SVOFXの入出金方法|最も効率よく入金・出金できる方法はどれ?

SVOFXは、コピートレードなど他社ではあまり行っていないサービスに力を入れている海外FX業者です。
近年、日本でのサービスを開始しており、その直後から大きな注目を集めていますが、まだまだ使っている方が他社と比べると少なく情報もそこまで公開されていないので、不安に感じている方もいるでしょう。

特に心配される方が多いのが、「入出金」に関することです。
自分の大切な資産を使って投資するのだからこそ、よりスムーズに入金できてきちんと出金ができるのかという点は確認しておきたいですよね。

そこで今回は、SVOFXの入出金方法について詳しく見ていきましょう。

 

SVOFXの入出金方法まとめ

ではまずは、SVOFXの入出金方法について表形式で比較していきましょう。

 

入金方法

まずは入金方法について見ていきます。
入金方法は豊富に用意されているので、自分が入金しやすい方法を自由に選択することが可能となっています。

入金方法 通貨 入金反映までの時間 最低入金額 1回の最高入金額 手数料
銀行振込 USD 3~5営業日 5ドル 50000ドル 無料
クレジットカード USD 即時 5ドル 1000ドル 無料
ビットコイン USD 即時 100ドル 制限なし 3.5%
イーサリアム USD 即時 100ドル 制限なし 3.5%
リップル USD 即時 100ドル 制限なし 3.5%
テザー USD 即時 100ドル 制限なし 3.5%

 

出金方法

SVOFXの出金方法は、銀行振込のみとなっています。
手法を選ぶことはできませんが、金額等の設定は決まっているので、しっかりと確認しておきましょう。

入金方法 通貨 入金反映までの時間 最低入金額 1回の最高入金額 手数料
銀行振込 USD 3~5営業日 5ドル 10万ドル 25ドル

 

SVOFXの入金方法1:銀行振込

 

ではここからは、SVOFXのそれぞれの入出金方法を詳しく見ていきます。
まずは銀行振込で入金するメリット・デメリットをチェックしていきましょう。

入金方法 通貨 入金反映までの時間 最低入金額 1回の最高入金額 手数料
銀行振込 USD 3~5営業日 5ドル 50000ドル 無料

 

手軽に入金することができる

SVOFXは海外FX業者ですが、銀行振込にも対応しています。
銀行振込の場合、一度SVOFXのマイページで入金額を申請して、その金額を直接送金するというものになっています。

クレジットカードの使用をしたくないという方や、自分の銀行口座から直接入金をしたいという方の場合、銀行振込の方が手軽に利用することができるでしょう。
新興の海外FX業者の場合、銀行振込に対応していないところもあるので、この点は大きなメリットと評価することができます。

 

500円から入金可能

SVOFXに銀行振込で入金する場合、最低入金額は5ドル(約500円)と設定されています。
そのため、少額から始めたいという方にも最適です。

自分が投資したい金額分だけ入金することができるという点は、魅力的でしょう。

 

手数料が無料になっている

SVOFXに銀行振込で入金する場合、現時点では手数料が無料となっています。
元々は銀行振込の決済が行われる際に、収納代行業者が手数料として30ドル(約3000円)ほどを徴収するのですが、この部分はSVOFX側が負担してくれる仕組みとなっています。

しかし、この点に関しては、無料キャンペーンと記載されているため、今後変更になる可能性があります。
SVOFX側の表記には、気を付けておいた方がよいでしょう。

 

銀行振込手数料がかかる

SVOFXは銀行振込に対応していますが、この銀行振込とは国際銀行送金のことを指しています。
そのため、銀行によって異なる振込手数料や中継銀行手数料などがかかることがあります。

この費用は自分で負担しなければいけないので、事前に確認しておく必要があります。
海外銀行送金の場合、1回あたり3000~5000円ほどの手数料がかかる銀行もあるので、より多くの手数料が必要な場合にはできるだけまとめて入金するようにした方がよいでしょう。

 

反映までの時間が長い

先ほどもお伝えしたように、SVOFXの銀行振込は国際銀行送金となっています。
そのため、自分が振り込みを行ってから反映されるまでには、ある程度時間がかかってしまいます。

入金までの反映時間は3~5営業日となっているため、すぐに入金したいという時には銀行振込は向かないということができます。

 

SVOFXの入金方法2:クレジットカード

では次に、SVOFXのクレジットカード入金のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

入金方法 通貨 入金反映までの時間 最低入金額 1回の最高入金額 手数料
クレジットカード USD 即時 5ドル 1000ドル 無料

 

VISAとJCBに対応している

SVOFXで入金できるクレジットカードは、VISAとJCBの2つがあります。

海外FX業者の場合、「VISAじゃなければいけない」等、銘柄の指定がされているところも多くあります。
そんな中、2つの銘柄を利用できるという点は、かなり使いやすいということができるでしょう。

ただ、masterには対応していないので、注意しておく必要があります。

 

即時反映される

SVOFXにクレジットカードで入金する際の大きなメリットとして、着金の早さがあります。

先ほど解説したように、銀行振込の場合は国際送金となっているため、3~5営業日ほどの時間がかかってしまいます。
ただ、FXの相場は常に動いているので、急に証拠金が必要になるということもあるでしょう。

