FXを始めたい人必見!国内FX業者を使うメリット・デメリットとは?

FXトレードをスタートするためには、まずFXサービスを提供しているFX業者で口座開設をしなければなりません。

FX業者には、国内FX業者と海外FX業者があるのですが、「最初は国内FX業者から始めてみたい」と思っている人もいるでしょう。

今回は、国内FX業者を使うメリットとデメリットについて、詳しく見ていきます。

FX業者は国内にも海外にもたくさんある

FX業者は国内にも海外にもたくさんあります。
もちろん、国内FX業者と海外FX業者では特徴が大きく異なり、目的に合わせて使い分ける必要があります。

FX初心者の中には、「国内FX業者は安全で、海外FX業者は危険」という考えを持っている人もいますが、このような考えを持ってしまっている人は、FXに関する知識がかなり低いと言えます。

なぜなら、海外FX業者でもたくさんの日本人が利用している優良業者はたくさんいるからです。

とはいえ、FXデビューでいきなり海外FX業者を使うことに不安を感じている人もいるでしょう。

ここかはら、国内FX業者を使うことのメリットについてお伝えしていきます。

国内FX業者を使うメリットとは?

国内FX業者を使うメリットは以下の通りです。

1.税率が低い

まずは税率が低いということです。

国内FX業者は、海外FX業者と比べると税率が低めに設定されています。

具体的には、どれだけ利益を上げても、20.315%しか税金が取られません。また、繰越控除や損益通算も可能です。

一方、海外FX業者の場合は、累進課税が取られるため、最大で55%(住民税10%含む)の税金が取られてしまう場合があります。

2.海外FX業者と比べると比較的スプレッドが狭い

国内FX業者は、海外FX業者と比べるとスプレッドが狭くなっていることが多いです。

スプレッドというのは、買値と売値の差額のこと。基本的に、国内FX業者はスプレッドの狭さを競っていますので、できるところまで下げているFX業者が非常に多いです。

ただし、国内FX業者の場合、見た目的にスプレッドが狭いように見えて、実はそうでもないこともよくあります(DD方式による)。

一方、海外FX業者の場合は、NDD方式という透明性が高い方法を導入しているため、複雑なスプレッドの拡大などはほとんどないと言えます。

3.入出金が簡単

国内FX業者を利用すると、入出金は非常に簡単です。スマホやパソコンからいつでもどこでも、気軽に行えることがほとんどです。

一方、海外業者の場合、海外送金をしなければならなかったり、時間がかかってしまったりと手間がかかってしまう場合があります。また、出金の手順なども複雑になっていることが多く、最初のうちは手間取ってしまうかもしれません。

国内FX業者を使うデメリットは?

続いて国内FX業者を使うデメリットについてです。
このデメリットについて詳しく理解していないと、思わぬトラブルや思いもしなかった壁が立ちふさがってしまう場合もあります。

1.追証が発生する場合もある

まずは追証について。国内FX業者の場合、追証が発生する場合があります。

追証とは、追加で証拠金を入金することです。

これが国内FX業者を使う最大のデメリットだと言っても過言ではありません。

FXを始める場合は、最初に証拠金としていくらかの資金を入金します。

一定の証拠金を下回ると、強制ロスカットが行われるのですが、急激な変動などによって強制ロスカットがうまく行われないと、預けている証拠金以上に損失を被ってしまう事があるのです。

この追証について、甘く考えている初心者もいるのですが、驚くほど高額な追証に首が回らなくなってしまったという人もたくさんいます。そのため、国内FX業者を利用する場合、追証には十分注意して、慎重に取引を行っていくことが大事になってきます。

一方の海外FX業者の場合、ゼロカットシステムを導入していることがほとんどです。ゼロカットシステムとは、入金した資金以上のマイナスをFX業者が負担してくれるという仕組みです。どれだけ損を出しても、入金した金額以上の負債を抱える心配はないということです。

このようなことがあるため、レバレッジを高く設定してトレードすることができます。

2.レバレッジが低い

国内FX業者は、最大レバレッジが25倍となっています。

これは日本の法律で決められているため、どの業者を使ってもこれ以上のレバレッジを設定している所はありません。

そのため、大きな利益を出したいと思っても、証拠金の額が低いとレバレッジを最大までかけても、そこまで大きな利益を狙いに行くことが難しくなってしまうのです。

しかし、海外FX業者の場合は、数百倍~数千倍のレバレッジをかけることができます。ゼロカットシステムを導入しているFX業者であれば、負債を抱える心配が少なく、大きな利益を狙ってトレードすることが可能となるのです。

