IS6FXのメリット・デメリット・おすすめする理由は?IS6FXの全てを説明!

IS6FXは、2016年に設立され、2020年に新たにスタートを切った非常に人気の高い海外FX業者です。

IS6FXの設立者は、インターネット大手のGMOグループ出身であり、インターネットに精通しています。かゆいところにも手が届くサービスを提供しており、非常に最近人気があります。

今回は、IS6FXのメリットやデメリットについて見ていきましょう。

IS6FXの基本情報

まずは、IS6FXの基本情報について見ておきましょう。

IS6FXの公式サイトを見ると会社概要がしっかりと記載されていますので安心です。

金融ライセンスを取得しており、従業員数も一定数いるので非常にしっかりとした会社であるといえるでしょう。

IS6 Technologies Ltd Address:Suite 305, Griffith Corporate Centre, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines

セントビンセント・グレナディーン諸島にて、国際事業会社として設立されています。

フィリピンサポートセンター Address:World Plaza building, 5th Avenue Taguig Metro Manila Philippines
設立 2021年11月19日

※旧法人設立:2016年12月12日〜2022年2月(計5年)

資本金 $36,000,000(グループ全体)
TEL +63 2 7946 2454(電話での問い合わせは不可)
受付時間 AM10:00〜PM5:00 月曜日〜日曜日365日
ライセンス番号 26536 BC 2021<セントビンセント・グレナディーン(FSA)>
代表取締役兼オーナー Nuno Amaral
社員数 63名(グループ全体)

IS6FXの口座は4つ

 

IS6FXのFX口座は4つあります。

ただし現在はプロ口座とレバレッジ6000倍口座は受付中止になっています。

マイクロ口座 スタンダード口座 プロ口座

※新規受付中止

レバレッジ6000倍口座

※受付終了

最低入金額 $50 $50 $1,000 $50
最大レバレッジ 1000倍 1000倍 400倍 6000倍
注文単位 1 ロット(1,000 通貨) 1 ロット(100,000 通貨) 1 ロット(100,000 通貨) 1 ロット(100,000 通貨)
最小/最大注文数 最小:0.05 ロット

最大:100 ロット

最小:0.01 ロット

最大:30 ロット

最小:0.01 ロット

最大:30 ロット

最小:1 ロット

最大:30 ロット

ボーナス × × ×
EA × ×
通貨ペア 34通貨
基本通貨 JPY (円) ,USD (ドル)
口座単位の

保有ポジション数

30(新規指値注文含む)
取引手数料 無料 ($0)
追加証拠金の請求 なし(急な相場変動により証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
ロスカット 証拠金維持率が20%を下回った場合
取引方法 MetaTrader4/MetaTrader5
口座開設/維持費用 無料

主要な特徴の解説

それでは、IS6FXの主要な特徴について見ていきましょう。

IS6FXの特徴
  1. 最大レバレッジが高い
  2. ゼロカットシステムが採用されている
  3. ロスカットラインは20%!
  4. 約定力が高い
  5. かんたんに口座開設ができる
  6. CFD取引ができる
  7. スプレッドが狭い
  8. 金融ライセンスを保有している
  9. 世界で最も利用されているプラットフォームのMT4/MT5が使える
  10. 入金・出金の手数料が無料
  11. 完全日本語対応
  12. スキャルピングができる
  13. 両建てができる

1.最大レバレッジが高い

IS6FXの最大レバレッジは「1000倍」、国内FXの25倍から比べるとかなり高いです。高いレバレッジがかけられるので、資金効率が高い取引が可能になります。

IS6FXで巨額の富を得た人たちがたくさんいますが、そのような人たちは決して最初から投資資金が潤沢にあった方ばかりではありません。ハイレバレッジを使って、効率的にお金を増やしたトレーダーはたくさんいます。

株式投資の信用取引(約3.3倍)いやブルベア型の投資信託(3倍から4倍)に比べると、国内FXでもかなり高いレバレッジが使えるのがわかります。

しかし、短期で大きなお金を稼ぐためにはやはりIS6FXのような1000倍くらいのハイレバレッジが使えないと厳しいです。少ない資金でしか投資できない方にとっては、特にこのIS6FXのハイレバレッジは大きなメリットになるのではないでしょうか。

2.ゼロカットシステムが採用されている

IS6FXでは、ゼロカットシステムが採用されています。ゼロカットシステムとは、追加証拠金(追証)が発生しない強制決済システムです。

海外FX業者では当たり前のように採用されていますが、国内FX業者ではロスカットシステムが採用されています。ロスカットシステムの場合、追証が発生する可能性がありますので非常に危険な強制決済システムです。何故かというと、相場が急変すると、ロスカットラインのはるか下で強制決済されてしまう可能性があるからです。

