LAND FXは少額からでも投資ができる!LAND FXの少額投資の極意とは?

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。

では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。

LAND FXが少額投資に向いている理由についても、わかりやすく説明しますのでぜひ参考にしてください。

LAND FXは少ない金額から投資ができる

LAND FXの1ロットは10万通貨単位です。ただし、0.01ロットから取引ができますので1000通貨単位からLAND FXでは取引ができます。では、レバレッジを2000倍かけた場合どのくらいの金額があれば取引ができるのでしょうか?

せっかくなので1ロット単位で必要な証拠金をまとめてみました。もし、0.01ロットで取引したい場合は100分の1の金額でできることになります。

通貨ペア レバレッジ 必要証拠金
USD/JPY

(米ドル/円)

2,000倍 6,184円
EUR/JPY

(ユーロ/円)

2,000倍 6,812円
GBP/JPY

(ポンド/円)

2,000倍 8,109円
AUD/JPY

(豪ドル/円)

2,000倍 4,646円
NZD/JPY

(NZドル/円)

2,000倍 4,271円
CAD/JPY

(加ドル/円)

2,000倍 4,949円
CHF/JPY

(フラン/円)

2,000倍 6,616円
USD/CAD

(米ドル/加ドル)

2,000倍 6,184円
USD/CHF

(米ドル/フラン)

2,000倍 6,184円
EUR/USD

(ユーロ/米ドル)

2,000倍 6,812円
EUR/GBP

(ユーロ/ポンド)

2,000倍 6,812円
EUR/AUD

(ユーロ/豪ドル)

2,000倍 6,812円
EUR/CAD

(ユーロ/加ドル)

2,000倍 6,813円
EUR/CHF

(ユーロ/フラン)

2,000倍 6,812円
GBP/USD

(ポンド/米ドル)

2,000倍 8,110円
GBP/AUD

(ポンド/豪ドル)

2,000倍 8,109円
GBP/CAD

(ポンド/加ドル)

2,000倍 8,110円
GBP/CHF

(ポンド/フラン)

2,000倍 8,110円
AUD/USD

(豪ドル/米ドル)

2,000倍 4,646円
AUD/CAD

(豪ドル/加ドル)

2,000倍 4,646円
AUD/CHF

(豪ドル/フラン)

2,000倍 4,646円
AUD/NZD

(豪ドル/NZドル)

2,000倍 4,646円
NZD/USD

(NZドル/米ドル)

2,000倍 4,271円
CAD/CHF

(加ドル/フラン)

2,000倍 4,949円

いかがでしょうか?10万通貨単位というかなり大きなロットでも、これだけ少ない金額でLAND FXであれば取引が可能です。つまり、LAND FXは少額投資に非常に適した海外FX業者であるといえるのです。

少額投資の主なメリットは4つ!

少額投資には様々なメリットがありますが、主なメリットは4つです。

少額投資のメリット
  • 海外FXに慣れることができる
  • 様々なトレード手法を試せる
  • 大きな損失を出さずに済む
  • 精神的に病まない

    少額投資の主なメリットについてしっかり理解していきましょう。

    海外FXに慣れることができる

    LAND FXをはじめとする海外FXは、国内FXとは大きく異なります。

    利用できるレバレッジは、海外FXの方が桁違いに高いですし、ゼロカットシステムや、レバレッジ制限などへ海外FX特有のシステムがいくつかあるからです。

    いくら国内FXでしっかり利益を出せていたとしても、海外FXですぐに利益が出せるほど甘くありません。レバレッジの違いにまずは多くの方は戸惑うはずです。

    そのような状態の中、大きな資金で取引をしてしまうとあっという間に海外FXから退場になってしまうでしょう。

    一方、少額投資から始めれば仮に損失をしたとしても限定できます。また、デモ口座では得ることができない緊張感を持ったトレードも可能でしょう。

    このように、少額投資は、海外FXに慣れることができるのは大きなメリットになるでしょう。

    様々なトレード手法を試せる

    少額投資であれば、様々なトレード手法を試せるでしょう。

    大きな資金での取引の際に、新たなトレード手法を試してしまうとあっという間に大きな損失を被ってしまう可能性があります。ましてや、LAND FXは、無制限のレバレッジが使えるので非常に危険です。しかし、少ない金額からの投資であれば様々な取引手法を気軽に試せるはずです。

