GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取り扱い通貨ペアは少なめ?

今回ははGEMFOREXで扱っている通貨ペアについて解説していきます。

GEMFOREXの通貨ペアは44種類

FX業者のなかには通貨ペアを100種類前後持ってしているところもあります。

ですが、GEMFOREXで取り扱っている通貨ペアは44種類くらいしかなく少ないほうです(2022年6月現在)。

しかし、このことはデメリットにはなりません。なぜなら、クロス円(円が絡む通貨ペア)のメジャーな通貨ペアはおおよそ選べますし、クロス円以外でも人気の通貨ペアはだいたい揃っているからです。

むしろ「通貨ペアが多いから、優れたFX業者」ということにはなりません。もちろん「通貨ペアが多いことのデメリット」も一切ありません。

GEMFOREXに限らずFXトレード全般に言えることですが、「選択肢が少ないこと」はある意味メリットです。

たとえば、FXトレードとよく比較される「株トレード」の場合、数千種類ある銘柄から扱うものを選ばなければなりません。
株に関しても「人気銘柄」はあるのかもしれませんが、それでもFXの通貨ペアに比べると選ぶのは非常に大変だと思います。

GEMFOREXでスワップポイント狙いしやすい通貨ペアは?

スワップポイント狙い:2つの通貨の「金利差」により発生する「スワップポイント(利益)」を狙うトレード形式。上手くいけばこれだけでも十分稼げる

結論から言いますが、GEMFOREXは、スワップポイント狙いがしやすいFX業者ではないです。

スワップポイントについては、他のFX業者の半分かそれ以下くらいです。しかも、マイナススワップ(スワップポイントがマイナスになること)の通貨ペアの比率も高いです。

「スワップポイント狙い」をしたいのであれば、他の海外FX業者を使うことをおすすめします。

また、最初から「スワップポイント狙いだ!」とは考えていなくても、長期トレードになればなるほどマイナススワップが蓄積していく可能性が高いので気を付けましょう。ただし、タイミングによってはスワップポイント狙いがしやすくなる事もあるかもしれませんので、「絶対にスワップポイント狙いができない」と思い込むべきではありません。

GEMFOREXでおすすめの通貨ペア

GEMFOREXでおすすめの通貨ペアは3つです。

  1. ドル円
  2. ユーロ円
  3. 円が絡むペア

1.ドル円

  • 日本人にとって馴染み深い日本円
  • 流通量が多く情報も集めやすいドル

を組み合わせた通貨ペアです。日本円も流通量が多く相場の変動が比較的緩やかですから、安定して稼ぎやすいです。

FX全体で見ると非常にたくさんの通貨ペアがあるわけですが、筆者としてはどのFX業者を使う場合であっても、このドル円をおすすめします。

特にFX初心者の方は、「トレードに慣れるまではドル円だけに専念する」と考えてもいいくらいだと思います。

2.ユーロ円

ユーロ円もドル円と同じ理由でおすすめです。

ただし、ユーロはドルと比べると若干情報が集めにくいと感じるので2番目としました。「情報集めの難易度に差を感じない」というのであれば、このユーロ円も悪くありません。

3.円が絡むペア

何らかの理由でドル円やユーロ円を避けるとしても、最低限「円が絡む通貨ペア」にはしておくことをおすすめします。

※スワップポイント狙いがしやすい通貨ペアも紹介したいですが、GEMFOREX自体がスワップポイント狙い向きではないので別の機会に紹介します。

GEMFOREXで選ぶべきではない通貨ペアとは?

GEMFOREXに「絶対に選択してはいけない通貨ペア」があるわけではありません。それでも「トレードしにくい通貨ペアの傾向」はあります。

  1. マイナー通貨が絡む通貨ペア
  2. マイナススワップが大きい通貨ペア

1.マイナー通貨が絡む通貨ペア

一般的にマイナー通貨とは、流通量の少ない通貨のことを指します。流通量が少ないと、相場が激しく動きやすいという傾向が現れるため、損失のリスクが大きくなります。ですから、特にFX初心者の方にはおすすめしません。

ただ、裏を返せば「相場が激しき動きやすい=利益も大きくなりやすい」と言えますので、FXトレードで安定して稼げるようになってきたら、手を出すことを検討しても良いかもしれません。

2.マイナススワップが大きい通貨ペア

スキャルピングトレード(売買が数秒~数分で終わるトレード)や、デイトレード(売買が1日以内で終わるトレード)であれば関係ありませんが、それ以上のスパンのトレードをする場合は、マイナススワップが大きい通貨ペアはできる限り選ばないようにしましょう。

GEMFOREXの通貨ペアのスプレッドについて

「FXでトレードをするごとにかかる手数料のようなもの」のことをスプレッドと言います。

GEMFOREXの場合は口座のタイプによって、スプレッドが大きく異なりますが、口座タイプは2つあります。

オールインワン口座:EA(自動売買ソフト)などが使える、口座登録ボーナスや入金ボーナスがもらえる、最低入金額1ドル、など使いやすい口座タイプ

ノースプレッド口座:EA(自動売買ソフト)などが使えない、口座登録ボーナスや入金ボーナスがもらえない、最低入金額3,000ドルなど作りにくい口座タイプ

最初はオールインワン口座を作って、ボーナスを獲得しましょう。そして安定して稼げるようになったらノースプレッド口座を作成することをおすすめします。

「ノースプレッド口座にはメリットがないのでは?」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

たとえば、オールインワン口座の「ドル円」のスプレッドは1.7pipsくらいですが、ノースプレッド口座の「ドル円」のスプレッドは0.3pipsくらいです(2022年6月現在)。

通貨ペアによっては、「オールインワン口座とノースプレッド口座のスプレッドが、あまり変わらない」という場合もあります。そのため、「主に扱う通貨ペア」によっては、無理にノースプレッド口座を作る必要はないかもしれません。

GEMFOREXのスプレッドは固定制ではありません。そのため、相場急変時などは広くなってしまう可能性があります。スプレッドが気になるのであれば、そういったタイミングではできるだけトレードをしないようにしましょう。

まとめ:GEMFOREXの通貨ペアはドル円がおすすめ

今回はGEMFOREXで扱っている通貨ペアに関して見てきました。

まとめると、

  • 通貨ペアは44種類と少なめ
  • メジャーな通貨ペアは揃っているので問題ない
  • おすすめはドル円やユーロ円
  • スワップ狙いがしやすい通貨ペアはほぼない
  • ノースプレッド口座のドル円のスプレッドは狭い

といったところです。

そして、通貨ペアに関する注意点としては、

  • 流通量の少ない通貨が絡む通貨ペアを選ぶべきではない
  • ただしマイナー通貨は変動が激しいので大きな利益を狙いやすくはある(リスクも大きい)

などがあります。

GEMFOREXに限った話ではありませんが、特にFXを始めたばかりの方は、奇抜な方法を取らないで「ドル円」でのトレードをすることをおすすめします。

おすすめの記事