SVOFXを利用する価値はある?Gemforexとの比較から分析してみた

SVOFXは日本でサービスを開始してまだ間もない海外FX業者です。
しかし、他社が行っていないような魅力的なサービスを行っているため、魅力的だと言われています。

ただ、まだまだ知名度が低いので、不安に感じる方もいるでしょう。
そこで今回は、SVOFXと知名度の高いGemforexと比較して、SVOFXのサービスの魅力や利用するメリットに迫っていきましょう。

 

SVOFXとGemforexの違いまとめ

ではまずは、SVOFXとGemforexの違いを比較してみていきましょう。

 

SVOFX GEMFOREX
運営会社 SVOFX LTD GEM GROUP NZ LIMITED
設立 2014年 2010年
金融ライセンス バヌアツ金融庁 モーリシャス金融サービス委員会
取引形態 NDD DD
資金管理 分別方式 分別方式
最大レバレッジ 2000倍 1000倍
自動売買 可能 可能
EA 対応 対応
コピートレード 対応 対応
入金方法 銀行送金
クレジットカード
仮想通貨
国内銀行送金
クレジットカード
イーサリアム
Perfect Money
ZOTAPAY
ビットコイン
出金方法 海外銀行送金 海外銀行送金
ロスカット水準 20% 20%
対応ツール MT4 MT4

ではここからは、SVOFXとGemforexの違いについて詳しく解説していきます。

 

SVOFXとGemforexの比較1:コピートレード

SVOFXでは、コピートレードを自由に使うことができる点が魅力と言われています。
ただ、Gemforexも無料でミラートレードのサービスを提供しているので、同じように利用することができると考えるユーザーの方もいるでしょう。

そこでここからは、この2社のコピートレードの違いを見ていきましょう。

 

ストラテジーの数はGemforexが多い

Gemforexは、2010年からサービスをスタートさせています。
それに対して、SVOFXが設立されたのは2014年でしたが、サービスを開始したのは2019年となっています。
そのため、やはりストラテジーの数を比較してみると、Gemforexの方が多いと言われています。

コピートレードはストラテジーの質によって利益を出せるかどうかが変わってきます。
そのことを考えると、別に数はそこまで重要ではありませんが、自由に選ぶことができるという点はメリットと言えるでしょう。

より多くのストラテジーが登録されている方を選びたい方は、Gemforexの方がよいでしょう。
しかし、自分に合ったトレーダーは人によって違うので、よりよいストラテジーを探したい方は、両方見てみることをおすすめします。

 

取引内容が見れるのはSVOFX

一般的なコピートレードの場合、トレードを行っている内容を見ることはできず、結果のみが表示される形式となっています。
Gemforexの場合もそのような仕組みになっており、どのような取引が行われているのか分からないということに対して、不安に感じる方もいるようです。

しかし、SVOFXの場合はそのトレーダーが実際に行っている取引を見ることができるようになっています。
そのため、初心者の方の場合、コピートレードで利益を出しながら、どのように利益を出していくのかというFXの手法を学ぶという方もいます。

取引内容を自分でも確認したいと考えている方は、SVOFXを選んだ方がよいでしょう。

 

細かい調整をできるのはSVOFX

Gemforexのコピートレードでは、「稼働」と「停止」の選択しか行うことができません。
もちろん内容を見ることもできないので、どのタイミングでその判断をしたらいいのか分からないと感じている方もいたようです。

また、ストラテジーの成績が振るわない時にその原因を検証することもできないので、このストラテジーをもう少し使うか、それとも異なるものに変えるのかという判断をするのも難しいという課題がありました。

しかし、SVOFXの場合は行われているトレードの内容を見ることができる上に、その途中で個人が決済を行うことが可能となっています。
このように自由にポジションの決済ができることによって、万が一急に相場が動いてしまった時でも自分で素早く対処を行って損失額を減らすことができるのです。

この点を考えると、自由に取引をしたいと考えている方にはSVOFXの方が向いていると言えるでしょう。

 

コピートレードのまとめ
・ストラテジーが多いのはGemforex
SVOFXはトレードの内容を見たり、自由に操作することができる
・両者とも無料でコピートレードが使える

 

SVOFXとGemforexの比較2:レバレッジ

海外FX業者と言えば、国内FX業者に比べて高いレバレッジを使うことができる点が魅力と言われています。
SVOFXもGemforexも海外FX業者特有の高いレバレッジが用意されているため、自由な取引を行うことができるでしょう。

 

最大レバレッジはSVOFXの方が高い

最大レバレッジを比較してみると、SVOFXは2000倍、Gemforexは1000倍となっています。
この数値を見てみると、どちらも他社の海外FX業者に比べて圧倒的に高い数値になっていると言えるでしょう。

元々、SVOFXは200倍という小さなレバレッジでサービスを提供していましたが、顧客からの要望が多くあったため、それを採用して2000倍という高いレバレッジ設定に変更されています。
そのため、より高いレバレッジを使いたいと考えている方は、SVOFXを利用した方がよいでしょう。

 

100万円以上ならGemforexがレバレッジが高い

SVOFXもGemforexも、口座残高に応じてレバレッジサイズが定められています。
そのため、自分が取り扱いたい金額によってレバレッジが変わるので、注意しておかなければいけません。

SVOFXは2000倍という高いレバレッジを使うことができますが、それが使えるのは証拠金が20万円以下の場合のみです。
20万円以上になった場合、レバレッジが制限されてしまいます。

100万円以上の額を取引する場合、Gemforexの方が高いレバレッジを使うことができます。
自分の使いたい証拠金とレバレッジサイズによって、口座開設する業者を選択した方がよいでしょう。

 

