BigBoss(ビッグボス)は日本人からの人気も高い海外FX業者です。
日本からも入金できる方法が豊富にあるので、国内業者と変わらず利用することができるので、便利という声が多くあります。

ただ、たくさんの入出金方法があるので、どれを利用すればいいのか迷ってしまうという方も多いでしょう。
そこで今回は、BigBossの入出金方法の特徴をご紹介していきます。

BigBossの入金方法

BigBossは、「国内銀行送金」「クレジットカード」「BXONE」「Bitwallet」「Bitcoin」「海外銀行送金」の6つがあります。
そのため、この中から自分が使いやすいという方法を選択する必要があります。

そこでここからは、それぞれの入出金方法について見ていきましょう。

 

入金方法 振込にかかる時間 手数料 入金限度額
国内銀行送金 1~2営業日 5万円以下:1000円 なし
クレジットカード 0~1営業日 なし 直近30日:5000ドル
BXONE 0~1営業日 なし なし
Bitwallet 0~1営業日 なし なし
Bitcoin 0~2営業日 なし 5BTC以下
海外銀行送金 2~5営業日  なし なし

 

1.国内銀行送金

国内銀行送金は、BigBossが契約している国内の銀行口座に資金を振り込むという方法で入金が可能となっています。
BigBossの国内口座は楽天銀行となっているので、ATMやインターネットバンキングから楽天銀行への送金をすることで振込が完了となります。

国内銀行送金を使えば、海外送金のような手数料はかかりません。
しかし、BigBossからの手数料が指定されており、一定の金額以下の振り込みでなければ手数料が発生します。

5万円以上の振り込みであれば無料となりますが、5万円以下の振り込みの場合には1000円の手数料の支払いが必要になりますので、注意しておきましょう。

 

2.クレジットカード入金

クレジットカードでの入金は一時期停止されていましたが、2020年6月から再開されています。
海外FX業者の場合、クレジットカードで入金するという方が多くいるので、この再開を心待ちにしていた方も多くいたことでしょう。

クレジットカードの場合、クレジットカード情報と電話番号、入金額を入力すれば手続きを行うことができます。
入金額の選択肢は「50000JPY」「500USD」「100000JPY」「1000USD」「200000JPY」「2000USD」の6つから選ぶことになります。

また、クレジットカードの場合は限度額が決められており、直近30日の間では20万円までしか振り込むことができません。
それ以上の金額を入金する場合にはそのほかの方法で行わなければいけないので、注意しておきましょう。

その上、クレジットカード入金は原則として60日以内は出金することができませんので、その点も考慮して入金額を決める必要があるでしょう。

 

3.BXONE

BXONEとは、さまざまな通貨の入金に対応しているオンラインウォレットです。

最近はオンラインカジノ等で利用されていることが多いウォレットとなっており、海外FX業者でBXONEに対応しているところはほとんどありません。
そのため、普段からBXONEを使っている方であれば便利に感じることでしょう。

BXONEからBigBossに入金する時には何も問題がありませんが、BXONEへ銀行送金する場合には毎回送金先が変わるという点が使いづらいと言われています。
万が一2回目の入金の際に1回目と同じ場所に送金をしてしまうと、違う人にお金を入れてしまう可能性もありますので、注意しておきましょう。

 

4.Bitwallet

Bitwallet(ビットウォレット)とは、海外FX業者でもよく使われているオンラインウォレットです。
Bitwalletに入金をして、そこからBigBossに移行するということになります。

Bitwalletの場合、着金までのスピードが速いので、すぐに取引をしたい方におすすめの方法と言われています。
また、BitwalletからBigBossへの入金は無料となっているので、よりお得に取引をすることができるでしょう。

 

5.ビットコイン

BigBossは仮想通貨の取引も可能となっており、ビットコインでの入金もできます。

ただ、ビットコインで入金するためにはBigBossの公式サイトでビットコインアドレスの作成が必要となります。
その作成したアドレスに対してビットコインを送金するという形式をとります。

また、仮想通貨で入金をした場合には、必ず1回以上の取引をしなければ出金することができないので注意が必要です。

最近はビットコイン以外のアルトコインでも振り込むことができるので、魅力的だと言われています。

 

6.海外銀行入金

海外の銀行から入金する場合には、この項目を利用します。
入金可能となっている通貨は、USD・EUR・JPY・HKDの4つとなります。

海外銀行送金の場合でもBigBossへの入出金の手数料は必要ありません。
しかし、銀行側への送金手数料や着金手数料がかかるケースがありますので、注意しておきましょう。

