海外FX「BigBoss」まとめ|魅力や口座タイプ・スプレッドを解説

海外FX業者「BigBoss」をご存じですか?
独自のサービスも提供しており、頻繁に豪華なボーナスキャンペーンが実施されているため、魅力的だと感じる方も多いでしょう。

しかし、内容が分かっていない状態で海外FX業者での口座開設をするのは不安と感じる方もいるようです。
そこで今回は、BigBossの魅力や用意されている口座タイプ、スプレッド比較などのさまざまな情報をご紹介していきます。

ぜひ参考にして、自分のやりたい取引ができる環境なのか検討してみてください。

 

目次

BigBossとは?

BigBossとは、2013年にセントビンセント・グレナディーン諸島で設立された海外FX業者です。
元々丁寧な日本人向けのサポートを行っていたことによって、日本人ユーザーを多く獲得していました。

海外FX業者の特徴である高いレバレッジやボーナスキャンペーンはもちろん実施されていたのですが、近年他の企業がよりサービスを強化したことにより、特にメリットがないと考えるユーザーもいました。
しかし、2019年頃に大きくサービスの改善を行っており、よりよい環境で取引を行うことができる上に、バランスがよくて誰でも利用しやすいという点が高く評価されてきています。

 

BigBossの特徴

BigBossは、長い年月をかけて利用ユーザーの意見を聞き入れ、より使いやすい環境を作るために尽力してきています。
そのため、他社と比べても魅力的で、バランスのよい環境が整っているのです。

BigBossの魅力的な特徴
・最大1,111倍というレバレッジが使える
・初回入金額が設定されていない
・定期的に豪華なボーナスキャンペーンが実施されている
・入出金の速度が早い
・通貨ペアも順次増やしている
・独自のスマホアプリが使いやすい
・日本人向けのサポートが充実している
・仮想通貨の取引も可能
・豊富な入出金方法に対応している

そこでここからは、BigBossの魅力的な特徴について詳しく見ていきましょう。

最大1,111倍というレバレッジが使える

BigBossは、元々500倍のレバレッジとなっていました。
しかし、近年海外FX業者の多くがレバレッジサイズを上げて、より魅力的な取引ができる環境を整えていることに合わせて、999倍に引き上げを行いましたが、2022年9月1日よりBigBossは1,111倍への引き上げを行っています。

海外FX業者の平均レバレッジは400~800倍となっているので、そこと比べるとかなり大きな数値になっていることが分かります。
レバレッジは値が大きければ大きいほど、少額の資産でも大きな利益を出せる可能性があるので、一攫千金を狙いたいという方や少ない資産でもまとまった利益を出したいと考えている方には、BigBossがおすすめです。

 

ゼロカットシステムがあるからハイレバでも安心

BigBossでは、海外FX業者の多くが採用しているゼロカットシステムも導入されています。

ゼロカットシステムとは?
万が一ロスカットにあってしまった時に、口座残高以上の損失分はFX業者が負担してくれるという仕組み。
追証が発生しないので、最大損失額は口座に入れていた額ということになり、リスクを減らして取引をすることができる。

BigBossでは1,111倍という圧倒的に高いレバレッジが採用されているので、損失額も大きくなってしまう可能性があります。
しかし、ゼロカットシステムを活用すればリスクを減らすことができるので、積極的にハイレバレッジを使った取引を行うことができます。

レバレッジが1,111倍固定

通常の海外FX業者の場合、最大レバレッジは決められていますが、口座開設時に自分でレバレッジサイズを選ぶことができます。
しかし、BigBossではレバレッジは1,111倍固定となっています。
この点を知らない状態で口座開設をするという方もいるので、注意しておきましょう。

ただ、自分で取引量を調整することによって、レバレッジを制限することも可能です。
小さいレバレッジで取引したいと考えている方は、工夫して取引を行うようにしましょう。

 

初回入金額が設定されていない

BigBossでは、初回入金額が設定されていません。
他の海外FX業者を見てみると、5000~5万円程度の初回入金額が設定されていることもあり、始める際にハードルが高いと感じる方もいるようです。

しかし、BigBossは自由に自分で金額を選ぶことができるので、少額から取引を行うことができます。
初心者の方でも安心して使うことができるでしょう。

実際にBigBossを利用している方の口コミを見てみても、少額を入金して最大1,111倍のレバレッジを効率よく使って取引をしている方が多くいるようです。

 

定期的に豪華なボーナスキャンペーンが実施されている

BigBossは、海外FX業者ならではの豪華なボーナスキャンペーンが用意されています。
現在は常に行われているキャンペーンはそこまでありませんが、定期的に開催されているので、うまく活用すれば少ない資産でも効率よく取引をすることができるでしょう。

実際にBigBossを使っている方でも、ボーナスのタイミングをチェックして、うまく活用するという方も多くいます。

 

また、一般的に海外FX業者のボーナスは、「新規口座開設ボーナス」「入金ボーナス」がありますが、これ以外にもおもしろいボーナスキャンペーンも実施されています。
そのため、ただお得なだけではなく、楽しみながら取引をすることができるでしょう。

ボーナスに関しては、あとで詳しくご紹介させていただきます。

入出金の速度が早い

海外FX業者を利用する時には、入出金の際に時間がかかってしまうことをデメリットと感じている方もいるようです。
しかし、BigBossは海外FX業者の中では入出金が早い業者として知られています。

FXは相場が急変して大きく動くこともあり、そのような際には追加で資金を入れないとロスカットにあってしまうという場面もあります。
そのような時でも、スムーズに入金することができるので、安心して取引を行うことができるでしょう。

入出金方法もたくさん用意されているので、自分に合った方法を選ぶことができる点も魅力と言えるでしょう。

 

通貨ペアも順次増やしている

BigBossの通貨ペア数は、合計で72種類となっています。
FX通貨ペアは32種類と他のFX業者と比べると、少なめの量と言えます。

しかし、順次利用できる銘柄を増やしているので、問題なく取引をすることができるでしょう。
実際に2022年7月5日、7月12日には新たに10種類ものFX通貨ペアを追加しています。

追加された通貨ペア
・米ドルメキシコペソ(USD/MXN)
・メキシコペソ円(MXN/JPY)
・トルコリラ円(TRY/JPY)
・南アフリカランド円(ZAR/JPY)
・米ドルノルウェー・クローネ(USD/NOK)
・ノルウェー・クローネ円(NOK/JPY)
・米ドルスウェーデン・クローナ(USD/SEK)
・オフショア人民元/円(CNH/JPY)
・香港ドル円(HKD/JPY)
・シンガポールドル円(SGD/JPY)

このように、マイナーな銘柄やボラティリティが高くて短期間で利益を出しやすい銘柄も増えてきているので、かなり大きな話題となりました。
常にユーザーが求めるものを提供するために、新たなリニューアルを繰り返しているため、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

 

自分が取引したい銘柄があるという方は、ぜひ事前にチェックしてから始めることをおすすめします。

 

独自のスマホアプリが使いやすい

BigBossでは、MT4やMT5という誰でも使えるプラットフォームを利用することもできます。
しかし、それ以外にもBigBossの独自のスマホアプリである「BigBoss Quick Order」も提供しています。

このアプリはandroidもiPhoneも両方対応していますし、スマホでも簡単に取引をすることができるので、便利というユーザーも多くいるようです。

 

 

もちろんMT5にもスマホアプリがありますが、比較してみるとBigBossの独自アプリの方がシンプルで直感的に利用することができるインターフェイスになっています。
初心者の方でも、気軽に取引できる環境になっているといえるでしょう。

また、独自アプリ内には「TradingView」という高機能チャートツールが導入されています

TradingViewとは?
あらゆる金融商品や銘柄を網羅した多機能なチャートツール。
SNS機能もついているので、世界中のトレーダーからサポートしてもらうことも可能。
豊富なインジケーターがあるので、より効率よく取引をすることができる。

TradingViewを使って取引をしているユーザーも多いので、便利に利用することができるでしょう。
独自アプリは、FX中級者~上級者の方にもおすすめです。

 

日本人向けのサポートが充実している

BigBossは元々日本人向けのサービスを積極的に行っている業者です。
そのため、サービスを開始し始めた段階から、公式HPも日本語となっていますし、カスタマーサポートも日本語に対応していました。

