AXIORYの安全性について徹底的に解説!

AXIORYは、数ある海外FX業者の中でも、1、2を争うほど、信頼性の高い海外FX業者です。

AXIORYが信頼性が高い理由は様々ですが、主な理由は信託保全が採用されていることと、金融ライセンスを保有していること、運営状況を公表していることがあげられます。

そこで今回は、AXIORYが信頼性が高い理由について説明します。わかりやすく説明しますのでぜひ最後まで読んでくださいね!

AXIORYは完全信託保全が採用されている信頼できる会社!

AXIORYは、海外FX業者の中では珍しく完全信託保全が採用されている非常に信頼できる会社です。

FX会社の顧客の資金管理方法には2種類あります。

  • 信託保全
  • 分別管理

それぞれの顧客の資金管理方法について説明しますが、結論からお話しすると信託保全の方がはるかに安全性が高い資金管理方法です。

信託保全とは?

信託保全とは、FX会社が営業するために必要なお金と顧客から預かったお金を分別して管理している管理方法です。

信託保全が採用されているFX会社の場合、万が一、取引しているFX会社が倒産しても、顧客の資産は守られる非常に安心感の強い管理方法になります。

国内FX会社の場合、信託保全が金付けられていますが、海外FX業者は、信託保全が義務付けされていません。

義務付けされていない中、AXIORYは、信託保全を採用しているので非常に安心感が高く信頼性の高いFX会社であるといえるでしょう。

分別管理とは?

海外FX業者の多くは、この分別管理を採用しています。

分別管理とは、FX会社が営業するために必要なお金と顧客から預かったお金を分けて管理する方法です。

これだけ聞くと、「信託保全と分別管理には違いがないのではないか?」と思われる方も多いかもしれません。もちろん信託保全と分別管理には大きな違いがあります。

 

最大の違いは、分別管理の場合、取引しているFX会社が倒産した場合、顧客の資産は守られないことです。

つまり、取引している海外FX業者が倒産してしまった場合、その海外FX業者に預けたお金は戻ってこないのです。

このように、信託保全と分別管理では大きな違いがありますので、信託保全が採用されているAXIORYは、何度もいいますが、非常に安心感があり信頼性の高いFX会社になります。

そもそも金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、金融事業を行うために必要な許可のことです。金融ライセンスは、各国が自国で活動する金融機関に対して発行するものになります。

日本の場合は金融庁が行う第一種金融商品取引業登録や第二種金融商品取引業登録などが金融ライセンスになるのです。

 

金融ライセンスを保有しているFX業者は、当該国の金融当局が定める基準をクリアしているため、経営状態や投資家保護などに関して一定の信頼を置くことができます。

しかし、国によって金融ライセンスの取得難易度や審査内容が異なるため、金融ライセンスを取得しているからといって無条件で信頼できる業者とは限らないのです。

海外のFX業者が日本の金融庁ライセンスを取得していない理由とは?

国内FX業者は、日本の金融庁のライセンスを取得していますが、海外FX業者の多くは日本の金融庁の金融ライセンスを取得していません。

「日本の金融庁のライセンスを取得していないと不安」と思われる方は多いでしょう。

しかし、海外FX業者の多くが日本の金融庁のライセンスを取得していない理由は、しっかりとした根拠があります。

 

結論からお話しすると、「日本の金融庁のライセンスを取得してしまうと海外FX業者の良さがなくなってしまうから」です。

日本の金融庁のライセンスを取得すると、レバレッジは25倍までしか使えませんし、ゼロカットシステムの採用もできません。

海外FX業者の中には、1000倍を超えるハイレバレッジを提供している業者も珍しくなく、中には3000倍を超えるレバレッジを提供している業者もあります。

このハイレバレッジこそ、海外FX業者でFX取引をする大きなメリットになります。高いレバレッジを使えれば使えるほど資金効率の良い取引ができるからです。

 

レバレッジ別の必要証拠金についてまとめましたので参考にしてください。

1ドル100円の時に1万通貨で運用するにはいくら手元資金が必要なのかにまとめました。

レバレッジ倍率 ドル円(100円)
10倍 100,000円
25倍

(国内FXの最大レバレッジ)

40,000円
50倍 20,000円
100倍 10,000円
200倍 5,000円
300倍 3,333円
400倍 2,500円
888倍 1126円
1000倍 1000円
3000倍 333円

このように、レバレッジが高ければ高いほど資金効率が高い取引ができるのです。

しかし、日本の金融庁の金融ライセンスを取ってしまうと、海外FX業者の大きな特徴であるハイレバレッジが使えなくなってしまうため、多くの海外FX業者は日本の金融庁の金融ライセンスを取得していません。

また、ハイレバレッジだけではなくゼロカットシステムも海外FX業者の大きな特徴です。ゼロカットシステムとは、追加証拠金(追証)が要求されない強制決済システムのことになります。

ゼロカットシステムは追証を要求されないため、FX業者に借金をするリスクがありません。相場変動時でも安心して取引できるのは大きなメリットです。

トレーダーに多くのメリットがあるこのゼロカットシステムですが、日本の金融庁はゼロカットシステムの利用を禁止しています。

つまり、日本の金融庁の金融ライセンスを取得してしまうと、ゼロカットシステムを使えなくなってしまうのです。

 

