ピボットによってFXで勝てるのか?初心者向け解説

今回はFX用語の一つである「ピボット」について解説していきます。

筆者の感覚としては、日本人トレーダーにおいてはピボットを大事にしている人は比較的少ないように感じます。

ですが、ピボットは非常にシンプルであり有効ですから、「知った上で使わない」のはまだOKですが、「そもそも知らない」というのはあまりにももったいないです。

では、

 

  • ピボットとは何か?
  • ピボットで勝てるのか?

 

について主に紹介していきます。

FXにおけるピボットとは?

前日の

・終値(C→closeと考えると覚えやすい)
・安値(L→low)
・高値(H→high)

をベースとして、その日のレジスタンスライン・サポートラインを決める手法のことを「ピボット」と言います。

そして、ここで7本の線を用意します。

まず、

ピボットポイント=(C+L+H)÷3

そして、

S1=2P-H
S2=P-H+L
S3=2P-2H+L
R1=2P-L
R2=P+H-L
R3=2P-2L+H

となります。

ピボットの基本はこれだけです。
また、「サポートライン」「レジスタンスライン」など、意味が分かりにくい部分もあるかと思いますが、とりあえず「FXにおけるピボットはとても簡単である」とさえ感じていただければ十分です。

しかも、上記の式を暗記する必要はありません。
なぜなら、「ここがピボットポイントです」と公開されるからです。

 

FXにおけるピボットのメリット

ピボットの大きなメリットは2つあります。

 

  • シンプル
  • ばらつきのない指標である

 

「シンプル」というのは、すでに説明したとおりです。

そこでここでは、もう一つの「ばらつきのない指標である」という部分について解説していきます。

 

「ばらつきのない指標である」とはどういう意味?

FXのおける「テクニカル分析」には、MACD、ボリンジャーバンド、移動平均線など色々なものが存在しています。ですが、これは設定によってチャートへの表示が変化します(例:期間の設定が変われば表示も変わる)。
また、「どの範囲にラインを作るか」など、一人一人違ってくる部分もあります。

ですが、ピボットの場合は「誰であっても同一の線」を見ることになります。
ですから、「個人の考え」に左右されることがありません。
もっと言えば、「準備の段階ではあまり考えなくていい」という事です。

また、「ピボット手法を利用しているFX投資家の人数=同一の指標を手掛かりにしている人数」と言えますから、それだけ確実性がアップすると言えます。

他のテクニカル分析だと、「せっかく頑張って戦略を立てたのに、他の多くの人の感覚とズレていたので役に立たなかった」という事があり得ますが、ピボット手法であればその心配はありません。

FX取引はピボット「だけ」で勝てるのか?

ここで気になるのが、「こんなに単純なピボットだけで勝てるのか?」という事だと思います。

ですが結論を言いますと、ピボット「だけ」では勝てません。
一時的にプラスになることはあるかもしれませんが、続ければ続けるほど「トータルでマイナス」に確率が上がります。

しかし、ピボットが有効である事に変わりはありません。
なぜなら、「ピボット以外の戦略」とピボットを組み合わせることで、FXで「勝てる」ようになるからです。

ただ、ここではあまりややこしい解説はしません。
あくまで、FX初心者の方でも今この場で理解できる戦略を紹介していきます。

 

ピボット「だけ」を使う手法

方式は主に2つあります。

 

  1. 逆張りタイプ
  2. 順張りタイプ

 

それぞれ見ていきましょう。

 

①逆張り

レンジ相場においては「逆張り」が有効です。

 

レンジ相場:ある価格帯を超えずに上下変動する相場

 

こういった場合にピボット手法を利用すると、「どこまで変動するか」の推測が楽になります。

そして基本的に

 

サポートラインに到達:購入
レジスタンスラインに到達:売却

 

というルールでFX取引を行います。

 

②順張り

強力なトレンドができているときに有効な手法です。

S3やR3までいく可能性もありますが、そのときはそのトレンドが続きやすいので順張りで取引する事を推奨します。
ただし、S3やR3までいっても、そこからトレンドが反転する事もるので気を付けてください。

ちなみに「強力なトレンドができる」という機会は当然少ないわけですから、ピボット手法は原則として「逆張り」に利用しましょう。

 

ピボットと移動平均線を組み合わせると勝てる

日本人のFXトレーダーの場合、ピボットよりも「移動平均線」を使っている人が多いと思います。

ですが、移動平均線には「人によって何日の移動平均線が異なる」というデメリットがあります。
つまり、「人によって見ている移動平均線がバラバラかもしれない」ということ。

