新興業者「FXBeyond」の全貌を公開!特徴・口座開設方法を解説!

FXBeyondは、2020年に設立されたまだ新しい海外FX業者です。
日本でサービスを開始したのは2021年3月と最近のことなので、まだその実態を知らないという日本のトレーダーも多くいるようです。

しかし、FXBeyondは日本に上陸してすぐから多くのユーザーを獲得している人気のある業者です。
海外FX業者らしい独自のサービスも豊富に用意されていますし、日本人でも利用しやすい環境が整えられているので、安心です。

そこで今回は、まだ新しいFXBeyondの魅力をすべてお伝えしていきます。
FXBeyondの特徴やボーナス、口座タイプ、口座開設方法などの情報をまとめていますので、現在FXBeyondでの口座開設を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

目次

FXBeyondとは?

FXBeyondとは、2020年にベトナムで設立された海外FX業者です。
パナマ共和国にもオフィスがあり、セーシャル諸島に関連会社を置いています。
ライセンスを取得しているのは、パナマ共和国のようです。

日本でサービスを開始し始めたのは、2021年3月のことです。
現在、日本でメジャーとなっている海外FX業者は2010年頃からサービスを提供しているため、そこと比べるとかなり新興の業者だといえるでしょう。

しかし、他の業者のネガティブな要素を修正して、徹底してトレーダーが求める取引環境を整えているからこそ、日本でも人気が高まっているようです。

 

FXBeyondの特徴

FXBeyondは、トレーダーにとって魅力的な要素がたくさんある海外FX業者です。

FXBeyondの魅力的な特徴
・最大1111倍という高いレバレッジ設定となっている
・ボーナスキャンペーンが他社と比べても豪華
・入出金の速度が早い
・金融ライセンスを取得しており信頼性が高い
・優秀な分析ツールが採用されている
・仮想通貨の銘柄もそろっている
・日本語でのサポートも充実している

そこでここからは、FXBeyondの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

最大1111倍という高いレバレッジ設定となっている

海外FX業者の1番の魅力は、高いレバレッジでしょう。
他社の海外FX業者の平均を見てみると、だいたい400~800倍です。
しかし、FXBeyondは海外FX業者の平均よりも圧倒的に高い1111倍となっています。
日本人から絶大な人気を誇っているXMTradingでも、1000倍なのでそこと比べてもかなり高い数字だといえるでしょう。
これだけ高いレバレッジを自由に使って取引をすることができるので、少ない資金でも効率よく大きな利益を狙って取引をすることができると言われています。
大きな利益を狙って取引をしたいという方や、少額の資産でまとまった利益を出したいと考えている方には最適な業者でしょう。
もちろん小さなレバレッジで取引をすることもできるので、しっかりとリスクヘッジをしたい方でも安心して利用することができます。
また、FXBeyondではゼロカットシステムも採用されています。
そのため、大きなレバレッジを使って失敗したとしても、損失額を抑えることができるため、安心して取引をすることができるでしょう。

レバレッジ規制には注意が必要

FXBeyondでは高いレバレッジが用意されていますが、口座に入金されている資産によってレバレッジが制限されてしまうこともあります
そのため、その時の口座残高に注意しておく必要があるでしょう。
また、銘柄や口座タイプによっても異なるので、確認してから取引をすることをおすすめします。

FXBeyondで実施されるレバレッジ制限は以下の通りです。

 

口座残高 FX通貨ペア 貴金属・エネルギー 仮想通貨 株式銘柄
200万円以下 1111倍 1111倍 22倍 555倍
200~500万円 222倍 222倍 4倍 100倍
500~1000万円 111倍 111倍 2倍 50倍
1000万円以上 55倍 55倍 1倍 25倍

 

すでに自分が使いたい銘柄や金額が決まっている方は、事前に確認した上で最適な状態を整えるようにしておきましょう。

 

レバレッジに関する口コミ

FXBeyondのレバレッジに関する口コミを見てみると、高いレバレッジをうまく活用してより有利な環境を作って利益を狙う方も多くいることが分かっています。

また、8月1日からゴールドやシルバーといった人気の銘柄のレバレッジを555倍から1111倍に引き上げています。
貴金属のレバレッジがこれほどまで高い業者は他にないので、FXBeyondを使いたいと考えている方が増えてきているようです。

貴金属での取引を行っている方は、FXBeyondを使った方がよいでしょう。

 

ボーナスキャンペーンが他社に比べて豪華

海外FX業者の多くは、より多くの新規口座開設者を獲得するためや、既存のユーザーにより長く利用してもらうためにさまざまな豪華なボーナスキャンペーンを実施しています。
海外FX業者の大半はNDD方式となっているので、ユーザーが取引をする際に支払うスプレッドに乗せられた分を利益として獲得しています。
そのため、より多くの取引をしてもらった方が利益を増やすことができるので、ボーナスをうまく活用しているようです。

実際に、NDD方式を採用しているFXBeyondでも、不定期で豪華なボーナスキャンペーンを実施しています。
2022年8月8日現在、公開されているキャンペーンはありませんが、過去にはさまざまなボーナスが提供されて多くのユーザーがお得に取引を行ってきました。

過去に実施されたボーナスキャンペーン
・2万円口座開設ボーナス
・100%入金ボーナス
・30%入金ボーナス

このようなボーナスキャンペーンをうまく活用すれば、少額の資産でもしっかりと利益を出すための取引を行うことができるでしょう。
FXBeyondで口座開設を考えている方は、こまめにFXBeyondのHPをチェックしておくことをおすすめします。

 

FXBeyondのボーナスに関する口コミ

FXBeyondの口コミを見てみると、ボーナスに関してプラスの意見が多くみられました。
レバレッジも高いので、一緒に使うことによってより効率のよい取引を行うことができるでしょう。

 

入出金の速度が早い

海外FX業者のデメリットとしてよく挙げられるのが、入出金に時間がかかってしまう点です。
基本的には、海外から日本への国際送金となっているので、3~5営業日ほどかかるケースが多いです。

しかし、FXBeyondは数ある海外FX業者の中でも最速水準を誇ると言われています。
当日に出金されることも多くあるため、国内FX業者のような感覚で取引をすることができるでしょう。

