海外FX用語集 知っておくと便利なFX用語一覧

FXを始める前の基礎知識は必要?

日本は現在、少子高齢化社会が進んできています。

今後は将来的にますます子どもの数が減り、高齢者が増えていく図式になっています。

 

年金2,000万円問題などにより、将来的な貯えを自助努力で賄わなくてはならない時代に来ているのです。

年金などあてにできる状況ではないのが、日本経済の現実でもあります。

 

ただ銀行にお金を貯金していくだけでは金利があってないようなものなので、ほとんど貯金を増やすことはできません。

自力で資産をいかに運用して増やしていくかが問われています。

株取引、積み立てNISAiDeco(確定拠出年金)、投資信託など、色々な投資方法が考えられます。

 

その1つの選択肢としては、FXも挙げられます。

ただ、FXの知識がないのに投資をしてしまい、失敗談だけが世の中に伝わって、悪いイメージが先行しています。

最近はコロナ禍で在宅ワークの人も増えたので、FXを始めた人、もしくは始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

FXでもしっかりルールに乗っ取って取引すれば、利益を上げていくことは可能なのです。

何事もそうですが、簡単に儲けることはできません。

まず取引を行う前に、FXの正しい知識を身に着けることがとても重要なのです。

FXを始める前に、FXの基本的な用語を知り、取引を実践していく上で役立てていきましょう。

 

FXトレードで重要な用語とは?

FXトレードを行う上で最低限必要な用語があります。

初めはその用語とその意味、どのような時に使われるのかをしっかり覚えていきましょう。

 

①レバレッジ

レバレッジとは英語で「てこの原理」を指す言葉です。

FXには投資金がもちろん必要になりますが、その投資金には限りがあります。

 

FXではレバレッジといって、少ない自己資金でも大きな利益を生むことができる方法があるのです。

例えば、自己資金100ドル(約1万円)でFX取引するとします。

極端な話ですが、もし自己資金が10ドル(約1,000円)しかない人で、レバレッジを10倍にすると、利益が出た場合も損失が出た場合も10倍になるというわけです。

レバレッジは日本国内では最大25倍、海外FX業者では最大100倍~無制限まで倍率があります。

各業者や取引内容や条件によって、レバレッジは変わってきます。

ハイレバレッジで取引し、利益を出すことができれば、億万長者も夢ではありません。

 

②スプレッド

FX取引における売値と買値の差額のことです。

差額の金額は利用するFX業者や取引する通貨ペアや銘柄などによっても変わります。

FX業者に支払う手数料と考えても間違いではありません。

 

スプレッドの金額が高い時は「スプレッドが広い」、金額が安い時は「スプレッドが狭い」と言います。

スプレッドが狭ければ狭いほど、FX業者に支払う手数料も少なくて済むので、多くの利益が見込めるのです。

 

スプレッドは取引を行う時に、1通貨ごとに手数料として発生します。

海外FX業者においては、豪華なボーナスやキャンペーンを行っている業者やNDD方式の業者がスプレッドが広めな傾向にあります。

 

③証拠金

FX取引をする上でFX業者の口座に入れておかなくてはならない、FXの運用資金のことです。

FX業者や取引内容によって、必要最低限の証拠金の金額が決まっています。

必要証拠金はレバレッジによって変わります。

 

少ない証拠金でもレバレッジを有効活用すれば、少額から取引することが可能です。

ただし、少額でハイレバレッジで取引する場合には、ロスカットの水準をよく見ておく必要があります。

できるだけハイレバレッジで取引する場合にも、強制的にロスカットされないように余裕を持った証拠金を用意していくことをおすすめします。

 

④スリッページ

逆指値(ぎゃくさしね)注文や成行(なりゆき)注文(クイックトレードとも言う)の際に、指定レートと約定レートの間に差が生じることです。

 

「指値(さしね)注文」とは、現在の価格よりも下がったら買うし、上がったら売るという考え方が基本になっています。

「逆指値注文」とはその逆で、現在の価格よりも上がったら買い、下がったら売るという考え方です。

 

逆指値注文のメリットは、為替相場がある価格を超えたことがきっかけで、上昇トレンドや下落トレンドになることを予測してあらかじめ注文をいれておけることです。

自分の予想通り相場が動かなかった場合、現在のレートと自分の注文したレートに大きい差があるとなかなか約定しないことがあるので注意しましょう。

 

また、成行注文とは売買を行う際に値段を指定しないで注文することです。

「今この瞬間にポジションを持つ」といった感じで売り又は買いを入れることを言います。

大きな景気変動や為替などの相場が暴落した場合などに、スリッページが大きくなることがあります。

 

