TitanFXで勝つための勉強方法とは?

FXで利益を上げるためには、しっかりと勉強しなければなりません。

もちろん、FX初心者の方がビギナーズラックでかつケースもありますが、ビギナーズラックだけでは長続きしないでしょう。

しっかりと安定的に利益を上げるためにはFXの勉強をする必要があるのです。

そこで今回は、FXの勉強法について説明します。

わかりやすく説明しますのでぜひ参考にしてください。

FXで勝つために必要な知識は5つ

FXで勝つためには様々な知識が必要ですが、主な知識が5つです。

  • 経済金融の知識
  • 最新のマーケット情報
  • 口座スペック
  • 資産管理方法
  • メンタル

FXで勝つために必要な知識についてわかりやすく説明します。

経済金融の知識

FXで勝つためには、最低限の経済金融の知識は必要です。為替の知識はもちろんですが、株式や景気全般の動向についてしっかり理解してなければなりません。

マルクス経済学や資本論などの学校で習うような経済学の勉強は正直あまり必要ありませんが、最低限の経済金融の知識がなければ、FXの本などを読んでもなかなか内容を理解することができないでしょう。

FXで勝つためには常に知識をアップデートしていかなければなりません。

知識をアップデートするためには、基礎的な経済金融の知識は絶対に必要です。

FXで継続的に利益をあげたいのであれば、面倒くさがらず、経済金融の基礎知識についてしっかり身に付けるようにしましょう。

最新のマーケット情報

FXで勝つためには最新のマーケット情報について常に把握しておくことが大切です。

マーケットは刻々と動いています。いくら過去のマーケット情報について非常に詳しくても、最新のマーケット情報について知らなければFXで勝つことは難しいでしょう。

特に最近は、AIによるアルゴリズム全盛の時代です。市場のビックプレイヤーである機関投資家に勝つためには常に最新のマーケット情報をつかんでおかなければなりません。

最新のマーケット情報は、インターネットで調べることもできますが、やはりFX会社や証券会社の口座を開いて利用者しか見ることができない情報を掴むのも必要でしょう。

一般的にFX会社や証券会社の口座はいくら開いても手数料がかかることはありません。

極力たくさんのFX会社や証券会社の口座を開いて、最新のマーケット情報に関するチャネルをたくさん持つようにしましょう。

口座スペック

FXで利益を上げるためには、利用する口座は非常に重要です。なぜなら、FX口座によってスペックは全く異なるからです。

また、トレードシステムなども大きく異なりますので、自分に合った口座を使うようにしましょう。

特に海外FXの場合、約定力が弱かったりスプレッドが広い業者も一部ありますので、注意するようにしてください。

おすすめは、ズバリ、TitanFXです。TitanFXは、皆さんご存知の通り、約定力が非常に高いですし、最大500倍のレバレッジを使うことができますので、極めて資金効率の高い取引が可能です。

また、海外FX業者の中ではスプレッドも狭いため、コスト面でもおすすめになります。また、TitanFXの最大のおすすめのポイントは、トレード手法に制限がないことです。利益が出しやすいとされるスキャルピングも無制限でできますし、両建てに関する制限もほとんどありません。

さらに、安全面でも非常に優秀です。信託保全は採用されていませんが、顧客の資産と明確に分別する分別管理を徹底していますし、取り扱っている銀行はオーストラリアナショナル銀行など非常に信頼性が高い銀行です。

また、金融ライセンスもしっかり保有しているため、安全面でも間違いなくおすすめできる海外FX業者になります。

どのFX業者で取引して良いか迷っている方は特に、ぜひTitanFXで海外FXを体験してみてはいかがでしょうか?

資産管理方法

FXで勝つためには、マーケットの知識等も非常に重要ですが、資金管理も非常に重要です。

正しい資金管理を行うことができなければFXで勝つことは難しいでしょう。

特に、海外FXの場合、国内FXとは比べ物にならないハイレバレッジを使うことができますので、1日で大きくお金が動くことになります。

1日で大きく利益を上げられる可能性もありますし、逆に大きく損失をしてしまう可能性もあるのです。

このような取引で継続的に利益を上げるためには、資金管理をしっかり行わなければなりません。

この記事を読んでいる方の中には、資金管理なんて誰でもできるのではないかと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、平常時であれば、大抵の方は、しっかりとした資金管理を行うことができるでしょう。