また、FXBeyondでは通常のサポート窓口だけではなく、入出金専用のカスタマーサポートが準備されています。
そのため、何か入出金に関するトラブルが起こった時や不安な点があった時でも、気軽に相談することができますし、早く問題解決をしてスムーズに取引をすることができるでしょう。

 

FXBeyondの入出金に関する口コミ

FXBeyondの入出金に関する口コミは、よい評判ばかりとなっていました。
他の海外FX業者を使っていて、入出金の遅さに不安を感じていた方でも、安心して利用することができているようです。

より早く着金してほしいと考えている方は、FXBeyondの利用をおすすめします。

 

 

金融ライセンスを取得しており信頼性が高い

FXBeyondは2020年に設立された、まだ新しい会社です。
実績も少ないので、本当に信頼して資産を預けてもいいのか不安に感じる方もいるでしょう。

しかし、FXBeyondはすでにパナマ共和国での金融ライセンスを取得しています。
パナマ共和国はそこまで取得が難しくはないライセンスではありますが、新興業者の場合はライセンスを取得せずに運営を始めることも多いので、この点は珍しく高く評価できる点だと言えます。

また、FXBeyondはライセンス番号も公表しています。
取得しているライセンスの情報を詳しく公表する業者はほとんどないので、この点もFXBeyondが人気の所以でしょう。
このことから、FXBeyondは新興業者でありながら、顧客が安心できる環境を整えることに注力していることが分かります。

これまでにも大きなトラブルを起こしていないので、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

FXBeyondの信用に関する口コミ

FXBeyondはまだまだ新しい企業なので、ライセンスを取得していても不安に感じる方もいるようです。
しかし、実際にFXBeyondを使ってみて、その環境に安心して利用し続けるという方が多くいます。

ライセンスを持っていることによって、新しい会社であっても踏み出せるという方もいるようなので、ぜひ内容もチェックして検討してみることをおすすめします。

 

 

優秀な分析ツールが採用されている

FXBeyondでは、ユーザーがよりスムーズに取引を行うことができるように、独自のトレード分析ツールを採用しています。
この中には、自分のトレードを分析することができる機能や、利益を出しやすい条件等を簡単に表示してくれる仕組みになっています。

FXBeyondの独自の分析ツールに含まれている内容は、以下の通りです。

FXBeyondの独自ツールの内容
・証拠金の推移
・取引による損益金額
・取引による損益利率
・通貨ペアごとの勝率
・利益金額の比率
・獲得したpips数
・ポジションを保有している時間
・取引を行った回数

このような情報をより視覚的に見ることによって、自分のトレードの癖を理解した上でトレードをすることができます。
そのため、勝率を高めることができるでしょう。

 

FXBeyondの分析ツールに関する口コミ

FXのトレードを分析するツールはたくさんありますが、その中でもFXBeyondのものはかなり使いやすいと感じる方が多くいるようです。
実際に口コミを見てみても、見やすくて分かりやすいという声が多数みられました。

同じような分析ができるツールでも、文字の羅列ばかりで理解ができないという方もいます。
しかし、FXBeyondはより視覚的に理解できるような仕組みになっているため、初心者の方から上級者の方まで気軽に使うことができるでしょう。

より楽に分析をして結果を出したいと考えている方は、FXBeyondを利用することをおすすめします。

 

 

仮想通貨の取引を行うことができる

最近は、仮想通貨の人気が高まってきています。
そのため、仮想通貨取引所だけではなく、FX業者でも仮想通貨取引を行うことができる業者も増えてきています。

取引所の場合、レバレッジを使った取引が行えるとしてもだいたい2~5倍程度のレバレッジしか使うことができません。
それに対して、FX業者だと大きなレバレッジを活用した取引ができるケースが多いので、利益を出しやすいと判断する方が多くいるようです。

FXBeyondは仮想通貨の取引をすることができる上に、最大22倍のレバレッジを使うことができるようになっています。
元々FXBeyondはボラティリティが高く、短時間で大きな変動をすることがあります。
そのため、高いレバレッジを使うことによって、より短い時間で効率よく利益を出すことができるようです。

仮想通貨の取引で一攫千金を狙いたいと考えている方は、FXBeyondで大きなレバレッジを使った取引をした方がよいでしょう。

 

FXBeyondの仮想通貨取引に関する口コミ

仮想通貨の取引は現在人気になってきていますが、FX業者が取引できるように対応しているケースはそこまで多くありません。
その上、対応しているところでもあまり高いレバレッジは用意できていないようです。

そのため、FXBeyondでの仮想通貨取引は大きな話題となっており、人気が高まっています。
より効率よく仮想通貨取引を行いたいと考えている方には、おすすめでしょう。

 

 

日本語でのサポートも充実している

FXBeyondはまだ新しく新設されたばかりの企業ですし、日本でのサービスを提供し始めたのは2020年のことです。
そのため、まだまだ日本人向けのサービスが整っていないのではないかだと感じる方も多いでしょう。

しかし、FXBeyondのHPは日本語できちんと表示されていますし、カスタマーサポートも日本語で行われています。
このように日本人でも使いやすい仕組みになっているため、安心して利用することができるでしょう。

 

FXBeyondの日本語サポートに関する口コミ

FXBeyondの利用者の口コミを見てみると、日本語対応には満足しているというものも多くみられました。

口コミにもありますが、海外FX業者の中には「日本語対応」と記載しておきながら、すべてGoogle翻訳等を使って返信しているので、内容が分かりづらいというところも多数あります。
しかし、FXBeyondから返信される日本語は、分かりづらいものもなく、利用しやすいでしょう。

 

ただ、中にはHPの日本語が読みづらいという意見もありました。

 

FXBeyondのHPは海外のサーバーとなっており、ブラウザ側が自動的に日本語に直して表記するように設定されているケースがあります。
そのような表示だと、読みづらい日本語になっていることがあります。

もしも読みづらいと感じた時には、ブラウザの翻訳機能を英語に戻してみてください。
そうすれば、綺麗な日本語の表記をチェックすることができるでしょう。

 

FXBeyondを利用する上での注意点

FXBeyondはさまざまな特徴のある海外FX業者です。
しかし、FXBeyondを利用する時には、注意しておいた方がよい点もあります。

FXBeyondを利用する上での注意点
・新しい業者なのでまだ実績が少ない
・ゼロカット処理までの時間が長い
・ロスカット水準が高い
・ロット制限が厳しく大口取引には向かない
・スキャルピングの取引には注意が必要

