海外FX業者の出金拒否とは?TitanFXは安心して取引できる海外FX業者!

海外FXは、国内FXとは比べ物にならない高レバレッジやゼロカットシステムなどたくさんの魅力があります。

国内FX業者を利用しているFXトレーダーの多くは、海外FXの利用を一度は検討したことがあるのではないでしょうか?

しかし、とっても魅力的である海外FX業者ですが、インターネットを中心に1つ怖い噂をよく見かけます。

それはズバリ、海外FX業者の出金拒否です。

出金拒否とは、その名の通りFX口座に入っているお金を出金することができないことを指します。本当に、FX口座に入ってるお金を出金することができなければものすごく怖いですよね。そこで今回は、海外FX業者の出金拒否についてわかりやすく説明します。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

出金拒否をする海外FX業者は存在する

残念ながら、出金拒否をする海外FX業者は存在します。しかし、一口に出金拒否といっても、様々な種類があります。また、当然ですがすべての海外FX会社が出金拒否をするわけではありません。

海外FXの出金拒否の理解を深めていただくためにも、出金拒否の種類と実際に出金拒否をした業者について詳しく説明します。

海外FX業者の出金拒否の主な種類は3つ

海外FX業者で起こっている出金拒否の種類は主に3つに分類されます。

  • 利益を出したトレードが否定される
  • ボーナスの出金拒否
  • 単純に出金拒否

海外FX業者の出金拒否の種類についてわかりやすく説明しますね。

利益を出したトレードが否定される

海外FX業者の中には、利益を出したトレードが後から否定されて利益分を出金できないということがあります。

なぜこのようなことが起きるかというとFX業者の中には、顧客の出した利益= FX業者の損失になるところがあるからです。

FXトレーダーが、大きな利益を出した場合、FX業者の大きな損失になってしまいますので、何かと理由をつけて利益を取り消そうとするのです。

もし、このような対応をされた場合、泣き寝入りすることなくしっかりと記録に取って業者に対応するようにしましょう。

しかし、対応をしようとしても全く相手にしてくれないケースもありますので、そもそもこのような業者を選ぶのをやめるのが無難です。

ボーナスの出金拒否

海外FX業者の大きな魅力の1つに、豪華なボーナスがあります。

日本のFX業者の場合、キャンペーンを行っている業者も多いですが、海外FX業者のボーナスは国内FX業者とは段違いの良い内容になっているものが多いです。

しかし、残念ながら海外FX業者の中には、ボーナスを出金できないFX業者があります。

もちろん、FXトレードをすることはできますが、出金することができないボーナスがあるのです。

ボーナスが出金できない海外FX業者に当たらないためにも、豪華なボーナスに惑わされることなくしっかりとその会社の評判について調べるようにしましょう。

単純に出金拒否

海外FX業者の中には、利益やボーナスなどにかかわらず、口座に入金したお金を単純に出金することができない業者も存在します。

このような業者に当たってしまっては最悪です。

少ない金額であれば、まだあきらめもつくと思いますが(あきらめてはいけませんが)、高額な資金を入金してしまった場合、経済的に致命的なダメージを受けてしまう可能性があります。

次の章では、実際に出金拒否を起こした海外FX業者について実名で説明しますのでぜひ参考にしてください。

出金拒否を起こした主な海外FX業者

この章では、出金拒否を起こした主な海外FX業者について2社紹介します。

 

今も、営業している業者ですので、これから取り上げる業者で取引を検討している方は特に注意してくださいね。

IronFx.com(アイアンFX)

IronFx.com(アイアンFX)は、日本や中国などのアジアで出金拒否が多発しているFX会社のようです。

出金拒否に怒った顧客が、アイアンFXの上海オフィスに乗り込んだ事件も発生しています。

その後、乗り込んだ顧客のお金が戻ってきたことによって、多くの被害者が、アイアンFXのオフィスに乗り込む事態になりました。

また、インターネットの口コミサイトで良い口コミを自作で投稿したことも発覚しているFX業者です。

2016年には、消費者保護の観点から日本の金融庁が問題視し、無登録で金融商品取引業を行っているとして、警告書をアイアンFXに出しています。

日本の金融庁も警告をしているFX業者なので、利用しないほうが無難でしょう。

Instaforex.com(インスタフォレックス)

インスタフレックスは、利益の取り消しやボーナスの出金拒否などの噂が多いFX会社になります。

インスタフォレックスのボーナスは、非常に豪華な内容になっているので、「海外FX ボーナス」と検索すると、インスタフォレックスが出てくることも多いです。

豪華なボーナスに惹かれて、インスタフォレックスに興味がある方も読者の方の中にもいるかもしれません。

しかし、インスタフォレックスは、ForexPeaceArmyという世界のトレーダーが利用するFX掲示板サイトにて詐欺業者(SCAM)として認定されている業者です。