3.取引ツールが業者によってバラバラ

国内のFX業者は、取引ツールが独自のものを使用するケースが多く、バラバラであることがほとんどです。
もちろん、1つのFX業者しか使う予定がないのであれば、そのFX業者のツールに慣れれば良いですが、いくつかのFX業者を同時に使いたい、他のFX業者に乗り換えたいと思った場合に、慣れないツールに苦戦することがあります。

しかし、海外FX業者の場合は、基本的にMT4・MT5といったメジャーなツールを使用していることが多いです。

そのため、FX業者を変更したり、他のFX業者に登録したりしても、MT4・MT5に慣れて入ればスムーズにトレードできるのです。

FX業者はどう選べばいいの?

これからFXトレードを始めるのであれば、まずは自分に合ったFX業者を探すことが大事です。

そのためには、とりあえず国内FX業者を使うのか、海外FX業者を使うのかを決めなければ、先に進むことができません。

初心者の中には、国内FX業者が良くて、海外FX業者は悪いと考えてしまっている人もいますが、決してそんなことはありません。

しかし、国内FX業者、海外FX業者ともに「合う合わない」がありますので、自分の手法や目的に合わせて慎重に選ぶことをおすすめします。

FX初心者が勘違いしがちな事と正しい解釈

では、最後にFX初心者が勘違いしがちなことをいくつか紹介していきます。

海外FXは危険、詐欺、怪しい

この記事で何度も解説していますが、海外FXは危険、詐欺、怪しいという固定観念を持っているのであれば、今すぐ捨てるべきです。
確かに、詐欺を働いたりする悪質な海外FX業者もいますが、全てが該当するわけではありません。国内FX業者だっても悪質なところがないとは言えません。

優良な海外FX業者を利用することで、日本人でも快適に、そして安心して利用することができるのです。

海外FXは大損をする可能性がある

海外FX業者を使うとレバレッジがかなり高いことから、大損すると考えている人がいます。

しかし、海外のFX業者の多くはゼロカットシステムを導入していることが多く、入金した資金以上の損失を被ることはありません。

そう考えると、追証が発生する国内FX業者よりも海外FX業者の方が安心して使える場合もあるのです。

まとめ

以上、国内FX業者のメリット・デメリットについて解説してきましたが、必ずしも国内FX業者が良いということではありません。

もちろん、国内FX業者にもいい所はたくさんありますし、初心者にとって利用しやすい場合もあるでしょう。

しかし、メリットがあれば当然デメリットもあります。

これからFXを始めるのであれば、しっかりとメリットやデメリットについての知識を付けたうえで、FX業者を選ぶことをおすすめします。

海外FX業者ランキング

1GEMFOREX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
56点/60点

メリット
  • 口座開設ボーナスや100%入金ボーナスが充実
  • 0.78秒以内に99.99%の約定率
  • 日本語によるサポートが充実
  • リクオートや約定拒否がない
  • レバレッジは最高水準の5,000倍(レバレッジ5,000倍口座)
150以上の自動売買ソフト(EA)やミラートレードが利用可能!
常時開催の破格ボーナスで有名な海外FX業者
GEMFOREXは2014年にサービスを開始した海外FX業者です。
現在の口座開設数は62万を突破(2022年6月時点)、最大5,000倍のレバレッジを武器に利用者を増やしています(※レバレッジ5,000倍口座)
GEMFORXの最大の特徴は、ボーナスキャンペーンの充実度と150以上のEAツールを無料でダウンロードできる点でしょう。口座開設ボーナスや入金ボーナスは内容を変更しながらほぼ常時開催されており、他社比較してもボーナス金額は群を抜いています。また口座開設した人なら自動売買ツールやミラートレードを無料で利用できるのも魅力です。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
5,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式/NDD方式 MT4/MT5 メール、ライブチャット モーリシャス金融ライセンス
ボーナスで2万円もゲットできた。一切入金しなくてもトレードできるのはありがたい
レバレッジ1,000倍を試してみたかったので口座開設してみた。口座開設ボーナスや入金ボーナスが貰えるのでGEMFOREXがどんなものか試してみるのに便利
ミラートレードが無料でできるのはお得に感じる
EAツールありすぎてどれ使ったらいいかよくわからないけど得した気分
DD方式が確定なので裏で操作されているか不安
2019年に金融ライセンスやっと取得したようだけど、FSPのライセンスって大丈夫?(2021年にモーリシャス金融ライセンスを取得済)
通貨ペアは他の業者に比べると44種類と少なめ。マイナー通貨で冒険しなければ大した問題ではないとは思う
90日以上トレードしていないと口座維持手数料(15ドル)がかかるから注意!