そこでここからは、FXBeyondの注意すべき点についてご紹介していきましょう。

 

新しい業者なのでまだ実績が少ない

FXBeyondは、2020年に設立されて2021年から日本でのサービスを開始し始めたFX業者です。
現在、日本で人気の高い海外FX業者は、2000~2010年頃に設立されているものが多いので、そこと比較して不安に感じる方もいるでしょう。
この点はどうしても対策することができません。

しかし、FXBeyondはこれまでに大きなトラブルを起こしたことはないようです。
その上、サービスの改善もより早く行っているため、安心して利用することができるでしょう。

 

ゼロカット処理までの時間が長い

FXBeyondでは、ゼロカットシステムが採用されています。
1111倍というレバレッジが用意されているため、ゼロカットシステムがなければ積極的に取引をすることはできないでしょう。

ただ、FXBeyondはゼロカットの処理が終わるまで少し時間がかかってしまうこともあるようです。
早い時では数十分で完了するようですが、遅い時には数時間程度かかることもあります。

 

 

まだゼロカットシステムが起こっていない時に入金をしてしまうと、マイナス残高と相殺されてしまうので、ゼロカットシステムを利用することができなくなってしまうです。
そのため、まずはゼロカットシステムが起こるのを待つようにしましょう。
また、遅い時にはカスタマーサポートに連絡して処理をしてもらうという方法もあるようです。

 

ロスカット水準が高い

海外FX業者のロスカット水準は、業者によって異なる基準が設定されています。
一般的には20%程度となっていますが、FXBeyondの場合は50%となっています。
そのため、高いと感じる方もいるようです。

ロスカット水準が高いと、ギリギリまで粘って相場が反転するのを待ちたいという時でも、早めに強制決済されてしまうため、思うように取引ができないこともあるでしょう。

 

この点に関しては、デメリットと感じているユーザーが多いので、今後改善される可能性も十分にあると言えます。

また、元々ロスカットはトレーダーを守るために用意されたシステムです。
50%でロスカットされることによって、万が一の際にも資産が手元に残るので、再度利益を取り戻すために取引をすることも可能です。
ロスカットをうまく活用して、しっかりと利益を出すことを目指しましょう。

 

ロット制限が厳しく大口取引には向かない

FXBeyondは、他社に比べてロット制限が厳しいと言われています。

FXBeyondのロット制限
・1注文あたりの最大取引数量:100ロット
・同時保有ロット:5000ロット
・最大保有ポジション:50ポジション

このような基準が定められているので、大口の取引にはあまり向かないと感じているユーザーが多いようです。

ただ、個人投資家の方の場合、あまり大きなロットを使って取引をしない方もいます。
そのような方であれば、十分に取引をすることができる制限なので、心配する必要はないでしょう。

 

スキャルピングの取引には注意が必要

海外FX業者の中には、スキャルピングの取引を禁止しているところもありますが、FXBeyondではスキャルピングはOKと表示されています。
しかし、FXBeyondの利用規約の中では「インターネット遅延を利用した取引」は禁止されています。

スキャルピングはこれに該当するので、ずっとスキャルピングでの取引を行っていると、FXBeyond側から警告されたり、口座が凍結されてしまう可能性も十分にあるでしょう。

FXBeyondでスキャルピングの取引を行う際には、注意しながら進めることをおすすめします。

 

FXBeyondの口座タイプ

FXBeyondでは、ユーザーが行う取引に合わせて取引環境を選ぶことができるように、3つの口座タイプを用意しています。

FXBeyondの口座タイプ
・スタンダード口座
・ゼロスプレッド口座
・プロ口座

この3つの口座タイプには、それぞれ異なる特徴があるので、事前に確認して自分に合うものを選択して取引をした方がよいでしょう。

 

スタンダード口座 ゼロスプレッド口座 プロ口座
基軸通貨 JPY・USD JPY・USD JPY・USD
注文方式 STP方式 ECN方式 STP/ECN
最小スプレッド 1.5pips~ 0.1pips~ 0.0pips~
最大レバレッジ 1111倍 500倍 100倍
最低入金額 5000円 5000円 5000円
最小注文数 0.01Lot 0.01Lot 0.01Lot
最大注文数 100Lot 100Lot 100Lot
ロスカット水準 50% 50% 50%
分析ツール
取引手数料 無料 スタンダード口座と同じスプレッドが決済後にかかる 無料
ボーナス

 

ではここからは、FXBeyondの3つの口座タイプについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

FXBeyondの口座タイプ1:スタンダード口座

FXBeyondは、3つの口座タイプの中で最もオールマイティな口座です。
そのため、さまざまな取引を試してみたいという方や、FXBeyondの魅力が詰まった口座で取引をしたいと考えている方に最適な口座と言えるでしょう。

スタンダード口座の特徴
・どのような取引にも適している
・ボーナスを受け取ることができる
・最大1111倍のレバレッジが使える
・スプレッドは少し広め

ではここからは、FXBeyondのスタンダード口座の特徴について詳しく見ていきましょう。

 

どのような取引にも適している

FXBeyondのスタンダード口座は、特に大きな特徴を設けていません。
そのため、誰でもどのような取引でも使いやすいという点が特徴となっています。

FXの取引には、「デイトレード」「スイングトレード」などのさまざまな取引手法があり、それぞれ適した環境が異なっています。
スタンダード口座ではどの取引でも行うことができるため、安心して利用することができるでしょう。

初心者でも安心して使うことができるため、初めてFXの取引を行う方にも人気が高いです。

 

ボーナスを受け取ることができる

FXBeyondの3つの口座タイプの中で、豪華なボーナスキャンペーンを受け取ることができるのは、「スタンダード口座」のみとなっています。
そのため、ボーナスを受け取りたいと考えている方は、スタンダード口座を選ぶ必要があります

FXBeyondでのボーナス開催は不定期となっていますが、ボーナスを受け取ることによってより大きな利益を出せる可能性が高いです。
自分の資産以上の金額で取引をしたい方は、スタンダード口座を使って効率よく取引を行うことをおすすめします。

 

最大1111倍のレバレッジが使える

FXBeyondの最大レバレッジは、1111倍となっています。
しかし、スタンダード口座以外の口座は、レバレッジが小さくなっています。
そのため、1111倍のレバレッジが使えるのはスタンダード口座のみということです。

