SVOFXの口座タイプ|どの口座を使った方が効率よく取引できる?

SVOFXはまだ日本でサービスを開始したばかりの業者です。
そのため、あまり情報が多くなく、自分がやりたい取引を行えるのかどうか不安に感じるという方もいるでしょう。

特に口座開設をする際に、どの口座タイプを選んだらいいか迷う方は多くいるようです。
口座タイプごとに特徴があるので、自分の取引スタイルに合わせて選ぶことが重要となります。

そこで今回は、SVOFXの3つの口座タイプについて詳しく見ていきます。
自分が使いたい口座があるかどうか、チェックしてみてくださいね。

SVOFXの口座タイプ比較

SVOFXでは、「スタンダード口座」「マイクロ口座」「プロフェッショナル口座」の3つが用意されています。
それぞれに異なる特徴があるので、まずは比較してみましょう。

 

口座タイプ スタンダード マイクロ プロフェッショナル
最低入金額 5ドル(約500円) 5ドル(約500円) 100ドル(約1万円)
最高入金額 なし なし なし
最低出金額 5ドル(約500円) 5ドル(約500円) 5ドル(約500円)
アカウント通貨 USD USD USD
取引方式 Instant Execution Instant Execution Market Execution
最大レバレッジ 2000倍 2000倍 2000倍
スプレッド 1.0pips~ 1.0pips~ 0.0pips~
手数料 なし  なし FX:2ドル/Lot
CFD:2.5ドル/Lot
最低取引サイズ 0.01 0.01 0.01
ロットサイズ 1000000 1000 100000
ティックサイズ 0.00001 0.00001 0.00001
ロスカット水準 20% 20% 20%
マージンコール 50% 50% 50%
取引商品 FX
株式指数
貴金属
エネルギー
暗号通貨
FX
株式指数
貴金属
エネルギー
暗号通貨
FX
株式指数
貴金属
エネルギー
ソーシャルトレード
デモアカウント
プラットフォーム MT4、SVOTrader MT4、SVOTrader MT4、SVOTrader
モバイルでの取引 iOS、Android iOS、Android iOS、Android

 

ではここからは、それぞれの口座タイプの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

SVOFXの口座タイプ1:スタンダード口座

SVOFXのスタンダード口座とは、すべての口座タイプの中で最もオールマイティな仕組みとなっています。
そのため、誰もが気軽に取引しやすいものだと言われています。

取引スタイルを選ばず、SVOFXの独自のサービスを多く受けることができるので、魅力的だと言われています。

 

口座タイプ スタンダード
最低入金額 5ドル(約500円)
最高入金額 なし
最低出金額 5ドル(約500円)
アカウント通貨 USD
取引方式 Instant Execution
最大レバレッジ 2000倍
スプレッド 1.0pips~
手数料 なし
最低取引サイズ 0.01
ロットサイズ 1000000
ティックサイズ 0.00001
ロスカット水準 20%
マージンコール 50%
取引商品 FX
株式指数
貴金属
エネルギー
暗号通貨
ソーシャルトレード
デモアカウント
プラットフォーム MT4、SVOTrader
モバイルでの取引 iOS、Android

 

ではここからは、スタンダード口座の特徴について詳しく見ていきましょう。

5ドルから取引を行うことができる

SVOFXのスタンダード口座は、5ドル(約500円)から取引をスタートすることができます。
SVOFXはまだ日本でサービスを開始し始めたばかりのFX業者なので、いきなり大きな金額を入金するのは不安に感じる方もいるでしょう。

そのような方でも少額からスタートすることができるので、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

ボーナスを使えば入金せずに取引を始められる

SVOFXでは、口座開設の時にボーナスを受け取ることができます。
このボーナスの金額は1万円となっているので、かなりお得に取引を始めることができると考えられています。

ボーナスを受け取れば、入金せずに取引をスタートすることができるので、ぜひボーナスを受け取って始めてみることをおすすめします。
その後、自分でどれくらいの資金を入金するのか判断するようにしましょう。

