FXで勝つためのコツ5選!失敗しないための方法も解説

「FXで稼ぎたいけどなかなかうまくいかない」
「FXで勝つにはどうすれば良いの?」

と、悩んでいる方もいると思いますが、FXはただ利益を求めるだけではうまくいかず、稼ぐためにはいくつかのコツがあります。

今回は、FXで勝つためのコツを5つ厳選してご紹介していきます。

FXで負ける理由や失敗しないための方法についても触れていきますので、自分のトレードを見直して稼げるようになりましょう。

FXで稼げる人はどれくらい?

FXは、「稼げる人なんてごく一部のトレーダーだけ」「リスクが大きくて損失が出る」といったネガティブイメージを持っている方も多いと思います。

しかし、実際はトレード経験を積んで感覚をつかんだり、トレードスキルを磨いたりすることで、しっかりと稼げるようになる可能性が高いものです。

とはいえ、稼ぐためには、コツをつかんだりスキルを身に付けたりする努力は必要です。

「楽して稼げるならやってみよう」「隙間時間で稼ごう」など、FXに対する誤解を持ってトレードをしたところで、稼ぐことはできません。

FXで利益を出すひとつの基準である勝率としても、6割ほどで十分稼げると言われています。

すべてのトレードに勝つ必要はありません。トレードを見極めて勝てるトレードを確実に取ることにより、多くのトレーダーに稼げるチャンスがあります。

FXで負けてしまう理由

FXで「思うように勝率が上がらない」「利益が出ない」といった場合、どのような理由があるのでしょうか?

稼ぐ方法を知る前に、なぜ負けているかを知ることも重要です。

ここではFXで負けてしまう主な理由について見ていきます。

利益ばかりを求めている

FXで稼ぐためには、利益を出すことが目標となります。

しかし、利益ばかりを求めているとかえって損失を出す場合が多くなります。早めに決済すべき場面でさらに利益を出そうと待ってみた結果、相場が変動して大損失を被るということも十分にあり得ます。

勝つためにはリスク管理の考え方も欠かせません。

メンタルが不安定なのにトレードしている

FXでどんなに優れたトレーダーでも負けることはあります。

負けがあるなかでも稼げるのはメンタル面が安定しているからです。負けに対してイライラしてしまったり、負けを取り戻そうと無茶なトレードをしたりするなど、自分の気持ちを優先してしまうと、大きな損失を出す原因につながるでしょう。

分析が足りない

勝つこと、負けること、すべてには理由があります。

負けが続いていることから、理由をきちんと分析する人と一喜一憂して終わる人では、利益に大きな差が生まれます。

トレードごとの傾向やエントリータイミングなどが勝敗に関わってくるため、分析が足りない状態でFXで稼ぐというのは難しいです。

FXで勝つための5つのコツ

FXで勝つ人は、決して運だけでなく、勝つためのスキルや心構えを持っています。

スキルはもちろん、トレードに取り組む上でのメンタルコントロールなども必要です。ここからは、FXで勝つためのコツを5つほど紹介していきます。

1.少額投資でFXを知る

FXで勝つためには、トレードの感覚をつかむことが大切です。

FX業者によっては、少額投資ができる口座が提供されていることが多く、リスクをおさえた上でトレードに取り組むことができます。

FXについて研究・勉強することも大切ですが、実際にやってみるのがトレード感覚をつかむ近道です。

2.取引を記録して成功・失敗の理由を分析する

トレードに対して一喜一憂するのではなく、常に分析する癖を付けましょう。

たとえば、日記やメモに記録を残しておくことで、自分のトレードの癖やパターンがわかってきます。勝った理由から、なぜ勝てたのかを知ってパターンを発見し、負けた理由から改善点を見つけることで勝てるトレードができるようになります。

そうすれば失敗を減らせるはずです。

3.自分にあった取引方法を見つける

FXには、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードといった取引方法があります。

スキャルピング」は数秒・数分単位の超短期売買、「デイトレード」は数時間に一度トレードする短期売買、「スイングトレード」は数日・数週間単位の中長期売買です。

それぞれ売買タイミングが異なるので、無理なく取り組める取引方法を選びましょう。

ライフスタイルに合っていないと落ち着いて取引できず、勝率が下がってしまい、思わぬ失敗が起きやすくなるため注意が必要です。

4.感情に流されないメンタルコントロール

分析や取引方法と合わせて意識したいのがメンタルコントロールです。

感情に流されたトレードは大きな損失を生みかねません。自分で決めたルールは必ず守るといったメンタルコントロールは、トレードに欠かせません。

「もう少し利益は出したいけれど我慢しよう」といったように、常に平常心でトレードするようにしましょう。

5.損切するルールを決める

利益が出るまで粘りたくなる気持ちもありますが、損失を最小限にするため、思い切って損切りすることも大切です。

損切りをするラインは、ルールとしてしっかり決めておきましょう。

たとえば、投資額に対して「2%の損失が出たら即損切りする」といったルールを決めておけば、次のトレードに向けた資金や財産を失うリスクを減らすことができます。

FXで失敗しないために実践すべきこと

FXでは、勝つのと同じくらい負けないことが大切です。負けたときの損失を減らすことでトレード資金がなくなったり、生活資金を失ったりすることを防ぎます。

ここでは失敗しないための方法をご紹介するので、ぜひ実践してみましょう。

余剰資金で取引する

手持ち資金をすべてFXに使ってしまうと、損失が出たときに生活に影響が出てしまいます。

トレード資金や生活資金を確保するためには、余剰資金で取引するようにしましょう。それであれば、負けたとしても生活への支障は最小限におさえることができます。FXにはリスクが付きものなので、リスクヘッジの考え方が必要です。

デモトレードを活用する

お金をかけずにFXを体験したい・学びたいという方にはデモトレードがおすすめです。FX業者によってはデモ口座が開設できますので、実際のお金を使わずにトレードを体験できます。これにより、取引方法を試したり相場を見極めたりすることが可能です。

しかし、あくまでデモであって実際のトレードとは異なるので、メンタル面も本番とは異なりますので注意しましょう。

システムトレードを活用する

自動売買ツールを使用したシステムトレードは、あらかじめ設定したルールにしたがってシステムが自動でトレードを行ってくれます。そのため、感情に流されることなくトレードでき、損失が出る前に損切りすることも可能です。

まとめ

FXで負けてしまう人は

  • 利益ばかりを求める
  • 分析が足りていない
  • 感情に流されている

といった負ける理由があります。

FXで勝つためにはいくつかのコツがあり、

  • 少額投資で感覚をつかむこと
  • 分析で勝敗の理由を知ること
  • メンタルコントロールすること

などが大切です。FXで失敗しないための方法も参考にして、FXで利益を勝ち取りましょう。

おすすめの記事