1111倍のレバレッジを使えば、自分の資産が少なくてもかなり大きな利益を出すことができる可能性が高まります。
より効率よく短時間で大きな利益を出したいと考えている方は、1111倍のレバレッジが使えるスタンダード口座がよいでしょう。

 

スプレッドは少し広め

FXBeyondのスプレッドは、口座タイプによって異なります。
3つの口座を比較すると、スプレッドは最も広い状態となっているようです。

スプレッドが広いと、取引をする際により多くの手数料がとられてしまうため、利益が目減りしてしまうと感じる方もいるようです。
特にあまりレバレッジを使わない取引を行う方や、短時間でのスキャルピングの取引を行いたいと考えている方は、スプレッドの広さによって利益が出しづらくなることも考えられます。

スタンダード口座を使うのであれば、高いレバレッジやボーナスをうまく活用して取引をするようにすれば、スプレッドの広さもそこまで気にならないでしょう。

 

FXBeyondの口座タイプ2:ゼロスプレッド口座

ゼロスプレッド口座とは、スプレッドをかなり狭くした点が特徴の口座となっています。
スタンダード口座はスプレッドが広めになっていますが、ゼロスプレッド口座はその手数料の負担がなくなるので、利益の目減りを心配することなく取引をすることができる環境が魅力と言われています。

ゼロスプレッド口座の特徴
・スタンダード口座と比べてスプレッドが狭い
・レバレッジは最大500倍に制限されている
・外付け手数料がかかる
・ボーナスを受け取ることができない

ではここからは、FXBeyondのゼロスプレッド口座の特徴について見ていきましょう。

 

スタンダード口座と比べてスプレッドが狭い

FXBeyondのスタンダード口座の最小スプレッドは、「1.5pips~」となっています。
しかし、ゼロスプレッド口座は「0.1pips~」とかなり狭くなっています

スプレッドが狭ければ、取引毎にかかる手数料をかなり抑えることができるのです。
そのため、利益の目減りを感じることなく取引をすることができる点が魅力と言われています。

短期的な取引や少額での取引の場合、スプレッドが狭い方が利益を出しやすいでしょう。

 

レバレッジは最大500倍に制限されている

海外FX業者の1番の魅力は、やはり高いレバレッジを使うことができる点です。
実際にFXBeyondでは、最大1111倍というかなり大きなレバレッジが設定されています。

しかし、ゼロスプレッド口座の場合は最大レバレッジが500倍まで制限されてしまうようです。
そのため、1111倍という高いレバレッジをうまく活用して取引をしたいと考えている方には、あまり向かないでしょう。

ただ、国内FX業者の最大レバレッジは25倍と制限されているので、そこと比較するとかなり大きな違いがあることが分かります。
実際にスプレッドが狭い口座であれば、500倍というレバレッジでも十分に活用することができるため、安心して取引をすることができるでしょう。

 

外付け手数料がかかる

ゼロスプレッド口座は、スプレッドがかなり狭くなっています。
しかし、スプレッドと別に外付け手数料を支払わなければいけません。

FXBeyondの外付け手数料の仕組み
外付け手数料の金額は、スタンダード口座と同じスプレッド。
決済が終わった後に差し引かれるという仕組みになっている。

FXBeyondのスタンダード口座の最小スプレッドは1.5pipsとなっているので、その分が後で清算されるということです。
変動型スプレッドとなっているので、その時のスプレッドをチェックしておいた方がよいでしょう。

もちろん外付け手数料がかかるのは、負担に感じる方もいるでしょう。
ただ、ゼロスプレッド口座のようなECN口座の場合、どの海外FX業者でも外付け手数料がかかってきます。

また、このような仕組みになっていると、「スタンダード口座」の方がお得なのではと感じる方もいるでしょう。
しかし、外付け手数料は経費として確定申告をすることができますが、スプレッドは経費に算出することができません。
このことを考えると、外付け手数料の方が節税対策をしながらお得に取引をすることができる仕組みと言えるでしょう。

 

ボーナスを受け取ることができない

FXBeyondのゼロスプレッド口座は、ボーナスの対象外となっています。
FXBeyondでは、不定期で豪華なボーナスキャンペーンが実施されていますが、それを利用することができないのはデメリットと言えるでしょう。

しかし、スタンダード口座よりも取引環境は整っているので、どちらを優先した方がよいのか自分で考えて、相性が良い方を選ぶことをおすすめします。

 

FXBeyondの口座タイプ3:プロ口座

プロ口座は、新しく新設された口座です。
プロ口座はLP直結型となっているので、ゼロスプレッド口座以上の極狭スプレッドを実現している点が魅力と言われています。

プロ口座の特徴
・最低0.0pipsのスプレッドを実現している
・外付け手数料が無料
・レバレッジは100倍まで制限される
・ボーナスは受け取り対象外となっている

ではここからは、FXBeyondのプロ口座の特徴について見ていきましょう。

 

最低0.0pipsのスプレッドを実現している

FXBeyondのプロ口座では、脅威の0.0%のスプレッドを実現しています。
ゼロスプレッド口座よりも狭くなっているため、よりスプレッドが狭い環境を求めている方に人気があるようです。

これだけ狭いスプレッドであれば、短期間で決済するスキャルピングのような取引を行うことができるので、安心と感じる方もいるようです。
かなりスプレッドが狭いところを選びたい方は、FXBeyondのプロ口座を使うといいでしょう。

 

外付け手数料が無料

ゼロスプレッド口座はスプレッドが狭いですが、外付け手数料がかかってきます。
もちろん経費として計上することができますが、一時的に利益が目減りしてしまうので、損失だと感じてしまう方もいるようです。

しかし、プロ口座では外付け手数料が無料となっています。
そのため、ただスプレッドが狭い環境で取引を行うことができる点が大きな魅力と言えるでしょう。

 

レバレッジは100倍まで制限される

プロ口座は、スプレッドが狭くて外付け手数料がかからないので、魅力的だと感じる方もいるでしょう。
しかし、レバレッジは100倍まで制限されてしまいます。
そのため、海外FX業者の魅力である高いレバレッジを使った取引をすることはできません。

ただ、プロ口座の取引環境であれば、100倍のレバレッジでも十分に利益を出すことは可能だと考えられます。
どちらの方が自分の取引に必要なのかをしっかりと考えて、口座タイプを選ぶことをおすすめします。