過去に、スイスフランショックやフラッシュクラッシュ、トルコリラショック、コロナショックなど短期間に急激に動いた時、国内FX業者を使っている多くのトレーダーは、ロスカットラインのはるか下で強制決済されてしまいました。

中には多額の追証が発生してしまい、返済に窮している方もたくさんいるようです。FXなどの投資で損をした場合、自己破産はできませんので一生をかけて返済することになります。

このように、ロスカットシステムの場合、人生そのものを狂わせてしまう可能性があります。

一方、ゼロカットシステムの場合は最大損失額が、口座に入金している分までになりますので追証が発生することはありません。

安心して取引できるのもIS6FXの大きなメリットになります。

3.ロスカットラインは20%

IS6FXのロスカットラインは以前は50%でしたが、2021年の10月から20%に変更になりました。ロスカットラインが低ければ低いほど、ギリギリまで取引が出来るので資金効率の高い取引ができます。国内FX業者の場合、ロスカットラインは低くても50%程度です。中には100%の業者もありますので、その点は良心的です。

4.約定力が高い

IS6FXは0.29秒以内に99.46%を執行するほど、約定力は非常に高いです。IS6FXでは、スキャルピングトレードができるため、約定力が高いのは非常に大きなメリットになります。

5.かんたんに口座開設ができる

IS6FXでは、インターネットで簡単に口座開設が可能です。

一昔前は、本人確認書類や住所証明の書類の提出を郵送で行う業者が多かったですが、IS6FXでは、すべてオンラインで手続きが完結できます。

IS6FXで利用できる本人確認書類と住所証明書類は以下の通りです。

本人確認書類
  • 免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
    住所証明書類
    • 公共料金(電気・ガス・水道等)の請求書
    • 携帯電話の請求書・領収書
    • クレジットカード会社の明細書・請求書
    • 住民票

      6.CFD取引ができる

      IS6FXではCFD取引もできます。CFD取引とは「Contract For Difference」の略で日本語にすると差金取引のこと。FXもCFDの一種です。

      CFDは、少ない資金でも大きな取引ができることや株価指数、貴金属や原油など幅広い商品に投資できる特徴があります。

      IS6FXで利用できるCFD商品は以下の通りです。

      商品 銘柄
      株価指数 DAX(ドイツ株価指数)

      HK50(ハンセン指数)

      JP225(日経平均株価指数)

      NASDAQ(ナスダック総合指数)

      S&P500(S&P500種指数)

      UK100(イギリス株価指数)

      US30(NYダウ平均指数)

      エネルギー BRENT(原油)

      WTI(原油)

      貴金属 金(XAU/USD)

      銀(XAG/USD)