⑤スワップポイント

FXは色々な通貨で取引されます。

スワップとは2国間の通貨の金利差を指します。

もう少し詳しく言うと、各通貨の金利の差に応じて算出される金利調整額のことです。

 

金利差によって、スワップポイントを受け取ることになったり、反対に支払うことになったりします。

スワップポイントの損益の金額は、ロールオーバー取引の時に確定します。

つまり、スワップポイントはポジションを日にちをまたいで、持ち越したタイミングで発生します。

スワップでの損益を特に考えていない場合は、その日のうちに決済するのが原則です。

しかし、スワップで利益を上げている人もいるのでFXの戦略の1つとしてスワップポイントを考えてみるのも良いでしょう。

 

⑥ロスカット

ロスカットは強制的に行われるので、別名は強制ロスカットとも呼ばれます。

FX取引において、このロスカット水準は非常に大切になってきます。

ロスカットとは、証拠金維持率を割り込むマイナス(損失)が出た場合に、それ以上のリスク回避のために強制的に決済し、取引を終了させることです。

要するに、自動で決済する損切りのことを言います。

 

日本国内のFX業者は証拠金の50%~100%に達した場合にロスカットが行われます。

一方、海外FX業者のロスカット水準は20%~30%で設定されている業者がほとんどです。

海外FX業者で少ない証拠金を使って、ハイレバレッジで取引している場合には、ロスカット水準にすぐに達してしまう恐れがあるので注意が必要になります。

ロスカットされないように、十分な証拠金を蓄えていくことが大切になってきます。

 

⑦追証(おいしょう)

追証とはFX取引において、証拠金が一定以上減った場合に発生するお金のことです。

証拠金には各業者で水準が決まっており、損失などが発生してその水準を下回った場合に追加でその分を埋めるための金額が請求されます。

 

FX業者から追証を求められた場合には、証拠金を追加入金するか、保有しているポジションを決済するの二択になります。

追証は期限が決められていて、その期限内に入金できないと強制決済されてしまいます。

払えなかった追証は、借金となり、FX業者から一括請求を受けることになります。

 

ここに注目!

日本国内のFXでは必ず請求されます。

支払えないとカードローンの規約と同様の法律が適用されるので、間違うと自己破産や債務整理などを行わなくてはなりません。

 

海外FX業者の場合は、追証なしという条件の業者が多いので、証拠金以上の借金を負う必要は原則ありません。

当たり前のことですが、追証を支払えない場合は、次の取引を行うことはできません。

海外FX業者は追証なしのゼロカットシステムを採用しているところがほとんどですので、追証は発生しないと考えておいて間違いないでしょう。

 

⑧損切り

FX取引において、景気や相場の変動などでマイナス(損失)が生じた際に、ポジションを決済し、損失を確定させることを指します。

初心者でも、経験者でもなかなかできないのが、この損切りです。

 

「もう少し取引すれば、再度上がるのではないか?もっと利益を出せるのではないか?」

と考え、なかなか切り捨てることができないのです。

 

FXでは損切りがしっかりできる人が利益を出し、儲けることができる人だと言われています。

目先の損益に左右されず、冷静な目で先を見通すことができる人がFX取引に向いている人です。

 

⑨ナンピン

FX取引でナンピンとは、損失を平準化するための売買手法です。

ナンピンは含み損が出た場合に損失を平均化して利益を得やすくすることです。

 

初めに保有していたポジションに対して、自分の予想と逆に相場が動くことがあります。

その時にさらにポジションを買い増しして、平均コストを下げるのです。

ナンピントレードは初心者には難しい手法です。

熟練されたトレーダーでもトレンドの読み間違いをすると、含み損をさらに増やしてしまうだけの結果になる場合があります。

「次にどういうトレンドが来る可能性があるのか?」を先読みして動くことが大切になってきます。

相場がしばらく下がり続ける長期的なトレンドに入ってしまう場合も、損切りをせずに上昇する時までポジションを維持し続けなくてはなりません。

ある程度、リスク回避のために損切りラインを自分なりに決めておく方が良さそうですね。

 

⑩ゼロカット

ゼロカットとは海外FX業者間での取引において、マイナス(損失)が生じた際に証拠金以上の金額の支払いをしなくて済む制度になります。

つまり、マイナスを被った場合には、金額が0(ゼロ)になって取引終了ということです。

 

海外FX業者は、ゼロカットシステムを採用しているところがほとんどです。

相場の大きい変動や、システム上ロスカットが間に合わなかった場合に、証拠金以上の損失をなくしてくれるので、安心して取引できます。

 