そして、「あまり見られていない移動平均線を使っている」際には、ほとんど役立ってくれなくてもおかしくありません。
しかし、ピボット手法も併用すれば、こういった「ズレ」を認識しやすくなります。

 

FXでピボットを利用するときの落とし穴2つ

続いて、FXでピボット手法を使うときの注意点を2つ紹介していきます。

 

  1. 全体のトレンドを無視しない
  2. ピボットポイントの上での購入は可能な限り避ける

 

では、それぞれ解説していきます。

 

①全体のトレンドを無視しない

ピボット「だけ」に執着していると、「現状で確認している時間足」でしかトレンドを捉えられなくなる恐れがあります。
ですが、絶対にトレンドは、それよりも長い時間足でもチェックしてください。

そうでないと、例えば「5分足ではダウンしているけれど、1時間足ではダウンしている」という状況を見逃す可能性があります。

言い換えれば、「ピボットだけで安心せず、広く観察することも必要」ということですね。

 

②ピボットポイントの上での購入は可能な限り避ける

ピボットポイント=(C+L+H)÷3

 

つまり、ピボットポイントは「前日の値動きのアベレージ」という事になります。

ですから、「ピボットポイントの上での購入」をすると、「前日のアベレージに比べて高く購入する」ことになります。

FXにおいては、当然「安い地点で購入したほうが、マイナスが少なくなりやすい=勝てる」と言えます。

ですから、FX初心者のうちは「ピボットポイントの下で購入すること」を心掛けましょう。

ピボットの確認方法は主に2つ

最後にピボットの確認の仕方を紹介します。
方法は主に2つあります。

 

①FX業者が公開しているピボットを見る

FX業者自体がピボットを公開している場合があります。
ただし、国内FX業者の中には公開していないところも多いので海外FX業者の利用を推奨します。

 

②ネット上の情報を見る

また、ネット上を探せば「今日のピボット」などが見つかります。
「ばらつきがない」わけですから、他人が公開しているものに頼っても問題ありません。

 

まとめ:ピボットを正しく活用すればFXで勝てる

FXにおけるピボット手法について解説しました。
まとめると、このようになります。

 

  • ピボット「だけ」で勝てるわけではない
  • でも他の手法(移動平均線など)と組み合わせると勝てる
  • ピボットはシンプルなので知らないのは損
  • 「ばらつきがない」のも魅力(自分で考える部分が少ない)

 

「全体のトレンドも見るべき」など、ピボットにもいくつか注意点がありますが、だからといって利用しないのは明確に損だと思います。

ピボットを活用しつつ、「勝てるFXトレード」を継続していきましょう。

さいごに

このサイトでは全22社の海外FX業者を、ランキング形式で紹介しています。

国内FXしかやったことが無い、海外FXに興味はあるけどちょっと怖い、海外FXを既にやっているけど自分に合った業者が見つかっていない。

そんな方々にはぜひランキングページを見てほしいです。

 

正直に言うと海外FXは国内FXより安全です。日本語に対応している業者も沢山あります。

口座開設するだけで大きなボーナスを貰えたり、取引するために資金を入金するだけでボーナスを貰える業者も沢山あります。

国内FXだけでトレードをやっていては、はっきり言って損します。

ランキングページでは初心者でも分かりやすいように基本知識からまとめています。

自分に合う海外FX業者を見つけて、大きく稼ぎましょう!!

全22社海外FX業者ランキング(上位6位までを抜粋)