 

ボーナスは受け取り対象外となっている

FXBeyondには豪華なボーナスキャンペーンが用意されていますが、プロ口座は受け取りの対象外となっています。
そのため、ボーナスを使って効率よく取引をすることはできません

もしもプロ口座を使いたいと考えている方は、ボーナスがないことを理解して取引を始めるようにしましょう。

 

FXBeyondのボーナスキャンペーン

FXBeyondでは、不定期で豪華なボーナスキャンペーンが実施されています。

FXBeyondで実施されたボーナスキャンペーン
・新規口座開設ボーナス
・入金150%ボーナス

2022年8月8日現在ではボーナスが実施されていませんが、今後新しいキャンペーンが始まることは考えられます。
そこでここからは、過去に行われたキャンペーンについてご紹介させていただきます。

 

FXBeyondのボーナス1:新規口座開設ボーナス

新規口座開設ボーナスとは、新たにFXBeyondで口座開設をした方を対象に配布されるボーナスのことです。

新規口座開設ボーナスの特徴
・口座開設時に2万円のボーナスがもらえる
・ボーナスは取引には使えるが出金は不可
・利益は出金することができる
・スタンダード口座のみが対象
・本人確認書類の提出等が必要ない

ではここからは、口座開設ボーナスの詳細について見ていきましょう。

 

口座開設ボーナスの特徴

FXBeyondの口座開設ボーナスが実施されたのは、2021年8月13日~9月13日の1か月間です。
日本でサービスを開始したのが2021年4月なので、かなり早く開催されていましたし、期間も1か月と長かったため、大きな注目を集めました。

その上、この時に付与された金額は2万円と、他の海外FX業者に比べてもかなり大きな数値となっていました。
このため、まだFXBeyondに不安を抱えている方でも資産を入れることなく、十分に取引を試すことができると考えて、口座開設をしたユーザーも多くいたようです。

口座開設ボーナスは出金をすることはできませんが、取引に利用することは可能です。
出た利益は出金することができるので、最初の2万円でしっかりと利益を出すことができたという方もいたようです。

また、新規口座開設後は本人確認書類を提出することなくボーナスを受け取ることができ、すぐに取引を始めることができました。
このような仕組みが人気となり、FXBeyondは多くのユーザーを獲得していました。

 

FXBeyondの口座開設ボーナスの受け取り方

FXBeyondの口座開設ボーナスは、口座開設をした時点で誰でも受け取ることができるようになっていました。
そのため、より手軽で便利だと感じている方が多くいたようです。

しかし、口座開設ボーナスを活用して出した利益を出金する際には、本人確認書類の提出と審査が必須となっていました。
より早く取引を始めることができるという点は、大きな魅力と言えるでしょう。

 

FXBeyondのボーナス2:入金ボーナス

入金ボーナスとは、入金した額以上のボーナスをもらうことができるというキャンペーンです。

FXBeyondの入金ボーナスの特徴
・ボーナスの時によってパーセンテージが異なる
・上限がないサービスも実施されていた
・回数制限がなく、魅力が高い
・自分が入金した資産以上の金額で取引ができる
・出金の際にはボーナスが消えてしまう

ではここからは、FXBeyondの入金ボーナスの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

FXBeyondの入金ボーナスの特徴

FXBeyondの入金ボーナスとは、口座に資産を入金した際にその時に定められているパーセンテージ分をもらうことができるキャンペーンです。
その時によって、100%・150%という条件が定められており、その分お得にボーナスを受け取ることができるので、より大きな利益を狙った取引を行うことができると考えられています。

FXBeyondのボーナスの中には上限金額が定められていないものもあり、その期間中であれば何度でもボーナスが受け取れる仕様になっているキャンペーンもありました
このようなキャンペーンは他社も行っていないので、大きな注目を集めたようです。

入金ボーナスは取引に使うことができ、そこで出た利益は出金することができます。
しかし、出金をした際にはボーナスが消失してしまうので、出金時には注意が必要でしょう。

 

入金ボーナスの受け取り方

入金ボーナスを受け取る方法は、簡単です。
入金ボーナスが実施されている時に入金をすれば、その金額に合ったボーナスが自動的に付与されるようになっています。
そのため、手軽に利用することができるでしょう。

キャンペーンの期間を見逃すことがないように、こまめにFXBeyondが出すニュースをチェックしておくことをおすすめします。

 

FXBeyondのスプレッド

ではここからは、FXBeyondのスプレッドについて詳しく見ていきましょう。
口座タイプや銘柄によっても異なるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

口座タイプ別|FXBeyondのスプレッド

まずは、FXBeyondの3つの口座タイプによるスプレッドの比較を行っていきましょう。

 

FX通貨ペア

まずは、FX通貨ペアについて見ていきましょう。

 

取引銘柄 スタンダード口座 ゼロスプレッド口座 プロ口座
EURUSD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
USDJPY 1.5pips 0.1pips 0.1pips
EURJPY 1.5pips 0.1pips 0.1pips
GBPJPY 1.5pips 0.1pips 0.1pips
EURGBP 1.5pips 0.1pips 0.1pips
AUDJPY 1.5pips 0.1pips 0.1pips
GBPUSD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
AUDUSD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
USDCAD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
CADJPY 1.5pips 0.1pips 0.1pips
AUDNZD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
EURAUD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
EURCAD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
GBPAUD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
NZDJPY 1.5pips 0.1pips 0.1pips
AUDCAD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
GBPCAD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
GBPNZD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
NZDUSD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
USDZAR 61.4pips 60 60
CHFJPY 1.5pips 0.1pips 0.1pips
USDCHF 1.5pips 0.1pips 0.1pips
AUDCHF 1.5pips 0.1pips 0.1pips
CADCHF 1.5pips 0.1pips 0.1pips
EURCHF 1.5pips 0.1pips 0.1pips
GBPCHF 1.5pips 0.1pips 0.1pips
EURTRY 16.4pips 15 15
TRYJPY 1.5pips 0.1pips 0.1pips
USDTRY 1.5pips 10 10

 

このように見てみると、ゼロスプレッド口座とプロ口座のスプレッドは同一になっています。
しかし、ゼロスプレッド口座の場合はこれに加えてスタンダード口座のスプレッド分が手数料としてかかってくるので、注意しておきましょう。

