Exnessの口座タイプは5種類|口座タイプ別の特徴を大公開

Exnessは取引環境も整っていて、信頼度が高いと言われているため、安心して使える業者として知られています。
あまり日本人にはなじみのない業者かもしれませんが、日本人ユーザーも多く登録していることから、今後より多くの利用者を獲得できるのではないかと言われています。

Exnessは複数の口座タイプがあり、自分の取引タイプに合わせて選ぶことができるのがポイントとなっています。
そこで今回は、Exnessの口座タイプについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

Exnessの口座タイプ

Exnessは「スタンダード口座」「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」「スタンダードセント口座」の5つが用意されています。
それぞれ違う特徴があるので、自分の取引ごとに口座タイプを変えることで使いやすくなると言われています。

 

スタンダード スタンダードセント プロ ゼロ ロースプレッド
最低初回入金額 決済サービス別 決済サービス別 200ドル~ 200ドル~ 200ドル~
レバレッジ 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
手数料 なし なし なし 片道0.1ドル 片道3.5ドル
スプレッド 0.3pips~ 0.3pips~ 0.1pips~ 0.0pips~ 0.0pips~
最大取引量 7:00~20:59 =200ロット
21:00~6:59
=20ロット
7:00~20:59 200セントロット
21:00~6:59
20セントロット
7:00~20:59 =200ロット
21:00~6:59
=20ロット
7:00~20:59 =200ロット
21:00~6:59
=20ロット
7:00~20:59 =200ロット
21:00~6:59
=20ロット
最小取引量
0.01ロット 0.01セントロット 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
マージンコール 60% 60% 30% 30% 30%
ストップアウト 0% 0% 0% 0% 0%
注文約定
成行約定 成行約定 即時・成行 成行約定 成行約定

そこでここからは、Exnessの口座タイプについてそれぞれ見ていきましょう。

 

Exnessの口座1:スタンダード口座

スタンダード口座は、一般的なスペックを持った口座となっています。
そのため、誰でも使いやすいオールマイティな口座だといえるでしょう。

スタンダード
最低初回入金額 決済サービス別
レバレッジ 無制限
手数料 なし
スプレッド 0.3pips~
最大取引量 7:00~20:59 =200ロット
21:00~6:59
=20ロット
最小取引量
0.01ロット
マージンコール 60%
ストップアウト 0%
注文約定
成行約定

 

そこでここからは、スタンダード口座の特徴について見ていきましょう。

 

取引銘柄の多さ

Exnessは、取引銘柄がかなり多いFX業者ということで知られています。
使える取引銘柄数はすべて含めて191種類と言われており、このすべてがスタンダード口座で使うことができま

種類としても、FX通貨ペアや貴金属、仮想通貨、エネルギー、インデックスなど豊富な種類があるので、自分がどのような銘柄を取引するのかを自由にすることができます。

FXの通貨ペアもメジャーなものからマイナーなものまでそろっているので、その時にあわせて取引する口座を選択することが可能となっています。
CFDも豊富となっており、すべて84種類から選ぶことができるでしょう。

 

FX通貨ペア 107
CFD 10
原油CFD 2
株式指数CFD 10
米国個別株 30
仮想通貨CFD 7

 

 

1ドルから始められる

Exnessのスタンダード口座以外の口座の場合、最低入金金額は1000ドル~となっています。
しかし、スタンダード口座は最低入金額がたった1ドル(約100円)と言われています。

最低金額が下がっていることによって、少額から始めることができるという点がメリットと言われています。
Exnessは10万円以下の証拠金の場合、レバレッジが無制限となっているので、少額からでも十分な利益を狙うことができます。

この点がExnessのスタンダード口座の魅力と言えるでしょう。

 

スプレッドはやや広め

スプレッドは他のFX業者に比べてやや広めとなっています。
しかし、日本人人気No.1であるXMTradingに比べると、どの通貨ペアも抑えられているので、問題なく使うことができる数値と言えるでしょう。