1GEMFOREX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
56点/60点

メリット
  • 口座開設ボーナスや100%入金ボーナスが充実
  • 0.78秒以内に99.79%の約定率
  • 日本語によるサポートが充実
  • リクオートや約定拒否がない
  • レバレッジは最高水準の1,000倍
150以上の自動売買ソフト(EA)やミラートレードが利用可能!
常時開催の破格ボーナスで有名な海外FX業者
GEMFOREXは2014年にサービスを開始した海外FX業者です。
現在の口座開設数は33万を突破、最大1,000倍のレバレッジを武器に利用者を増やしています。
GEMFORXの最大の特徴は、ボーナスキャンペーンの充実度と150以上のEAツールを無料でダウンロードできる点でしょう。口座開設ボーナスや入金ボーナスは内容を変更しながらほぼ常時開催されており、他社比較してもボーナス金額は群を抜いています。また口座開設した人なら自動売買ツールやミラートレードを無料で利用できるのも魅力です。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 MT4 メール、ライブチャット ニュージーランド証券投資委員会金融ライセンス
ボーナスで2万円もゲットできた。一切入金しなくてもトレードできるのはありがたい
レバレッジ1,000倍を試してみたかったので口座開設してみた。口座開設ボーナスや入金ボーナスが貰えるのでGEMFOREXがどんなものか試してみるのに便利
ミラートレードが無料でできるのはお得に感じる
EAツールありすぎてどれ使ったらいいかよくわからないけど得した気分
DD方式が確定なので裏で操作されているか不安
去年(2019年)金融ライセンスやっと取得したようだけど、FSPのライセンスって大丈夫?
通貨ペアは他の業者に比べると34種類と少なめ。マイナー通貨で冒険しなければ大した問題ではないとは思う
90日以上トレードしていないと口座維持手数料(1,500円)がかかるから注意!

2XM
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
54点/60点

メリット
  • 最大レバレッジは888倍
  • 100%入金ボーナスやポイント特典がいっぱい
  • 平均約定率は業界最高レベルの99.98%
  • 日本語サポートが充実
日本人に人気No.1の実績豊富な海外FX業者。
信頼抜群な安定感と豊富なボーナスが魅力
XM(エックスエム)は2009年からサービス開始、日本進出でも10年以上の実績がある、日本人投資家に絶大な人気を誇る海外FX業者です。
おすすめランキングでも必ず上位に選出されており、海外FXを始めるにあたって知らない人はいないほど圧倒的な知名度があります。海外FX口座を持つ利用者の70%以上がXMの口座を保有していると言われています。
XMはアジア向けに「XMTrading」というサービスを提供しており、日本在住者が利用できるのはこのXMTradingとなります。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
888倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 メール、ライブチャット セーシェル金融庁ライセンス
レバレッジ888倍は高すぎず低すぎずとても使いやすい
知名度が高いだけでなく、ボーナスが充実していることや他のFX業者と比べてみても使い勝手が良く、ビギナーから上級者までどんな人にもおすすめ
日本語サポートがしっかりしているので、まったく不安はない
どこの海外FX業者を選んでいいかよくわからなかったらとりあえずXMにしておけば問題ない
スプレッドが全般的に広めなので、スキャルピングトレードしようとする人には向いていない
Zero口座はレバレッジも500倍だし、ボーナスもないので開設するメリットがあまりない
出金する際にはかなり時間がかかるし手数料もかかる点がマイナスポイント
取引通貨ペアによってはスリッページが大きいものもあるので注意

3iFOREX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
52点/60点

メリット
  • 100%入金ボーナス
  • 最大100%のペンディングボーナス
  • 年利3%の利息キャンペーンあり
  • 独自の取引ツールFXnet
  • 通貨ペアが豊富(82種類)
  • 日本語対応がしっかりしている
  • 信託保全あり
運用実績は20年以上!
安心と信頼で人気を誇る、海外FXの歴史を物語る老舗FX業者。
iFOREXは 1996年創業、20年以上の運用実績があるFX業界でも歴史が古い海外FX業者です。長いこと日本人向けにサービスを提供してきており、日本人にも人気の高いFX業者の1つとして知られています。
最大レバレッジは400倍とあまり高くありませんが、出金拒否といったトラブルはなく、信頼性高いFX業者だと言えるでしょう。
またiFOREXはロスカット水準が0%なため、口座残高ぎりぎりまでポジションを保有できます。海外FXでは通常20~30%のロスカット水準となっているため、iFOREXの0%は他にあまり類を見ません。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
400倍 不可 あり 不可 0%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 FXnet(独自ツール) メール、電話、Fax 英領バージン諸島金融サービス委員会
やっぱり20年以上の実績は偉大。すべてにおいて安定した稼働を実現
ロスカット水準0%だからハイレバトレードを思う存分楽しめそう
通貨ペア82種類もあるので、メジャー通貨以外のマイナー通貨でトレードしたい人にはおすすめ
サーバーインフラが不安定なのか、よくサーバーが落ちる
FXnetなる独自プラットフォームもいいけど、MT4使えないのは残念
スキャルピング不可&EA使用できないので上級者には物足りない業者

