SVOFXは出金拒否をする?新興業者の実態を徹底調査します!

SVOFXは、まだまだマイナーな海外FX業者です。
海外FX業者の中には詐欺業者もあると言われており、利益を出すことができても出金拒否をされてしまうのではないかという不安を抱えている方もいるでしょう。

特にSVOFXは他社とは異なる魅力的なサービスが用意されているため、本当に出金できるのか疑問視する方もいるようです。
そこで今回は、SVOFXの出金拒否の噂について徹底的に調査していきましょう。

SVOFXの出金拒否に関する噂

SVOFXを実際に利用している方の口コミを見てみると、出金拒否をされたという意見もあります。
そこでここからは、SVOFXの出金拒否に関する噂について見ていきましょう。

 

出金拒否をされたという口コミ

SNSを見てみると、出金拒否されたという噂があります。
そのため、不安に感じる方もいるでしょう。

しかし、この口コミからもわかるように、そのほとんどが出金拒否ではなく、何らかの条件不足による「出金申請の否認」でした。

出金の際には一定の条件を満たす必要があり、それを知らずに出金申請した方が勘違いしてしまうケースもあるようです。

 

出金拒否はないという声も多数ある

出金拒否があるという噂もありますが、SVOFXを利用している方の口コミには出金拒否はないという意見が多数みられました。
このような意見を見ると、安心して利用することができる業者だと判断することができるでしょう。

 

SVOFXが悪意のある出金拒否をしない理由

口コミを見ても分かるように、SVOFXは悪意のある出金拒否をしないという可能性が高いと言えます。
そこでここからは、SVOFXが出金拒否をしないということができる理由について見ていきましょう。

 

公式サイトに記載されている

SVOFXは、公式サイトに出金拒否や口座凍結をしないという旨を記載しています。

SvoFXはNDD方式のFXブローカーであり、健全なレバレッジ取引をご提供しております。

マネーロンダリング等の不正行為や、システムを悪用した意図的な取引等が無い限り、一方的な理由で出金拒否や口座凍結を行うことはありません。

わざわざこのように記載していることから見ても、悪意のある出金拒否をしないことが考えられます。

NDD方式なので出金拒否をするメリットがない

SVOFXはNDD方式を採用しています。
NDD方式とは、トレーダーが行った注文をそのままインターバンクに流すという方法です。

もう1つの取引方式であるDD方式の場合、トレーダーからの注文を一度業者が受けて、カバー注文をとってからインターバンクに流すので、トレーダーが負けた方がより多くの利益がとれるようになっています。

しかし、NDD方式の場合はトレーダーが取引を行う際のスプレッドに乗せられている利益によって成り立っています。
そのため、より多くのトレーダーが取引をしてくれた方が、大きな利益を獲得することができるのです。

出金拒否を行うと一時的に業者側が利益を獲得することができるように見えますが、それが噂になってSVOFXで取引するトレーダーが減ってしまうことの方が重要な問題だと言えます。
このようなことから、SVOFXが出金拒否をするメリットはないので、出金拒否をすることは考えにくいでしょう。

 

金融ライセンスを取得している

SVOFXは、「オーストラリア証券投資委員会」と「バヌアツ金融サービス委員会」という2つの金融ライセンスを取得しています。
この2つはあまり知名度が高いライセンスではありませんが、その1つであるオーストラリア証券投資委員会のライセンスは取得が難しいと言われています。

金融ライセンスを所有し続けるためには、一定の条件を満たした取引環境を整えることが必要となるので、出金拒否のような悪質な取引をしていては、ライセンスが剥奪される可能性が高いです。
このようなことからも、SVOFXの信頼度は高いと考えることができるでしょう。

 

ユーザーの不備で出金拒否されてしまう条件

SVOFXでは、悪意のある出金拒否は行っていません。
しかし、SVOFXではユーザーの不手際や不備で出金拒否をするというケースはあるようです。

これを「SVOFXによって悪質な出金拒否をされた」と感じるユーザーもいます。
きちんとルールを守って出金申請をすればスムーズな出金が行われるので、必ず確認して出金申請を行うようにしましょう。

 

銀行口座が登録されていない

SVOFXでは、「銀行振込」「クレジットカード」「仮想通貨」という3つの方法で口座に入金をすることができます。
しかし、出金方法は銀行振込のみとなっているので、出金の際には必ず銀行口座を登録することが必要になります。

他社の場合、クレジットカードで入金したらクレジットカードでの出金が義務付けられていることが多いです。
そのため、クレジットカードで入金をした場合、そのまま出金申請をしても出金することが可能となっています。

