無料のEA(自動売買ツール)取引でFXに勝てるのか?

今回は、FXにおける「無料EA(自動売買ツール)」について紹介していきます。

「自分で取引をしないと心配!」という方もいるかもしれませんが、EA(自動売買ツール)は使い方によっては非常に役立つので、ぜひ参考にしてください。

EA(自動売買ツール)とは?無料でも大丈夫?

EA(自動売買ツール)とは、その名の通り「自動でFXなどの取引をしてくれるプログラム」のことです。
英語では「Expert Adviser」というので、略して「EA」と呼ばれています。

無料のEA(自動売買ツール)もあれば有料のEA(自動売買ツール)もあります。「当然有料のほうがいいのだろう」と感じるかもしれませんが実はそうでもありません。

なんとなく、有料のほうが「開発者の稼ごうという思惑」が入りやすく、「実際よりもよく見せるような宣伝」をしているケースが多いと感じます。もちろん良質な有料EA(自動売買ツール)もたくさんありますが、最近はEA(自動売買ツール)も全体的に進化しているため、無料EA(自動売買ツール)のなかにも優秀なものはたくさんあります。

また、「無料EA(自動売買ツール)だけ使う」と決めておいたほうが、迷わずどんどん試せるはずです。
「有料EA(自動売買ツール)も使う」と考えていると、いざ有料EA(自動売買ツール)を見つけたときに使おうかどうか迷いますしね。

FXにおける無料EA(自動売買ツール)の使用方法例

まずは「MT4(MT5)」というFXトレードなどに使えるプラットフォームをダウンロードします(無料)。
そして、使ってみたいEA(自動売買ツール)をダウンロードしてください。
その後、MT4を立ち上げて、「ツール」→「オプション」→「エキスパートアドバイザー」の順に選択。
さらに、「自動売買を許可する」にチェックをつけて→「OK」を選択するとEA(自動売買ツール)が稼働します。

まとめると、

MT4のインストール→EA(自動売買ツール)のインストール→MT4の設定を変更して稼働

という感じです。
最初だけ少し戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れます。

EA(自動売買ツール)を使うなら国内FX・海外FXのどちらがいい?

国内FX業者のなかには、EA(自動売買ツール)の使用を禁止しているところが多いです。

一方、海外FX業者の場合は、ほとんどのところがEA(自動売買ツール)の使用を許可しています。ですから、海外FX業者を利用する事を推奨します。

また、海外FX業者には他にも以下のようなメリットがあります。

  1. 大きな借金が発生しにくい
  2. 最大レバレッジの倍率が高い

1.大きな借金が発生しにくい

海外FX業者のなかには「ゼロカットシステム」と呼ばれる「口座残高が0未満になったら、0に戻してくれる仕組み」を導入しているところが少なくありません。ですから、大きな借金が発生しにくいと言えます。
一方、国内FX業者でゼロカットシステムを取り入れているところはありません。

2.最大レバレッジの倍率が高い

海外FX業者:数百~数千倍のところが多い
国内FX業者:高くても25倍まで

ゼロカットシステムがあるので、海外FX業者でハイレバレッジ取引をしても怖くありません。

FXで勝てる「無料EA(自動売買ツール)」の選び方

ここからは、「勝ちやすい無料EA(自動売買ツール)の選び方」を挙げていきます。

  • 利益額 > 損失額
  • ドローダウン
  • 総トレード数
  • 購入数と売却数
  • 「波」の有無

では、それぞれ見ていきましょう。

※ここからはご自身でバックテストをする事が前提の解説となっています。バックテストとは「実際に取引に使っていたらどんな結果になっていたかのテスト」のことです。
※「バックテスト済」などと宣伝しているEA(自動売買ツール)もありますが、開発者がウソをついている可能性もゼロではないので必ず自分で行ってください。

1.利益額 > 損失額

当然ですが、利益額が損失額を上回っていなければダメです。理想は「利益額が損益額の1.3倍~」の無料EA(自動売買ツール)です。
近年ではEA(自動売買ツール)も進歩していますから、これくらいであれば結構見つかります。