4FBS
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
50点/60点

メリット
  • 100%入金ボーナスや各種キャンペーンが魅力
  • 初回入金1ドルから(セント口座のみ)
  • 信託保全がされている
  • 取引量に応じたキャッシュバック
  • 最大レバレッジは3,000倍
他を圧倒する海外FXNo.1の3,000倍というハイレバレッジ。
スポーツカーが当たるといった豪華なキャンペーンも魅力
FBS は2009年に設立された海外FX業者です。これまでに190ヶ国以上1500万人のお客様にサービス提供し、海外FX初心者からFXトレード経験豊富な専用トレーダーまで、数多くのユーザーに利用されています。また、FCバルセロナがスポンサーといった話題性も豊かです。
口座開設ボーナスや100%入金ボーナス、さらにはスポーツカーがもらえるトレードコンテストなどお得なキャンペーンも見逃せません。
そんなFBSを有名にしたのはレバレッジ3,000倍と業界No.1のレバレッジの高さでしょう。マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロスプレッド口座の3つの口座でレバレッジ3,000倍のトレードが行えます。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
3,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 LINE、メッセンジャー、電話、ライブチャット キプロス証券取引委員会、ベリーズ国際金融サービス委員会
レバレッジ3,000倍はやはりすごい。どんなものか試してみたくなる魅力を感じる
自動売買(EA)用にVPSサーバが無料で使えるのはかなりお得
取引のたびにキャッシュバックされるのってポイント還元みたいで得した気分になる
ボーナスはとっても魅力なのに出金時の条件が異様に厳しすぎて面倒くさい
公式ホームページが翻訳ソフトで訳しただけのような意味不明な日本語で、サポート部分はかなり不安
約定が滑りまくるのでスキャルピングには不向きな業者だと思う

5is6com
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
48点/60点

メリット
  • 日本語対応が充実
  • ボーナスが魅力(最大200%の入金ボーナスも)
  • 最大レバレッジは1,000倍
海外FX最高水準1,000倍のハイレバレッジ。
口座開設ボーナスや入金ボーナスも充実
is6comは2016年12月に設立されたまだ新しい海外FX業者です。ボーナスキャンペーンが充実しており、不定期ながら入金ボーナスが200%であることもあります。
そんなis6comの魅力は海外FXの中でも最高水準のレバレッジ1,000倍。
これによりボーナスとハイレバレッジを利用してFXトレードを充分楽しむことが出来ます。また、海外FXでは一般的な追証なしゼロカットシステムが取り入れられているのでハイレバレッジな取引でも安心です。
しかしながら金融ライセンスが未取得ということもあり、is6comを利用する際の資金管理には自己責任が付きまといます。その点に不安がある人は利用しないほうがよいかもしれません。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 50%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 MT4 メール、LINE、フォーム 未登録
問い合わせに対する回答の素早さは群を抜いている
入出金対応は他と比べても早いと感じるので急ぎの際には便利
小額投資でも1,000倍のレバレッジがかけられるis6comならFX最大の魅力を実感できる
口座開設したときちょうど入金ボーナスが200%だったのでラッキー
取引通貨ペアが33種類。他の海外FX業者と比べて半分ぐらいとかなり少ない
金融ライセンス未取得というのは正直不安に思う
感覚的にNDD方式でなくDD方式だと思う。気になる人は別の業者のほうがいいと思う
ロスカット水準50%と高めなので、思い切ったハイレバレッジがかけられない

6MYFX Markets
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
46点/60点

メリット
  • ハイレバスキャルピングトレードができる
  • オーストラリア大手FX業者のホワイトラベルにて信頼性が高い
  • 豪ドル関連の通貨ペアのスプレッドは他と比べても狭い
豪ドルがらみの銘柄取引に注目。
オーストラリア生まれの中堅海外FXブローカー
MYFX Marketsは、2013年にオーストラリアで設立された海外FX業者。
広告を出さず、あまりキャンペーンも派手に行っていないこともあって、日本国内ではあまり知られてはいませんが、約定力や低スプレッドを武器に展開、堅実な運営を行っている業者の一つです。
そのため一部のコアなユーザーには人気で、海外FX初心者にはあまりおすすめできませんが、中・上級トレーダーの中でも特に短期トレードを目指すスキャルピングトレーダーには向いていると言えます。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
400倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4 メール、電話、チャット、LINE セントビンセントグレナディーン
データセンターが東京にあるって聞いたのでスピードについては非常に期待できる
豪ドル関連の通貨ペアを使う時にはMYFXMarketsは最高
公式ホームページを見るとよさそうなんだけれど、日本でやっている人が少なく情報が少ない
プラットフォームでMT4以外が使えないのは少々残念
おすすめの記事