バイナリーオプションとFXを比較!2つの投資の違い

バイナリーオプションとFXはどちらも金融投資です。しかし、FXのほうが知名度も高く人気が高いため、バイナリーオプションがマイナーに感じられがちです。バイナリーオプションとFXはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?

今回はバイナリーオプションとFXの違いについて比較して見ていきましょう。ただしここで紹介する内容は海外のバイナリーオプションについてです。国内のバイナリーオプションは規制が厳しいため、FXと比較するにはメリットが少ないため、割愛しています。

バイナリーオプションの特徴

まずはバイナリーオプションとはどんなものかについて簡単に触れておきましょう。
バイナリーオプションは、通貨ペアの為替レートが一定時間経過した後、指定レートより上か下かを予想する取引のことです。バイナリーオプション取引ですが、以下のように取引スタートから支払い完了までは次のような5ステップで進んでいきます。

STEP1. 通貨ペア選択

バイナリーオプションでの取引に際し、市場で活動的な様々な通貨ペアから選択を行います。利用可能なペアには「USD/JPY(米ドル/円)」「EUR/JPY(ユーロ/円)」「GBP/JPY(ポンド/円)」などがあり、これらの選択肢は提供しているバイナリーオプションの会社によって変わることがあります。選択に際して迷った時は、取引量が豊富で親しみやすい「USD/JPY(米ドル/円)」を選ぶことがお勧めされます。

STEP2. 一定時間後の為替レートを選択

選択済みの通貨ペアの価値が一定期間後に上昇するか、または下降するかを見積もります。迅速な取引完了を望む場合、1分や5分といった短期間での判定設定が適しています。逆に、取引にゆとりを持たせたい場合には、30分や1時間といった長期間のオプションを選択できます。

STEP3. チケット購入

通貨ペアを決めて値動きの予測を行ったら「上がる」か「下がる」かのチケット購入を行います。自由に金額設定は可能です。チケット購入をもって取引スタートとなります。

STEP4. 取引結果確定

購入したチケットに対する判定時間が到達すると、取引の結果が判明します。この段階で、予測した価格の動きが「上昇」もしくは「下降」で正しかったかが自動で決定されます。

STEP5. 支払い

一連の取引の中で値動きの予測が当たればチケット購入金額に加えて報酬を受け取ることができます。一方、外れた場合には報酬はなく、チケットの購入金額を失ったうえ取引終了となります。

バイナリーオプション取引の種類

イナリーオプションの取引には大きく3つの種類があって、それぞれ判定方法が異なっています。以下に表にまとめたので確認してみましょう。

取引の種類判定方法
ラダー取引目標レートよりも「高いか低いか」で判定

バイナリーオプションで最もメジャーな取引方法

レンジ取引判定時刻に目標レートの範囲内に入っているかどうかで判定

値動きが少ない相場向き

ワンタッチ取引判定時刻までに目標レートへ到達したかで判定

海外バイナリーオプションのみで行われる取引方法

一番シンプルでわかりやすいのはラダー取引で、国内・海外どちらのバイナリーオプションにも適用されており、初心者におすすめの方法です。業者によってはできない取引方法もあるので、しっかり事前に確認しておきましょう。

補足として、バイナリーオプションは仮想通貨取引によって24時間取引が可能です。ただし業者によりますので、実際に取引する際には各業者の公式サイトで確認しておくと良いでしょう。

FXとは?

FXは為替通貨の価格が上がるか下がるかを予想して為替取引を行う投資を言います。FXは自分のタイミングでエントリーポイントと決済ポイントを決めることができる点がポイントです。決済ポイントを決められる点はバイナリーオプションとは異なります。

FXでは1ドル=100円の時にドルを購入し1ドル=110円になったタイミングで決済すると差額10円が利益として得ることができます。また同条件で1ドル=90円になったタイミングで決済すると差額10円は損失になります。またレバレッジを掛けることによって、自己資金以上の投資を行うことが可能となります。特に海外FXの場合には、国内FXと違い桁違いのレバレッジを掛けることによって億のお金を動かすことも可能です。バイナリーオプションにはレバレッジはありません。その分代わりではありませんが「ペイアウト率」が設定されています。

バイナリーオプションでは、エントリー時点でいくら儲かるか損するかがわかります。しかし、FXの場合にはそうではありません、決済タイミングがいつになるかで損益の額が変わってきます。エントリー価格より遠くなればなるほど利益・損失額が大きくなりますし、反対に近ければ利益・損失は小さくなります。

補足として、FXは平日月~金にかけて取引が行えますが、土日祝日はお休みとなります。昨今は仮想通貨取引を行えるFX業者も増えてきましたので、中には24時間いつでも取引が可能なところもあります。

FXとバイナリーオプションどちらが儲かる?

FXとバイナリーオプション、どちらが儲かるか、というとFXのほうが儲かる確率は高いです。バイナリーオプションでは、投資金額が低いこと、ペイアウト率でかけられる倍率はそれほど高くない事から、どうしても時間がかかる取引になります。その点FXの場合には、1000倍を超えるようなレバレッジをかけることができながら、海外FXの場合には追証なしのゼロカットシステムが採用されているところも多く、リスクヘッジができているため、ダイナミックなトレードができるからです。

また、FX業者はバイナリーオプション業者よりも数が多く選択肢が広がります。ボーナスキャンペーンも充実しているため、ボーナスを使ったトレードも多彩です。たとえば、ボーナスが豪華で有名な海外のFX業者GEMFOREXでは、口座開設するだけで1万円~3万円程のボーナスを手にすることができます。口座に入金することなくトレードをスタートさせることができるなど魅力も満載です。

それに対して、バイナリーオプションはボーナスが充実しているとは言い切れません。Theoptionやハイローオーストラリアなどでボーナスが開催されていますが、金額も小さいです。ボーナスを期待した取引を行いたいのであれば、FXのほうが断然良いでしょう。それも海外FXであり、国内FXは国内のバイナリーオプションと同様金融規制がかかっていることもあって、レバレッジは低くメリットが薄いです。

バイナリーオプションとFX、おすすめの業者はどこ?

海外のバイナリーオプション業者には

  • ハイローオーストラリア
  • theoption
  • FIVE STARS MARKETS
  • Bi-winning
  • ビナリウム
  • Zentrader

といったものがあります。なかでもおススメなのはハイローオーストラリアです。ハイローオーストラリアは、世界トップバンクの元トレーダー経験者とブローカー経営者によって設立されたバイナリーオプション。バイナリーオプションの中では非常に人気が高く、利便性の高さから多くのトレーダーに利用されています。海外のバイナリーオプションといえば、ハイローオーストラリアと叫ばれるほど信頼性は高いのが特徴です。

またFXのおすすめ業者(海外FXの場合)は、

  • GEMOFOREX
  • XM
  • Bigboss

などがあります。おすすめはGEMFOREX。レバレッジ1,000倍に加えて、条件付きのレバレッジ5,000倍口座が2022年3月に設立、豪華ボーナスキャンペーンが常時開催されているなど魅力満載です。興味があれば口座開設してみることをお薦めします。

おすすめの記事