BigBossへの入出金の際の注意点

BigBossへの入出金を行う際には、いくつか注意しておかなければいけない点があります。

そこでここからは、入出金の際の注意点について具体的にご紹介していきます。

 

クレジットカードの入金は原則60日出金できない

クレジットカードで入金をした場合、原則60日間は出金することができません。
その上、出金できるのは入金した金額までです。

クレジットカードで入金した資産で取引をして利益が出たとしても、全額をクレジットカードで出金することはできません。
そのため、出金の際には注意しておく必要があるでしょう。

 

ビットコインの出金は一定の取引が必要

ビットコインで入金をした場合、1BTCの入金ごとに1Lot以上の取引を行わなければいけません。
この取引が認められなければ、出金することはできません。

そのため、ビットコインで入金する場合には自分がどれくらいの取引を行うのか事前に想定してから取引を始めるようにしておきましょう。

 

国内送金は手数料がかかる

国内銀行入金の場合、5万円以上であれば手数料はかかりません。
しかし、国内送金で出金する場合、2000円の出金手数料が発生します。

そのため、あまり少額で出金を行ってしまうと、手数料の方がかさんでしまう可能性があります。

 

 

BigBossでの取引を始める方法

では、実際にBigBossの取引を始めるにはどのような手順を踏んだらいいのでしょうか?

具体的な方法についてご紹介していきます。

\\別タブで開きます//

BigBossで口座を開設する

BigBossでは、口座開設の方法として「クイック口座開設」「通常口座開設」の2種類が用意されています。

このどちらかを選択して、口座開設を行いましょう。

クイック口座開設

クイック口座開設に必要な情報は以下の通りです。

・口座タイプ
・名前
・メールアドレス
・国籍/居住地
・規約の同意

この情報を入力すると、BigBossからメールが2通届きます。

1つ目が口座登録完了のメール、もう1つがパスワードの記載されているメールです。

この2つを確認したら、BigBossの公式サイトからログインしましょう。

 

通常口座開設

通常口座開設の場合、口座開設時に「本人確認書類」「住所証明書類」の2つを用意する必要があります。

 

本人確認書類
・パスポート
・運転免許証
・住民基本台帳カード
・顔写真付きマイナンバーカード(通知カードを除く)
住所証明書類
・住民票(3カ月以内に発行されたもの)
・公共料金明細書
・金融機関からの文書(3カ月以内に発行されたもの)
・その他公的機関からの書類
・健康保険証
・住民基本台帳カード(有効期限内)
・顔写真付きマイナンバーカード

 

この書類を準備した上で、個人情報の入力を始めましょう。

・口座の通貨タイプ
・取引タイプとレバレッジ
・規約の同意
・名前
・性別
・生年月日
・国籍
・居住地
・郵便番号
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・口座のパスワード

クイック口座開設と同様に、BigBossからメールが届くのでそのメールを確認してログインしましょう。

 

マイページから入金画面を開く

BigBossのマイページにログインすると、上のような画面が表示されます。

「入金方法一覧」のボタンを押すと、BigBossで利用することができる入出金方法が表示されるので、その中から自分が利用したいものを選択して入金を行いましょう。

ただ、クイック口座開設を行った場合には個人情報の入力と必要書類の提出をしなければ入金できないこともあります。
そのため、すぐに取引をしたいという方は、「通常口座開設」を選択するか、入金前にすぐに書類が提出できるように書類等を準備しておくことをおすすめします。

 

入金する

自分が入金したい方法を選んだら、実際にBigBossへ入金を行いましょう。

最も早く入金できるのは「クレジットカード」「Bitwallet」です。
そのため、早く取引を行いたいと思っている方はこのどちらかを選択するといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?BigBossはさまざまな入出金方法が用意されているので、どんな方でも利用しやすいと言われています。
入出金に対する評判もよく、「すぐに入出金が反映される」という口コミも多くみられます。

そのため、より早く取引を始めることもできますし、相場が大きく変動している時でも便利に使うことができるでしょう。

しかし、入出金のルールも決められており、そのルール内で入出金を行わなければ、出金拒否をされたと勘違いしてしまうことが起こりかねません。
BigBossを使う時には、事前にきちんと取引ルールを確認して、どの方法が最も効率よく行えるのかを把握しておくことが重要と言えるでしょう。

おすすめの記事