが海外FXのなかではかなり狭い!
  • 約定率が高い
  • ストップレベルがゼロ!

それぞれの理由についてわかりやすく説明していきますね。

 

スプレッドが業界最狭値!

TitanFXはスプレッドが、非常に狭いことで有名です。

TitanFXのスプレッドについてまとめました。

通貨ペア Zeroスタンダード口座 Zeroブレード口座
EUR/USD

ユーロ/ドル

平均1.2pips 平均0.2pips

(実質0.9pips)

GBP/USD

ポンド/ドル

平均1.57pips 平均0.57pips

(実質1.27pips)

AUD/USD

豪ドル/ドル

平均1.52pips 平均0.52pips

(実質1.22pips)

USD/JPY

ドル/円

平均1.33pips 平均0.33pips

(実質1.03pips)

USD/CHF

ドル/フラン

平均1.92pips 平均0.92pips

(実質1.62pips)

AUD/CAD

豪ドル/加ドル

平均2.51pips 平均2.51pips
AUD/CHF

豪ドル/フラン

平均2.41pips 平均2.41pips
AUD/NZD

豪ドル/NZドル

平均3.02pips 平均3.02pips
AUD/SGD

豪ドル/シンガポールドル

平均3.55pips 平均3.55pips
EUR/AUD

ユーロ/豪ドル

平均2.75pips 平均2.75pips
EUR/CHF

ユーロ/フラン

平均2.04pips 平均2.04pips
EUR/GBP

ユーロ/ポンド

平均1.53pips 平均1.53pips
GBP/AUD

ポンド/豪ドル

平均3.94pips 平均3.94pips
GBP/CHF

ポンド/フラン

平均3.32pips 平均3.32pips
NZD/USD

NZドル/ドル

平均1.86pips 平均1.86pips
AUD/JPY

豪ドル/円

平均2.12pips 平均1.12pips

(実質1.82pips)

CAD/JPY

加ドル/円

平均2.1pips 平均1.1pips

(実質1.8pips)

CHF/JPY

フラン/円

平均2.31pips 平均1.31pips

(実質2.01pips)

EUR/JPY

ユーロ/円

平均1.74pips 平均0.74pips

(実質1.44pips)

GBP/JPY

ポンド/円

平均2.45pips 平均1.45pips

(実質2.15pips)

NZD/JPY

NZドル/円

平均2.62pips 平均1.62pips

(実質2.32pips)

ZAR/JPY

南アランド/円

平均1.44pips 平均0.44pips

(実質1.14pips)

CAD/CHF

加ドル/フラン

平均2.64pips 平均1.64pips

(実質2.34pips)

EUR/CAD

ユーロ/加ドル

平均2.4pips 平均2.4pips

(実質3.1pips)

EUR/NZD

ユーロ/NZドル

平均4.69pips 平均3.69pips

(実質4.39pips)

GBP/CAD

ポンド/加ドル

平均3.86pips 平均2.86pips

(実質3.56pips

GBP/NZD

ポンド/NZドル

平均5.81pips 平均4.81pips

(実質5.51pips)

USD/CAD

ドル/加ドル

平均1.55pips 平均0.55pips

(実質1.25pips)

CHF/SGD

フラン/シンガポールドル

平均5.95pips 平均4.95pips

(実質5.65pips)

EUR/CZK

ユーロ/チェココルナ

平均13.53pips 平均12.53pips

(実質13.23pips)

EUR/SGD

ユーロ/新嘉坡ドル

平均5.18pips 平均4.18pips

(実質4.88pips)

EUR/ZAR

ユーロ/南アランド

平均8.01pips 平均7.01pips

(実質7.71pips)

GBP/SGD

ポンド/シンガポールドル

平均6.48pips 平均5.48pips

(実質6.18pips)

GBP/TRY

ポンド/リラ

平均27.43pips 平均26.43pips

(実質27.13pips)

NZD/CAD

NZドル/加ドル

平均4.24pips 平均3.24pips

(実質3.94pips)

NZD/CHF

NZドル/フラン

平均3.99pips 平均2.99pips

(実質3.69pips)

SGD/JPY

新嘉坡ドル/円

平均3.16pips 平均2.16pips

(実質2.86pips)

USD/CNH

ドル/オフシェア人民元

平均9.28pips 平均8.28pips

(実質8.98pips)

USD/CZK

ドル/チェココルナ

平均61.8pips 平均60.8pips

(実質61.5pips)

USD/MXN

ドル/メキシコペソ

平均4.52pips 平均3.52pips

(実質4.22pips)

USD/RUB

ドル/ルーブル

平均801pips 平均800pips

(実質800.7pips)

USD/SGD

ドル/シンガポールドル

平均3.37pips 平均2.37pips

(実質3.07pips)

USD/THB

ドル/タイバーツ

平均3.22pips 平均2.22pips

(実質2.92pips)