その他のAXIORYやTitan FXのスタンダード口座と比べると、そこまで変わらない数値になっているので、不便に感じることはないといえます。

ただ、指標が発表された時やボラティリティが高くなってきている時には、瞬間的にスプレッドが広がることもあるため、そのようなタイミングでは注意しておいた方がよいでしょう。

 

通貨ペア スプレッド数
USDJPY 1.1
EURUSD 1.0
AUDUSD 1.5
GBPUSD 1.5
NZDUSD 2.0
USDCAD 2.3
USDCHF 1.5

 

Exness の口座2:スタンダードセント口座

スタンダードセント口座とは、1ロットあたりの価値を100分の1000通貨まで落としている口座のことを指します。
そのことによって、より少額からの取引が可能になっているため、あまり資産を用意できない方でも取引しやすい環境になっていると言われています。

スタンダードセント
最低初回入金額 決済サービス別
レバレッジ 無制限
手数料 なし
スプレッド 0.3pips~
最大取引量 7:00~20:59 200セントロット
21:00~6:59
20セントロット
最小取引量
0.01セントロット
マージンコール 60%
ストップアウト 0%
注文約定
成行約定

 

1ロットあたり1000通貨となっている

Exness のスタンダードセント口座では、1ロットあたりの取引が1000通貨となっています。
つまり、1ロットの取引を行うと、1pipsあたり10円になっているということになります。
スタンダード口座の場合、1ロットの取引は1000円となるので、この差は一目瞭然でしょう。

FX初心者の方の場合、取引を失敗してしまっていきなり大きな損失を出してしまうのが不安という方もいるでしょう。
そのような方の場合、スタンダードセント口座を試すことによって、相場が大きく動いても小さな損失で済むため、安心して取引できるようになっています。

 

スタンダード口座とほぼ同じ取引環境

Exness のスタンダードセント口座の場合、1ロットあたりの通貨量はスタンダード口座と異なりますが、それ以外の取引環境はスタンダード口座と変わりません
そのため、どのような取引をしたい方でも不便に感じることなく自分らしい取引を行うことができます。

FX初心者の方の場合、スタンダードセント口座で取引に慣れた上で、スタンダード口座に移行するという方もいるようです。
また、スタンダードセント口座でも、無制限のレバレッジを使うことができるので、他のFX業者の少額口座に比べてより効率のよい取引ができるようになっています。

 

Exnessの口座3:ロースプレッド口座

 

Exnessロースプレッド口座とは、スタンダード口座よりもスプレッドが狭くなっている口座です。

ロースプレッド
最低初回入金額 200ドル~
レバレッジ 無制限
手数料 片道3.5ドル
スプレッド 0.0pips~
最大取引量 7:00~20:59 =200ロット
21:00~6:59 =20ロット
最小取引量
0.01ロット
マージンコール 30%
ストップアウト 0%
注文約定
成行約定

 

ではここからは、ロースプレッド口座の特徴について見ていきましょう。

 

スプレッドが狭い

通常のスタンダード口座だと、短期間で決済をする取引を行ってしまうとスプレッドがかかってしまうので、大きな利幅を取るのが難しくなってしまいます。
しかし、ロースプレッド口座の場合、かなりスプレッド幅が狭くなっているため、スキャルピングなどの取引をしやすい環境となっています。

ただ、ロースプレッド口座の場合は往復で7ドルの取引手数料がかかります。
手数料分を含めてもトータルコストはスタンダード口座に比べて安くなっていますが、手数料がかかることは覚えておきましょう。

 

初回入金額は200ドル

ロースプレッド口座は、最初の入金額が最低200ドル(約2万円)必要となります。
そのため、ある程度資産を準備しなければいけません。

少額から取引を行いたいという方は、最低入金額が1ドル(約100円)となっているスタンダード口座の方がよいでしょう。

 

