新しい海外FX業者「SVOFX」のメリット|独自の魅力を徹底解説!

SVOFXという海外FX業者をご存じですか?
2019年に設立されたばかりなので、まだまだ知名度はそこまで高くありませんが、日本でのサービスを開始してから多くの投資家が利用するようになりました。

初心者の方でも気軽に取引をすることができる環境が整っているため、まだあまり取引に慣れていないという方でもしっかりと利益を出すことができるでしょう。
そこで今回は、SVOFXを利用するメリットについて詳しくみていきます。

 

SVOFXとは?

SVOFXとは、2019年にサービスを開始したFX業者です。
まだまだ他の海外FX業者に比べると運営歴は短いですが、独自のサービスが人気となり、すでに多くのファンを獲得しています。

特に注目されているのは、「コピートレード」です。
コピートレードを利用すれば、FXの知識や経験がないFX初心者でも気軽に取引を行い、利益を狙うことができるので、安心してFXをスタートできると考えられています。

まだまだ他の業者ほどのユーザーはいませんが、きちんと金融ライセンスも取得しており、大きなトラブルが発生していないことから、徐々に固定ファンを獲得してきています。

 

会社名 SVOFX LTD
設立日 2014年
サービス開始 2019年
資産タイプ 外国為替、株式指数、貴金属、エネルギー、暗号通貨
取引プラットフォーム MT4
口座タイプ スタンダード・プロフェッショナル
金融ライセンス バヌアツ金融庁

 

SVOFXのメリット

ではここからは、SVOFXを利用するメリットについて詳しく見ていきましょう。

コピートレードが使える

SVOFXがサービスを開始したのは、2019年と最近のことです。
そのため、最近のFXトレーダーの要望をしっかりと取り入れてサービスが展開されているという点が特徴です。
その中の1つが、「ソーシャルトレードシステム」という独自のコピートレードです。

コピートレードとは
他人の取引をコピーして取引を行うという方法。プロの方で成績がよい方のトレードをコピーすれば、自分で取引をしなくても利益を出せる可能性がある。

コピートレードがあることによって、自分で取引をしなくても利益を出すことが可能となっています。
FX初心者の方の場合、自分でトレードをして利益が出せるのか不安に思う方もいるでしょう。
そのような方でも、自分で何もしなくても取引をすることができるという点が魅力だと言われています。

また、本業の仕事や家事が忙しくてなかなかチャートを見ることができないという方でも、放置しているだけで取引が進んでいくので、手軽に行えると感じる方もいるようです。

コピートレードを行っているFX業者は他にもいくつかありますが、SVOFXでは独自のサービスを展開しています。
成績がよいトレーダーもたくさんいますし、何人でも制限なくフォローすることができるので、自分に合った人を探すことができるでしょう。

その上、コピートレードが用意されているということは、コピートレードを行って稼ぐことも可能となっています。
コピートレードを受ける場合、出た利益の一部をトレーダーに渡さなければいけません。
この仕組みを活用して、利益を出しているという方もいるようです。

SVOFXでは、簡単な条件を満たすだけでソーシャルトレードシステムを活用することができます。

ソーシャルトレードを利用する条件
SVOFXで口座開設が完了していること
・リアル口座の設定と入金が完了していること

口座開設をすればすぐに取り組むことができるため、かなり便利に活用することが可能となっています。

どのトレーダーをコピーすればいいか選びやすい

SVOFXには、コピートレードとして自分の取引を提供しているトレーダーが多くいます。
しかし、その中でどの人をコピーすればいいのか分からないと感じる方もいるでしょう。

そのような方のためにSVOFXはその人の収益率や利益、フォロワー数などの情報をたくさん公開してくれているので、自分でしっかりと検証をして選択をすることができます。
より分かりやすいようにランキング化されているのもうれしいポイントでしょう。

 

トレード状況が公開されている

コピートレードを行っている業者は多くありますが、その多くがPAM口座を使っています。
PAM口座とは、フォロワーの資産を親口座に一度集めて取引を行い、利益分を分配するという方法です。
この方法を使っていると、大半の場合は取引状況は公開されません。

SVOFXでもPAM口座を活用しているという点は他社と同じですが、トレードの状況は公開されています
そのため、今自分の資産がどのように使われているのかを知ることができますし、そのトレーダーを信じるかどうかの決断をする材料も多くあります。

このような仕組みになっているため、安心して取引ができると感じる方も多くいるようです。

 

EAを使うことができる

SVOFXでは独自サービスであるソーシャルトレードシステムが使えるだけではなく、すべての口座タイプでEA(自動売買システム)を利用することができるようになっています。
SVOFXの取引では、MT4がプラットフォームとなっているので、より多くのEAの中から探すことができるという点も魅力の1つです。

コピートレードとEAの違い
・コピートレード:他のトレーダーが行っているトレードを自分の口座にも反映させることができる。一般的には、出た利益の一部を手数料として支払う仕組みになっている。
・EA:事前に相場の動きを予想したプログラミングを作っておき、それを口座に連動させて取引を行う。無料のものと有料のものがあり、大半は最初に購入する買い切りとなっているケースが多い。

自分で取引を行いたくないという方の中でも、コピートレードとEAでは大きな違いがあるので、好みが分かれます。
その両方を自由に使うことができるため、自分の好きなように選択してトレードできるという点はSVOFXの大きな強みだと言えます。

EAの中には、無料で成績のよいものもあるので、しっかりと検討してみるといいでしょう。
ただ、EAによっては詐欺まがいのものもあるため、バックテストの結果などをチェックしてから選択することをおすすめします。

 

高いレバレッジが使える

SVOFXの最大レバレッジは、「2000倍」となっています。
海外FX業者の平均値は400~800倍となっているので、比較するとかなり高くなっていることが分かります。