よりスプレッドを抑えて取引をしたいのであれば、プロ口座がおすすめです。

 

貴金属・エネルギー

次は、貴金属・エネルギー銘柄について見ていきましょう。
貴金属・エネルギーも、3つの口座どれでも取引をすることができます。

 

取引銘柄 スタンダード口座 ゼロスプレッド口座 プロ口座
XAUUSD 2.0pips 0.6pips 0.6pips
XAGUSD 1.5pips 0.1pips 0.1pips
OILUSD 1.5pips 0.1pips 0.1pips

 

株価指数

次は、口座タイプ別に株価指数のスプレッドを比較していきましょう。

取引銘柄 スタンダード口座 ゼロスプレッド口座 プロ口座
USA.30 2.1pips 0.7pips 0.7pips
NAS100 1.8pips 0.4pips 0.4pips
JPN225 10.8pips 9.4pips 9.4pips

 

仮想通貨

最後に、口座タイプ別に仮想通貨のスプレッドを比較していきましょう。

 

取引銘柄 スタンダード口座 ゼロスプレッド口座 プロ口座
BTCUSD 502.4pips 501pips 17.3pips
ETHUSD 13.5pips 12.1pips 4.4pips
LTCUSD 6.3pips 4.9pips 1.4pips
XRPUSD 6.8pips 5.4pips 5.4pips

 

仮想通貨に関しては、ゼロスプレッド口座とプロ口座のスプレッドが異なり、プロ口座が圧倒的にスプレッドが狭くなっています。
そのため、よりスプレッドが狭い環境で取引をしたいと考えている方は、プロ口座を利用することをおすすめします。

 

業者別|スプレッドの比較

ではここからは、他社とスプレッドを比較してみていきましょう。
今回は、人気の高い海外FX業者であるXMTradingとGemforexを対象にしていきます。

 

通貨ペア|スタンダード口座

まずはスタンダード口座の違いについてチェックしていきます。
XMTradingの「スタンダード口座」、Gemforexの「オールインワン口座」が対象です。

 

口座タイプ FXBeyond XMTrading GEMFOREX
USD/JPY 1.5pips 1.6 pips 1.5pips
EUR/USD 1.5pips 1.7 pips 1.5pips
GBP/USD 1.5pips 2.1 pips 2.2pips
USD/CHF 1.5pips 2.1 pips 3.3pips
AUD/USD 1.5pips 1.8 pips 1.9pips
USD/CAD 1.5pips 2.2 pips 2.2pips
このように比較してみると、どの業者よりもFXBeyondがスプレッドが狭くなっていることが分かります。
しかし、スプレッドは変動制となっているので、変わることもあるため、注意しておきましょう。

通貨ペア|ゼロスプレッド口座

ではここからは、ゼロスプレッド口座について比較していきましょう。
対象口座は、XMTradingが「ZERO口座」、Gemforexは「ノースプレッド口座」です。
しかし、XMTradingとFXBeyondはスプレッド以外に手数料がかかるので、合算額で見ていきましょう。
口座タイプ FXBeyond XMTrading GEMFOREX
USD/JPY 1.6pips 1.1 pips 0.3 pips
EUR/USD 1.6pips 1.1 pips 0.3 pips
GBP/USD 1.6pips 1.6 pips 1.3pips
USD/CHF 1.6pips 1.5 pips 0.3pips
AUD/USD 1.6pips 1.3 pips 0.3pips
USD/CAD 1.6pips 1.5 pips 0.8pips

 

3社を比較してみると、最もスプレッドが狭いのは「Gemforex」です。
取引手数料が別途かからない分、より狭いスプレッドが使えるようになっているといえます。

しかし、XMTradingとはそこまで変わらないところもあるので、あまり差のない取引を行うことができるでしょう。

 

通貨ペア|プロ口座

ここからは、プロ口座を比較していきましょう。
比較対象は、XMTradingが「ZERO口座」、Gemforexは「ガチゼロ口座」です。

XMTradingは取引手数料がかかるので、その分を合算して計算していきます。

 

口座タイプ FXBeyond XMTrading GEMFOREX
USD/JPY 0.1pips 1.1 pips 0.0 pips
EUR/USD 0.1pips 1.1 pips 0.0 pips
GBP/USD 0.1pips 1.6 pips 0.0 pips
USD/CHF 0.1pips 1.5 pips 0.0 pips
AUD/USD 0.1pips 1.3 pips 0.0 pips
USD/CAD 0.1pips 1.5 pips 0.0 pips

 

プロ口座に関しては、Gemforexのガチゼロ口座とほとんど変わらない数値となっています。
しかし、ガチゼロ口座は誰もが任意で開設できるものではなく、招待された方のみが利用することができる口座になっています。

そのことを考えると、誰でも利用することができるFXBeyondのプロ口座がこれだけスプレッドが狭いのは、かなり魅力的だと考えられるでしょう。
XMTradingのZERO口座と比べると、かなり狭くなっているので、他社よりも効率的な取引ができる環境となっています。

 

貴金属・エネルギー

ではここからは、貴金属の銘柄について、「FXBeyond」と「XMTrading」のスプレッドの違いをチェックしていきましょう

 

口座タイプ FXBeyond
(スタンダード)
FXBeyond
(プロ)
XMTrading
(スタンダード)
XMTrading
(ZERO)
XAUUSD 2.0pips 0.6pips 3.5pips 3pips
XAGUSD 1.5pips 0.1pips 3.5pips 3pips
OILUSD 1.5pips 0.1pips 0.5pips

このように比較してみると、貴金属に関してはFXBeyondの方が圧倒的に狭くなっています。
エネルギーはXMTradingの方が狭いですが、プロ口座を使えばより有利な環境で取引をすることができます。

 

株式指数

次は、株式指数について見ていきましょう。

 

取引銘柄 FXBeyond
(スタンダード)
FXBeyond
(プロ)
XMTrading
USA.30 2.1pips 0.7pips
NAS100 1.8pips 0.4pips
JPN225 10.8pips 9.4pips 1.2pips

 

株式指数に関しては、XMTradingの方が多くの銘柄を扱っていますし、スプレッドも狭くなっているようです。
株式指数を取り扱いたいという方は、他の銘柄もチェックしてみた方がよいかもしれません。

 