その上、BigBossはカスタマーサポートに日本人を常駐させています。
海外FX業者の中には、日本語サポートが可能と表記されていても、すべてGoogle翻訳などを使って返信しているので、日本語が分かりづらいというところもあります。

しかし、BigBossの場合は日本人がきめ細かなサポートを行ってくれるので、安心して利用することができるでしょう。

 

 

初めて海外FX業者を利用する方でも、日本の国内FX業者を使っているのとほとんど変わらない利用状況となっているので、何かあった時でも問題なく使えるでしょう。

 

仮想通貨の取引も可能

最近は、海外FX業者の中でも仮想通貨の取引ができるところが増えてきています。
仮想通貨はまだまだボラティリティが高いため、FXのような高いレバレッジを活用して取引をすることによって、効率よく資産を増やすことができると考えられています。

BigBossは、他の海外FX業者に比べてかなり仮想通貨の取引に力を入れています。
専用の口座も用意されていますし、暗号資産CFDも圧倒的に多い30銘柄が用意されています。

BigBossの仮想通貨CFDの銘柄
BTCUSDT・BTCJPYT・ETHUSDT・ETHUSDT・XRPUSDT・XRPJPYT・BCHUSDT・BCHJPYT・EOSUSDT
EOSJPYT・LTCUSDT・LTCJPYT・NEOUSDT・NEOJPYT・UNIUSDT・UNIJPYT・DOGEUSDT・DOGEJPYT
BNBUSDT・BNBJPYT・DOTUSDT・DOTJPYT・XLMUSDT・XLMJPYT・ENJUSDT・ENJJPYT・ADAUSDT
ADAJPYT・AXSUSDT・AXSJPYT

このようにさまざまな通貨ペアを扱うことができるので、より自由に取引をすることができるでしょう。

 

仮想通貨取引所も運営している

BigBossは、現在仮想通貨取引所である「FOCREX」の運営を行っています。
FOCREXは希少な仮想通貨をたくさん扱っていることで知られており、唯一「EXコイン」を扱っているということで注目を集めているようです。

このように、仮想通貨取引に関する専門知識もしっかり持っていますし、運営歴も長いので、安心して仮想通貨の取引ができるFX業者だと言えます。
また、BigBoss独自のトークンである「JPYT」も上場しており、将来的に大きく稼ぐことができる可能性も秘めています。

仮想通貨の取引をレバレッジを使って行いたいと考えている方は、BigBossがよいでしょう。

 

豊富な入出金方法に対応している

BigBossは、さまざまな方法で入出金を行うことができます。

BigBossの入出金方法
・国内銀行送金
・Bitwallet
・クレジットカード
・BXONE
・暗号通貨

海外FX業者の中には、入金する方法が少なかったり、自分に合うものがなくて不便に感じている方も多くいるようです。
しかし、そのような心配がないので、安心して利用することができるでしょう。

特にBitwalletが利用できる点は、日本人にとってはよい環境と言えます。
Bitwalletは基本的に手数料を抑えることができますし、より早く入出金をすることができるので、利用したいと考える方は多いようです。

現時点では、対応している海外FX業者はそこまで多くないので、この点もBigBossが選ばれる要因の1つと言えるでしょう。

BigBossを利用する上での注意点

BigBossは、他社にはない魅力もたくさんある海外FX業者です。
しかし、どの業者にもデメリットとなる部分もあるので、事前に理解して対策をした上で取引を行う必要があります。

BigBossを利用する上での注意点
・出金の遅延が起こることもある
・急にサービスが改定されることがある
・手数料が高い
・マイナススワップが高い
・マーケット情報の配信はない

そこでここからは、BigBossを利用する上での注意点について詳しく見ていきましょう。

 

出金の遅延が起こることもある

BigBossの口コミを見てみると、入出金の速度が早いという声は多数みられました。
しかし、中には出金が遅いという意見もあります。

 

特に多かったのは、Bitwalletへの出金が遅いという声です。
元々BigBossのBitwalletへの出金は、1~5営業日かかると記載されているため、時間がかかることも考えられます。

ただ、早めに着金されている方もいます。
最も早いのは銀行送金のようなので、早く着金してほしいという方は、銀行送金を利用することをおすすめします。

 

急にサービスが改定されることがある

BigBossは、常に顧客満足度を高めるために新たなサービスにリニューアルを行っています。
その中では、一部の顧客にとってマイナスになってしまうこともあるようです。

例えば、最近行われた一部の銘柄でのレバレッジ規制では、気づかずに思うように取引ができないと感じる方が多くいたようです。

 

リニューアルは、ユーザーが安全に利益を出すことができるように実施されています。
BigBossは他社に比べて頻繁に行われているため、BigBossからの連絡をきちんとチェックしておいた方がよいでしょう。

 

手数料が高い

BigBoss利用者の中には、「スプレッドが高い」「取引手数料が高い」という声も見られます。

 

スプレッドが広いと、取引をするたびに多くの利益を手数料として引かれてしまい、思ったよりも利益が残らないということになってしまいます。
そのため、不安に感じる方もいるようです。

ただ、BigBossはリニューアル時にスプレッドの縮小も行っています。
このように急に変更することもあるので、期待して情報をチェックしておきましょう。

 

マイナススワップが高い

FXの取引を行う方の中には、スワップポイントで稼ぎたいと考えている方もいるでしょう。

スワップポイントとは?
通貨ペアの2つの銘柄の金利差のこと。
金利差がプラスであれば、ポジションを保有しているだけでも毎日利益を獲得することができる。

もちろんスワップポイントがプラスであれば、利益を得ることができるのですが、マイナスになっていると利益から目減りする形となります。

BigBossの場合、プラスになっている銘柄もありますが、マイナスの銘柄のマイナス分がかなり大きい考えられています。
そのため、スワップポイントで稼ぎたいと思っている方は、事前に銘柄のスワップポイントをきちんとチェックしておくようにしましょう。

 

マーケット情報の配信はない

最近は、海外FX業者がさまざまなマーケット情報やFXの取引手法に関する動画や配信を行うことが増えています。
このようなシステムがあれば、初心者で取引方法や最適なタイミングが分からない方でも、安心して取り組むことができます。

しかし、BigBossではこのようなマーケット情報の配信はおこなわれていません。
そのような情報を得たいという方は、他のFX業者等でも口座開設を行い、情報を共有して利用するようにしましょう。

 

 BigBossの口座タイプ

BigBossは、さまざまなユーザーが自由に取引を行うことができるように、複数の口座タイプが用意されています。

BigBossの口座タイプ
・スタンダード口座
・プロスプレッド口座
・FOCREX口座

ではここからは、FXの通貨ペアを取り扱っている2つの口座タイプについて見ていきましょう。

 

口座残高 FX通貨ペア 貴金属・エネルギー
注文執行方式 NDD方式 NDD方式
取引手数料 なし 往復9ドル
最低入金額 なし なし
最大レバレッジ 最大1,111倍 最大1,111倍
最大ロット数 50Lot 50Lot
追証 なし なし
ロスカット水準 20% 20%
VPSサービス なし なし
ボーナスの適用

 

BigBossには、FOCREX口座というタイプもあります。
これは仮想通貨取引専用の口座となっています。
そこでここからは、FOCREX口座の特徴について見ていきましょう。

 

口座残高 FX通貨ペア
通貨の種類 USD、JPY、BTC、ETH、OMG、QASH、EXC、XRP、NEO、RSVC、BXC
取引方法 CEX
通貨ペア BTCUSD、EXCUSD、ETHUSD、ETHBTC、XRPUSD、NEOBTC、RSVCUSD、BXCUSD
取引単位 BTCUSD: 0.00001 BTC
ETHUSD: 0.0001 ETH
ETHBTC: 0.0001 ETH
EXCUSD: 0.0001 EXC
XRPUSD: 100 XRP
NEOBTC: 1ネオ
RSVCUSD: 1 RSVC
BXCUSD: 10000 BXC
最低入金額 最低額なし
手数料 片道0.2%
営業時間 24時間365日

 

BigBossの口座タイプ1:スタンダード口座

スタンダード口座とは、幅広い銘柄を取り扱っていて誰でも取引できる環境が整っている口座です。
初めて海外FX業者を利用する方や、どの口座タイプを使いたいのか迷ってしまう方におすすめの口座となっています。

スタンダード口座まとめ
・73種類の豊富な取引銘柄が用意されている
・CFDの取引が可能
・取引手数料が無料
・仮想通貨の取引ができる
・スプレッドが少し広め

ではここからは、BigBossのスタンダード口座の特徴についてご紹介していきましょう。

 