2XM
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
54点/60点

メリット
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • 100%入金ボーナスやポイント特典がいっぱい
  • 平均約定率は業界最高レベルの99.35%を1秒以内に執行
  • 日本語サポートが充実
日本人に人気No.1の実績豊富な海外FX業者。
信頼抜群な安定感と豊富なボーナスが魅力
XM(エックスエム)は2009年からサービス開始、日本進出でも10年以上の実績がある、日本人投資家に絶大な人気を誇る海外FX業者です。
おすすめランキングでも必ず上位に選出されており、海外FXを始めるにあたって知らない人はいないほど圧倒的な知名度があります。海外FX口座を持つ利用者の70%以上がXMの口座を保有していると言われています。
XMはアジア向けに「XMTrading」というサービスを提供しており、日本在住者が利用できるのはこのXMTradingとなります。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 メール、ライブチャット セーシェル金融庁ライセンス
レバレッジ1,000倍は高すぎず低すぎずとても使いやすい
知名度が高いだけでなく、ボーナスが充実していることや他のFX業者と比べてみても使い勝手が良く、ビギナーから上級者までどんな人にもおすすめ
日本語サポートがしっかりしているので、まったく不安はない
どこの海外FX業者を選んでいいかよくわからなかったらとりあえずXMにしておけば問題ない
スプレッドが全般的に広めなので、スキャルピングトレードしようとする人には向いていない
Zero口座はレバレッジも500倍だし、ボーナスもないので開設するメリットがあまりない
出金する際にはかなり時間がかかるし手数料もかかる点がマイナスポイント
取引通貨ペアによってはスリッページが大きいものもあるので注意

3iFOREX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
52点/60点

メリット
  • 100%(初回入金1,000ドルまで)25(残り5,000ドルまで)のウェルカムボーナス
  • 年利3%の利息キャンペーンあり
  • 750以上の取引可能銘柄
  • 日本語対応がしっかりしている
  • 信託保全あり
運用実績は25年以上!
安心と信頼で人気を誇る、海外FXの歴史を物語る老舗FX業者。
iFOREXは 1996年創業、25年以上の運用実績があるFX業界でも歴史が古い海外FX業者です。長いこと日本人向けにサービスを提供してきており、日本人にも人気の高いFX業者の1つとして知られています。
最大レバレッジは400倍とあまり高くありませんが、出金拒否といったトラブルはなく、信頼性高いFX業者だと言えるでしょう。
またiFOREXはロスカット水準が0%なため、口座残高ぎりぎりまでポジションを保有できます。海外FXでは通常20~30%のロスカット水準となっているため、iFOREXの0%は他にあまり類を見ません。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
400倍 不可 あり 不可 0%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 FXnet Viewer(独自ツール) メール、電話、ライブチャット 英領バージン諸島金融サービス委員会
やっぱり20年以上の実績は偉大。すべてにおいて安定した稼働を実現
ロスカット水準0%だからハイレバトレードを思う存分楽しめそう
通貨ペアおよそ80種類あるので、メジャー通貨以外のマイナー通貨でトレードしたい人にはおすすめ
サーバーインフラが不安定なのか、よくサーバーが落ちる
FXnetなる独自プラットフォームもいいけど、MT4使えないのは残念
スキャルピング不可&EA使用できないので上級者には物足りない業者