Exnessの口座4:ゼロ口座

Exnessのゼロ口座とは、ロースプレッド口座と同じように取引にかかる手数料が安くなっている点が特徴です。

ゼロ
最低初回入金額 200ドル~
レバレッジ 無制限
手数料 片道0.1ドル
スプレッド 0.0pips~
最大取引量 7:00~20:59 =200ロット
21:00~6:59 =20ロット
最小取引量
0.01ロット
マージンコール 30%
ストップアウト 0%
注文約定
成行約定

 

では、Exnessのゼロ口座はどのような特徴のある口座なのでしょうか?
また、ロースプレッド口座とはどのような違いがあるのでしょうか?

 

スプレッドがほぼ0

Exnessのゼロ口座とは、その名の通りスプレッドが取引期間の95%で0になっている口座です。
そのため、より手数料を抑えて取引をできるという点が特徴です。

ロースプレッド口座の場合はすべての取引できる銘柄のスプレッドが非常に狭くなっており、スプレッド以外に一定の取引手数料が必要という形になっています。

それに対して、ゼロ口座は決められた30の銘柄のみがほぼ0のスプレッドで使うことができるようになっている点が異なります。
ただ、1ロットごとに往復7ドルの手数料が必要になるため、その点を注意しておきましょう。

このような口座になっていることから、スキャルピングのような取引をしたいと思っている上級者におすすめの口座となっています。

 

最低入金額は200ドルから

Exnessの最低入金額は、200ドル(約2万円)となっています。
スタンダード口座は最低1ドルからとなっているので、それと比べるとある程度の資産が必要になると言えるでしょう。

そのため、ゼロ口座を作る際には、先に資産を準備しておくようにしましょう。

 

Exnessの口座5:プロ口座

Exnessのプロ口座とは、値滑りがほぼ起こらない口座となっています。

 

プロ
最低初回入金額 200ドル~
レバレッジ 無制限
手数料 なし
スプレッド 0.1pips~
最大取引量 7:00~20:59 =200ロット
21:00~6:59
=20ロット
最小取引量
0.01ロット
マージンコール 30%
ストップアウト 0%
注文約定
即時・成行

 

ではここからは、プロ口座の特徴について見ていきましょう。

 

即時約定を採用

Exnessのプロ口座とは、唯一Instant Execution(即時約定)という方法を採用しています。
この方法では、トレーダーの注文をいったん決済した上で、カバー注文を行います。
そのためほとんどスリッページが起こらないという点が特徴となっています。

FXの取引を行う際にスリッページが発生してしまうと、自分が思ったタイミングで取引をすることができないので、自由に取引ができなくなってしまう可能性があります。
プロ口座であれば、そのような心配をする必要がないので、より安心して取引ができると言われています。

ただ、プロ口座では仮想通貨の取引に関しては成行約定となっていますので、注意しておきましょう。

 

コスパがよい

プロ口座は、スタンダード口座に比べて各銘柄のスプレッドが狭くなっています
その上、手数料も無料となっているので、コスパのよい取引が可能になっているといえます。

ただ、取扱銘柄に関しては、スタンダード口座に比べて少なくなっています。
主要な銘柄を取引したいという方の場合、スタンダード口座よりもプロ口座の方がお得になっていることも多いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?Exnessには5つの異なる口座タイプが用意されています。
それぞれに特徴があり、投資家の好みによって合う口座は変わってきます。
そのため、まずは取引できる銘柄や取引環境をしっかりと確認した上で、自分にはどの口座タイプがピッタリなのかを確認して取引を始めることをおすすめします。

FX初心者の方で、どの口座を選んだらいいのか分からないという方は、スタンダード口座を選ぶことをおすすめします。
スタンダード口座はオールマイティに使える仕様となっているため、スタンダード口座での取引の中で自分がやりたい取引が見つかったら、ピッタリの口座タイプを選択するようにしましょう。

おすすめの記事