日本国内のFX業者の場合には、金融庁がゼロカットシステム採用を認可していませんから、マイナス(損失)を被った場合には追証を請求されることになります。

初心者には、海外の追証なしのゼロカットシステムがある業者の方が安全かもしれませんね。

 

⑪実効レバレッジ

FXにおける取引総額に対して、有効証拠金のどのぐらいのレバレッジで実際に取引を行っているかを示す数字になります。

実効レバレッジの計算式
「取引総額」÷「有効証拠金」=実効レバレッジ

ただし、通貨によって数値が変わってきてしまう可能性があるので、取引総額は保有している通貨の数量を全て円に換算して計算します。

 

PIPS(ピップス・ピプス)

PIPS(ピップス・ピプス)は、Percentage in points(パーセンテージ・イン・ポインツ)の略語になります。

最小通貨単位の1パーセント(100分の1)を表しています。

例えば、日本円の最小単位は1円なので、1PIPSは0.01円=1銭となります。

また、米ドルの最小単位は1セントなので、1PIPSは0.01セント=0.0001ドルとなります。

どの通貨で取引するかによって、1PIPSは変わってきます。

 

⑬ロールオーバー

外国為替市場では、「スポット取引」と「スワップ取引」の2つの取引の種別があります。

 

スポット取引とは、通常2営業日後に通貨を交換する取引を指します。

そこで、本来受け取るはずのものを受け取らず、営業日が切り替わった時に受け取るスワップ取引という方法があります。

 

1営業日先延ばしにする行為をロールオーバーと呼ぶのです。

ロールオーバーを行うことにより、スワップポイントが発生します。

スワップポイントでの利益を狙っている人は、スワップポイントを発生させるためにロールオーバーを繰り返し行っているのです。

 

まとめ

FX取引をする上で必ず知っておくべき用語を挙げておきましたが、理解できましたか?

日本国内の業者と海外の業者が違うのは、サービス内容だけではないのです。

 

初めてFXを行う時には、まず国内の業者と海外の業者のFXの仕組みの違いをしっかり知っておく必要があります。

また、日本の国内の業者、海外の業者の仕組みのメリット、デメリットをよく確認しておきましょう。

その仕組みを知った後で、どんな業者があるのか、どんなサービスがあるのかを見ていくといいでしょう。

 

初心者の場合はいきなりハイレバレッジで取引しないで、少額でレバレッジを高くても1倍~3倍で様子を見ると良いです。

慎重に取引を行い、徐々に資金を増やしていくことがFXでも、その他の投資をする上でも成功の秘訣になります。

これを読んでいただき、一攫千金というよりも、将来を見据えての貯蓄額を増やすための1つの手段となれば幸いです。

さいごに

このサイトでは全22社の海外FX業者を、ランキング形式で紹介しています。

国内FXしかやったことが無い、海外FXに興味はあるけどちょっと怖い、海外FXを既にやっているけど自分に合った業者が見つかっていない。

そんな方々にはぜひランキングページを見てほしいです。

 

正直に言うと海外FXは国内FXより安全です。日本語に対応している業者も沢山あります。

口座開設するだけで大きなボーナスを貰えたり、取引するために資金を入金するだけでボーナスを貰える業者も沢山あります。

国内FXだけでトレードをやっていては、はっきり言って損します。

ランキングページでは初心者でも分かりやすいように基本知識からまとめています。

自分に合う海外FX業者を見つけて、大きく稼ぎましょう!!

全22社海外FX業者ランキング(上位6位までを抜粋)

1GEMFOREX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
56点/60点

メリット
  • 口座開設ボーナスや100%入金ボーナスが充実
  • 0.78秒以内に99.79%の約定率
  • 日本語によるサポートが充実
  • リクオートや約定拒否がない
  • レバレッジは最高水準の1,000倍
150以上の自動売買ソフト(EA)やミラートレードが利用可能!
常時開催の破格ボーナスで有名な海外FX業者
GEMFOREXは2014年にサービスを開始した海外FX業者です。
現在の口座開設数は33万を突破、最大1,000倍のレバレッジを武器に利用者を増やしています。
GEMFORXの最大の特徴は、ボーナスキャンペーンの充実度と150以上のEAツールを無料でダウンロードできる点でしょう。口座開設ボーナスや入金ボーナスは内容を変更しながらほぼ常時開催されており、他社比較してもボーナス金額は群を抜いています。また口座開設した人なら自動売買ツールやミラートレードを無料で利用できるのも魅力です。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 MT4 メール、ライブチャット ニュージーランド証券投資委員会金融ライセンス
ボーナスで2万円もゲットできた。一切入金しなくてもトレードできるのはありがたい
レバレッジ1,000倍を試してみたかったので口座開設してみた。口座開設ボーナスや入金ボーナスが貰えるのでGEMFOREXがどんなものか試してみるのに便利
ミラートレードが無料でできるのはお得に感じる
EAツールありすぎてどれ使ったらいいかよくわからないけど得した気分
DD方式が確定なので裏で操作されているか不安
去年(2019年)金融ライセンスやっと取得したようだけど、FSPのライセンスって大丈夫?
通貨ペアは他の業者に比べると34種類と少なめ。マイナー通貨で冒険しなければ大した問題ではないとは思う
90日以上トレードしていないと口座維持手数料(1,500円)がかかるから注意!

