【海外FX業者比較】BigbossとGemforexの取引環境を徹底比較!

海外FX業者を使いたいと思った場合、どの環境がいいのか疑問に思う方は多いでしょう。
それぞれの業者ごとに違う環境が用意されていますし、その特徴は大きく違うので、迷ってしまうこともあるかと思います。

そこで今回は、日本人人気の高いBigbossとGemforexの取引環境を徹底比較していきます。
現在迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

BigbossとGemforexの簡単比較

ではまず、BigbossとGemforexの取引環境を表で比較していきましょう。

 

GEMFOREX BigBoss
運営会社 GEM GROUP NZ LIMITED Prime Point LLC
設立 2010年 2013年
金融ライセンス ニュージーランド セントビンセントグレナディーン諸島
取引形態 NDD NDD
資金管理 分別方式 分別方式
信託保全 対応 非対応
最大レバレッジ 999倍 1000倍
最小ロット 0.01Lot 0.01Lot
最大ロット 50Lot 30Lot
最大保有ポジション 制限なし 30ポジション
通貨ペア 33 31
自動売買 可能 可能
EA 対応 対応
無料ツール提供
口座種類 スタンダード口座
プロスプレッド口座
FOCREX口座
オールインワン口座
ノースプレッド口座
5000倍口座
入金方法 国内銀行送金
クレジットカード
BXONE
bitwallet
bitcoin
altcoin
海外銀行送金
国内銀行送金
クレジットカード
イーサリアム
Perfect Money
ZOTAPAY
ビットコイン
出金方法 銀行出金
bitwallet
BXONE
FOCREX
海外銀行送金
ストップレベル 0〜1.0pips 2.0pips
マージンコール 50% 50%
ロスカット 20% 50%
対応ツール MT4 MT4

 

BigbossとGemforexの違い

ではここからは、1つ1つの項目ごとにBigbossとGemforexの違いについてご紹介していきます。

比較1:金融ライセンス

BigbossとGemforexはどちらも金融ライセンスを取得しています。

元々、BigbossもGemforexと同様にニュージーランドでの金融ライセンスを取得していましたが、近年ニュージーランドの金融規制が厳しくなったことにより、ペーパーカンパニーを立ち上げていたBigbossは登録を削除されてしまいました。

Bigbossはニュージーランドにオフィスを立ち上げるつもりはなかったようですし、厳しい金融規制の元だと自分達が提供したいサービスが規制されてしまうため、再度セントビンセント・グレナディーン諸島での金融ライセンスを取得したのだと考えられます。

 

Bigbossは信託保全が行われていない

FX業者の場合、信託保全と分別管理という資金管理の方法があります。
Gemforexは両方が行われていますが、Bigbossの場合は分別管理のみとなっています。

分別管理:トレーダーから預かった資産とFX業者の資産を別々に管理するという方法
信託保全:トレーダーから預かった資産を信託銀行に預けて管理するという方法

このような違いがあるので、信託保全を行われているということは万が一会社が倒産してしまった場合も資産が守られているので、安心だといえます。

しかし、Bigbossは2013年から運営を行っていてこれまでに何も問題が起きていないので、特に気にしすぎなくてもよいでしょう。

 

Gemforexは出金拒否の噂も多い

Gemforexに関しては、信託保全がされていて安心というイメージを抱く人も多いと思いますが、出金拒否の噂が絶えず流れています。

実際に悪質なトレードやシステムエラー等によって出金拒否をしたこともあるようですが、その他の要因で出金拒否をしたことはないようです。
ただ、噂もあるため、注意しておきましょう。

 

金融ライセンスのまとめ
・BigbossもGemforexも金融ライセンスを取得している
・Bigbossは分別管理のみだけどこれまでに問題はない
・Gemforexは信託保全がされているが悪い噂も多くある

 

 