 

入金ボーナスを使えばより多い証拠金で取引ができる

SVOFXでは、入金した時にもらえる入金ボーナスも用意されています。
この入金ボーナスは2段階となっており、500ドル(約5万円)までは100%ボーナス、4500ドル(約45万円)までは20%のボーナスが付与される仕組みになっています。

この仕組みを活用すれば、少額の入金でも一定の金額で取引を行うことができます。
そのため、より効率のよい取引を行うことができるでしょう。

 

デモアカウントを利用することができる

SVOFXのスタンダード口座では、デモ口座の利用も可能となっています。
デモ口座では、自分の資産を使わずにデモマネー5000ドルを活用して、SVOFXの取引環境を体験することができます。

SVOFXでデモ口座を使うことができるのはスタンダード口座のみとなっているので、まずはSVOFXの環境を確認してから取引を行うことができると言われています。
口座開設を行ったら自動で作成されるので、不安な方はこちらを使ってみることをおすすめします。

 

ソーシャルトレードに参加できる

SVOFXの1番の魅力と言えば、ソーシャルトレードを利用することができる点です。
ソーシャルトレードとは、SVOFX独自のコピートレードのことです。

このソーシャルトレードを利用することによって、FX初心者の方でも気軽に取引を始めることができます。
その上、時間を費やすこともないので、忙しい方にも最適です。

このシステムを使っている海外FX業者はあまりないので、ソーシャルトレードに参加するためにSVOFXを使いたいというトレーダーも多くいます。
ソーシャルトレードに参加したい方は、スタンダード口座かマイクロ口座を利用する必要があります。

 

SVOFXの口座タイプ2:マイクロ口座

SVOFXのマイクロ口座とは、より小さな単位で取引をすることができる口座タイプです。
そのため、少額での取引を行うことができます。

リスクのない状態で取引を行うことができるので、安心だと言われています。

口座タイプ マイクロ
最低入金額 5ドル(約500円)
最高入金額 なし
最低出金額 5ドル(約500円)
アカウント通貨 USD
取引方式 Instant Execution
最大レバレッジ 2000倍
スプレッド 1.0pips~
手数料  なし
最低取引サイズ 0.01
ロットサイズ 1000
ティックサイズ 0.00001
ロスカット水準 20%
マージンコール 50%
取引商品 FX
株式指数
貴金属
エネルギー
暗号通貨
ソーシャルトレード
デモアカウント
プラットフォーム MT4、SVOTrader
モバイルでの取引 iOS、Android

 

ではここからは、マイクロ口座の特徴について詳しく見ていきましょう。

 

1000単位で取引を行うことができる

SVOFXのスタンダード口座とプロフェッショナル口座では、10万単位での取引となっています。
しかし、マイクロ口座だけは1000単位となっています。

より小さな単位で取引をすることができるので、同じ証拠金で取引を行った場合でも、損失額のリスクを下げることができます。
そのため、安心して取引を行うことができるという方もいるようです。

 

大きな利益は出しづらい

マイクロ口座での取引は、大きな損失を出すリスクを下げることができます。
しかし、その分大きな利益も出しづらくなってしまいます。

まとまった金額を稼ぎたいと考えている方の場合は、スタンダード口座やプロフェッショナル口座を使った方がよいでしょう。

 

取引単位以外はスタンダード口座と同じ

SVOFXのマイクロ口座は、取引単位が1000単位になっている点が特徴です。
しかし、それ以外の項目は、スタンダード口座とすべて同じ</strong>になっています。

マイクロ口座でもスタンダード口座と同じような取引を行うことができますし、コピートレードを利用することも可能です。
コピートレードを行おうと思っている場合、いきなり自分の資金を人に任せるのは不安に感じる方もいるでしょう。
ただ、マイクロ口座であればリスクが低いので、安心してチャレンジすることができるという方も多いようです。

 