2XM
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
54点/60点

メリット
  • 最大レバレッジは888倍
  • 100%入金ボーナスやポイント特典がいっぱい
  • 平均約定率は業界最高レベルの99.98%
  • 日本語サポートが充実
日本人に人気No.1の実績豊富な海外FX業者。
信頼抜群な安定感と豊富なボーナスが魅力
XM(エックスエム)は2009年からサービス開始、日本進出でも10年以上の実績がある、日本人投資家に絶大な人気を誇る海外FX業者です。
おすすめランキングでも必ず上位に選出されており、海外FXを始めるにあたって知らない人はいないほど圧倒的な知名度があります。海外FX口座を持つ利用者の70%以上がXMの口座を保有していると言われています。
XMはアジア向けに「XMTrading」というサービスを提供しており、日本在住者が利用できるのはこのXMTradingとなります。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
888倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 メール、ライブチャット セーシェル金融庁ライセンス
レバレッジ888倍は高すぎず低すぎずとても使いやすい
知名度が高いだけでなく、ボーナスが充実していることや他のFX業者と比べてみても使い勝手が良く、ビギナーから上級者までどんな人にもおすすめ
日本語サポートがしっかりしているので、まったく不安はない
どこの海外FX業者を選んでいいかよくわからなかったらとりあえずXMにしておけば問題ない
スプレッドが全般的に広めなので、スキャルピングトレードしようとする人には向いていない
Zero口座はレバレッジも500倍だし、ボーナスもないので開設するメリットがあまりない
出金する際にはかなり時間がかかるし手数料もかかる点がマイナスポイント
取引通貨ペアによってはスリッページが大きいものもあるので注意

3iFOREX
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
52点/60点

メリット
  • 100%入金ボーナス
  • 最大100%のペンディングボーナス
  • 年利3%の利息キャンペーンあり
  • 独自の取引ツールFXnet
  • 通貨ペアが豊富(82種類)
  • 日本語対応がしっかりしている
  • 信託保全あり
運用実績は20年以上!
安心と信頼で人気を誇る、海外FXの歴史を物語る老舗FX業者。
iFOREXは 1996年創業、20年以上の運用実績があるFX業界でも歴史が古い海外FX業者です。長いこと日本人向けにサービスを提供してきており、日本人にも人気の高いFX業者の1つとして知られています。
最大レバレッジは400倍とあまり高くありませんが、出金拒否といったトラブルはなく、信頼性高いFX業者だと言えるでしょう。
またiFOREXはロスカット水準が0%なため、口座残高ぎりぎりまでポジションを保有できます。海外FXでは通常20~30%のロスカット水準となっているため、iFOREXの0%は他にあまり類を見ません。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
400倍 不可 あり 不可 0%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 FXnet(独自ツール) メール、電話、Fax 英領バージン諸島金融サービス委員会
やっぱり20年以上の実績は偉大。すべてにおいて安定した稼働を実現
ロスカット水準0%だからハイレバトレードを思う存分楽しめそう
通貨ペア82種類もあるので、メジャー通貨以外のマイナー通貨でトレードしたい人にはおすすめ
サーバーインフラが不安定なのか、よくサーバーが落ちる
FXnetなる独自プラットフォームもいいけど、MT4使えないのは残念
スキャルピング不可&EA使用できないので上級者には物足りない業者