USD/ZAR

ドル/南アランド

平均36.69pips 平均35.69pips

(実質36.39pips)

EUR/NOK

ユーロ/ノルウェークローネ

平均18.5pips 平均17.5pips

(実質18.2pips)

EUR/PLN

ユーロ/ポーランドズウォティ

平均13.8pips 平均12.8pips

(実質13.5pips)

EUR/SEK

ユーロ/スウェーデンクローナ

平均14.0pips 平均13.0pips

(実質13.7pips)

EUR/TRY

ユーロ/トルコリラ

平均9.0pips 平均8.0pips

(実質8.7pips)

GBP/NOK

ポンド/ノルウェークローネ

平均22.5pips 平均21.5pips

(実質22.2pips)

GBP/SEK

ポンド/スウェーデンクローナ

平均23.4pips 平均22.4pips

(実質23.1pips)

NOK/JPY

ノルウェークローネ/円

平均2.0pips 平均1.0pips

(実質1.7pips)

NOK/SEK

ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ

平均6.0pips 平均5.0pips

(実質5.7pips)

SEK/JPY

スウェーデンクローナ/円

平均6.0pips 平均5.0pips

(実質5.7pips)

USD/NOK

ドル/ノルウェークローネ

平均14.7pips 平均13.7pips

(実質14.4pips)

USD/PLN

ドル/ポーランドズウォティ

平均12.4pips 平均11.4pips

(実質12.1pips)

USD/TRY

ドル/トルコリラ

平均13.3pips 平均12.3pips

(実質13.0pips)

スキャルピングは1日に何度も行う取引手法なのでスプレッドは、狭い方が良いに決まっています

スプレッドが非常に狭いというのはスキャルピングを行う上で大きなメリットになるのです。

 

約定率が高い

スキャルピングを行う際は、素早くエントリー&決済ができなければいけません。

TitanFXは、ニューヨーク「エクイニクスN4金融ハブ」収容の複数サーバーと、「ゼロポイント注文実行最適化」によって約定率の高さを実現しています。

またリクイディティプロバイダーもTitanFXの約定力が高い大きな理由です。リクイディティプロバイダーとは、為替レートの配信元のことをいいます。TitanFXではこのリクイディティプロバイダーにJPモルガンやバンクオブアメリカ、野村証券や三菱UFJ銀行など世界的に有名な金融機関を揃えています。

レート提示に信頼性の高い金融機関を採用していることは、TitanFXの大きなメリットでしょう。またZERO POINTテクノロジーを提供した2016年からは、より早く約定できるようになりました。

ZERO POINTテクノロジーの特徴は3つあります。

・Zero Point 自動スプレッド最小化システム「ZP-AS」
「ZP-AS」とはスプレッド最小化システムのことで、1秒あたり数百万回という速度でマーケット動向を把握しており、トレーダーにとって最適なレートを瞬時に算出してくれる機能になります。

・ダイナミック・リクイディティ・アグリケーション「ZP-DLA」
ダイナミック・リクイディティ・アグリケーション「ZP-DLA」とはスプレッドの安定性を維持するための機能になります。

「ZP-DLA」によって、スプレッドの維持に重要な流動性や安定性を担保し、最適なスプレッドをトレーダーに提供することができるのです。

Zero point 約定スピード最適化機能「ZP-OEO」
「ZP-OEO」とはトレーダーの注文を数ミリ秒以内に執行されるZERO POINTテクノロジーの肝となる機能です。「ZP-OEO」のおかげで高速約定を実現させています。

このZERO POINTテクノロジーを開発。導入したことによって「リクォートなし」「約定拒否なし」「狭いスプレッド」を実現させているのです。

約定率が非常に高いこともTitanFXがスキャルピングに向いている大きな理由の1つといえるでしょう。

 

ストップレベルがゼロ!

ストップレベルとは、現在レートからどのくらい離れた価格で、指値注文など待機注文を建てられるのか、注文価格の制限を示しています。

ストップレベルが高いと自分が思っている価格で約定ができないため、小さな利幅を狙うスキャルピングを行うのが難しいです。

その点、TitanFXはストップレベルが0なので、狙った価格での約定がつきやすいためスキャルピングに非常に向いているといえるでしょう。

 

まとめ

今回は、TitanFXがスキャルピングに向いている理由やスキャルピングのメリット・デメリットについて説明しました。スキャルピングには様々なメリットやデメリットがありますが、総じて考えると圧倒的にメリットのほうが大きいでしょう。

スキャルピングは、FX業者にとってメリットがないため、多くのFX業者ではスキャルピングを禁止しています。そんな中、TitanFXは、スキャルピングを禁止していないので好きなだけスキャルピングを行うことが可能です。

また、TitanFXはスプレッドが狭く約定力が高いなどスキャルピングに非常に適している業者でもあります。是非今回の記事を参考に、TitanFXでスキャルピングをしていただき大きな利益を狙っていただくと幸いです。

おすすめの記事