しかし、一瞬にして大きな利益を得たり、逆に大きな損失を被ってしまうと冷静に取引できなくなる方が圧倒的に多いです。

そのような状況になった時も、冷静に資金管理を行うことができなければ、莫大な損失を被ってしまう可能性があるので注意が必要になります。

最悪の場合、損失を取り戻そうと消費者金融などで借金をしてしまうトレーダーもたくさんいるので、資金管理をしっかり行うようにしましょう。

消費者金融などで借金をしてしまい、大損してしまい、借金だけが残ってしまった場合、自己破産することはできません。

一生かけて返済をすることになりますので人生を大きく狂わせてしまう可能性があることもしっかり覚えておきましょう。

メンタル

FXで勝つためには、知識や技術も必要ですが、やはりメンタルも非常に重要です。

特に専業トレーダーの場合、1日中、チャートに張り付いている日もあるでしょう。メンタルを安定させるのが非常に重要なことになります。

メンタルを安定させるためには、様々な方法がありますが、やはりメンタル系の本を読むのが良いでしょう。

また、最近はYouTubeなどでもメンタルを安定させる方法について説明していますので、そちらも参考にするのも良いかもしれません。

FXで勝つにはやはりメンタルが非常に重要です。メンタルについても馬鹿にせずしっかり鍛えるようにしましょう。

マーケットの勉強のおすすめの方法は4つ

マーケットや経済金融の知識を身に付けるための勉強方法は様々ありますが、主な勉強方法は4つに集約されます。

  • 本で勉強する
  • インターネットで勉強する
  • SNSで勉強する
  • 動画で勉強する

それぞれの勉強方法についてわかりやすく説明しますのでぜひ参考にしてください。

本で勉強する

本は、内容が正確なので、本質的な勉強するのに非常におすすめです。

特に経済金融の基礎知識については本で勉強するのが良いでしょう。

本は、出版されるまでに時間がかかるので最新のマーケット情報についてはなかなかつかみにくいかもしれません。しかし、今も昔も変わらない覚えるべき普遍的なことはたくさんあります。このような情報についてはやはり正確性が高い本で勉強すべきでしょう。

最近は、投資ブームが起こっていることもあり様々な投資に関する本が出ています。ぜひ本屋さんに行ってご自身に合った内容の本を選ぶようにしましょう。

 

インターネットで勉強する

インターネットの最大のメリットは、最新の情報をつかめることです。

情報のスピードが非常に早いので、マーケットの最新情報についてはインターネットで勉強するのが良いでしょう。

ただし、インターネットの中には、残念ながら不確実な情報もたくさんあります。

情報が正確かどうかしっかり見極める必要がありますので、投資初心者の方は始める方が注意する必要があるでしょう。

おすすめはやはりFX会社や証券会社が提供している情報です。

特に記名記事の場合は、信頼性が非常に高くなりますので、最新のマーケット情報を確認するにはFX会社や証券会社のインターネットのページを見るようにしましょう。

SNSで勉強する

今は、SNS全盛の時代です。Twitterやブログの中には正確な情報を発信している人もたくさんいます。

特に、最近は投資ブームが起きているので、投資に関する情報はTwitterなどでたくさん発信されているのです。

SNSの良さは、大衆心理を知ることができることでしょう。

為替は、ある意味人気投票です。買う人が多ければその通貨は上がりますし、売る人が多ければその通貨は下がります。

現在、多くの人はどのように考えているかSNSを通して知ることができるのは、SNSを利用する大きなメリットになります。

ただし、SNSも、正確性は担保されているものではありませんので、しっかりと内容を見極める必要がありますので注意してください。

動画で勉強する

最近は、SNSと同様、YouTubeなどの動画が大流行しています。

YouTubeはエンタメ系の動画だけではなく、投資に関する情報をたくさん発信されているので、ぜひ参考にしてください。

動画で学べるメリットは大きいです。動画は、文字だけで勉強するよりも頭に入りやすいですし、わかりやすい内容の動画もたくさんありますので、効率的に勉強することができるでしょう。

また、聞き流して勉強することができるのも大きなメリットです。例えば、朝一番にお気に入りのYouTubeの投資情報をニュース代わりに聞くのも良いでしょう。

毎日、投資情報に触れ勘ることによって投資の勘を研ぎすますことができます。

ただし、こちらもって正確性が担保されているものではありませんので注意するようにしてください。

FXで勝つには経済指標は超重要!

FXで勝つためには様々な知識が必要ですが、特に経済指標は非常に重要です。

アメリカの雇用統計やFOMCの政策金利の発表など、重要経済指標の直前や直後は大きく為替が動く傾向にあります。

TitanFXを始めとする海外FXを利用する場合、国内FX業者に比べて高いレバレッジを使うことが一般的になるので、経済指標については特に注意する必要があるでしょう。

特に重要なアメリカの経済指標についてまとめておきましたのでぜひ参考にしてください。

雇用関連 米国雇用統計
ADP雇用統計
金融政策 FOMC声明/議事録
フェデラル・ファンド金利(FF金利)
景気関連 国内総生産(GDP)
ISM製造業景況指数
貿易関連 貿易収支
物価関連 消費者物価指数(CPI)
消費関連 小売売上高
個人消費支出(PCE)
消費者信頼感指数
製造業関連 鉱工業生産指数
住宅関連 住宅着工件数
中古住宅販売件数