73種類の豊富な取引銘柄が用意されている

BigBossのスタンダード口座では、73種類の豊富な銘柄を取り扱っています。

・FX通貨ペア:33種類
・貴金属:2種類
・エネルギー:2種類
・株価指数:6種類
・仮想通貨:30種類

FX通貨ペアについては、他社とあまり変わらない数値となっています。
その上、他の銘柄もたくさん用意されているので、自分が取引したい銘柄を簡単に見つけることができるでしょう。

さまざまな銘柄を使って自由に取引をしたいと考えている方には、スタンダード口座がおすすめです。

 

CFD銘柄の取引が可能

BigBossに用意されている3つの口座タイプのうち、CFD銘柄の取引を行うことができるのは、スタンダード口座のみとなっています。

元々はプロスプレッド口座でも豊富な銘柄の取引を行うことができたのですが、2021年3月11日にサーバーの負荷を軽くすることを目的に、CFD商品の取り扱いを廃止しています。
このことにより、豊富な銘柄が用意されているのは、スタンダード口座のみとなりました。

CFD銘柄はボラティリティが高く、しっかりと利益が出しやすい環境が整っているため、FXのトレーダーの中でも取引をする方が多くいます。
そのため、CFD銘柄を使って効率よく資産を作りたいと思っている方は、スタンダード口座が最も利用しやすいでしょう。

 

取引手数料が無料

FX業者の口座タイプによっては、取引手数料を取引の度に支払わなければいけない仕組みになっているところもあります。
このような口座で取引を行うと、毎回利益が目減りしてしまうため、取引しづらいと感じる方もいるでしょう。

しかし、BigBossのスタンダード口座では取引手数料が無料となっています。
そのため、より利益を出しやすい環境になっているといえるでしょう。

 

仮想通貨のレバレッジ取引が可能

BigBossのスタンダード口座では、仮想通貨銘柄が30種類用意されています。

BTCUSDT・BTCJPYT・ETHUSDT・ETHUSDT・XRPUSDT・XRPJPYT・BCHUSDT・BCHJPYT・EOSUSDT
EOSJPYT・LTCUSDT・LTCJPYT・NEOUSDT・NEOJPYT・UNIUSDT・UNIJPYT・DOGEUSDT・DOGEJPYT
BNBUSDT・BNBJPYT・DOTUSDT・DOTJPYT・XLMUSDT・XLMJPYT・ENJUSDT・ENJJPYT・ADAUSDT
ADAJPYT・AXSUSDT・AXSJPYT

これだけ豊富な仮想通貨の銘柄を扱っているFX業者はほとんどありません。
その上、プロスプレッド口座では仮想通貨銘柄は用意されていないので、仮想通貨の取引をしたい方には最適な口座と言えるでしょう。

また、スタンダード口座では50倍のレバレッジを使った取引をすることができるので、より効率的に収益を伸ばすことができます。
特に仮想通貨はボラティリティが高いので、これだけ多くのレバレッジを使って取引をした方が短時間で大きな利益を出すことが可能でしょう。

仮想通貨専用のウォレットを設定する必要はありませんし、24時間365日いつでも取引を行うことができるため、すばやく取引を始めたいという方におすすめです。

 

スプレッドが少し広め

スタンダード口座は、さまざまな取引を行うことができる口座となっています。
しかし、プロスプレッド口座に比べてスプレッドは少し広めとなっています。

スプレッドが広いと、その分手数料が引かれてしまうので、利益が目減りしてしまう可能性があります。
取引手数料は無料となっていますが、スプレッドが広いとその分損失額は大きくなってしまうでしょう。

よりスプレッドが狭い口座を使いたいと考えている方は、他の口座を利用してみることをおすすめします。

 

BigBossの口座タイプ2:プロスプレッド口座

BigBossのプロスプレッド口座とは、スプレッドが狭い環境で取引を行うことができる口座のことです。
スタンダード口座と同じような環境で取引をすることができるため、BigBossの口座の中でも人気が高いです。

BigBossのプロスプレッド口座の特徴
・スプレッドが狭い環境で取引ができる
・スタンダード口座と同じ1,111倍のレバレッジが使える
・EAを使った取引を行うことができる
・取引手数料がかかる
・CFD銘柄の取引を行うことはできない

そこでここからは、BigBossのプロスプレッド口座についてご紹介していきましょう。

 

スプレッドが狭い環境で取引ができる

BigBossのプロスプレッド口座の1番の魅力は、スタンダード口座に比べてスプレッドが狭くなっているという点です。
銘柄によってスプレッドは異なりますが、だいたい1~2pipsほどスプレッドが狭い設定となっているので、その分手数料を抑えて取引を行うことができます。

短時間で取引を行うスキャルピング等の取引の場合、スプレッドが広いと利益が目減りしてほとんど手元に残らないということがあります。
そのため、よりスプレッドが狭い環境の方が利益を出しやすく、そのような口座を選んで取引をするユーザーが多くいるようです。

 

スタンダード口座と同じ最大1,111倍のレバレッジが使える

BigBossのプロスプレッド口座のようなスプレッドが狭い口座は、多くの海外FX業者で用意されています。
このような口座の場合、レバレッジ規制が定められていることが多く、小さなレバレッジしか使うことができないケースばかりです。

しかし、BigBossのプロスプレッド口座の場合、スタンダード口座と同じ1,111倍のレバレッジを利用することが可能です。
スプレッドが狭い環境で、より大きなレバレッジを使って取引を行えば、より多くの利益を獲得することができる可能性が高まります。

そのため、他の海外FX業者のスプレッドが狭い口座よりも魅力的だといえるでしょう。

 

EAを使った取引を行うことができる

プロスプレッド口座は、スキャルピングなどの短期間での取引に適している口座です。
しかし、毎日こまめにチャートを見てスキャルピングの取引をするのは大変だと感じる方もいるようです。

そのような方に愛用されているのが、スキャルピングのEAです。
EAは事前に組み込まれたプログラムによって、相場に合わせて自動的に取引を行ってくれるので、忙しい方やFXの取引に慣れていない方でも気軽に利益を伸ばすことができる方法だと考えられています。

BigBossのプロスプレッド口座ではEAの取引も行うことができるので、自分が仕事をしていたり寝ている時間にも効率よく利益を出すことができるのです。
スキャルピングのEAを使いたいという方は、プロスプレッド口座を利用するといいでしょう。

 

取引手数料がかかる

BigBossのプロスプレッド口座は、スプレッドが狭くなっている口座となっています。
しかし、スプレッドとは別に取引手数料がかかる仕組みとなっています。

プロスプレッド口座の取引手数料:往復9ドル

スプレッドだけを見るとかなり狭くなっていますが、それとは別に手数料がかかるため、その分も計算して取引を行うようにしておきましょう。
ただ、取引手数料を加えても、スタンダード口座のスプレッドよりも狭くなっているので、安心して取引を行うことができます。

 

CFD銘柄の取引を行うことはできない

BigBossでは、CFD銘柄の取扱数がかなり多く、さまざまなものを利用することができます。
この点が魅力だと感じているユーザーも多くいるでしょう。

しかし、BigBossのプロスプレッド口座では、CFD銘柄の取引を行うことはできません。
取引をすることができるのは、FX銘柄のみとなっているので、CFD銘柄を扱いたいと思っている方には向かないでしょう。

 

BigBossの口座タイプ3:FOCREX口座

BigBossのFOCREX口座とは、仮想通貨専門の口座です。
8種類の銘柄の取引が可能となっています。

FOCREX口座の特徴
・現物取引専門の口座となっている
・法定通貨を入金して取引を行える
・8種類の仮想通貨ペアが取り扱われている
・追証が発生しないので安心
・使いやすい取引プラットフォームが用意されている
・EXコインが唯一扱える口座

ではここからは、FOCREX口座の特徴について詳しく見ていきましょう。

 

現物取引専門の口座となっている

FOCREX口座とは、海外FX業者であるBigBossが運営している仮想通貨取引所です。
BigBossの中でも1つの口座として扱われています。

BigBossのスタンダード口座の中でも仮想通貨の取引を行うことができますが、スタンダード口座の場合はレバレッジを使った信用取引のみです。
しかし、FOCREX口座は現物取引のみが対象となっています。