比較2:レバレッジの高さ

Bigbossの最大レバレッジは999倍、Gemforexは1000倍となっています。
少しGemforexの方が高いですが、ほとんど大差ないのでどちらを使っても問題ないでしょう。

この2社は海外FX業者の中でもレバレッジが高い設定となっているので、少額から取引をしたいという方に適しているといえます。

ただ、レバレッジの制限については違いがあります。
自分の使いたい資産によってレバレッジのサイズが変わりますので、チェックしておきましょう。

 

口座資金 GEMFOREX Bigboss
〜200万円 1,000倍 999倍
200万円
〜300万円
500倍 555倍
300万円
〜500万円
500万円
〜1,000万円
200倍
1,000万円
〜1,500万円
100倍
1,500万円
〜2,000万円
2,000万円〜

 

Gemforexの場合、200万円以下は1000倍となっていますが、200万円以上は500倍と制限が決められています。

それに対して、Bigbossは200万円以下は999倍となっていますが、200~500万円以下の場合は555倍、500~1000万円は200倍、1000万円以上の場合は100倍となっています。

そのため、BigbossとGemforexを比較してみると、200~500万円の場合はBigbossの方が高いという結果になりました。

 

レバレッジのまとめ
・Gemforexは1000倍のレバレッジが使える
・Bigboss999倍のレバレッジが使える
・200~500万円の資産を入金する方はBigbossの方がレバレッジが高い

 

比較3:ロスカット水準

ロスカット水準に関しては、BigbossとGemforexでは違います。

Bigbossはロスカット水準は20%となっていますが、Gemforexの場合は50%となっています。
ロスカットはもともと投資家の資産を守るために用意されているものとなっていますが、ロスカットに遭ってしまうことによって大幅に資産がカットされてしまう可能性も十分にあります。

特にBigbossやGemforexのような高いレバレッジを使う場合、一気にロスカット水準に達してしまうことも考えられます。

その点を考えると、Bigbossの20%という低い水準の方が安心して取引を行うことができるでしょう。

 

ロスカット水準のまとめ
・Bigbossはロスカット水準が20%
・Gemforexはロスカット水準が50%
・ロスカット水準が低い方がギリギリまで取引をすることができる

 

比較4:口座タイプ

オールマイティな口座 スプレッド幅が狭い口座 その他の口座
BIgBoss スタンダード口座 プロスプレッド口座 FOCREX口座
(暗号資産用口座)
GEMFOREX オールインワン口座 ノースプレッド口座 5000倍口座
(※現在受付停止中)

BigbossとGemforexはどちらも3つの口座タイプが用意されています。

オールマイティにいろいろな取引ができる口座が「スタンダード口座」「オールインワン口座」となっており、スプレッド幅が狭いECN口座が「プロスプレッド口座」「ノースプレッド口座」となっています。

 

BIgBoss
スタンダード口座
GEMFOREX
オールインワン口座
BIgBoss
プロスプレッド口座
GEMFOREX
ノースプレッド口座
最大レバレッジ 999倍 1000倍 999倍 1000倍
取り扱い銘柄 外国為替(34)
貴金属(2)
エネルギー(2)
株価指数(6)
暗号資産(9)
外国為替(31)
貴金属(2)
エネルギー(2)
株式指数(10)
外国為替(34) 外国為替(31)
取引手数料 無料 無料 片道4.5ドル 無料
スプレッド 1.6pips〜 1.4pips〜 1.1pips〜 0.0pips〜
ロット単位 10万単位 10万単位 10万単位 10万単位
最小ロット 0.01Lot 0.01Lot 0.01Lot 0.01Lot
最大ロット 50Lot 30Lot 50Lot 30Lot
最大ポジション数 制限なし 30ポジション 制限なし 30ポジション
最低入金額 100円 100円 100円 100円
自動売買 可能 可能 可能 可能
両建て 可能 可能 可能 可能
ロスカット 20% 50% 20% 50%
取引可能ツール MT4 MT4 MT4 MT4
ボーナス 対象 対象 対象 対象外

