XMの評判は?– メリット・デメリットを紹介します。

知名度の高いXMとは?

海外FXトレードに携わっている人であれば、誰でも必ず知っているというほどXMは知名度が高い海外FX業者です。

運営実績も10年以上、NDD方式を採用し透明性が高い取引を行っています。

また、最大レバレッジ1,000倍のハイレバレッジでの取引を実現させることができ、万が一の時も追証なしのゼロカットシステムを採用しているので、借金負う心配やマイナスを被る心配もありません。

FX初心者でも、ハイレバレッジで少額から取引できる海外FX業者は数少ないです。

取引できる商材もさまざまあり、通貨ペアだけでなく原油や金などのCFD取引ができるのも、XMでトレードする上での醍醐味になると思います。

さらに、新規口座開設ボーナスやポイントプログラムなども用意してあり、トレードをより楽しく感じさせてくれるに違いありません。

しかし、FXトレードは良いことばかりではなく、当然ながらデメリットも存在します。

XMのメリット・デメリットの知識をしっかり自分の目で確かめ、トレードの際の検討材料にしてみてください。

XMは海外FX業者?評判はどうなの?

XM(XM Tradeing)は2009年にサービスを開始、運営実績は10年以上にものぼります。

XMは、Tradexfin Limited(トレーデエックスフィン・リミテッド)というセーシェル共和国に本社がある会社が運営しています。海外FX取引をしている方なら多くの人が知っているぐらい知名度の高い業者です。

口座開設者数は100万人を超えており、海外FX業者の大手としての地位を築いています。

XMは日本人のFX初心者で海外FXを利用したいと考えている方が初めに選ぶFX業者としても有名です。複数国の金融ライセンスを取得しており、海外FXユーザーからも信頼が厚く、資産を100万ドルまで補償してくれ、安心・安全にトレードをすることを可能にしてくれます可能です。

XMを使うメリットとは?

1.透明性が高いNDD方式を採用

XMでは、NDD方式を採用しています。

NDD方式とは、顧客の売買注文を業者が介入することなしに直接市場と取引できる方式です。

海外FX業者ではDD方式をとっているところが多いです。DD方式とは顧客と市場の間に仲介業者が入る仕組みのこと。ノミ行為やストップ狩りなど海外FX業者が得するようにレートを操作するトラブルなどがDD方式には起こりやすいとの懸念の声が上がっています。

しかし、XMはNDD方式を採用しているので、透明性が高く信頼できるトレードが実現できます。

2.最大レバレッジは1,000倍!

XMでは最大レバレッジ1,000倍の取引が可能です。

国内FX業者の最大レバレッジは最大25倍までに対し、海外FX業者のレバレッジは平均400~500倍なので、かなり大きいトレードができることが分かります。

レバレッジは少ない資金で大きくかけることができるので、大きな取引を実現させることができます。

とても夢が膨らみます。

ハイレバレッジで取引して見たい人にXMはおすすめのFX業者です。

3.万が一の時でも安心なゼロカットシステム採用

XMは相場の変動や暴落などにより証拠金残高を超えるような大きな損失が出てしまった場合でも、追証なしのゼロカットシステムを採用しているのでとても安心です。マイナスが出た場合もXMがマイナス分を全て補償してくれます。

1,000倍のハイレバレッジでトレードを行ったとしても、ゼロカットシステムがあるのは嬉しい限りです。

ちなみに日本の金融庁はゼロカットシステムを禁止しています。

4.約定力がとても高い

XMは1秒以内で全注文の99,35%が約定されるほど、約定率がとても高く、リクオートや約定拒否などが起こらないので、誰でも安心して取引できます。

5.少額から取引可能

XMは少額からトレードができます。取引最小金額は5ドル(約500円)となります。

また、取引単位も1,000通貨から取引できるマイクロ口座があります。FX初心者でもワンコインで始めることができます。

6.FX初心者でもサポートが充実

XMではFX初心者でも取引が簡単にできるようにさまざまなツールを提供しています。たとえば、動画コンテンツやオンラインセミナーなどのFX初心者向けのサポートは大変充実しています。

その他にも計算ツールやマーケット情報、経済指標カレンダー、無料シグナルツールなど、FXトレードで有効活用できるものがたくさんあります。たくさんの情報をよく見て、確実に利益を上げられるような取引をしてみてください。

全て日本語に対応しているので、XMでのトレードがより身近に感じられるはずです。

7.無料でVPSサーバーが利用可能

XMでは、条件はあるものの無料でVPSサーバーを利用することが可能です。VPSサーバーはEA(自動売買)をする際に多大な効果を発揮するサーバーで、パソコンを繫ぎっぱなしにでき、電気代がかからず、24時間安定したトレードを行える環境を与えてくれます。突然のサーバーダウンにより、大事なトレードのチャンスを逃してしまう心配もいりません。

良い取引が良いタイミングでできることが、FX成功のコツです。

8.日本語サポートで安心して取引可能

海外FX業者を利用する際に、言葉が分からなかったらどうしようという悩みはあると思います。

XMは日本語のサポートがしっかり対応しているので、英語が分からなくても大丈夫です。

日本語スタッフも在籍しているので、色々な取引上での不明点を確実に解消することができます。

メールやライブチャットでのサポートが可能。平日は月曜日から金曜日まで24時間対応しています。細かい質問でも親身になって、わたしたちの分かりやすい日本語でサポートしてくれるはずです。