またアメリカに並んで重要なヨーロッパの経済指標についてもまとめておきます。アメリカの経済指標については別の記事で説明しているのでそちらを参考にしてください。

ヨーロッパの経済指標

ヨーロッパでも、アメリカとほぼ同様の経済指標が発表されており、同じようにマーケットから高い注目を集めています。

あえて違いを述べるとすれば、ヨーロッパの指標はアメリカほど注目度が高くないということでしょう。

理由は、様々ですが1つには経済指標の発表方法の問題があるといわれています。

ユーロ圏の失業率は月次で発表されますが、雇用の増減については四半期ごとにしか発表されず、アメリカの雇用統計に相当する指標がないことやユーロ圏18カ国の雇用情勢には大きな格差があるということです。

 例えば、2011年12月のユーロ圏失業率は10.4%でしたが、同月のドイツの失業率は6.8%でスペインは22.9%でした。

 2010年以降の欧州債務問題で、各国の格差がさらに広がる中、各個別の雇用に対する注目度が高まる一方で、ユーロ圏全体の平均を示す失業率の重要性は低下しました。この傾向は現在も続いています。さらにもう一つの重要な相違点は、ECBとFRBの政策の違いです。

 FRBは「物価の安定」と「雇用の最大化」の2つの金融政策の責務としているのに対し、ECB「物価の安定」のみを金融政策の第一義的な目的としています。

このようにECBが雇用政策目標のトッププライオリティーにしていないこともユーロ圏において雇用統計が注目されにくい要因の1つといわれています。

また、ECBは「物価が安定している状態」を「前年比の物価上昇率が2%未満、かつその付近」と定義付けています。ECBが具体的な数値を示していることで、ユーロ圏の消費者物価指数は常に注目されています。

特にECBは「インフレファイター」と呼ばれることからもわかるように、インフレの上昇を嫌い、インフレの芽を早めに積み取ろうとする傾向があります。

そのため欧州債務問題に苦しんだ2011年のような非常時は別として、基本的に消費者物価指数が前年比で2%を超えてくるような環境になると、利上げを行う可能性が高いと市場では認識されています。

余談ですが、ECBがインフレファイターと呼ばれる理由は、ドイツの中央銀行であるドイツ連銀がECBの中心的な役割を担っていることにあります。

イツ連銀はECBに対する出資率が約19%でユーロ圏の各中央銀行の中では最も高く、ECB本部もドイツ連銀のあるフランクフルトに設立されています。

 ドイツは第一次世界大戦後天文学的な賠償金を背負わされたことから、国債を大量発行してドイツの中央銀行であるライヒスバンクに買い取らせるという手法を実施し、賠償金の支払いに当てました。

 その結果、ドイツは1923年にかけてハイパーインフレに苦しむことになり、このときの金融政策が失敗だったとの反省を踏まえて、これは歴史的にインフレに警戒的な金融政策を行ってきたのです。

ドイツの経済指標

ユーロ圏全体の経済指標も重要ですが、ユーロ圏経済の約3割を占めるドイツの経済指標は非常に重要なのでしっかりチェックしましょう。

特にドイツの欧州経済研究センター(ZEW)が発表するZEW景況調査は、その速報性の高さから、市場の注目度が高い経済指標です。金融機関や市場関係者350名に対し、6カ月先の景気が良くなるか、悪くなるかアンケートを取ったもので、後述するIFO景況感指数には1ヵ月程度、鉱工業生産指数には6ヶ月程度の先行性を持っています。

IFO景況感指数は、ドイツの民間シンクタンクIFO経済研究所が発表している、企業の景況感を示す経済指標です。

7000社のドイツ企業を対象に、ドイツ経済の現状と今後6ヶ月の先行きについてアンケート調査を実施し、指数化しています。@

調査項目は、生産・在庫・受注・価格・雇用に分かれていて、特に鉱工業との関連性が高いのが特徴です。サンプル数が7000社と多いためドイツの景気動向を示すものとして常に注目されています。

イギリスの経済指標

イギリスの経済指標は当然ですが、ポンドに大きな影響を与えます。特にイングランド銀行(BOE)の政策金利発表はポンドに大きな影響を与えますので、ポンドで取引する方は、特に注目するようにしましょう。

まとめ

今回は、FXで勝つための勉強方法について説明しました、FXで勝つためには様々な知識が必要です。また経済金融の知識だけでなく、口座のスペックや特徴についてしっかり理解しておくことも重要になります。

特に海外FXの場合、業者によって口座スペックは大きく異なります。TitanFXは基本スペックが高く、取引手法にほとんど制限がないので非常におすすめの海外FX業者です。

是非今回の記事を参考に、FXで勉強する必要性について理解していただければ幸いです。

おすすめの記事