 

それ以外にも2つの口座が用意されており、それぞれに特色があります。

 

Bigboss:FOCREX口座

Bigbossには、FOCREX口座が用意されています。

FOCREX口座とは、仮想通貨専用の口座となっています。
仮想通貨と法定通貨を取引することができるので、仮想通貨の高いボラティリティを利用して大きな利益を出すことが可能となっています。

最近は仮想通貨業界も一気に盛り上がってきており、仮想通貨を使ってFXの取引をしたいという方も増えてきているので、その分人気が高まっている口座と言えるでしょう。

 

取引方式 CEX方式
ロット単位 10万単位
最小ロット 0.01Lot
最大ロット 50Lot
レバレッジ 現物取引(1倍)
手数料 往復0.4%
追証 あり
ゼロカット 無し
ロスカット 無し
取り扱いペア BTCUSD(ビットコイン/米ドル)
EXCUSD(EXコイン/米ドル)
ETHUSD(イーサリアム/米ドル)
XRPUSD(リップル/米ドル)
ETHBTC(イーサリアム/ビットコイン)
NEOBTC(ネオ/ビットコイン)

 

Gemforex:5000倍口座

Gemforexには、通常の口座以外に5000倍口座というものが用意されています。

この5000倍とはレバレッジサイズのことで、5000倍までの大きなレバレッジを使うことができるといえます。
しかし、この5000倍口座は数が限られており、現在は申し込むことができません。

Gemforexでは定期的に5000倍口座の募集を行っていますが、いつも開始すぐに埋まってしまうため、5000倍口座を使いたいという方はGemforexから発信される情報に注意をしておき、いつでも口座開設を行うことができる準備をしておく必要があるでしょう。

口座タイプまとめ
・BigbossもGemforexも口座タイプは3つ
・Bigbossでは仮想通貨の取引専用口座が用意されており、仮想通貨を使った取引が可能
・Gemforexは5000倍口座が定期的に開催されている

 

比較5:取引方法

BigbossはNDD方式を採用しており、GemforexはDD方式を採用しています。

DD方式とは、トレーダーが行った注文を一度FX業者が受け取り、それに対してカバー注文を行ってからLPに流すという方法です。
そのため、投資家が損をする時にFX業者が得をするという仕組みになっており、その分スプレッド幅を狭くすることができます。

NDD方式とは、トレーダーが行った注文がそのままLPに流れるという方法です。
投資家が行いたいと思ったタイミングで注文が流れるので、よりスムーズに取引を進めることができますが、その分手数料がかかってしまうのでスプレッドが広くなる傾向があります。

どちらがよいというわけではありませんが、それぞれに特徴があるため、自分が取引しやすい方を選ぶ必要があります。

 

取引方法まとめ
・BigbossはNDD方式なので、約定力が高くてスムーズに取引できる
・GemforexはDD方式なのでスプレッド幅が狭い傾向にある

比較6:最大ポジション数

<div>Bigbossは保有するポジションに制限はありませんが、Gemforexの場合は30ポジションと限定されています。
これはどちらの口座を持っていても、同様の条件となっています。

最大ポジション数が決められていると、自分のやりたい取引ができない場合があるので、注意しておきましょう。
最大ポジション数まとめ
・Bigbossはポジションに制限がない
・Gemforexは30ポジションに限定されている

まとめ

いかがでしたか?BigbossとGemforexはどちらも日本人から人気の高い海外FX業者です。
しかし、それぞれに特徴があり、向いている投資家が全く違います。
そのため、自分がどのような取引をしたいかによって決めることが重要です。
Bigbossの場合、仮想通貨の取引ができるという点が最も魅力的でしょう。
高いレバレッジと高いボラティリティを使って大きな利益を狙うことができるので、気になる方はぜひ口座開設をしてみてくださいね。
おすすめの記事