現物取引を行いたいと考えている方には、最適な口座タイプと言えるでしょう。

 

法定通貨を入金して取引を行える

FOCREX口座は、海外の仮想通貨取引所となっています。
通常の海外取引所の場合、まずは国内の取引所で仮想通貨を買ってそれを海外の取引所に送金して、自分のほしい仮想通貨を購入する必要があります。

しかし、FOCREX口座は直接法定通貨を入金して、仮想通貨の取引を行うことができるのです。
このような仕組みになっているため、購入や送金の時にかかえる手数料をできるだけ抑えることができるでしょう。

通常の海外取引所の利用方法と手数料
1.国内の取引所に入金(入金手数料)
2.国内の取引所で仮想通貨を購入(取引手数料)
3.国内取引所から海外取引所への送金(送金手数料)
4.海外取引所で新たな仮想通貨を購入(取引手数料)

 

また、スタンダード口座やプロスプレッド口座で得た利益をFOCREX口座に移動して取引を行うことも可能です。
資金管理も簡単なので、安心して取引できる海外取引所として人気が高まっているようです。

 

8種類の仮想通貨ペアが用意されている

BigBossのFOCREX口座では、8種類の仮想通貨ペアが用意されています。

BTCUSD、EXCUSD、ETHUSD、ETHBTC、XRPUSD、NEOBTC、RSVCUSD、BXCUSD

この通貨ペアの数は、海外取引所としては少し少なく感じるでしょう。
しかし、国内の取引所としてはそこまで違いがありません。

その上、他の業者よりも簡単な方法で取引を行うことができるため、利用しやすいといえるでしょう。

 

追証が発生しないので安心

BigBossのFOCREX口座は、区分としては追証ありとなっています。
そのため、万が一取引に失敗した時に大きな損失額を支払わなければいけないのではないかと不安に感じる方もいるでしょう。

しかし、FOCREX口座ではレバレッジ取引を行うことはできず、現物取引のみとなっています。
現物取引の場合、最大損失額は自分が入金した金額となり、損失を出す心配はありません。

このような環境であれば、安心して取引をすることができるでしょう。

 

使いやすい取引プラットフォームが用意されている

BigBossのスタンダード口座やプロスプレッド口座は、MT4かMT5、独自のプラットフォームの使用ができるようになっています。
しかし、FOCREX口座の場合は仮想通貨の取引専用の「FOCREX」というプラットフォームがあります。

このプラットフォームは他の仮想通貨取引所と同じようなレイアウトになっていますし、視覚的に情報を把握しやすい画面になっているため、初めて仮想通貨の取引を行う方でも利用しやすいと考えられています。

また、FOCREX口座のチャート分析は、世界中で使われているTradingViewを使った独自チャートとなっています。

TradingViewとは?
TradingViewはウェブベースのチャート作成ツールです。
幅広いユーザー層に適した構造となっており、自分でカスタマイズしてチャート分析ができる仕組みとなっています。
2021年2月には仮想通貨指数も追加されて、より利用しやすい仕組みとなっている。

他の取引所では確認することができない値動きも判定することができるので、さまざまなタイミングで取引を行うことができるでしょう。

 

EXコインが唯一扱える口座

FOCREX口座が人気の理由の1つに、EXコインが扱えるという点があります。
EXコインを扱っている取引所はほとんどなく、国内で利用できるのはFOCREX口座のみとなっています。

EXコインとは?
中央集権型のステーブルコインとなっており、法定通貨と同じような値動きをする。
現在はまだアルトコインの中でもマイナーな分類。プロジェクトが進展すれば取引高が増えて価格が上がる可能性もある。

仮想通貨の取引を行っている方の中には、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな通貨を利用するのではなく、マイナーなアルトコインに価格が安いうちに投資をして、値上がりで利益を出したいと考えている方もいるでしょう。
そのような方からも大きな注目を集まているコインです。

EXコインを利用したいと考えている方は、FOCREX口座でも口座開設をしておいた方がよいでしょう。

BigBossのボーナスキャンペーン

BigBossでは、定期的にさまざまなボーナスキャンペーンが実施されています。
このキャンペーンをうまく活用することによって、効率的に取引を行うことが可能となるのです。

BigBossのボーナスキャンペーンの種類
・Bigbossポイントガチャ
・ガチャリリース記念キャンペーン
・新規取引ボーナスキャンペーン
・100%入金ボーナス

そこでここからは、BigBossのボーナスキャンペーンについて詳しくご紹介していきましょう。

 

BigBossのボーナス1:Bigbossポイントガチャ

Bigbossポイントガチャとは、取引を行えば行うほどもらうことができるボーナスです。
もらったポイントを使ってガチャを回すことができ、すぐにクレジットボーナスに変換することができる仕組みとなっています。

BigBossポイントガチャの特徴
・トレードをすればするほど上限なしでポイントがもらえる
・ポイントでガチャが回せてハズレなしで最大$5000が当たる
・常時開催されている
・翌日にはすぐにポイントに換算される
・1Lotに満たない取引も毎日繰り越せる
・すべての口座が対象となっている
・取引銘柄によってポイント算出数が異なる

ではここからは、BigBossポイントガチャの詳細について見ていきましょう。

 

Bigbossポイントガチャの特徴

BigBossポイントガチャは、トレードを行えば行うほどポイントがもらえるという仕組みになっています。
ポイント数の上限は定められていないので、大口の取引を行っている人ほどお得に取引をすることができるでしょう。

貯めたポイントはガチャに使うことができます。
ガチャにはハズレがなく、最大5000ドル(約50万円)分が当選する仕組みとなっているのです。
現時点では常時開催されている唯一のキャンペーンですし、すべての口座で利用することができるので、かなり魅力的なサービスになっています。

取引を行った分は1Lot単位で翌日にはポイントに換算されます。
その日に1Lotに満たなかった取引も翌月に繰り越せるので、少額の取引を行う方でも安心でしょう。

 

Bigbossポイントガチャの注意点

Bigbossポイントガチャは、口座タイプや取引銘柄によって溜まるポイント数が異なります。
そのため、事前に確認した上で取引を行うようにしましょう。

口座タイプ 銘柄 ポイント算出数/Lot
スタンダード FX通貨ペア 16
仮想通貨CFD 2
CFD 1
プロスプレッド FX通貨ペア 6

 

また、最終取引日から30日の間、入金や取引を一切行っていない場合、ポイントは失効されてしまうので注意が必要です。
キャッシュバックサイト経由で開設された口座もポイント交換の対象外となるので、Bigbossの公式サイトから利用するようにしましょう。

 

Bigbossポイントガチャの受け取り方

Bigbossポイントガチャは、申し込みを行わなくても自動的に取引毎にポイントがカウントされます。
しかし、ポイントを使ってガチャを行わなければ、ボーナスに換算されることはありません。

自分のタイミングでガチャを回して、ボーナスを使って取引を行うようにしましょう。

 

Bigbossのボーナス2:ガチャリリース記念キャンペーン

ガチャリリース記念キャンペーンとは、2022年7月25日から9月16日に実施されているキャンペーンです。
2つのキャンペーンに分かれており、第一弾は7月25日~8月31日、第二弾は9月1日~16日となっています。

ガチャリリース記念キャンペーンの特徴
・第一弾は入金ボーナスとガチャ1回券
・第二弾はシークレットガチャが登場
・MT4、MT5ごとに高いボーナス付与率が設定されている
・$300以上を入金すれば、全員に100BBPが付与

ではここからは、ガチャリリース記念キャンペーンの特徴について見ていきましょう。

 

ガチャリリース記念キャンペーンの特徴

ガチャリリース記念キャンペーンは、第一弾と第二弾の2つに分かれています。

・第一弾:入金ボーナスとガチャ1回券
・第二弾:シークレットガチャが登場

第一弾の入金ボーナスとは、その人の入金額に合わせて入金ボーナスが付与されるという仕組みです。
同じ入金額でも、MT5の方がボーナス付与率が10%UPとなっているので、よりお得に取引を始められるでしょう。

入金額 MT4レート MT5レート
0~4万1999円 0% 0%
4万2000~13万9999円 10% 20%
14万~27万9999円 20% 30%
28万~41万9999円 25% 35%
42万~55万9999円 40% 50%
56万円~ 50% 60%

 

ガチャリリース記念キャンペーンの最大ボーナス金額は70万円となっているので、かなり多くのボーナスを獲得することができるでしょう。
ボーナス金額は公式サイトで簡単に計算することができるので、入金額の前にチェックしておくことをおすすめします。