仮想通貨

では最後に、仮想通貨のスプレッドについて比較していきましょう。

 

取引銘柄 FXBeyond
(スタンダード)
FXBeyond
(プロ)
XMTrading
BTCUSD 502.4pips 501pips 60
ETHUSD 13.5pips 12.1pips 3.6pips
LTCUSD 6.3pips 4.9pips 0.6pips
XRPUSD 6.8pips 5.4pips 0.0038pips

 

仮想通貨は、基本的にスプレッドが広い傾向があると言われています。
比較しても、XMTradingの方が狭くなっているようです。

 

FXBeyondの入出金方法

ではここからは、FXBeyondの入出金方法について見ていきましょう。
FXBeyondの入出金方法は、以下の4つです。

FXBeyondの入出金方法
・銀行振込
・クレジットカード【※メンテナンス中】
・BitGo(ビットゴー)
・PerfectMoney(パーフェクトマネー)【※近日公開】

しかし、現在はクレジットカードがメンテナンス中となっており、PerfectMoneyが公開されていないので、実質2つとなります。
それぞれ特徴があるため、メリット・デメリットを理解した上で自分が最適だと思うものを選択する必要があります。

 

取引銘柄 銀行振込 BitGo
入金手数料 無料
(2万円以下:1000円)
無料
(2万円以下:1000円)
入金スピード 即日~2営業日 即日~2営業日
最小入金額 5000円 5000円
1回の最大送金額 1000万円 1000万円
出金手数料 無料
(2万円以下:1500円)
無料
(2万円以下:1500円)
出金スピード 1~5営業日 即日~2営業日
最小出金額 5000円 5000円
1回の最大出金額 1000万円 1000万円

 

そこでここからは、FXBeyondの入出金方法についてそれぞれ詳しく解説していきましょう。

 

FXBeyondの入出金方法1:銀行送金

銀行振込とは、いつも他の口座に振り込みをする手順で、FX業者の口座に入金することができる方法です。
FXBeyondへ入金する方法としても、最も人気があるようです。

FXBeyondの入出金方法まとめ
・他の入金方法よりも簡単に行える
・手数料は2万円以上なら無料
・2万円以下でも手数料が安い
・出金の際も面倒な手続きがいらない
・着金の速度が比較的早い

そこでここからは、銀行送金の特徴についてご紹介していきましょう。

 

他の入金方法よりも簡単に行える

銀行送金の1番のメリットは、他の入金方法よりも手軽に行えるという点です。
普段行っているのと同じ方法なので、手軽に感じる方も多いでしょう。

FXBeyondは海外FX業者ですが国内の銀行を保有しており、そこに振り込む形になっているので、誰でもすぐに取引を始めることができます。

 

手数料が他社に比べてお得

FXBeyondは、他社に比べて手数料が安いと言われています。
実際に、入金額が2万円以上であれば無料ですし、2万円以下であれば1000円となっています。

他社でも同じように入金金額によって手数料がかかる仕組みになっているところはありますが、手数料の額が高くなっていることが挙げられます。
よりお得に銀行送金を使いたい方には、最適でしょう。

しかし、FXBeyond側の手数料は無料となっていますが、銀行側に支払う手数料は自分で負担しなければいけません。
金額は銀行によって異なるので、事前にしっかりとチェックしておくようにしましょう。

 

着金が意外と早い

海外FX業者で銀行振込を利用した場合、入金額が着金するまでの時間がかなり長いことが多くあります。
しかし、FXBeyondの場合は即日~2営業日と比較的着金までの速度が早い傾向があるようです。

 

実際に利用している方の口コミを見てみても、かなり早く着金していることが分かります。
これだけ早く着金するのであれば、安心して利用することができるでしょう。

 

出金の際に面倒な手続きがいらない

海外FX業者では、出金の際に手順が決められていることが多いです。
特にクレジットカード等の振込方法が用意されている場合、マネーロンダリングを防ぐために、入金した方法と同じやり方で同額分しか出金することができないようになっています。
そのため、クレジットカードやオンラインウォレットで入金をした場合、手続きが面倒に感じる方も多いようです

しかし、銀行送金であれば出金した額も利益の額も気にすることなく、自由に出金することが可能です。
面倒な手続き等をしたくないという方は、銀行送金を使った方がよいでしょう。

 

FXBeyondの入出金方法2:BitGo(ビットゴー)

BitGoとは、カルフォルニア州に本社を置いているオンラインウォレットです。
日本ではあまり知名度がありませんが、海外でよく利用されているようです。

銀行送金まとめ
・入出金速度が早い
・手数料が安い
・アプリ内で資金管理をすることができる
・資産をビットコインに変更する必要がある
・公式ページは日本語に対応していない

ではここからは、FXBeyondのBitGoについて詳しく見ていきましょう。

 

入出金速度が早い

BitGoは、国内銀行送金と変わらない入出金速度を誇っています。
そのため、急に資産が必要になったという時でも、普段と変わらない使い方をすることができるでしょう。

普段からBitGoをよく使っているという方の場合、利用してみるのもおすすめです。

 

アプリ内で資金を管理することができる

FXの取引で大損してしまう方の特徴に、資産管理ができていないという点が挙げられます。
出た利益を使いすぎてしまったり、余剰資金以上の金額を使ってしまうと、冷静な判断ができなくなって取引ができなくなる可能性もあります。

そのような方の場合、BitGoを使うことがよいでしょう。
BitGoを使えば、アプリ内で資金管理をすることができるので、自分の生活資金を使うことなく安心して取引を行うことができます。

 

資産をビットコインに変換する必要がある

BitGoを使うためには、資産を一度ビットコインに変換する必要があります。
普段から仮想通貨の取引をほとんどしていないという方の場合、この手続きが面倒だと感じるでしょう。

その上、ビットコインは今でも価格の変動が大きいため、入金した後に資産が大きく減ってしまう可能性があります。
そのため、普段から仮想通貨の取引をしていない方は、銀行送金をした方がよいでしょう。

 

公式ページは日本語に対応していない

BitGoの公式ぺージは、まだ日本語表記に対応していません。
そのため、英語が読めない方にとっては、利用しづらいと感じることもあるようです。

より便利に使える方法がよいという方は、銀行送金を利用しましょう。

 

FXBeyondが出金拒否をするのか徹底調査

海外FX業者の中には、出金拒否をするという噂が多く見られます。
実際にFXBeyondの口コミを調べてみても、出金拒否があったという声もありました。

『FXBeyond』

4000万出金拒否、また流れてきた
使っている人は気を付けて
問題なく使っていた人が利益だした後の事です
不正取引と言われ一部出金後、残高0
前にも見た、おろらく言いがかり

FX Beyondにて、 4000万円出金拒否。 出金申請後も着金せず、 口座利益も全て無かったことに。

 

では、実際にFX Beyondは出金拒否を行うのでしょうか?