ちなみにスプレッド(手数料)もありますから、「利益額が損益額をわずかに上回っている」という程度だと、トータルで損をする可能性が高いです。

2.ドローダウン

「口座残高の減り方」のことをドローダウンと言います。

たとえば、「口座残高が100万円なら、何%のドローダウンまで大丈夫か」などを考えて、EA(自動売買ツール)を選ぶことになります(常に口座残高が増え続ける事はありません。落ちる時期もあります)。

無料EA(自動売買ツール)をいくつ同時使用するかにもよりますが、「ドローダウン3%以下」くらいで考えておくことをおすすめします。

ただし、「最大ドローダウンが小さいEA(自動売買ツール)」は振れ幅が少なく利益も小さい傾向にあります。

ですから、「最大ドローダウン0.2%」といったEA(自動売買ツール)を見つけたのであれば、ロットを15倍前後にして最大ドローダウンを「0.2×15=3%」に底上げすることをおすすめします。

3.総トレード数

「バックテストをしてみたらトレード数が異様に少なかった!」と判明する事もあります。

たとえば、年間20~100回くらいだと非常に少ないと言えます。これくらいだと「偶然バックテストの結果が良好になる」という事があり得ます。ですから、年間700~1000回以上のトレード数になる無料EA(自動売買ツール)を探しましょう。

4.購入数と売却数

「購入特化無料EA(自動売買ツール)」「売却特化無料EA(自動売買ツール)」なども存在します。

こういったEA(自動売買ツール)は「稼げるときは稼げるが、落ち込むときはとことん落ち込む」という傾向があります。

ですから、購入と売却の比率が1:1に近い無料EA(自動売買ツール)を探しましょう。「購入(売却)が売却(購入)の1.5倍くらい」までが許容範囲です。

5.「波」の有無

「稼げる時期と稼げない時期」の波が激しすぎる無料EA(自動売買ツール)を使うのはやめましょう。

酷いEA(自動売買ツール)だと数か月~2年ほど落ち込みが続く場合もあります。

近年の無料EA(自動売買ツール)は全体的に高性能ですから、「一時的に多少下がることはあっても、長期的に見ればずっと右肩上がりに見える」というものも楽に見つかります。

1~5の条件を満たす無料EA(自動売買ツール)を複数使ってFXトレードをする事で、リスクヘッジできるのでおすすめです。
具体的に言うと、「あの無料EA(自動売買ツール)が不調でも、残りのEA(自動売買ツール)が好調なのでトータルだとプラス」という状態になりやすいという事です。

EA(自動売買ツール)だけでFX取引をするのはおすすめしません

EA(自動売買ツール)は言うまでもありませんが、一定のルールに従ってFXトレードをし続けます。

そのためEA(自動売買ツール)だけに頼っていると、「たまにある激しい変動」を見逃して、利益が少なくなる可能性が高いです。

ですから、無料EA(自動売買ツール)を使うとしても、裁量取引(自分の意思で行う取引)も併用することをおすすめします。

例えば、アメリカの雇用統計の発表直後は相場が大きく変動しやすいので、そのタイミングだけEA(自動売買ツール)をオフにして裁量取引をする、などといった手法もあります。

まとめ:無料EA(自動売買ツール)を使ってFXで勝ちましょう

今回はFXにおけるEA(自動売買ツール)について解説しました。

まとめると、

  • まずはMT4をダウンロードする
  • 海外FX業者を使う(EA(自動売買ツール)取引を禁止している国内FX業者は多い)
  • 自分でバックテストをする
  • バックテスト結果を検討して使うEAを決める
  • EA(自動売買ツール)は複数使うべき
  • 裁量取引も織り交ぜるべき

といったところでしょうか。

完全に鵜呑みにすることはできませんが、近年では「EA(自動売買ツール)だけでFXで数百万稼いでいる」という人も少なくありません。「やっぱり自動というのはちょっと…」という方も、無料ですし、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事