また、300ドル(約3万円)以上の入金をした場合、100BBPが付与されます。
このポイントを使ってガチャを回すことができるため、入金ボーナス以外にもボーナスを獲得することができるでしょう。

第二弾のキャンペーンは、シークレットガチャとなっています。
内容はまだ公表されていませんが、豪華な賞金が提供されることでしょう。

 

Bigbossのガチャリリース記念キャンペーンの受け取り方

ガチャリリース記念キャンペーンは、間中に4万2000円以上の金額を入金すれば、取引を始めることができます。
そのため、誰でも手軽に取り組むことができるでしょう。

MT5の方がお得なので、ボーナスをより多く受け取りたい方はMT5を使ってみるといいでしょう。

 

Bigbossのボーナス3:新規取引ボーナスキャンペーン

新規取引ボーナスキャンペーンとは2022年5月23日~7月8日に実施されていたキャンペーンです。
キャンペーン対象口座は、スタンダード口座とプロスプレッド口座となっています。

新規取引ボーナスキャンペーンの特徴
・MT5の利用でボーナスが付与される
・1往復の初回取引で50ドルのボーナス
・銘柄や取引数量には指定なし

ではここからは、新規取引ボーナスキャンペーンについて詳しく見ていきましょう。

 

新規取引ボーナスキャンペーンの特徴

新規取引ボーナスキャンペーンは、スタンダード口座・プロスプレッド口座の2つの口座で受け取ることができます。
しかし、ボーナスの受け取りができるのは、MT5を利用している方のみです。

ボーナス期間中に行った初めての取引に対して、50ドル(約5000円)のクレジットボーナスがもらえるという仕組みになっています。
銘柄や取引数量には指定がないので、自由に取引を行うことができる点が魅力と言われています。

キャンペーン前に口座開設をしていた方でもボーナスの受け取りが可能となっているので、多くの方が利用していたようです。。

 

新規取引ボーナスキャンペーンの受け取り方

新規取引ボーナスキャンペーンは、申し込み等は必要ありません。
期間中にMT5の口座で取引を行えば、誰でも受け取ることが可能です。

手軽に行える点が魅力のボーナスキャンペーンと言えるでしょう。

 

Bigbossのボーナス4:100%入金ボーナス

100%入金ボーナスは、入金した額の倍額が口座に反映される仕組みとなっています。

100%入金ボーナスの特徴
・直近では2019年に開催されていた
・スタンダード口座とプロスプレッド口座が対象
・ボーナスの上限は5000ドル
・入金額に応じてボーナスがもらえる

ではここからは、100%入金ボーナスの特徴について見ていきましょう。

 

100%入金ボーナスの特徴

100%入金ボーナスとは、入金した額の100%分がボーナスクレジットとして付与される仕組みです。
例えば、5万円を入金した場合には5万円のボーナスが付与されるので、口座残高となります。

自分が入金した金額以上で取引を行うことができるので、魅力的だと感じる方も多いでしょう。
その上、他の海外FX業者でもよく実施されている人気のボーナスキャンペーンとなっています。

Bigbossが直近で100%入金ボーナスを実施したのは、2019年11月11日~12月31日です。
最近は実施されていませんが、他社よりも長い期間行われている点が魅力だと言われていたようです。

上限金額は5000ドル(約50万円)となっているので、かなり多くのボーナスをうけとってお得に取引をすることができるでしょう。

 

100%入金ボーナスの受け取り方

100%入金ボーナスは、入金をするだけで手軽にボーナスを受け取ることができる仕組みとなっています。
ボーナス付与額は50万円が上限となっているため、50万円までの入金であれば、ボーナスの受け取りが可能です。

申し込み等の手続きは必要ないので、キャンペーン期間中は積極的に利用した方がよいでしょう。

 

Bigbossのスプレッド

ではここからは、Bigbossのスプレッドについて見ていきましょう。
海外FX業者の利用を検討する時には欠かせない項目となっているので、しっかりとチェックしてみてくださいね。

 

口座タイプ別|Bigbossのスプレッド

ではまずは、口座タイプ別にBigbossのスプレッドを比較していきましょう。

 

メジャー通貨ペア

Bigbossでは、メジャー通貨ペアとマイナー通貨ペアで環境が異なります。
そのため、それぞれのスプレッドについて見ていきましょう。

 

口座タイプ スタンダード口座 プロスプレッド口座 プロスプレッド(手数料合算)
USD/JPY 1.4pips 0.2pips 1.1pips
EUR/USD 1.9pips 0.5pips 1.4pips
EUR/JPY
1.9pips 0.6pips 1.5pips
GBP/JPY 2.4pips 0.9pips 1.8pips
GBP/USD 2.1pips 0.9pips 1.8pips
USD/CHF 2.0pips 0.8pips 1.7pips
USD/CAD 2.2pips 1.1pips 2.0pips
AUD/USD 2.0pips 1.0pips 1.9pips

 

スタンダード口座とプロスプレッド口座の2つをチェックしてみると、大きくスプレッドの差があることが分かります。
プロスプレッド口座は手数料がかかるので、その分を合算した数値もチェックしておきましょう。

銘柄によっては、スタンダード口座とプロスプレッド口座であまり変わらないスプレッドになってしまっているところもあるで、注意が必要です。

 

マイナー通貨

次は、マイナー通貨について見ていきましょう。

口座タイプ スタンダード口座 プロスプレッド口座 プロスプレッド(手数料合算)
AUD/CAD 2.3pips 0.8pips 1.6pips
AUD/CHF 2.6pips 1.2pips 2.1pips
AUD/NZD 2.9pips 0.9pips 1.8pips
CAD/CHF 2.6pips 1.0pips 1.9pips
EUR/AUD 3.3pips 1.6pips 2.5pips
EUR/CAD 3.0pips 1.4pips 2.3pips
EUR/CHF 3.5pips 1.2pips 1.5pips
EUR/NZD 3.8pips 2.1pips 3.0pips
GBP/AUD 3.8pips 2.6pips 3.5pips
GBP/CAD 3.6pips 1.8pips 2.7pips
NZD/CAD 2.9pips 1.6pips 1.8pips

 

マイナー通貨は比較的レバレッジが広くなっています。
そのため、プロスプレッド口座を利用した方がよりお得に取引をすることができるでしょう。

 

貴金属

では次は、貴金属CFDのスプレッドを比較していきましょう。

口座タイプ スタンダード口座 プロスプレッド口座
XAU/USD 3.0pips 2.4pips
XAU/USD 15.0pips 6.5pips

 

株式指数CFD

では次は、株式指数CFDのスプレッドを比較していきましょう。
株式指数はすべての口座において同じレートとなっています。

口座タイプ スプレッド
N225 11pips
US100.F 10pips
STOXX50E 2.0pips
UK100 38pips
SPX 1.7pips
WS30 6pips
HSI 4.0pips

 

業者別|Bigbossのスプレッド比較

ではここからは、他社のスプレッドとBigbossのスプレッドを比較してみていきましょう。
今回対象とするのは、日本人人気の高いXMTradingとGemforexの2社です。

 

FX通貨ペア|スタンダード口座

ではここからは、スタンダード口座のメジャー通貨について見ていきましょう。
XMTradingはスタンダード口座、Gemforexはオールインワン口座が比較対象となります。

 

口座タイプ BigBoss XMTrading GEMFOREX
USD/JPY 1.4pips 1.6 pips 1.5pips
EUR/USD 2.4pips 1.7 pips 1.5pips
GBP/USD 2.1pips 2.1 pips 2.2pips
USD/CHF 2.0pips 2.1 pips 3.3pips
AUD/USD 2.2pips 1.8 pips 1.9pips
USD/CAD 2.0pips 2.2 pips 2.2pips

 

このようにBigbossのスプレッドを見てみると、他社よりも狭くなっている銘柄も多くあります。
しかし、銘柄によっては他社の方が狭くなっているところもあるので、事前に注意しておきましょう。

 

貴金属

次は、貴金属のスプレッドについてです。

 

口座タイプ Bigboss
(スタンダード)
Bigboss
(プロスプレッド)
XMTrading
(スタンダード)
XMTrading
(プロスプレッド)
XAU/USD 3.0pips 2.4pips 3.5pips 3pips
XAGUSD 15.0pips 6.5pips 3.5pips 3pips