このように、海外FX業者の大きな特徴であるハイレバレッジとゼロカットシステムが使えなくなってしまうため、ほとんどの海外FX業者は日本の金融庁の金融ライセンスを取得していないのです。

しかし、金融ライセンスを取得していないと、やはり海外FX業者を利用するのに不安を覚える方は多いでしょう。なぜなら、冒頭で説明した通り、海外FX業者の中には信頼性が低い業者も残念ながらあるからです。

海外FX業者の多くは、日本の金融庁の金融ライセンスを取得していませんが、他の国の金融ライセンスを取得している業者はたくさんあります。

しかし、金融ライセンスによって信頼度が変わってきますのでそれぞれの金融ライセンスについて詳しく知っておく必要があるのです。

AXIORYはベリーズの金融ライセンスをもっている

AXIORYは、カリブ海の一国であるベリーズの金融ライセンスを持っています。

ベリーズの金融ライセンスであるIFSCは、ペーパーカンパニーも取得できる金融ライセンスなので決して信頼性が高いものではありません。

ベリーズは、国外で得た利益に対して申告する必要がないので、タックスヘイブンとして注目されている金融ライセンスです。

イギリスなどの金融ライセンスと比べて、審査基準が緩いため、比較的容易に取得できる金融ライセンスになっています。

IFSC自体の信頼性は高くありませんが、AXIORYは完全信託保全を採用しているため、AXIORYの信頼性自体は非常に高いFX会社になります。

 

<ベリーズのライセンスを取得している主な海外FX業者>

Axiory Global Limited. ライセンス番号 : IFSC/60/255/TS/19
GeneTrade ライセンス番号 : IFSC/60/366/TS/18

 

その他の金融ライセンス

この章では、ベリーズ以外の有名どころの金融ライセンスについて紹介します。

わかりやすく紹介しますのでぜひ海外FX業者を選ぶ際の参考にしてください。

ニュージーランド(FMA)

ニュージーランドの金融ライセンスは以前は非常に緩い審査基準として有名で、ニュージーランドの金融ライセンスを取得しているにも関わらず登録金融業者が破綻し多くのトレーダーから批判されました。

このような状況を受け、2011年に誕生したのが、FMA(ニュージーランド金融市場統制局)です。さらに2019年には、監督機関が再編され審査基準は厳しくなりました。

FMAは、現在はしっかりとした金融ライセンスになりつつありますが、以前のニュージーランドの金融ライセンスであるFSPRを取得した業者があたかもFMAの金融ライセンスを取得しているように装っていることも多いので注意が必要です。

オーストラリア(ASIC)

オーストラリアの金融ライセンスであるASICは、オーストラリアで銀行などの金融業務を営むためには必ず取得しなければならない金融ライセンスです。

以前は多くの日本人トレーダーは、ASICを取得しているFX業者でトレードを行っていましたが、日本の金融庁の要請によって、2014年にASIC管轄下にあったFX業者の撤退が行われました。

このことにより、多くのASICのライセンスを取得していた海外FX業者が日本から撤退したのです。

今後も、この傾向は続くとみられることから、日本でトレードする場合、ASIC のライセンスのみを取得しているFX業者は避けた方が無難でしょう。

イギリス領バージン諸島(BVIFSC)

BVIFSCは、イギリス領であるバージン諸島の金融ライセンスになります。本土のFCAに比べて審査基準は甘いですが、それでも一定の信頼度はあります。

BVIFSCを取得している主要な海外FX業者は以下の通りです。

  • IFC Markets
  • easyMarkets

バヌアツ共和国(VFSC)

バヌアツ共和国の金融ライセンスであるVFSCは、現状、決して信頼性が高い金融ライセンスとはいえませんが、2019年に規制強化されたことにより信頼性は確実に向上している金融ライセンスです。

バヌアツだけでなく世界的に金融ライセンスの厳格化の流れになっていますので後もこの流れは続くでしょう。

VFSCを取得している主な海外FX業者は以下の通りです。

TitanFX ライセンス番号 : 40313
Milton Markets ライセンス番号 : 40370
FBS ライセンス番号 : 301924

 

AXIORYは運営状況をしっかり公表している

AXIORYは、自社の運営状況をしっかり公開しています。取引銀行や資産管理の仕組み、約定率や利用しているシステムなどありとあらゆる項目についてしっかり公表していますので安心して取引が可能です。

さらに世界的な監査法人「PricewaterhouseCoopers (PwC)」 の監査も毎年必ず受けており結果についても公表しています。

ここまでしっかり運営している FX会社もかなりめずらしいでしょう。

逆にいうと、これだけあらゆることを公表できるのは、それだけ運営状況に透明性があり自信がある証拠です。透明性や自信がなければこれだけの項目をしっかり公表することができません。

信託保全や金融ライセンスに並ぶAXIORYが信頼できる大きな理由でしょう。

まとめ

今回は、AXIORYが安全性が高い業者である理由について説明しました。

AXIORYは、信託保全を採用しており、金融ライセンスも購入しています。さらに運営状況についてもしっかりと公表しているので信頼できる業者だといえるのです。

ここまでしっかりしている海外FX業者は他には無いと言っても良い位です。

ぜひ今回の記事を参考に信頼性の高いAXIORYで取引してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事