4FBS
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
50点/60点

メリット
  • 100%入金ボーナスや各種キャンペーンが魅力
  • 初回入金1ドルから(セント口座のみ)
  • 信託保全がされている
  • 取引量に応じたキャッシュバック(1ロットあたり最大15ドル)
  • 最大レバレッジは3,000倍
他を圧倒する海外FX最高水準の3,000倍というハイレバレッジ。
スポーツカーが当たるといった豪華なキャンペーンも魅力
FBS は2009年に設立された海外FX業者です。これまでに190ヶ国以上2,300万人のお客様にサービス提供し、海外FX初心者からFXトレード経験豊富な専用トレーダーまで、数多くのユーザーに利用されています。また、FCバルセロナがスポンサーといった話題性も豊かです。
100ドルのクイックスタートボーナスや100%入金ボーナス、さらにはスポーツカーがもらえるトレードコンテストなどお得なキャンペーンも見逃せません。
そんなFBSを有名にしたのはレバレッジ3,000倍と業界No.1のレバレッジの高さでしょう。マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロスプレッド口座の3つの口座でレバレッジ3,000倍のトレードが行えます。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
3,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 LINE、メッセンジャー、電話、ライブチャット キプロス証券取引委員会、ベリーズ国際金融サービス委員会
レバレッジ3,000倍はやはりすごい。どんなものか試してみたくなる魅力を感じる
自動売買(EA)用にVPSサーバが無料で使えるのはかなりお得
取引のたびにキャッシュバックされるのってポイント還元みたいで得した気分になる
ボーナスはとっても魅力なのに出金時の条件が異様に厳しすぎて面倒くさい
公式ホームページが翻訳ソフトで訳しただけのような意味不明な日本語で、サポート部分はかなり不安
約定が滑りまくるのでスキャルピングには不向きな業者だと思う

5IS6FX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
48点/60点

メリット
  • 日本語対応が充実
  • ボーナスが魅力(最大200%の入金ボーナスも)
  • 最大レバレッジは1,000倍
海外FX最高水準1,000倍のハイレバレッジ。
最大200%の入金ボーナスが魅力(不定期)

IS6FXは、2016年にサービスをスタートさせた日本人に人気の海外FX業者「is6com」が、20209月にサービスを一新して誕生したFX業者です。リニューアル後は弱点でもあった「入出金の遅さ」を克服したほか、ボーナスキャンペーンがさらに充実。不定期ながら入金ボーナスが200%になることもあります。

そんなIS6FXの魅力は海外FXの中でも最高水準のレバレッジ1,000倍。これによりボーナスとハイレバレッジを利用してFXトレードを充分楽しむことが出来ます。また、海外FXでは一般的な追証なしゼロカットシステムが取り入れられているのでハイレバレッジな取引でも安心です。is6com時代には金融ライセンス未取得でしたが、IS6FXでは「セントビンセントグレナディーン島の金融ライセンス:26536BC2021」を取得。比較的簡単に取れると言われている金融ライセンスではありますが、一定の信頼性はあると考えてよいでしょう。

最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 50%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 MT4/MT5 メール、LINE、フォーム セントビンセントグレナディーン島金融ライセンス
問い合わせに対する回答の素早さは群を抜いている
入出金対応は他と比べても早いと感じるので急ぎの際には便利
小額投資でも1,000倍のレバレッジがかけられるis6comならFX最大の魅力を実感できる
口座開設したときちょうど入金ボーナスが200%だったのでラッキー
取引通貨ペアが30種類以上はあるものの、他の海外FX業者と比べて少ない印象がある
金融ライセンスを取得しているが、比較的簡単に取れる金融ライセンスなので少し不安
感覚的にNDD方式でなくDD方式だと思う。気になる人は別の業者のほうがいいと思う
ロスカット水準50%と高めなので、思い切ったハイレバレッジがかけられない

6MYFX Markets
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
46点/60点

メリット
  • ハイレバスキャルピングトレードができる
  • オーストラリア大手FX業者のホワイトラベルにて信頼性が高い
  • ドル関連の通貨ペアのスプレッドは他と比べても狭い
中・上級のスキャルピングトレーダーに人気!
オーストラリア生まれの中堅海外FXブローカー
MYFX Marketsは、2013年にオーストラリアで設立された海外FX業者。
広告を出さず、あまりキャンペーンも派手に行っていないこともあって、日本国内ではあまり知られてはいませんが、約定力や低スプレッドを武器に展開、堅実な運営を行っている業者の一つです。
2020年には公式サイトが日本語対応となったほか、20216月には取引条件やサービスを刷新するなどリニューアルが行われており、徐々に知名度が上がりつつあります。スプレッドが狭く安定していることや短期売買に特化した取引ツール「cTrader」が導入されていることなどから、中・上級トレーダーの中でも特に短期トレードを目指すスキャルピングトレーダーに向いているでしょう。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
500倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/cTrader メール、電話、チャット、LINE セントビンセントグレナディーン
データセンターが東京にあるって聞いたのでスピードについては非常に期待できる
豪ドル関連の通貨ペアを使う時にはMYFXMarketsは最高
公式ホームページを見るとよさそうなんだけれど、日本でやっている人が少なく情報が少ない
プラットフォームでMT5が使えないのは少々残念
おすすめの記事