      7.スプレッドが狭い

      IS6FXのスプレッドは海外FX業者の中で比較すると狭いです。

      スタンダード口座の平均スプレッド
      AUD / CAD 3.8 pips
      AUD / CHF 3.5 pips
      AUD / JPY 2.9 pips
      AUD / NZD 3.4 pips
      AUD / USD 2.0 pips
      CAD / JPY 3.0 pips
      CHF / JPY 2.9 pips
      EUR / AUD 3.4 pips
      EUR / CAD 3.7 pips
      EUR / CHF 2.5 pips
      EUR / GBP 2.0 pips
      EUR / JPY 2.3 pips
      EUR / NZD 5.5 pips
      EUR / USD 1.5 pips
      EUR / ZAR 185.0 pips
      GBP / AUD 4.8 pips
      GBP / CAD 5.1 pips
      GBP / CHF 4.4 pips
      GBP / JPY3.1 pips
      GBP / NZD 7.6 pips
      GBP / USD 2.4 pips
      NZD / CAD 3.5 pips
      NZD / CHF 2.8 pips
      NZD / JPY 3.1 pips
      NZD / USD 2.7 pips
      SGD / JPY 6.8 pips
      USD / CAD 2.1 pips
      USD / CHF 2.3 pips
      USD / CNH 21.0 pips
      USD / JPY 1.6 pips
      USD / MXN 55.0 pips
      USD / SGD 4.5 pips
      USD / TRY 18.9 pips
      USD / ZAR 80.0 pips
      マイクロ口座の平均スプレッド
      AUD / CAD 4.7 pips
      AUD / CHF 4.4 pips
      AUD / JPY 3.7 pips
      AUD / NZD 4.3 pips
      AUD / USD 2.5 pips
      CAD / JPY 3.8 pips
      CHF / JPY 3.6 pips
      EUR / AUD 4.3 pips
      EUR / CAD 4.6 pips
      EUR / CHF 3.2 pips
      EUR / GBP 2.5 pips
      EUR / JPY 2.9 pips
      EUR / NZD 6.8 pips
      EUR / USD 1.9 pips
      EUR / ZAR 190.0 pips
      GBP / AUD 6.1 pips
      GBP / CAD 6.4 pips
      GBP / CHF 5.1 pips
      GBP / JPY3.9 pips
      GBP / NZD 9.2 pips
      GBP / USD 3.1 pips
      NZD / CAD4.3 pips
      NZD / CHF3.6 pips
      NZD / JPY 3.9 pips
      NZD / USD 3.4 pips
      SGD / JPY 7.5 pips
      USD / CAD 2.7 pips
      USD / CHF 2.9 pips
      USD / CNH 25.5 pips
      USD / JPY 2.0 pips
      USD / MXN 60.0 pips
      USD / SGD 5.6 pips
      USD / TRY 20.4 pips
      USD / ZAR 85.0 pips
      プロ口座の平均スプレッド
      AUD / CAD D2.0 pips
      AUD / CHF 1.8 pips
      AUD / JPY 1.4 pips
      AUD / NZD 1.6 pips
      AUD / USD 1.0 pips
      CAD / JPY 1.4 pips
      CHF / JPY 1.5 pips
      EUR / AUD 1.7 pips
      EUR / CAD 1.9 pips
      EUR / CHF 1.2 pips
      EUR / GBP 1.0 pips
      EUR / JPY 1.1 pips
      EUR / NZD 2.9 pips
      EUR / USD 0.7 pips
      EUR / ZAR 175.0 pips
      GBP / AUD 2.3 pips
      GBP / CAD 2.6 pips
      GBP / CHF 3.1 pips
      GBP / JPY 1.5 pips
      GBP / NZD 4.5 pips
      GBP / USD 1.1 pips
      NZD / CAD 1.8 pips
      NZD / CHF 1.5 pips
      NZD / JPY 1.5 pips
      NZD / USD 1.3 pips
      SGD / JPY 3.4 pips
      USD / CAD 1.0 pips
      USD / CHF 1.2 pips
      USD / CNH 12.0 pips
      USD / JPY 0.8 pips
      USD / MXN 45.0 pips
      USD / SGD 2.4 pips
      USD / TRY 15.9 pips
      USD / ZAR 70.0 pips

      スプレッドが狭ければ狭いほど、余計なコストを支払わなくて済むので、スプレッドが狭いのが非常に大きなメリットになります。

      8.金融ライセンスを保有している

      IS6FXは、セントビンセントグレナディーンの金融ライセンスを保有しています。セントビンセントグレナディーンの金融ライセンスは数ある金融ライセンスの中で決して信頼性が高いものではありません。

      しかし、金融ライセンスを取得していない会社より信頼できるのは間違いはありませんので、金融ライセンスを取得しているのはメリットになります。

      9.世界で最も利用されているプラットフォームのMT4/MT5が使える

      IS6FXでは、世界で最も利用されているプラットホームであるMT4/MT5の利用ができます。

      cTraderの利用はできませんが、世界で最も利用されているプラットホームでMT4/MT5が利用できるのは大きなメリットになります。世界で最も利用されているだけあってMT4/MT5は、非常に使いやすいです。

      チャートは自分好みに設定できますし、様々なインジケーターの利用もできますので、ストレスなく取引できるでしょう。

      10.入金・出金の手数料が無料

      IS6FXでは、一定の条件はありますが、入金と出勤の手数料が無料です。

      入出金手数料が無料なのは非常に大きなメリットになるでしょう。

      入金手数料が無料の条件

      1回につき、2万円以上の入金の場合には手数料が無料。2万円未満については1,500円の入金手数料がかかります。

      振込手数料についてはトレーダー負担。

      出金手数料が無料の条件

      月1回まで無料。最低出金額5000円

      出金までの時間…3日から5日

      11.完全日本語対応

      IS6FXの公式サイトは、流暢な日本語で作られているため全くストレスなく読むことができます。

      海外FX業者の中には、翻訳ツールを使っただけの意味不明な日本語で作られているホームページも残念ながらあります。ホームページが非常に読みやすいのはIS6FXの大きなメリットです。

      また、海外FXに接したスタッフを常駐させており、24時間メールで問い合わせができます。特に海外FXを始めて行う形の場合、質問したい事項も多いはずですので24時間いつでも質問ができる点は大きなポイントとなります。

      12.スキャルピングができる

      IS6FXでは、スキャルピングが公認されています。

      スキャルピングとは、1回あたりに取る利益は少ないですが、ポジションの保有時間が極めて短くて済む取引手法になります。

      ポジションの保有時間が短いため、相場急変にでくわす可能性が低いため、数あるFXの取引手法の中でも安全性が高い取引手法として有名です。

      しかし、1回あたりに取れる利益は少ないため何度もトレードをする必要があります。何度もトレードをするので約定力やスプレッドが非常に重要です。約定力やスプレッドがいまいちだとうまく利益を積み上げることができません。