 

このように比較してみると、ゴールドはBigbossの方が狭いですが、銀に関してはXMTradingの方が狭くなっています。
自分の使いたい銘柄がある場合、狭い方を利用した方がよいでしょう。

 

株式指数

次は株式指数ですが、株式指数は同じ銘柄を扱っていませんでした。

すでに使いたい銘柄が決まっている場合には、それがある業者を使った方がよいでしょう。

 

Bigbossのスワップポイント比較

取引を行う際には、スワップポイントも重要な点です。
しっかりとチェックして銘柄を選ぶことによって、長期的に利益を出しやすくなるでしょう。

Bigbossのスワップポイント比較方法
・メジャー通貨ペア
・マイナー通貨ペア
・エキゾチック通貨ペア

そこでここからは、Bigbossのスワップポイントについて見ていきましょう。

 

メジャー通貨ペアのスワップポイント比較

ではまずは、メジャー通貨ペアのスワップポイントについて見ていきましょう。

 

FX業者 Bigboss XMTrading Gemforex Exness
取引通貨ペア
USD/JPY 475 -1,115 525 -1305 21 28 61 -428
EUR/USD -1,269 441 -1,430 455 -1263 557 -847 196
AUD/USD -330 227 -551 -43 -281 -201 -307 -69
GBP/USD -666 -193 -1088 -58 -527 -74 144 -350
NZD/USD -219 -349 -537 -96 -473 -818 -119 -344
USD/CAD -305 -498 -522 -282 -290 -251 -224 -141
USD/CHF 326 -1,087 583 -1379 43 -637 -294 -1,981

 

他社とBigbossのメジャー通貨ペアのスワップポイントを比較してみると、あまり変わらないことが分かります。
ただ、中にはお得な銘柄もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Bigbossのプラス幅が大きい銘柄
USD/JPY:買い(ショート)
・AUD/USD:売り(ロング)

では反対に、マイナス分が大きい銘柄についても見ていきましょう。

マイナスが大きくなっている銘柄
EUR/USD:買い(ショート)

Bigbossのスワップポイントは、大きくプラスになっているものはあまり多くありませんが、マイナスも少ないようです。
そのため、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

マイナー通貨ペアのスワップポイント比較

では次に、マイナー通貨ペアのスワップポイントを比較していきましょう。

 

FX業者 Bigboss XMTrading Gemforex Exness
取引通貨ペア
EUR/AUD -1,406 115 -1,136 -10 -650 -234 -736 7
EUR/CAD 1,332 168 -1,695 419 -1,217 394 -722 242
EUR/CHF -718 -534 -473 -640 -513 -666 -102 -223
EUR/GBP -1,113 249 -1,040 33 -878 164 -659 339
EUR/JPY -505 -321 -513 -513 -163 -327 -403 -80
EUR/NZD -1,581 170 -1,370 -217 -897 -149 -1,163 -56
AUD/CAD -371 -396 -735 -59 -483 -275 -438 -300
AUD/CHF -25 -835 -4 -881 -167 -598 52 -584
AUD/JPY -819 -262 -7 -803 260 -916 -262 -196
AUD/NZD -338 -909 -603 -166 -630 -215 -909 -335
AUD/USD -221 -307 -436 -263 -281 -201 -307 -69
CAD/CHF -907 100 434 -1284 100 -700
CAD/JPY -891 20 342 1,308 365 -1,011 20 -407
CHF/JPY -608 -415 -636 -516 -135 -525 -415 43
GBP/AUD -839 -648 -741 -592 -626 -794 43 -1,087
GBP/CAD -750 -604 -1,511 -178 -442 -137 -236 -381
GBP/CHF -10 -1,455 19 -1,344 -107 -1,002 -66 -1,491
GBP/JPY 227 -1,185 -5 -1,195 548 -1,284 140 -710
GBP/NZD -996 -675 -1,015 -838 -999 -355 -564 -475
NZD/CAD -254 -524 -615 -397 -358 -430 -247 -486
NZD/JPY 16 -834 -114 -814 -376 312 -233 -783

 

まずは、プラスが大きくなっている銘柄について見ていきましょう。

Bigbossのプラスが大きい銘柄
EUR/AUD:売り(ロング)
・EUR/CAD:買い(ショート)・売り(ロング)
・EUR/NZD:売り(ロング)
・CAD/CHF:売り(ロング)
・NZD/JPY:買い(ショート)

EUR/CADに関しては、ショートもロングも両方プラスになっているので、よりお得に取引を行うことができるでしょう。
ではここからは、反対にマイナスが大きい銘柄についてもチェックします。

 

マイナスが大きい銘柄
EUR/AUD:買い(ショート)
・EUR/CHF:買い(ショート)
・EUR/GBP:買い(ショート)
・EUR/NZD:買い(ショート)
・AUD/JPY:買い(ショート)
・AUD/NZD:売り(ロング)
・CAD/CHF:買い(ショート)
・GBP/AUD:買い(ショート)
・GBP/CHF:売り(ロング)
・NZD/CAD:売り(ロング)
・NZD/JPY:売り(ロング)

Bigbossのスワップポイントを見てみると、マイナスの銘柄の方がマイナスが大きくなっているようです。
特にショートの方が多いので、取引を行う際には注意しておきましょう。

 

エキゾチック通貨ペアのスワップポイント比較

ではここからは、エキゾチック通貨ペアのスワップポイントについて比較してみていきましょう。

Bigbossは他社とくらべると、エキゾチック通貨ペアの数は少なくなっています。

 

FX業者 Bigboss XMTrading Gemforex Exness
取引通貨ペア
MXN/JPY 13 -17 63 -119 61 -2,439
NOK/JPY 4 -6
SGD/JPY 38 -65 -741 -751 -186 -309 -722 -1,131
TRY/JPY -1 -1 148 -4,939
USD/CNH -1,033 -1,444 -1,121 -2,189 -1,018 -1,419 -1,124 602
USD/HKD -80 -133 -525 -1,495 -856 -1,114 -48 -305
USD/MXN -6 -8 -4,593 -22 -4,004 1,077 -3,352 228
USD/NOK -35 -16 -967 -1,174 167 -1,245 -276 -48
USD/RUB -2,484 74 -2,895 -108
USD/SEK -28 -29 -495 -1,802 511 -2,949 -184 -922
USD/SGD -1,090 -1,070 -911 -1,162 -1,200 -1,282 -972 -880
USD/TRY -9,947 363 -7,786 1,960 10,320 2,792 -10,816 -256
USD/ZAR -203 5 -2,805 729 -2,597 998 -2,438 267
ZAR/JPY 10 -16 -39 -529

 

まずはプラスが大きい魅力的な銘柄についてチェックしていきましょう。

プラスが大きい魅力的な銘柄
NOK/JPY:買い(ショート)
・SGD/JPY:買い(ショート)
・USD/RUB:売り(ロング)
ZAR/JPY:買い(ショート)

では次に、マイナスが大きい銘柄について見ていきましょう。

マイナスが大きい銘柄
USD/CNH:売り(ロング)
・USD/TRY:買い(ショート)

Bigbossは他社とくらべてあまりエキゾチック通貨ペアの銘柄は多くありません。
そのため、自分が使いたい銘柄がない可能性もあるため、事前にチェックしておくことをおすすめします。

しかし、あまり大きなマイナスの銘柄は多くありません。
マイナスが他社よりも小さいものもあるので、よりお得に取引できる可能性もあるでしょう。

 

Bigbossの入出金方法

Bigbossには、さまざまな入出金方法が用意されています。
そのため、自分が好む方法でスムーズに入出金をすることができると評判です。

Bigbossの入出金方法
・国内銀行送金
・クレジットカード
・Bitwallet
・仮想通貨入金
・BXONE入金
・海外銀行送金

それぞれの特徴は、以下の通りです。

入金手数料 入金スピード 出金手数料 出金スピード
国内銀行送金 無料
(5万円以下:1000円)
1~3営業日 2000円 2~5営業日
クレジットカード 無料 即時
Bitwallet 無料 即時 無料 1~5営業日
仮想通貨 無料 0~2営業日 通貨による 1~2営業日
BXONE 無料 0~2営業日 無料 1~5営業日
海外銀行送金 無料 2~5営業日 無料 2~5営業日

 

そこでここからは、Bigbossの入出金方法について見ていきましょう。

 