ただ、SVOFXの場合は必ず銀行口座を登録しておかないといけないので、その点に注意しておきましょう。
また、入力した情報が間違っていた場合も出金拒否が否認されてしまうので、きちんと確認しながら登録しておくことをおすすめします。

 

アカウント名と銀行口座名が異なる

SVOFXでは、マネーロンダリングを防ぐためにアカウント名後と銀行口座名義は同じでないと利用することができないという風に定められています。
そのため、異なる名義の口座を登録してしまうと、出金申請を否認されてしまいます。

入力ミスでも同じような措置がとられてしまうので、きちんと確認してから登録するようにしましょう。

 

クレジットボーナス分は出金することができない

SVOFXでは、入金した時にクレジットボーナスがもらえるキャンペーンを行っています。
このようなキャンペーンを利用すると、自分が入金した金額以上の額で取引を行うことができます。

しかし、このクレジットボーナス分は取引に使うことはできますが、出金することはできません。
そのため、クレジットボーナス分を含んだ額を出金しようとすると、拒否されてしまいます。

出金申請する金額は、自分が入金した金額と出た利益のみにしておきましょう。

 

出金ウォレットが間違っている

SVOFXは、最大8個MT4口座と資産管理用のウォレットを持つことができるようになっています。
そのため、自分で取引スタイルによって自由に選択することができる仕組みになっているのです。

どの口座からも出金することができますが、出金する口座を間違って資産が入っていない口座からの出金申請を行ってしまった場合、当たり前ですが出金拒否は否認されています。

審査が通るまでの時間を待っているともったいないので、出金申請を行う際には必ず出金元の口座を確認しておくようにしましょう。

 

海外送金に対応していない銀行を使っている

SVOFXから出金する際には、銀行送金しか使うことができません。
この銀行送金とは、海外からの送金となっています。
そのため、海外送金に対応している業者でなければ、出金することができません。

自分が使いたいと思っている銀行口座がある場合、海外送金に対応しているかどうか確認しておくといいでしょう。

 

出金完了する前に出金申請を行った

SVOFXでは、出金申請を行ってから出金が完了するまでにかなり時間がかかることがあります。
それはすべての出金が銀行振込になっているからです。

この時間がかかっている間に再度出金申請を行ってしまうと、当然ですが出金申請を否認されてしまいます。
必ず1回ずつ出金申請を行うようにして、あまりにも何も起きないという時にはカスタマーサポートに問い合わせるようにしましょう。

 

証拠金維持率を下回る額の申請

SVOFXでは、ポジションを保有している時でも出金申請を行うことができます。
そのため、証拠金維持率を確認して、出金申請を行うことが必要となります。

出金することによって、規定の証拠金維持率を下回る出金申請を行ってしまうと、出金によってロスカットが起こることになってしまいます。
このような場合、出金が拒否されてしまうので、注意が必要です。

特にSVOFXは他社と比べてロスカット水準が高くなっているため、気を付けておく必要があるでしょう。

わざわざ計算して出金申請をするのが面倒と感じる方は、ポジションをすべて決済してから出金申請を行うことをおすすめします。

 

禁止している取引を行った場合

SVOFXでは、悪質な出金拒否は行っていません。
しかし、SVOFXが規約によって禁止している取引を行った場合、然るべき対応として出金拒否を行う可能性があります。

取引を行う際には、必ず規約を読んでから取引を始めるようにしましょう。

 

SVOFXの出金に関する注意点

ではここからは、SVOFXの出金に関する注意点についてご紹介していきます。

 

手数料がかかる

SVOFXで出金を行う際には、出金手数料として25ドル(約2500円)がかかります。
1回の出金の際にこの金額がかかるので、出金はまとめて行った方がよいでしょう。

これでも高いと感じる方もいると思いますが、元々は50ドル(約5000円)だったものが2022年5月に半額になっています。
これは顧客からの話が上がったことによるものです。
今後もこのように、手数料面は下がる可能性も十分に考えられると言えるでしょう。

また、SVOFXでの出金は海外送金になるので、銀行側に支払わなければいけない手数料がかかることもあります。
そのため、出金をする前には自分の出金したい銀行に問い合わせるようにしましょう。

 

3~5営業日ほどかかる

SVOFXの出金は海外送金となっているので、3~5営業日かかると言われています。
この時間は待つしかないですが、即時着金しないという点をデメリットに感じる方もいるようです。

ただ、最近はSVOFXの出金が早くなっているという声が多数みられます。
このことにより、これまで以上に安心して使える業者になっていると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?SVOFXの口コミを見てみると、出金拒否されたという意見もありますが、実際には悪質な出金拒否は行っていないことが分かります。
出金速度も上がっていますし、スムーズな出金ができるようになっているため、安心して利用することができる業者だと言えるでしょう。

おすすめの記事