AXIORYでおすすめの取引手法について徹底解説!

AXIORYは、信託保全が採用されており、安心して取引できる海外FX業者です。

また、信託保全が採用されているだけではなく、スキャルピングや両建てなど、他の海外FX業者が禁止している取引を公認しているFX業者でもあります。

このように、安心安全で非常に使い勝手が良いAXIORYですが、皆様の中には、 AXIORYでおすすめの取引手法について知りたい方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、AXIORYでおすすめの取引手法について説明します。わかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

AXIORYはスキャルピング 公認!

スキャルピングとは、数秒から数分で取引を完結させる取引手法で、1回あたりに取れる利益は少ないですが、何度も繰り返して行うことによって、利益を積み上げていく取引手法になります。

スキャルピングは、ポジションを保有している時間がごくわずかなことから、相場急変などに巻き込まれるリスクが少なく、投資初心者の方でも比較的利益が出しやすい取引手法です。

ただし、このスキャルピングですが、FX業者から見ると非常に負担感のある取引手法になります。

なぜなら、1日あたり数十から数百の取引が行われからです。

当然、トレーダーの取引回数が多くなればなるほど、FX業者のサーバー負担は相当なものになるので、サーバーの増強が必要になります。

また、これは主に国内FX業者に該当することですが、国内FX業者のほとんどは、DD方式を採用しています。

 

DD方式の場合、顧客が利益を出すと、FX会社は損失になるので、FX業者と顧客は利益相反の関係にあります。

つまり、顧客が大きな利益を出すと、FX会社は大きな損失を被ってしまいますので、スキャルピングのような利益を出しやすい取引手法は使って欲しくないのです。

海外FX業者の多くは、NDD方式を採用していますので、顧客とFX業者の利益は相反する関係にはありませんが、国内FX業者を利用する際は大きな注意点になります。

 

このように、スキャルピングは、FX業者にとってデメリットが多いため、多くのFX業者ではスキャルピング の利用を禁止しているのです。

しかし、AXIORYは、スキャルピングを公認してくれています。

利益の出しやすいスキャルピングを公認してくれているのは、AXIORYを利用する際の大きなメリットになります。

AXIORYでスキャルピング を行うのであれば、cTraderがおすすめ!

AXIORYでは、MT4とMT5、cTraderの利用ができます。

MT4とMT5は、世界で最も利用されているFXのプラットフォームのため、多くの方が内容についてご存知でしょう。しかし、cTraderについては、なじみがない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

cTraderは、スキャルピング取引に適したECN方式専用の取引プラットフォームです。

 

cTraderとMT4のスペックについてまとめましたので参考にしてください。

項目 cTrader MT4
取引方式 ECN STP・ECN
操作性 直感的に操作可能 ある程度の慣れが必要
約定力 リクオートなし 業者によってはリクオートあり
取引制限 一切なし 利用業者によっては制限あり
板情報 閲覧可能 閲覧不可
ワンクリック注文 可能 可能
同時決済 可能 不可
インジケーター・EA 少ない かなり多い
情報のわかりやすさ 分かりやすい 分かりにくい
対応デバイス ・Windows

・Mac

・スマホ(iOS・Android)

・タブレット

・Windows

・Mac

・スマホ(iOS・Android)

・タブレット

結論からお話しすると、MT4とMT5よりもcTraderの方がスキャルピング に向いています。

cTraderがスキャルピング に向いている理由について次の章で説明をしますので、ぜひ参考にしてください。

cTraderがスキャルピングに向いている主な理由は5つ!

cTraderがスキャルピングに向いている理由はたくさんありますが、主な理由は5つに集約されます。

  • 約定力が非常に高い
  • FX業者による価格操作が一切ない
  • 株式取引のようないた情報が見られる
  • 約定拒否がない
  • 日本語完全対応

cTraderがスキャルピングに向いている理由についてわかりやすく説明します。

約定力が非常に高い

cTraderの約定力は非常に高いです。MT4とMT5も十分、約定力が高いですが、cTraderでは、クリックした瞬間に約定するイメージになります。

約定力が非常に高いので、スキャルピングを行う上では最適です。なぜなら、約定力が低いと、スキャルピングで思った通りに利益を上げることができないからです。

1回あたりに狙うpipsは、非常に小さいため、少しでも約定がずれてしまうと、逆に損失になってしまう可能性があります。

約定力が非常に高いのは、cTraderの大きなメリットでしょう。

FX業者による価格操作が一切ない

cTraderは、ECN方式専用のプラットフォームとして開発されました。

ECN方式(Electronic Communications Network)は、日本語で「電子取引所取引」の意味です。

ECN方式での取引は、トレーダーの注文をFX業者ではなく「電子取引所」を利用してマッチングする仕組みとなっていますので、FX業者が介する余地は一切ありません。

 

一方、STP方式(Straight Through Processing)とは、トレーダーの注文をFX業者がカバー先の金融機関とマッチングさせる仕組みです。

STP方式も、直接、インターバンク市場から為替レートをとってくるので、FX業者が不正できない形になっていますが、FX業者を介しているため100%不正がないかというと疑問が残ります。

価格操作が一切できないECN方式専用のプラットホームであるのはcTraderのメリットといえるのではないでしょうか。

株式取引のような板情報が見られる

スキャルピングで利益を出すためには、成行注文ではなく、指値注文で注文を出す必要があります。

皆さんご存知だとは思いますが、成行注文と指値注文について簡単にまとめましたので参考にしてください

成行注文

成行注文とは、レートを指定せずに約定させたい通貨量だけを指定する注文方法になります。

成行注文の主なメリット・デメリットは、以下の通りです。

  • 成行注文のメリット…希望のレートがないためすぐに約定ができること
  • 成行注文デメリット…すぐに約定はできるが、為替が急に変動した場合には予想外の価格で約定する可能性があること