Bigbossの入出金方法1:国内銀行送金

国内銀行送金とは、手軽に入金をすることができる方法として最も人気があります。
出金の際にも面倒な手続きがなく、簡単に行うことができます。

Bigbossの入出金方法まとめ
・普段通りの入金方法で口座に入金ができる
・手数料が別途かかることもある
・着金するまでに時間がかかる
・入金の上限金額が決められていない
・出金の際に手数料がかかる

そこでここからは、国内銀行送金の入出金方法について詳しくご紹介していきましょう。

 

国内銀行送金の特徴

国内銀行送金の1番の特徴は、手軽に入金することができるという点です。
Bigbossは海外FX業者となっていますが、楽天銀行に口座を持っています。

その口座に入金することによって、自動的に自分の口座に資産が反映される仕組みとなっているのです。
普段振り込みをするのと同じような手段で行うことができるので、初めて海外FX業者を利用する方でも安心して行うことができるでしょう。

 

国内銀行送金の注意点

国内銀行送金では、入出金の際に手数料がかかります。

・入金手数料:無料(5万円以下の場合は1000円)
・出金手数料:2000円

入金する際には、5万円以上の入金を行った方がお得でしょう。
しかし、この手数料はBigboss側に支払う手数料のことで、別途銀行側から手数料を請求されることも考えられます。
かかる手数料は銀行によって異なるので、注意しておきましょう。

また、銀行送金の場合は着金するまでに時間がかかってしまいます。
海外FX業者なのでどうしようもないことではありますが、不安になることもあるようです。

公表されている時間が経過しても届かない場合には、Bigbossに連絡をしてみることをおすすめします。

 

Bigbossの入出金方法2:クレジットカード

クレジットカード入金とは、自分が持っているクレジットカードのショッピング枠を使って口座に入金するという方法です。

クレジットカード入出金まとめ
・すばやく入出金することができる
・手元に資金がなくても入金が可能
・直近30日間で50万円までの入金という限度額が決められている
・SMS認証が必要
・60日間出金ができなくなる
・出金する際には銀行口座に出金が必要

ではここからは、クレジットカード入金の特徴について見ていきましょう。

 

クレジットカード入出金の特徴

クレジットカード入金の1番のメリットは、よりすばやく入金を行うことができるという点です。
入金した額は即時に反映されるので、急に相場変動が起きた時でも安心して行うことができるでしょう。

その上、手数料は無料となっているので、気軽に行うことができます。
もしも手元に資金がない時でも、大きな資金を入金することができるため、よりお得に利用することが可能です。

 

クレジットカード入金の注意点

クレジットカードで入金する場合、直近30日間で50万円という限度額が定められています。
常に大きな額で取引をしたいという方の場合、クレジットカードでの入金は向きません。
急に相場変動が起きた時の対処方法として考えておいた方がよいでしょう。

その上、クレジットカードは入金のみとなっており、出金を行うことはできません。
通常、クレジットカードで入金した場合にはクレジットカードで出金しなければいけない仕様となっており、着金までに時間がかかってしまうことがあります。
そのことを考えると、より便利に出金できると言えます。

しかし、クレジットカードで入金した場合には、60日間出金申請ができないという仕組みになっています。
この点を覚悟して入金する必要があるでしょう。

 

Bigbossの入出金方法3:Bitwallet

Bitwalletとは、日本人に人気のあるオンラインウォレットです。
海外FX業者では採用しているところは少ないですが、便利に使うことができるので人気があります。

Bitwalletの入出金方法まとめ
・手数料は無料
・即時に着金できる
・銀行側の手数料を抑えることができる
・便利に資金管理を行うことができる
・口コミでは着金が遅いという声もある

ではここからは、Bitwalletの入出金方法について詳しく見ていきましょう。

 

Bitwalletの入出金の特徴

Bitwalletの1番のメリットは、手数料を抑えることができるという点です。
Bigboss側の手数料も無料となっているため、かなりお得に入出金を行うことができます。

その上、Bigbossはどの方法でも一律800円程度の手数料で入出金を行うことができます。
直接Bigbossに銀行送金で入出金を行うと、かなり高い手数料がとられてしまいますが、Bitwalletを活用すればかなりお得に取引をすることができるため、手数料を抑えたいという方には最適な方法と言えるでしょう。

また、資金管理をきちんと行いたい方にもおすすめです。
事前にBitwalletに投資に使える分を入金しておき、Bitwalletに出金することによって、余剰資金を使わずに取引をすることができます。
生活資金を投入してしまうという方でも、安心して取引を行うことができます。

 

Bigbossの入出金の注意点

Bitwalletは便利な入出金方法として、日本人に愛用されています。
しかし、Bitwalletで入金をした場合には、同額はBitwalletで出金する必要があります。
この手続きを面倒に感じる方もいるので、注意が必要でしょう。

また、口コミを見ると着金が遅いという声もあります。
中にはよりすばやく着金できている方もいるため、きちんと手順を守って出金しなければ遅くなることも考えられるので気を付けておきましょう

 

Bigbossの入出金方法4:仮想通貨

Bigbossでは仮想通貨の取引も充実しているため、仮想通貨での入金も可能となっています。

仮想通貨の入出金方法まとめ
・手元に持っている仮想通貨で投資が可能
・入金先ビットコインアドレスの作成が必要
・決まった仮想通貨しか使えない
・1BTCの入金につき、1Lot以上の取引が必要

そこでここからは、Bigbossの入出金方法について詳しく見ていきましょう。

 

仮想通貨の入出金方法の特徴

Bigbossは仮想通貨の取引が豊富に用意されています。
手元に持っている仮想通貨をそのままにしていても収益を増やすことはできませんが、その通貨を使って取引を行えばより効率的に資産を増やすことができます。
そのため、仮想通貨での入出金を選ぶ方も多くいるようです。

また、仮想通貨で出金しておけば、その通貨が今後大きく価値が高まって資産が倍増することも考えられるようです。
仮想通貨の取引を行いたい方は、この方法を選択しましょう。

 

仮想通貨の入出金方法の注意点

仮想通貨で入出金を行うためには、まず入金先ビットコインアドレスを作成する必要があります。
Bigbossのマイページにある入出金方法の画面で仮想通貨を選択すると、自動的にアドレス作成画面が表示されるので、それに従って行うようにしましょう。

また、出金の際には1BTCの入金に対して、1Lot以上の取引が必要となります。
少額の取引のみを考えている方は、他の入出金方法を選択した方がよいでしょう。

 

Bigbossの入出金方法5:BXONE

BXONEとは、Bitwalletと同じようなオンラインウォレットのことです。
Bigbossでは、2019年7月から対応しています。

BXONEの入出金方法まとめ
・手数料が無料
・BXONEよりもBitwalletの方が手数料が安い
・英語表記になっているので使いづらい

ではここからは、BXONEの入出金方法について見ていきましょう。

 

BXONEの特徴

BXONEの特徴は、Bitwalletとほとんど同じです。
オンラインウォレットなので、効率的に入出金を行ってスムーズに取引を行うことができるでしょう。

BXONEは世界でも多くの方に愛用されているオンラインウォレットなので、簡単に取り組むことが可能です。

 

BXONEの注意点

BXONEは、Bigboss側に支払う手数料は無料となっています。
しかし、オンラインウォレット側でかかる手数料は、Bitwalletと比べると高くなっています。

使用感は同じなので、BXONEよりもBitwalletの方がお得に利用することができるでしょう。
その上、BXONEはすべて英語表記となっているので、日本人には利用しづらい環境となっています。

オンラインウォレットを使いたい方は、Bitwalletを利用することをおすすめします。

 

Bigbossの入出金方法6:海外銀行送金

海外銀行送金とは、日本以外の銀行を使って送金を行うという方法です。
日本に住んでいる方には関係のない方法なので、日本在住の方は他の5つの方法を使って入出金を行うようにしましょう。

 

Bigbossの仮想通貨取引比較

Bigbossでは、スタンダード口座とFOCREX口座の2つで仮想通貨の取引を行うことができます。
そのため、どちらを使ったらいいのか迷っている方もいるのではないでしょうか?