そのような時、クレジットカードであれば手続きをしたらすぐに着金されるので、急な相場変動にも臨機応変に対応することができます。
いつでも入金ができる状態にしたいという方は、クレジットカードを選んだ方がよいでしょう。

 

銀行振込で出金することができる

海外FX業者の多くは、クレジットカードで入金した分の金額はクレジットカードでの出金をする必要があります。
このような仕組みになっていると、入金した金額のみしか出金することができず、不便に感じる人もいるでしょう。

また、海外FX業者からクレジットカードへの出金は即時に行われますが、クレジットカード会社の処理に時間がかかることもあり、その場合には数か月着金されないというケースもあるようです。

ただ、SVOFXの場合、出金方法は銀行振込のみとなっています。
そのため、どの方法で入金したとしても、すぐに現金で受け取ることができるのです。

クレジットカード入金ならではの煩わしさがないという点は、大きな魅力と言えるでしょう。

 

カード手数料がかかる

SVOFXのクレジットカード入金の手数料は、無料となっています。

しかし、業者への振込手数料と別に、カード手数料が8%かかってきます。
限度額の10万円を入金する場合、約8000円を支払わなければいけないのです。

このカード手数料は少し高額設定となっているので、振込の際には注意しておく必要があります。

 

最高入金額が1000ドルと限定されている

SVOFXのクレジットカード入金の場合、最高入金額は1000ドル(約10万円)となっています。
そのため、大きな金額を使って取引をしたいと思っている方の中には、少ないと感じる方もいるでしょう。

ただ、1回の入金限度額となっているので、何度も入金することは可能です。
その場合、毎回手数料がかかってしまうので、クレジットカード入金はいざという時の保険と思っておいた方がよいでしょう。

 

SVOFXの入金方法3:仮想通貨

ではここからは、仮想通貨での入金方法のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

入金方法 通貨 入金反映までの時間 最低入金額 1回の最高入金額 手数料
ビットコイン USD 即時 100ドル 制限なし 3.5%
イーサリアム USD 即時 100ドル 制限なし 3.5%
リップル USD 即時 100ドル 制限なし 3.5%
テザー USD 即時 100ドル 制限なし 3.5%

 

豊富な種類がそろっている

SVOFXで入金することができる仮想通貨の種類は、「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「テザー」の4つがあります。

最近は海外FX業者の中でも仮想通貨の取引ができるようになったことから、仮想通貨での入金に対応する業者も増えてきています。
しかし、まだまだ入金できる通貨の種類は少ないところが多いです。

ただ、SVOFXの場合は知名度が高く、多くの方が保有している4つの通貨に対応しているので、より使いやすいと判断することができるでしょう。

 

即時に反映される

SVOFXもクレジットカード入金と同様に、入金申請を行ったら即時反映されるようになっています。

仮想通貨はFXの相場以上にボラティリティが高く、その時によって価格が大きく変わるので、自分が取引をしたいと思ったタイミングで入金することができるという点は、大きな魅力だと言えるでしょう。

 

最高入金額の制限がない

仮想通貨入金の場合のメリットは、1回の最高金額の制限がないという点です。

制限されない分、自分が必要となる金額分だけ自由に入金できるので、魅力的です。
その上、即時に反映されるので、急に資金が必要になった際に有効に利用することができるでしょう。

 

最低入金額が高い

SVOFXの銀行送金とクレジットカード入金の場合、最低入金額は5ドル(約500円)となっています。
しかし、仮想通貨入金の場合、100ドル(約1万円)と高めの設定となります。

まとまった資金でしか入金できないので、その点には注意しておきましょう。

 

手数料がかかる

仮想通貨入金の場合は、1回あたり入金額の3.5%の手数料が必要となります。

他の入金方法の場合、手数料が無料となっているので、この点を理解しておく必要があるでしょう。
手数料を抑えたいのであれば、できるだけまとめて入金することをおすすめします。

 

SVOFXの入出金に関する口コミ

ではここからは、実際にSVOFXを利用しているユーザーの入出金に関する口コミについて見ていきましょう。

銀行送金も早いという声がある

SVOFXの銀行送金は、国際送金となっています。
そのため、3~5営業日ほどかかると言われています。

しかし、口コミを見てみると、かなり反映が速いという声が多くみられました。
これだけスムーズに入金ができるのであれば、便利に使うことができるでしょう。

 

出金速度も上がっている

SVOFXの出金方法は銀行振込のみとなっているので、3~5営業日ほどかかると言われています。
しかし、最近はSVOFXの振込もかなり速くなっているようです。

ただ、出金の際には一応余裕をもって出金を待っていた方がよいでしょう。

 

出金手数料も下がっている

元々SVOFXの出金金額は50ドルとなっており、これが高いという声が多くありました。
その意見を採用し、SVOFXは5月11日から半額の25ドルとなっています。

このように顧客の声を採用して、さまざまなサービスが改善される点がSVOFXの魅力だと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?SVOFXはまだ日本でのサービスを開始してまもない業者ですが、入金方法も豊富ですし、便利なサービスが多く用意されています。
入出金もきちんと行われていますし、安心して使える業者だと言えるでしょう。

今後も顧客の意見を採用してよりよい環境が整えられていくと考えられるので、ぜひSVOFXを利用してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事