指値注文

指値注文とは、現在のレートよりも有利な希望レートと通貨量を指定する注文方法になります。

指値注文の主なメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 指値注文のメリット…希望のレートで約定できること
  • 指値注文のデメリット…希望のレートに到達しないと約定できないこと

指値注文の注文が約定できるかどうかは、注文状況によるのは皆さんご存知でしょう。

注文がなければ、約定することができません。cTraderでは、株式取引の板情報のように、現在の注文情報を一目で見ることができます。

スピードが命であるスキャルピングにおいて板情報のように一目で見られるツールがあるのは非常に便利です。

約定拒否がない

cTraderでは、インターバンク市場から直接為替をとってきているので、一切約定拒否がありません。

また、ECN方式は、取引ごとに手数料を取るのが一般的なので、取引回数が増えるほどFX業者にとっては利益になります。

つまり、取引回数の制限もないため、スキャルピングに非常に向いているプラットフォームであるといえるのです。

約定拒否がないのは、スキャルピングで安定的に利益を出すためには、必須の要素になりますので、cTraderでスキャルピングを行う大きなメリットになるのではないでしょうか?

日本語完全対応

cTraderは、完全に日本語に対応しています。海外FX業者にありがちな片言な日本語ではなくナチュラルな日本語で対応してもらえるので非常に使いやすいはずです。

また、MT4ではチャートの時間変更ができないため、いちいち日本時間に変換しなくてはいけなかったですが、cTraderでは、日本時間にも対応していますので、いちいち時間を変更する必要がないのもメリットになるでしょう。

AXIORYでは自動売買も使える!

AXIORYでは、EAを利用した自動売買もできます。EAを使った自動売買でおすすめのプラットフォームはずばりMT4です。

MT4とMT5の違いについてまとめました。

MT4 MT5
利用料金 無料 無料
日本語対応
チャート 1つ画面に複数のチャートを同時に表示できる 1つ画面に複数のチャートを同時に表示できる
両建
ワンクリック注文
ストラテジーテスター
インジケーター 73種類 96種類
時間足 9種類 21種類
描画ツール 31種類 44種類
動作速度 普通 速い
EAの数 とても多い 普通
対応している海外FX業者 海外FX業者はほぼすべて 少数

このように、MT4の方が利用できるEAの数が非常に多いため、おすすめです。

また、AXIORYでは、EAを使ったスキャルピングもできますので、良いEAに出会えば、大きな利益を稼げるでしょう。

そもそもスキャルピングを公認していない業者が多い中、自動売買でもスキャルピングができかついの数が非常に多いMT4で取引できるのはAXIORYの大きなメリットになります。

両建てもAXIORYではおすすめ!

AXIORYでは、両建ても禁止されていません。

しかも、すべての両建てが認められていますので、様々な手法を試みることができます。

例えば、ゼロカットを利用した、ギャンブルトレードも認められています。

 

ギャンブルトレードとは、経済指標などを利用して両建てを行えば、片方のポジションが、ロスカットにかかっても、もう一つのポジションで大きく利益を伸ばせる可能性があるトレードのことです。

ほとんどのFX会社では、このギャンブルトレードを使っていた両建ては禁止されていますが、確認したところAXIORYでは、両建ての禁止事項がないためこちらも問題なく利用できます。

 

AXIORYの両建てで、おすすめのプラットフォームは、ズバリMT5です。

なぜなら、MT5は、MT4に比べて様々なインジケーターが利用できますので裁量取引には最適だからです。

また、cTraderはMT4とMT5に比べて必要証拠金が多くなりますので、両建てを行う際はやはりMT4がおすすめになります。

両建てを使ったギャンブルトレードで最もおすすめな経済指標は、アメリカの雇用統計!

両建てを使ったギャンブルトレードは、ほとんどのFX会社で認められていないためAXIORYの大きなメリットになります。

為替相場が大きく動く代表的な指標は、やはりアメリカの雇用統計になるでしょう。

アメリカの雇用統計は、毎月第一金曜日に発表される世界で最も注目されている経済指標になります。アメリカの雇用統計が発表される前後の時間は大きく為替相場が動くことが多いです。

一瞬で100pipsほど動くケースもありますので、ギャンブルトレードをうまく利用すれば大きな利益につながるのではないでしょうか?

また、アメリカの雇用統計以外にも、FOMCやユーロの政策金利の発表等も大きく注目される経済指標になりますので代表的な経済指標についてはしっかり理解しておくようにしましょう。

まとめ

今回は、AXIORYを使ったおすすめの取引手法について紹介しました。

AXIORYは、信託保全が採用されているため、海外FX業者の中ではかなり安心感のあるFX業者になります。

また安心感があるだけではなく、スプレッドやレバレッジなど基本スペックも非常に高いため、満足度の高い取引が可能です。

 

さらに、AXIORYでは、多くのFX業者で禁止されているスキャルピングや両建てなどの取引手法を無制限で使えることができます。

スキャルピングや両建てはうまく利用すれば大きな利益につながりやすいため、AXIORYのメリットは非常に大きいのです。

ぜひ今回の記事を参考にAXIORYを使っていただき大きな利益を狙っていただければ幸いです。

おすすめの記事