この2つの口座では、それぞれ異なる特徴があり、取引のやり方も異なります。
そこでここからは、Bigbossで仮想通貨の取引を行う方法について見ていきましょう。

 

スタンダード口座の利用をおすすめしたい方

ではまずは、スタンダード口座での仮想通貨取引の特徴から、スタンダード口座を利用するべき人についてご紹介していきます。

スタンダード口座での仮想通貨取引の特徴
・仮想通貨の50倍ものレバレッジ取引を行える
・30種類もの銘柄から自由に選ぶことができる
・MT4で取引ができる
・保有時間によって取引手数料が無料になる
・ボーナスの対象となっている

ぜひ参考にして、最適な口座タイプを選択してくださいね。

 

仮想通貨の50倍ものレバレッジ取引を行える

Bigbossのスタンダード口座の1番の特徴は、レバレッジ取引を行うことができる点です。

スタンダード口座での仮想通貨CFDは、50倍という高いレバレッジ設定になっています。
そのため、他の仮想通貨取引所と比べてもお得な取引を行うことができると考えられています。

仮想通貨は元々ボラティリティが高いので、レバレッジを使って取引をすることによって短時間でも大きな利益を出すことができるでしょう。

 

30種類もの銘柄から自由に選ぶことができる

Bigbossのスタンダード口座では、30もの豊富な銘柄が用意されています。
この中から自由に選んで取引を行うことができるという点は、大きな魅力と言えるでしょう。

 

取引銘柄 取引単位 取引銘柄 取引単位
BTCUSDT 1Lot = 1BTC UNIJPYT 1Lot = 1,000UNI
BTCJPYT 1Lot = 1BTC DOGEUSDT 1Lot = 100,000DOGE
ETHUSDT 1Lot = 10ETH DOGEJPYT 1Lot = 100,000DOGE
ETHJPYT 1Lot = 10ETH BNBUSDT 1Lot = 100BNB
XRPUSDT 1Lot = 10,000XRP BNBJPYT 1Lot = 100BNB
XRPJPYT 1Lot = 10,000XRP DOTUSDT 1Lot = 1,000DOT
BCHUSDT 1Lot = 100BCH DOTJPYT 1Lot = 1,000DOT
BCHJPYT 1Lot = 100BCH XLMUSDT 1Lot = 100,000XLM
EOSUSDT 1Lot = 10,000EOS XLMJPYT 1Lot = 100,000XLM
EOSJPYT 1Lot = 10,000EOS ENJUSDT 1Lot = 10,000ENJ
LTCUSDT 1Lot = 100LTC ENJJPYT 1Lot = 10,000ENJ
LTCJPYT 1Lot = 100LTC ADAUSDT 1Lot = 10,000ADA
NEOUSDT 1Lot = 1,000NEO ADAJPYT 1Lot = 10,000ADA
NEOJPYT 1Lot = 1,000NEO AXSUSDT 1Lot = 1,000AXS
UNIUSDT 1Lot = 1,000UNI AXSJPYT 1Lot = 1,000AXS

 

ただ、Bigbossのスタンダード口座の場合、仮想通貨×仮想通貨の銘柄しか扱うことはできません。
この点は制限があるので、注意しておきましょう。

 

MT4で取引ができる

Bigbossのスタンダード口座で取引をする場合、取引ツールはMT4が用意されています。
そのため、仮想通貨の取引でありながら、MT4が使えるのは大きな魅力の1つと言えるでしょう。

仮想通貨取引所を使った場合、それぞれ異なるツールが用意されており、その使い方を1から覚えなければいけないことが多いです。
しかし、MT4であればFXの取引を行っている方はほとんど使っていますし、スムーズに取引をすることができるでしょう。

仮想通貨の取引は相場の動きが激しいので、すぐに取引ができないと損失が出てしまう可能性があります。
そのことを考えると、MT4が使えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

保有時間によって取引手数料が無料になる

Bigbossのスタンダード口座では、ポジションの保有時間によって取引手数料が異なります。

スタンダード口座の仮想通貨取引の手数料
・5分以内:取引金額に対する片道0.2%(往復0.4%)
・5分以上:無料

仮想通貨はボラティリティが高いので、できれば短時間で決済してコツコツと利益を積み上げたいと考えている方もいると思います。
しかし、短時間だと取引手数料がかかってしまうので、できるだけ5分以上はポジションを保有するようにしておきましょう。

 

ボーナスの対象となっている

Bigbossのスタンダード口座は、ボーナスの対象口座となっています。
元々は仮想通貨CFDを行う際には対象外となっていましたが、現在はCFD銘柄の取引を行う際にも使えるようになっています。

大きなボーナスを使って取引をすることによって、より利益が出しやすくなるでしょう。

 

FOCREX口座がおすすめな方

ではここからは、Bigbossの仮想通貨専用口座であるFOCREX口座の特徴について見ていきましょう。

FOCREX口座の特徴
・現物取引を行うことができる・最大損失額は口座残高のみ
・仮想通貨同士の通貨ペアが扱える
・仮想通貨での入金が可能
・EXコインの取り扱いがある

スタンダード口座とは異なる特徴があるので、ぜひ参考にして選んでみてくださいね。

 

現物取引を行うことができる

FOCREX口座の1番の特徴は、現物取引を行うことができるという点です。

スタンダード口座はレバレッジを使うことができますが、仮想通貨はボラティリティが高いので、レバレッジを使った取引は不安に感じる方もいるでしょう。しかし、現物取引を行うことができるため、安心して取引を行うことができます。

仮想通貨取引所のような環境で取引を行いたい方は、FOCREX口座を選びましょう。

 

最大損失額は口座残高のみ

FOCREX口座は、現物取引のみの取引となっています。
そのため、もしも自分の予想とは逆に動いたとしても、最大損失額は口座残高のみになります。

このことから、安心して取引をすることができるでしょう。
リスクが低い状態で取引をしたいという方は、FOCREX口座を選ぶことをおすすめします。

 

仮想通貨同士の通貨ペアが扱える

FOCREX口座で取り扱える通貨ペアは、8種類のみとなっています。
スタンダード口座に比べると少ないですが、仮想通貨同士の通貨ペアを扱うことができます。

 

取引銘柄 取引単位 取引銘柄 取引単位
BTCUSD 0.00001 BTC XRPUSD 100 XRP
ETHUSD 0.0001 ETH NEOBTC 1ネオ
ETHBTC 0.0001 ETH RSVCUSD 1 RSVC
EXCUSD 0.0001 EXC BXCUSD 10000 BXC

 

より異なる値動きをする銘柄があるのは、メリットと言えるでしょう。

 

仮想通貨での入金が可能

FOCREX口座では、仮想通貨での入出金が可能です。
そのため、自分が持っている仮想通貨を使ってより資産を増やすことができます。

仮想通貨を使って仮想通貨を増やしたい方は、FOCREX口座がおすすめです。

 

EXコインの取り扱いがある

FOCREX口座では、EXコインも取り扱われています。
EXコインを扱っている業者はほとんどないので、魅力的だと感じるユーザーも多くいるようです。

他社では扱っていない魅力的な仮想通貨を取引できる業者を探している方は、ぜひ利用することをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?Bigbossとは、設立されてから長年多くのユーザーに愛用されている海外FX業者です。
昔から多くの日本人にも愛用されてきている業者で、たくさんの取引を行って利益を出している方も多くいるようです。

Bigbossは常にさまざまなサービス改良を行っており、よりユーザーが使いやすい取引環境を整えています。
元々は低かったレバレッジも現在は1,111倍まで高くなっていますし、取引銘柄もかなり多くなっています。

その上、最近は仮想通貨の取り扱いに力を入れており、豊富な銘柄を取り揃えています。
スタンダード口座で50倍のレバレッジを使って信用取引をすることもできますし、FOCREX口座で現物取引をおこなうこともできるのです。
このように自由に多くの取引ができるようになったことにより、FX通貨ペアを扱いたい方はもちろんですが、仮想通貨の取引をしたい方も口座開設をして取引を行っているようです。

日本人でも利用しやすいように、日本語でのカスタマーサポートも実施されていますし、さまざまな入出金方法が用意されているので、国内のFX業者と変わらない環境で取引を行うことができます。
現在、海外FX業者を使いたいけれども、どこがいいのか分からないと感じている方は、ぜひBigbossでの口座開設を検討してみることをおすすめします。

口座タイプも3つ用意されていますし、それぞれの環境は大きく異なります。
取引銘柄も豊富なので、どれが最もよいのかしっかりと事前に確認しておいた方がよいでしょう。
自分に合った取引環境を整えながら、最適な方法で取引ができるように準備してみてくださいね。

おすすめの記事