      その点、IS6FXでは、約定力もスプレッドも申し分ない水準にあるため非常にスキャルピングに向いているFX業者だといえます。

      FX会社の中には、取引回数が増えサーバーに負担がかかるスキャルピングを認めていない会社もある中、スキャルピングをしっかり公認してくれているIS6FXの大きなメリットになるでしょう。

      ただし、短期間にあまりにも取引回数が多いトレードは認められない可能性がありますので注意してください。

      13.両建てができる

      IS6FXでは、スキャルピングだけではなく両建てもできます。

      両建てとは「買い」と「売り」を同時に保有する取引手法です。

      FXは、ほとんどがレンジ相場といわれているので、レンジ相場で両建てを行えば「買い」と「売り」の両方で利益が狙えます。また、相場の方向性がわからない時に両建てをするのも有効です。

      このように非常に使い勝手の良い両建てですが、FX会社によっては禁止しているところもあります。IS6FXでは、同一口座内での両建ては認められていますので安心してください。ただ他の口座や他の業者との両建ては認められていません。

      もし、これらの禁止事項を行ってしまうと利益の募集や口座凍結になってしまいますので注意してください。

      IS6FXのデメリットは2つ

      さまざまなメリットがあるIS6FXですが、デメリットもあります。IS6FXのデメリットは主に2つです。

      IS6FXの2つのデメリット
      • 金融庁から警告を受けたことがある
      • DD方式

        それぞれのデメリットについてわかりやすく説明をします。

        金融庁から警告を受けたことがある

        IS6FXは、日本の金融庁から警告を受けたことがあるようです。

        日本の金融庁から警告が受けたと聞くと非常に心配に思われる方もいるかもしれませんが、海外FX業者の場合、決して珍しいことではありません。

        なぜなら、海外FX業者のほとんどは、日本の金融ライセンスを取得していないからです。

        なぜ日本の金融ライセンスを取得していないかというと、日本の金融ライセンスを取得してしまうとレバレッジ25倍などの規制を守らなければいけなくなってしまうためです。

        レバレッジ規制などが適用されてしまうと海外FX業者の魅力はほとんどなくなってしまうでしょう。よって日本の金融ライセンスを取得していません。日本の金融ライセンスを取得していないので金融庁から警告を受けるのはある意味仕方がないことかもしれません。

        DD方式を採用している

        IS6FXではDD方式を採用していると言われています。FX会社が顧客に提示する為替レートを取る方法は「DD方式」と「NDD方式」2つの方法があります。

        DD方式は、マーケットからとってきたレートを、一旦FX会社が握り込み、顧客に提示する方法になります。

        スプレッドの調整などができるため、DD方式は、NDD方式に比べてスプレッドが狭い傾向にありますが、その分、一旦FX会社がレートを握り込むため、不正が起きやすい方式です。

        一方、NDD方式は、マーケットからとってきたレートを、そのままトレーダーに提示する方法になります。スプレッドは、DD方式に比べると高いですが、透明性が高い方法です。

        IS6FXが不正をしている可能性は低いですが、透明氏が低いDD方式を採用しているのはIS6FXのデメリットといえるでしょう。

        IS6FXは万人に向いている海外FX業者

        IS6FXは、基本スペックが非常に高く、様々なトレード手法が認められているため、万人に向いている海外FX業者であるといえます。

        これといって大きなデメリットもないため、本当に良い業者ですが、特にスキャルピングを行う方にはおすすめです。極めて高い約定率を誇っており、スプレッドも非常に低いので、スキャルピングトレードを行う方にとっては、第一に検討すべき海外FX業者であると言えるのではないでしょうか。

        IS6FXで夢を掴もう

        最近は終身雇用が崩れ、年功序列の賃金体系も崩れかけています。平均年収はここ30年間ほとんど上がっておらず、生活が苦しい方も多いでしょう。また日本独特の長時間労働をしいる会社も多く、心身ともに疲弊している方も多いのではないでしょうか。

        ぜひそのような方はIS6FXで夢を追ってみましょう。IS6FXは、非常に真摯な業者でありかつ基本スペックが非常に高いです。

        少ない資金でも高いレバレッジが使えますので、一瞬にして大きな利益を上げられる可能性があります。

        また守りの部分でもゼロカットシステムが採用されていますので安心してトレードできるかもしれません。

        もはや会社に頼るだけでは人生を豊かにすることはできません。豊かな人生を送るためにも、ぜひIS6FXの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

        まとめ

        今回は、最近特に人気の高い海外FX業者であるIS6FXについて説明しました。IS6FXには様々な特徴があり、万人におすすめの海外FX業者です。

        GMOグループの出身者が設立しているだけあってかゆいところにも手が届く作りになっており、海外FX初心者の方にもおすすめです。

        おすすめの記事