SVOFXの口座タイプ3:プロフェッショナル口座

SVOFXのプロフェッショナル口座とは、よりスプレッドの狭い環境で取引をすることができるという点が特徴の口座となっています。
スタンダード口座に比べると制限される点もありますが、よりよい環境が整っているため、上級者の方が愛用するケースが多いようです。

 

口座タイプ プロフェッショナル
最低入金額 100ドル(約1万円)
最高入金額 なし
最低出金額 5ドル(約500円)
アカウント通貨 USD
取引方式 Market Execution
最大レバレッジ 2000倍
スプレッド 0.0pips~
手数料 FX:2ドル/Lot
CFD:2.5ドル/Lot
最低取引サイズ 0.01
ロットサイズ 100000
ティックサイズ 0.00001
ロスカット水準 20%
マージンコール 50%
取引商品 FX
株式指数
貴金属
エネルギー
ソーシャルトレード
デモアカウント
プラットフォーム MT4、SVOTrader
モバイルでの取引 iOS、Android

ではここからは、SVOFXのプロフェッショナル口座の特徴について見ていきましょう。

 

スプレッドが狭い

スタンダード口座とマイクロ口座では、最低スプレッドが1.0pipsとなっています。
しかし、プロフェッショナル口座の場合は0.0pipsからとかなり狭く設定されています。

このようにスプレッドが狭いことによって、より利益の出しやすい取引をすることができると言われています。
ECN方式となっているので約定力も高く、スキャルピングのような短期の取引をしたい方にも最適な口座となっています。

 

手数料がかかる点に注意が必要

SVOFXのプロフェッショナル口座のスプレッドは0.0pips~とかなり狭くなっています。
しかし、スタンダード口座と異なり、別途手数料がかかる点を理解しておく必要があります。

プロフェッショナル口座の場合は、1Lotの取引につき2ドルの手数料がかかってきます。
また、CFDの取引の時には2.5ドルに増えるので、理解しておきましょう。

手数料がかかるので高くなるのではないかと思う方もいると思いますが、それでもスタンダード口座よりも少ない手数料で取引をすることが可能な通貨ペアが多くあります。
通貨ペアによってスプレッドも異なるので、自分が使いたい銘柄がある場合、事前に確認しておきましょう。

 

最低入金額が100ドル

SVOFXのスタンダード口座やマイクロ口座の場合、500円から取引を始めることができます。
しかし、プロフェッショナル口座では100ドル(約1万円)の入金が必要となります。

SVOFXはまだ日本に進出してまもないFX業者なので、大きな金額を入金するのが不安に感じる方もいるでしょう。
そのような方の場合は、スタンダード口座やマイクロ口座から利用してみることをおすすめします。

 

ソーシャルトレードに参加できない

SVOFXでは、ソーシャルトレードというコピートレードを利用することができます。
この機能を使って取引をしたいと考えている方もいるでしょう。

しかし、SVOFXのプロフェッショナル口座はソーシャルトレードには対応していません。
そのため、ソーシャルトレードを利用したいと考えている方はスタンダード口座やマイクロ口座の利用をおすすめします。

ただ、プロフェッショナル口座は裁量取引をするのに最適と言われているので、裁量取引をしたいと思っている方はプロフェッショナル口座の利用を検討してみるといいでしょう。

 

暗号通貨の取引はできない

SVOFXでは、暗号資産のFX取引も行うことができます。
しかし、プロフェッショナル口座では暗号資産の取引を行うことはできません

暗号資産の取引を行いたい方は、他の口座を利用するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?SVOFXの口座タイプには、それぞれ異なる特徴があります。
自分がやりたいと思っている取引に応じて口座タイプを選ぶことによって、より利益の出しやすい環境を整えることができます。

SVOFXは口座タイプによって違う点もありますが、高いレバレッジはどの口座でも使うことができるので、より効率のよい取引をすることができるでしょう。
ぜひこの機会にSVOFXで口座開設をしてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事