出金拒否以外にも、約定拒否を起こしたりスプレッドが極端に広がったりなど悪い噂がたくさんありますので、利用するのは控えたほうがよさそうです。

アイアンFXもインストフォレックスも現在進行形で営業しているFX業者になりますので注意するようにしてください。

出金拒否をしない安心の海外FX業者を選ぶポイントは2つ

海外FXは非常に魅力的なポイントがたくさんありますが、出金拒否をされてしまってはどんなに優れたポイントがあっても全く意味がありません。

そこでこの章では、出金拒否をしない安心の海外FX業者を選ぶポイントについて2つ紹介します。

  • 金融ライセンスを持っていない海外FX業者で取引しない
  • 分別管理している海外FX業者を選ぶ

それぞれのポイントについてわかりやすく説明しますね。

金融ライセンスをもっていない海外FX業者で取引しない

金融ライセンスとは、金融ライセンスを発行する国が「このFX業者は信頼できますよ」とお墨付きを与えることを意味します。

信頼性の高いFX業者のほとんどは、この金融ライセンスを取得していますが、残念ながら一部のFX業者はこの金融ライセンスを取得していません。

金融ライセンスを取得していても、中には怪しい業者もあるくらいですので、金融ライセンスを持っていないFX業者で取引するのはやめましょう。

金融ライセンスは、もちろん日本も発行していますが、海外FX業者のほとんどは日本の金融ライセンスは取得していません。なぜなら日本の金融ライセンスを取得してしまうとレバレッジの規制を受けてしまうからです。

読者の方の中には、日本の金融ライセンスを保有している海外FX業者で取引することが安心だと思っている方も多いと思いますが、海外FX業者の多くは日本の金融ライセンスを取得していないことは知っておきましょう。

分別管理をしている海外FX業者を選ぶ

分別管理とは、FX業者が普段自分の会社で使うお金と顧客から預かっているお金を明確に分けることをいいます。

分別管理が行われていれば、万が一利用しているFX業者が倒産してしまっても、顧客が預けた資産は戻ってきます。

しかし、分別管理が行われていないFX業者を利用して万が一倒産してしまった場合、お金が戻ってこなくなる可能性がありますので分別管理されているFX業者を選ぶようにしましょう。

それでも出金拒否が怖い場合取るべき2つの対策

海外FX業者を選ぶポイントについて説明しましたが、残念ながら絶対という基準はありません。

海外FX業者を利用したいけど万全な対策を取りたい方は、これから説明する2つのポイントを守るようにしましょう。

  • 余分な資金を海外FX口座に入金しない
  • 複数の海外FX口座に分散する

それぞれのポイントについてわかりやすく説明しますね。

余分な資金を海外FX口座に入金しない

国内FX業者で取引する場合、資金に余裕を持たせたいためトレードしない資金もFX口座に入金するトレーダーが多いと思います。

しかし、海外FX口座の場合、出金拒否の可能性がありますので余分な資金は口座に入金しないようにすることが無難でしょう。

もちろんこれから紹介するTitanFXは安心して取引できる会社なので大きな資金を入れても全く問題ありません。

複数の海外FX口座に分散する

海外FX業者の中にも信頼できる業者はたくさんあります。

しかし、海外FX口座というだけで100%信用できない方も多いでしょう。

そのような方が、海外FX口座を利用する場合は、1つの海外FX業者を利用するのではなく複数の海外FX業者を分散して利用するようにしましょう。

この方法をとれば、万が一1つのFX業者が出金拒否を起こしても被害を最小限で留めることができます。

 

TitanFXは出金拒否のない安全な会社!

TitanFXはバヌアツ共和国の金融ライセンスをもっています。バヌアツの金融ライセンスは以前は決して信頼性が高いライセンスではありませんでしたが近年、バヌアツの金融ライセンスの信頼度は高まってきています。

バヌアツ共和国の金融ライセンスであるVFSCは、現状、決して信頼性が高い金融ライセンスとはいえませんが、2019年に規制強化されたことにより信頼性は確実に向上している金融ライセンスです。

バヌアツだけでなく世界的に金融ライセンスの厳格化の流れになっていますので後もこの流れは続くでしょう。

金融ライセンスをもっているだけがTitanFXが安心な業者を表すものありません。TitanFXは、信託保全は採用されていませんが分別管理は行っています。

分別管理に利用している銀行の信用度は以下の通り非常に高いです。

  • バヌアツ国立銀行

バヌアツ政府が70%、バヌアツ国立保護基金が15%、国際金融公社が15%を所有する国立銀行。

  • ナショナルオーストラリア銀行

オーストラリア最大の銀行

また、TitanFXは、2020年11月に、The Financial Commissionという機関に加入しました。

The Financial Commissionとは、FX業者と顧客の間で取引や出金に関するトラブルが発生した際に、仲裁を行う機関になります。

もしTitan FX側に非があると認められれば、顧客に最大20,000ユーロ(約260万円)の補償金が支払われるのです。

過去にTitanFXは出金拒否を起こしたことはありません。顧客の資産を守る仕組みも非常にしっかりしているので、TitanFXであれば安心して取引ができます。

まとめ

今回は、海外FX業者の出金拒否について説明をしました。

多くの海外FX業者は、誠実に営業を行っていますが、残念ながら一部の海外FX業者の中には出金拒否を起こす会社もあります。

海外FX口座のはいレバレッジやゼロカットシステムを最大限に活用するためにも、信頼できる誠実な海外FX業者を選ぶようにしましょうね。

おすすめは、ずばりTitanFXです。TitanFXを使って海外FXで大きな利益を狙っていただければ幸いです。

おすすめの記事