 

実際に出金拒否は行われている

FX Beyondの出金拒否の口コミを見てみると、FX Beyond側のサポートから送られてきた連絡が添付されているため、本当に出金拒否はされていると考えられます。
実際に、FX Beyondの利用規約の中には、以下のような記載があります。

当社は独自の裁量により、以下の権利を有します。
(a)特定の支払い方法による引き出しを拒否する権利を留保します。

 

このような規約が用意されている以上、出金拒否は実際に行われているといえるでしょう。

 

悪質だと疑われる取引をしない限りスムーズに出金が可能

先ほどもお伝えしたように、FX Beyondでは出金拒否が実施されています。
しかし、FX Beyondが少額の利益を出金拒否するメリットはありません。

FX Beyondは取引の際にユーザーが支払うスプレッドに上乗せされた利益分や、取引手数料によって運営を行っています。
ただ、もしも悪質な出金拒否を行うとしたら、FX Beyondを使いたいと考えるユーザーはほとんどいなくなってしまうでしょう。

そのような企業の損失になることをわざわざ行う理由はありません。
このことから考えると、FX Beyondが出金拒否をするのはユーザーが悪質な取引を行った時のみと言えるでしょう。

 

実際にFX Beyondの口コミを見てみると、スムーズに出金できている方も多くいます。

FXbeyond出金から1日でちゃんと全額着金してた!

普通に使えるやん!
またボーナス来たら入金しよう

FXBeyondさん着金してました! 昼12:28出金依頼 夜19:52出金完了メール 深夜2:42着金

FXbeyond出金処理早すぎ!運営様に感謝です!土曜日朝に出金処理して今日の12時頃着金してました!

 

このようにスムーズに出金できているという口コミの方が多いので、安心して使うことができる業者と言えるでしょう。

 

FXbeyondで出金拒否されてしまう理由

先ほどもお伝えしたように、FXbeyondは悪質な取引を行っていると出金拒否されてしまうこともあるようです。
そのため、事前にどのような内容がよくないのかチェックしておいた方がよいでしょう。

FXbeyondで出金拒否されてしまう理由
・最低出金額を満たしていない
・両建ての取引を行っている
・証拠金の80%以上を出金した場合
・相場が大きく動くタイミングを狙った悪質な取引
・ゼロカットシステムを悪質に利用した取引
・ボーナスを不正に利用した取引

そこでここからは、FXbeyondで出金拒否されてしまう理由について見ていきましょう。

 

最低出金額を満たしていない

FXbeyondでは、入出金方法によって最低出金額が定められています。
この最低出金額を満たしていない額を出金しようとすると、出金申請がはじかれてしまう可能性があります。

 

出金方法 最低出金額
銀行振込 5000円
BitGo 5000円
PerfectMoney 1万円

 

事前に最低出金額を確認しておき、それ以上の利益が出た場合に出金申請を行うようにしておきましょう。

 

両建ての取引を行っている

FXbeyondでは、両建ての取引を禁止しています。
両建てとは、複数の口座間で同じ通貨や相関する通貨を反対のポジションで持つという方法です。

この方法であれば利益がプラスマイナスゼロとなり、スワップポイントだけが残るので、取引手法の1つと考えられています。
海外FX業者の中には、同じ業者内での両建て取引であれば、認めているところもあります。

しかし、FXbeyondは利用規約の中で完全に禁止しているので、注意しておいた方がよいでしょう。
FXbeyondを活用したEA等を使う場合、このような取引がプログラムされている可能性もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

証拠金の80%以上を出金した場合

FXbeyondでは、ポジションを保有している状態でも出金することが可能です。
そのため、便利だと感じる方もいるようです。

しかし、ポジションが保有している時に出金申請を行う場合、残高か有効証拠金の80%以下しか出金することができません。
便利な制度ですが、このルールを守らなければスムーズに出金することはできないので、注意しておきましょう。

 

相場が大きく動くタイミングを狙った悪質な取引

FXの相場は、早朝や経済指標が発表されるタイミングには、大きく値動きをすることがあります。
このようなタイミングに自分の予想が当たれば、大きな利益を出すことができるでしょう。

しかし、このようなタイミングで悪質な取引をしてしまうと、出金拒否をされてしまうことがあります。
この件に関しても利用規約に記載されていますが、明確な基準は定められていません。

FXbeyondの運営再度が悪質だと判断してしまうと、その時点で不正と判断されてしまうため、値動きが大きいタイミングでの取引には注意しましょう。
特に10ロット以上の取引はリスクが高いようです。

 

ゼロカットシステムを悪質に利用した取引

FXbeyondでは、ゼロカットシステムが用意されています。
ゼロカットシステムを使えば、大きなレバレッジを使って取引を行い、損失が出てしまった時でも安心です。

しかし、この仕組みを悪質に利用した取引を繰り返していると、FXbeyond側から出金拒否をされてしまう可能性があります。
追証がない分安心して使える仕組みではありますが、あまりハイリスクの取引は行わないようにしておきましょう。

 

ボーナスを不正に利用した取引

FXbeyondでは、豪華なボーナスキャンペーンが用意されています。
これをうまく活用すれば、より効率的に取引を行うことができます。

しかし、ボーナスを利用して規約違反となる取引を行ってしまうと、出金拒否になってしまうことがあるようです。
自分に自覚がなくても、少しでも疑われると保留になってしまうことがあるので、注意して取引を行うようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?FXBeyondは他社にはない魅力のつまった海外FX業者です。
高いレバレッジや狭いスプレッドを活用すれば、効率よく利益を出すことが可能です。

まだまだ新設されたばかりの業者ですが、信頼して利用することができるというユーザーも多くいるので、安心でしょう。
今後、より改善されて使いやすいサービス環境になっていくことが考えられるので、今どの業者を使うのか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの記事