4FBS
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
50点/60点

メリット
  • 100%入金ボーナスや各種キャンペーンが魅力
  • 初回入金1ドルから(セント口座のみ)
  • 信託保全がされている
  • 取引量に応じたキャッシュバック
  • 最大レバレッジは3,000倍
他を圧倒する海外FXNo.1の3,000倍というハイレバレッジ。
スポーツカーが当たるといった豪華なキャンペーンも魅力
FBS は2009年に設立された海外FX業者です。これまでに190ヶ国以上1500万人のお客様にサービス提供し、海外FX初心者からFXトレード経験豊富な専用トレーダーまで、数多くのユーザーに利用されています。また、FCバルセロナがスポンサーといった話題性も豊かです。
口座開設ボーナスや100%入金ボーナス、さらにはスポーツカーがもらえるトレードコンテストなどお得なキャンペーンも見逃せません。
そんなFBSを有名にしたのはレバレッジ3,000倍と業界No.1のレバレッジの高さでしょう。マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロスプレッド口座の3つの口座でレバレッジ3,000倍のトレードが行えます。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
3,000倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4/MT5 LINE、メッセンジャー、電話、ライブチャット キプロス証券取引委員会、ベリーズ国際金融サービス委員会
レバレッジ3,000倍はやはりすごい。どんなものか試してみたくなる魅力を感じる
自動売買(EA)用にVPSサーバが無料で使えるのはかなりお得
取引のたびにキャッシュバックされるのってポイント還元みたいで得した気分になる
ボーナスはとっても魅力なのに出金時の条件が異様に厳しすぎて面倒くさい
公式ホームページが翻訳ソフトで訳しただけのような意味不明な日本語で、サポート部分はかなり不安
約定が滑りまくるのでスキャルピングには不向きな業者だと思う

5is6com
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
48点/60点

メリット
  • 日本語対応が充実
  • ボーナスが魅力(最大200%の入金ボーナスも)
  • 最大レバレッジは1,000倍
海外FX最高水準1,000倍のハイレバレッジ。
口座開設ボーナスや入金ボーナスも充実
is6comは2016年12月に設立されたまだ新しい海外FX業者です。ボーナスキャンペーンが充実しており、不定期ながら入金ボーナスが200%であることもあります。
そんなis6comの魅力は海外FXの中でも最高水準のレバレッジ1,000倍。
これによりボーナスとハイレバレッジを利用してFXトレードを充分楽しむことが出来ます。また、海外FXでは一般的な追証なしゼロカットシステムが取り入れられているのでハイレバレッジな取引でも安心です。
しかしながら金融ライセンスが未取得ということもあり、is6comを利用する際の資金管理には自己責任が付きまといます。その点に不安がある人は利用しないほうがよいかもしれません。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
1,000倍 可能 あり 可能 50%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
DD方式 MT4 メール、LINE、フォーム 未登録
問い合わせに対する回答の素早さは群を抜いている
入出金対応は他と比べても早いと感じるので急ぎの際には便利
小額投資でも1,000倍のレバレッジがかけられるis6comならFX最大の魅力を実感できる
口座開設したときちょうど入金ボーナスが200%だったのでラッキー
取引通貨ペアが33種類。他の海外FX業者と比べて半分ぐらいとかなり少ない
金融ライセンス未取得というのは正直不安に思う
感覚的にNDD方式でなくDD方式だと思う。気になる人は別の業者のほうがいいと思う
ロスカット水準50%と高めなので、思い切ったハイレバレッジがかけられない

6MYFX Markets
信頼度
通貨ペア
レバレッジ
日本語サポート
入出金対応
プロモーション力
総合点
46点/60点

メリット
  • ハイレバスキャルピングトレードができる
  • オーストラリア大手FX業者のホワイトラベルにて信頼性が高い
  • 豪ドル関連の通貨ペアのスプレッドは他と比べても狭い
豪ドルがらみの銘柄取引に注目。
オーストラリア生まれの中堅海外FXブローカー
MYFX Marketsは、2013年にオーストラリアで設立された海外FX業者。
広告を出さず、あまりキャンペーンも派手に行っていないこともあって、日本国内ではあまり知られてはいませんが、約定力や低スプレッドを武器に展開、堅実な運営を行っている業者の一つです。
そのため一部のコアなユーザーには人気で、海外FX初心者にはあまりおすすめできませんが、中・上級トレーダーの中でも特に短期トレードを目指すスキャルピングトレーダーには向いていると言えます。
最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
400倍 可能 あり 可能 20%
取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
NDD方式 MT4 メール、電話、チャット、LINE セントビンセントグレナディーン
データセンターが東京にあるって聞いたのでスピードについては非常に期待できる
豪ドル関連の通貨ペアを使う時にはMYFXMarketsは最高
公式ホームページを見るとよさそうなんだけれど、日本でやっている人が少なく情報が少ない
プラットフォームでMT4以外が使えないのは少々残念
おすすめの記事