元々は100倍のレバレッジとなっていましたが、近年2000倍という圧倒的に高いレバレッジを使える仕様に変更されています。
そのことにより、再度大きな注目を集めたと言われています。

より高いレバレッジを使いたい方は、SVOFXを選ぶといいでしょう。

 

レバレッジ制限はなし

海外FX業者の多くは、高いレバレッジ設定になっているところが多くあります。
しかし、口座タイプや口座残高によってレバレッジの制限がかかってしまうこともあるようです。
そのような口座を使っていると、大きな資金を動かす時や利益が出た時に思うように取引ができなくなってしまったり、本当に使いたい口座を選択できなくなってしまうということがあります。

ただ、SVOFXの場合は口座タイプや口座残高によるレバレッジ制限が一切ありません。
どのような時でも最大2000倍のレバレッジを使うことができるので、いつも同じような取引を行うことができるでしょう。

海外FX業者の中で人気があるXMTradingでも、1000万円以上の残高で取引を行う場合には100倍まで制限されるので、より大きな資産を取り扱っている方はSVOFXを選択することを検討してみることをおすすめします。

 

異なる情報に注意が必要

SVOFXに関する記事の中には、「最大レバレッジは800倍」「レバレッジは200倍」と記載されているものもあります。
しかし、このような情報は間違いで、正式には「2000倍」となっています。
かなり誤差があるので、異なる情報に惑わされないように注意しておく必要があるでしょう。

実際にSVOFXは過去に200倍のレバレッジ設定としていましたが、途中から取引スタイルを変えた際にレバレッジも大きく変更されています。
この情報がまだ更新されていないというケースもあるため、注意が必要です。

 

ゼロカットシステムが採用されている

SVOFXは他の海外FX業者同様、ゼロカットシステムが採用されています。

ゼロカットシステムとは
自分の予想と逆に相場が動いて含み損が膨らみ、一定の水準に達した場合、ロスカットが起こる。そのロスカットによって発生した口座残高以上の損失は支払う必要がない。その分はFX業者が負担してくれる。

SVOFXは海外FX業者の中では低いレバレッジだと言われていますが、それでも100倍のレバレッジによって発生する損失はかなり大きくなってしまう可能性があります。
しかし、ゼロカットシステムがあれば口座残高以上の損失を抱えることはないので、安心して高いレバレッジを使った取引をすることができでしょう。

 

ロスカット水準は平均値

SVOFXのロスカット水準は、「20%」となっています。
海外FX業者の平均ロスカット水準は20%となっているので、他社しても変わりない数値です

ただ、国内の業者の場合、ロスカット水準は50%になっています。
このようにロスカット水準が高いと、すぐにロスカットにあってしまい、なかなか自分が思うような取引ができないと感じるケースもあります。
そのため、ロスカット水準が低いSVOFXは、利益を出しやすい環境になっていると言えるでしょう。

 

ボーナスが用意されている

海外FX業者と言えば、豪華なボーナスが用意されているという点が魅力だと言われています。
SVOFXはまだまだ新しいFX業者ですが、魅力的なボーナスが用意されているので、人気が高まっています。

SVOFXで用意されているボーナスは複数ありますが、人気が高いのは「入金ボーナス」と「Svoポイント」の2つです。

SVOFXのボーナス
・入金ボーナス:取引のための証拠金を入金した場合に、その金額によって一定のボーナスが付与される。
・Svoポイント:トレードをした量とランキングの順位によってポイントがたまる。

このようなボーナスをうまく活用することで、よりお得に効率よく取引を行うことができます。

また、過去にはTwitterボーナスなどが開催されています。
このようなキャンペーンでは、SVOFXの公式Twitterをフォローしてアクションをクリアすれば100ドル(約1万円)のボーナスを獲得することができるというものです。

現在は終了していますが、再度このようなおもしろいキャンペーンが開催される可能性も高いため、期待が高まっています。

 

NDD方式で約定力も高い

SVOFXは、サービス開始直後はDD方式を採用していましたが、途中でNDD方式に変更しています。

DD方式とNDD方式の違い
・DD方式:トレーダーの注文を一度FX業者が受けてカバー注文をとり、その後インターバンクに流すという取引方法。
・NDD方式:トレーダーから受けた注文をそのままインターバンクに流すという方法。

一般的には、NDD方式の方が約定力が高いと言われています。
SVOFXでも発注から決済までのすべてを電子システムによって自動化し、よりすばやく一貫処理ができるようになっています。

その上、超高速で稼働するサーバーを使っているため、自分のエントリーしたいタイミングでポジションを保有することが可能です。
特に短期的な取引の場合、約定力によって結果が大きく変わってしまうということもあるので、自分の理想のタイミングで約定してほしいと思っている方はSVOFXを利用してみるといいでしょう。

 

日本語での丁寧なカスタマーサポート

SVOFXは海外FX業者ですが、日本人スタッフも常駐しており、日本語のサポートが行われています。
最近日本人にサービスを提供し始めた業者の場合、日本語サポートが充実していないというケースも多くありますが、SVOFXではしっかりと対策されているので、安心して利用することができます。

サポートはライブチャット、メール、フォームによって受け付けており、時間は平日10時~19時までとなっています。
ライブチャットはすぐに返事が返ってくるので、気軽に相談できるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?SVOFXは2019年からサービスをスタートした企業なので、まだまだ知名度は高くありません。
しかし、他社にはない魅力的なサービスを展開しており、徐々に日本人のファンも獲得しています。

特に独自のコピートレードが人気となっており、初心者でも気軽に取引を行うことが可能となっています。
知識や時間がなくても利益を出したいと考えている方には最適でしょう。

おすすめの記事