9.取引するごとにポイントがどんどん貯まる

XMでは、トレードすればポイントがどんどん貯まる「XMPロイヤルティプログラム」というポイント制度があります。

1ロット(10万通貨)の取引をすると、10ポイントから20ポイント貯めることができます。貯まったポイントはボーナスになり、そのボーナスはトレードに利用できますが、現金に換金するか、トレード資金として運用することもできます。

ポイントを景品に交換するFX業者が多い中、現金化できるのはうれしい限りです。

また、長くトレードしている人を優遇してくれるポイントアップもあり。

最大1ロットあたり約700円のポイントが取引ごとに貯まっていきます。

10.新規口座開設でボーナスあり

XMで新規口座開設を行うと無条件で3,000円のボーナスがもらえます。

なんと1円も口座に入金する必要なくトレードが可能。

3,000円ボーナスはトレードチケットという形で適用されますが、ゼロ口座には対応していません。

11.さまざまな商品を取り扱っている

XMで取り扱っている商品は、通貨ペアの他にCFD取引が47種類あり、サービスが充実しています。

特に原油と金は高い人気を誇っています。原油は4種類の中から選択可能で、スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードに適しています。

12.取引する前にデモトレードが可能

XMでは、リアル口座取引の前に、デモ口座で取引することができます。デモトレードの時点では一円もお金がかかりません。

デモトレードから少しずつ感覚を掴み、実際に取引すれば安心です。

13.口座開設から取引まで時間がかからない

XMの新規口座開設にかかる時間は約2分です。

本人確認までが約3分で、プラットフォームのMT4またはMT5をダウンロードするまでが約1分です。

何と口座開設から実際の取引まで、約6分しかかかりません。

XMを利用する上でのデメリットとは?

1.スプレッドが広い

XMにはスタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座の3つの口座があります。

他社と比較してみるとスタンダード口座、マイクロ口座は、スプレッドが広めに設定されています。ゼロ口座は狭いスプレッドを利用できますが、取引手数料が別途かかるので注意が必要です。

国内のFX業者と比較すると、スプレッドが広く感じてしまうかもしれません。

しかし、これは透明性の高いNDD方式を利用している業者ならではの弊害でもあります。XMはスプレッドから利益を得ているので、仕方がないことなのです。

海外FXでよくありがちなノミ行為やストップ狩りなどに合わないための保険料と考えれば、安く感じるかもしれません。

2.変動スプレッド

XMのスプレッドは為替レートや景気などに影響されるため、一定ではありません。スプレッドが平均値よりもかなり開いてしまうこともあります。

特に次の2つの場合はスプレッドが開きやすいタイミングになります。

1つは「相場の流動性が低い」場合です。

トレード参加人数が少ない早朝5時~8時の時間帯、週明けの朝の時間帯、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休み、クリスマスなどの長期休暇最中などに起こりやすいと考えられています。この時間帯やタイミングに取引を避けるようにすれば、スプレッドの広がりを感じることはないかもしれません。

もう1つは、FXチャートが激しく変動している場合です。

以下のような経済指標が発表されるタイミングは、特に注意が必要になってきます。

【ヨーロッパ】
・ECB政策金利

【アメリカ】
・ADP雇用統計
・雇用統計
・実質GDP
・消費者物価指数(CPI)
・ISM製造業景気指数
・中古住宅販売件数
・新築住宅販売件数
・ERB政策金利(FOMC)

【日本】
・日銀政策金利

特に経済指標の中でも、金利、景気、雇用、物価、貿易の指標は、FXに直接関わってくる数字になります。

経済指標の数字が打ち出された直後は、売買が混んでしまう場合があるので、一時的にスプレッドが広くなる可能性があります。ここは要注意ポイントです。

しかし経済指標が提示された後は、利益を上げるチャンスでもあります。日頃からテレビやインターネット、雑誌など常に経済や政治的なことにアンテナを張っていくことがFX取引を成功させる鍵になります。

まとめ

XMでは、たしかにスプレッドに対する不安はぬぐえないかもしれません。しかし、なるべくスプレッドの狭い口座を利用してボーナスなどで賄うことで、なるべく狭いスプレッドの良い条件で取引することも可能です。

FXトレードで重要なのは、他社とサービス同士を比較するだけでなく「どんな目的で」「どんな口座」「どんなボーナスやキャンペーンなどをうまく利用できるか」です。

NDD方式は直接取引ですので、透明性や信頼性も高く安心した取引ができます。
取引方法は短期、中期、長期と色々ありますので、自分の理想に合ったプランを色々組み合わせて作ってみてください。

また、XMはスキャルピングや短期トレードにはスプレッドを考えるとあまり向いていません。

どちらかと言うと、XMは中期、長期で取引したいトレーダーに向いているサービスです。

いきなり取引するのが不安な人は、デモトレードでまずはお試し取引をして感覚を掴んでいきましょう。そうすることで、実際の取引をイメージしやすくなり、安心して取引できます。

関連記事

おすすめの記事