レバレッジは怖い!レバレッジなしでもFXできる?

あFXは高いレバレッジを利用することで利益を爆発的に上げることができることも魅力の一つ。

しかしFXを始めたばかりだとハイレバレッジ取引は怖いと感じる人もいるかと思います。

今回はハイレバレッジとレバレッジなしのトレードでどのような違いが生まれ、どちらがどういう人におすすめなのかについて検証してみたいと思います。

そもそもレバレッジの仕組みとは

まずはレバレッジの仕組みについてお伝えしていきます。
レバレッジ100倍・10倍・1倍の時のトレードできる金額の変化を表で見てみましょう。

 

レバレッジ倍率 証拠金 レバレッジ トレードできる金額
レバレッジ100倍 10万円 ×100 1,000万円
レバレッジ10倍 10万円 ×10 100万円
レバレッジ1倍 10万円 ×1 10万円

 

このように、レバレッジの倍率を変えることで証拠金を変えなくとも、トレードする際に使える金額を大きくすることができるのがレバレッジです。では、なぜこのようなことが可能なのでしょうか?

 

なぜ高レバレッジをかけることができるの?

たとえば、証拠金10万円を使ってレバレッジを10倍かけることができれば、100万円分の米ドル円の取引ができるとします。

しかし、この場合トレーダーは10万円しか使っていません。それでは、残りの90万円分、FX業者は損をしてしまうのでしょうか?

いいえ、そうではありません。この後、トレーダーは利益を出すために、値上がりを読んで売りに出すはずです。読みが当って、値上がりし100万円分の米ドルが110万円で売れたとします。

すると、その差額は10万円です。FX業者がトレーダーに支払うのはこの時点での差額なので、10万円分を支払えばいいということになります。

実際に動かしているのは、元手になるお金ではなく、トレードした際に生じる差額です。こうした決済方法を差金決済といいます。

ハイレバレッジのトレードの魅力

さて、ハイレバレッジをかけることは、本当に怖いことなのでしょうか?

ハイレバレッジの魅力とは

  • 少ない資金でトレードできる
  • 大きなリターンを狙える
  • 資金効率がよい

ことにあります。ハイレバレッジで取引すればするほど利益は大きくなります。

このため、少ない資金で大きなリターンを狙えるのがハイレバレッジトレードの魅力です。しかし一方で、それだけハイレバレッジをかけることへの不安もあります。

ハイレバレッジトレードには一体どんなリスクがあるのでしょうか?

 

  • 価格の暴落によってロスカットが間に合わず、証拠金を超える損失が出てしまう場合がある
  • 小さな値動きの影響を受けやすい
  • 1%程度の為替変動で証拠金が無くなってしまうこともある

 

このため、ハイレバレッジをかけたトレードは、FXに少し慣れてからの方が安全という見方もあります。

特に海外FXの場合は、最大レバレッジが1,000倍や3,000倍というところもあります。しかも、利益を出しているトレーダーがいつも1,000倍、3,000倍のレバレッジをかけているとは限りません。自分の資金によってかけてよいレバレッジも変化していきます。

むやみやたらにレバレッジをかけることをしなくても利益は出せるのです。

レバレッジなしのトレードの特色

では、レバレッジなし、つまりレバレッジ1倍の場合、どのような特色があるのでしょうか。

メリットとして

  • 元手資金に対しての損失割合を少なく抑えられる。

一方でデメリットは、

  • 資金効率が悪い
  • まとまった資金が必要
  • 大きなリターンはあまりない

FXの魅力は、少ない元手をレバレッジによって大きくし、トレードが行える点にありますが、レバレッジをかけないということは、元手の金額をそのまま運用することに他なりません。

ですから、こうしたトレードをする時にはハイレバレッジの時とは違って、最初に必要となる証拠金が大きくなってしまうことが考えられます。また資金効率が極端に悪いため、利益を出すためにはかなり時間がかかるという点も大きなデメリットになります。

しかしこれは、長い時間をかけてコツコツトレードできる人にとって、安心かつ安全なトレード方法とも言えるのです。また、FXのトレードではなく、スワップポイントで利益を得たい場合には大きなメリットがあります。

国内と海外のFX業者のレバレッジの違い

国内FX業者と海外FX業者では、かけられるレバレッジに大きな違いがあることを確認しておきましょう。

国内FX業者は最大レバレッジ25倍まで

日本のFX業者は、最大レバレッジが25倍までと決められています。

かつては日本でも海外のようにハイレバレッジのトレードができたのですが、法改正により最大値が25倍まで引き下げられました。これは、ギャンブル性の高い投資をできないようにという意図のようです。国内FX業者のほとんどはDD方式を取っているため、不正取引が行えてしまった点が背景にあります。当時は、投資家に不利なサービスを行うFX業者がたくさんあり、投資家からの搾取が目立ったため仕方のないことかもしれません。

海外FXは無制限(1,000倍を超えるところも多い)

一方で、海外FX業者にはレバレッジ上限がなく、なかには1,000倍以上のレバレッジをかけられるFX業者もかなりあります。

海外FXはこのようなハイレバレッジでのトレードが盛んだったり、トレーダーが安心してトレードに取り組めるよう、ゼロカットシステムを備えていたり、基本的にNDD方式を取っているため不正取引の心配が極めて低かったりといったメリットが多い仕様になっています。

このように比較してみると、国内FX業者はレバレッジこそ低く設定されているのですが、処理方式が海外と違って不透明な部分が多く、それだけでトレーダーを不安にさせてしまう要素が強いと言わざるを得ません。

法改正によって不正な取引を行っているFX業者を淘汰してきたとは言え、現在もは全く心配がないとは言えないのが実情です。

これからFXを始めるという人に対しては、国内FX業者よりも海外のFX業者の方が安心・安全であると言えるかもしれません。

最初は低レバレッジで!海外FXに挑戦してみよう

低いレバレッジ、高いレバレッジというのはどのラインが境目になってくるのでしょうか?

これは、経験によってかなり変わってくるので、自分がどの程度トレード経験があるかでも適正レバレッジは変わります。

たとえば、FXを始めたばかりの超初心者にはレバレッジ2~3倍程度がおススメです。

ある程度経験を積んできた経験年数1~3年程度の方でレバレッジ5倍程度、これ以上の経験を積んで始めて元手資金と相談してレバレッジを決めていきます。

もちろん、自分がレーダーとして力をつけているという確信があるのならば、どんどんハイレバレッジに挑戦しても良いと思います。

しかし、低いレバレッジなら国内FX業者でもよいのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし、これからFXを長く続けていく場合、その先を見据えるとやはり海外FXがおすすめです。

おすすめの記事