口座資金 SVOFX Gemforex
~約19万9000円 2000倍 1000倍
約20~99万円 1000倍
約100〜200万円 500倍
約201~499万円 500倍
約500~999万円 200倍
制限なし 100倍

 

レバレッジのまとめ
・最大レバレッジは2000倍のSVOFXが高い
・20万円未満ならSVOFXの方が有利
・100万円以上ならGemforexの方が有利

 

SVOFXとGemforexの比較3:取引方式

FXの取引方式には、「NDD方式」と「DD方式」の2つがあります。
今回比較しているSVOFXは「NDD方式」、Gemforexは「DD方式」を採用しています。

この2つにはどちらにもメリット・デメリットがあると言われているので、理解して選択する必要があります。

 

DD方式を採用するGemforexはスプレッドが狭い

Gemforexは、DD方式を採用しています。
DD方式とは、トレーダーから受けた注文を一度FX業者が約定させて、それをインタートレードに流すという方法です。

注文が行われる際にFX業者が介入するため、透明性が低いという声もあります。
しかし、DD方式ではFX業者がトレーダーからの注文に対して、カバー注文を行っています。

このことにより、DD方式を採用する業者はトレーダーが負けることによって利益が出る仕組みになっています。
そのため、取引を行う時に手数料をとらなくても利益を獲得することができるため、スプレッドが狭い環境で取引を行うことができます。
よりスプレッド幅の狭い業者を選びたい場合には、DD方式を選ぶようにしましょう。

NDD方式を採用するSVOFXは約定力が高い

DD方式を採用しているGemforexに対して、SVOFXはNDD方式を使っています。

NDD方式とは、トレーダーから受けた注文をそのままインターバンクに流すという仕組みです。
FX業者を通して注文が行われないので、自分が注文したいタイミングですぐに約定することができるという点が1番のメリットです。

特に短時間での取引を行う場合、少しのズレが大きな損失につながることもあるので、約定力の高い業者を使った方が安心して取引できるでしょう。

ただ、NDD方式を採用している業者の場合、スプレッドに利益を乗せているというケースが多くあります。

取引方式のまとめ
・DD方式を採用しているGemforexの方がスプレッドは狭くなる
・NDD方式を採用しているSVOFXの方が約定力は高い

 

SVOFXとGemforexの比較4:ボーナス

海外FX業者は、国内FX業者が行わないような豪華なボーナスを設定していることが多くあります。
実際にSVOFXとGemforexの両者も、ユーザーが喜ぶ魅力的なボーナスが用意されています。

そこでここからは、この2社のボーナスを比較してみましょう。

口座開設ボーナスはGemforexの方が多い

SVOFXもGemforexも、口座開設ボーナスを用意しています。
その金額を見てみると、SVOFXは約1万円、Gemforexは2万円となっています。
そのため、ボーナス金額を見ると、Gemforexの方が豪華だと言えるでしょう。

より多くの金額を使いたいと思っている方は、Gemforexがおすすめです。
ただ、SVOFXの場合は20万円以下の場合は2000倍という高いレバレッジを使うことができます。

そのため、SVOFXを使っている方の中には、2000倍という高いレバレッジを使い、口座開設ボーナスだけでかなり大きな額を稼ぐという方もいます。
口座開設ボーナスを活用して利益を狙いたいと考えている方は、SVOFXの方が効率的だと考えられます。

 

SVOFXは常に入金ボーナスが開催されている

海外FX業者の中には、入金する時にボーナスを受けられるところも多くあります。
しかし、その多くは不定期で開催されており、そのイベントが行われている時にしか受けることができません。

実際にGemforexも豪華な入金ボーナスを行っていますが、そのイベントの開催は不定期となっており、次回いつ行われるのかはわかりません。

ただ、SVOFXの場合は常に2段階の入金ボーナスが実施されています。

 

ボーナスの割合 最大金額
100% 500ドル(約5万円)まで
20% 総額4500ドル(約45万円)まで

このボーナスを常に使うことができるので、自分が入金した金額以上の証拠金で取引を行うことができます。
証拠金の金額が大きい方が利益を出しやすいので、魅力的だと言えるでしょう。

 

SVOFXはトレードボーナスをもらうことができる

SVOFXでは、トレードを行うことによって証拠金に交換することができるSVOポイントをもらうことができます。
それ以外にも、トレードのランキングに入ることによってもらうことができるランキングポイントも用意されています。

このようにトレードを行いながらポイントを貯めることによって、取引の資産効率を上げることができる仕組みになっています。
この仕組みを活用すれば、よりスプレッドも狭くすることができますし、利益を出しやすい環境にすることができるでしょう。

その上、取引量が増えればランクを上げ、より多くの量を得ることができるようになります。
より多くの取引をSVOFXで行った方が有利になるでしょう。

 

ランク ポイント/Lot 期間 付与タイミング
レベル1 10SVP 0日 クローズ後、翌日
レベル2 15SVP 30日 期間終了後の翌日
レベル3 18SVP 60日 期間終了後の翌日
レベル4 20SVP 00日 期間終了後の翌日

このような仕組みは、Gemforexでは用意されていません。
口座開設ボーナスはGemforexの方が豪華ですが、トータルで考えるとSVOFXの方が高いボーナスを得ることができるでしょう。

 

ボーナスのまとめ
・口座開設ボーナスはGemforexの方が有利
・入金ボーナスや取引ボーナスがあるのはSVOFX

 

まとめ

いかがでしたか?SVOFXもGemforexも魅力的なサービスが多く用意されています。
どちらでもコピートレードが行われているので、コピートレードを使いたいと思っている方はこの2つの海外FX業者をしっかりと比較して利用した方がよいでしょう。

その他のサービスも比較すると、SVOFXの方が有利な点も多いので、ぜひ参考にして口座開設を行ってみてくださいね。

おすすめの記事