    FXの代表的なトレード手法についてまとめておきました。

    FXの代表的なトレード手法
    • スキャルピング
    • デイトレード
    • スイングトレード
    • 長期トレード

      FX初心者の方には、スキャルピングがおすすめですが、すべての方に合うわけではありません。ぜひ少ない金額から様々なトレード手法を試すようにしてください。

      また、トレード手法だけではなく、様々なインジケーターを試せるのも大きなメリットです。FXの代表的なインジケーターについてまとめておきました。

       

      トレンド系の指標
      • 移動平均線
      • MACD
      • ボリンジャーバンド
      • 一目均衡表
      • DMI
      • パラボリックエンベロープ
      オシレーター系のインジケーター
      • RSI
      • ストキャスティクス
      • サイコロジカルライン
      • RCI
      • 移動平均線乖離率

        様々なテクニカル指標を試せるのも、少額投資の大きなメリットになるでしょう。

        大きな損失を出さずに済む

        少ない金額で投資をすれば、当然、損失を抑えることができます。大きな損失を被ってしまうと、二度と立ち直れなくなってしまう可能性があるでしょう。海外FXで利益を出すためにはまずは大きな利益を取ることが大切なのではなく、いかに大きな損失を出さないことが非常に大切です。なぜなら、まずは海外FX特有の仕組みに慣れる必要があるからです。大きな損失を出さずに済むのは少額投資の大きなメリットになります。

        精神的に病まない

        大きな損失を負うことは、少額投資の場合、基本的にはないはずなので、精神的に病まずにトレードが続けられるはずです。

        FXを真剣に行うと精神的に病む方は続出します。なぜなら、一瞬で大きな金額が動くからです。大きな利益が出れば良いですが、決してそればかりではありません。大きな損失が出ることも当然あるのです。

        許容範囲での金額で取引をしていれば、精神的に病むことは無いはずですが、中には、許容範囲以上の金額で取引しているトレーダーもいます。

        そのような方の場合、1日で1ヵ月分の給料くらいの金額が動く場合もありますので、やはり精神的にかなりきつくなるでしょう。中には、精神的にきつくなってしまい、為替相場が動いていない土日も廃人のようになってしまう方がいます。

        このように、FXは生活の全てがFXになってしまう可能性がある、ある意味恐ろしいものなのです。しかし、少額投資であればこのような事態は防げるでしょう。精神的に病まずにトレードできるのは少額取引の大きなメリットになります。

        少額投資の主なデメリットは3つ!

        様々なメリットがある少額投資ですがデメリットもあります。少額投資の主なデメリットは3つです。

        少額投資の主なデメリット
        • 緊張感のないトレードになりがち
        • 利益が少ない
        • 株式投資などの場合、手数料が高くなる可能性がある

          少額投資の主なデメリットについてわかりやすく説明をします。

          緊張感のないトレードになりがち

          少額投資といえども自分のお金を使ってトレードをしているので、架空のお金を使うデモ口座よりは緊張感のある取引ができます。

          しかし、やはり少ない金額での取引になると、どうしても緊張感のないトレードになりがちです。大きなお金を使ってトレードしている場合、大抵の方は慎重に取引するでしょう。

          一方、あまりにも小さな金額でトレードをすると雑になってしまう方は必ずいます。緊張感のないトレードをいくらしても、実際に大きな金額を使ってトレードするときに勝てるようになりません。

          緊張感のないトレードになりがちなのは少額投資の大きなデメリットといえます。

          利益が少ない

          少額でトレードをすると、損失が限定されますが、利益も当然、少なくなります。

          LAND FXの場合は、無制限のレバレッジが使えるので、少額投資でも大きな利益になる可能性はありますが、一般的には利益が少なくなってしまいます。利益が少なくなってしまうのは少額投資の大きなデメリットといえるでしょう。

          株式投資などの場合、手数料が高くなる可能性がある

          こちらは、海外FXの場合は特に関係ありませんが、株式投資や投資信託などで少額投資を行うと、手数料が高くなってしまう可能性があります。なぜなら一般的に少ない金額でのトレードの手数料は割高になっているからです。

          手数料が割高になってしまうのは少額投資の大きなデメリットといえるかもしれません。しかし、Land FXを始めとする海外FXではそのようなことはありませんので安心してください。

          LAND FXが少額投資に向いている3つの理由!

          LAND FXが少額投資に向いている主な理由は3つに集約されます。

          LAND FXが少額投資に向いている主な理由
          • 最大無制限のレバレッジが使える
          • ゼロカットシステムが完備されている
          • ロスカット水準が0%と資金効率の高い取引ができる

            LAND FXが少額投資に向いている3つの理由についてわかりやすく説明をします。

            最大無制限のレバレッジが使える

            LAND FXでは、最大無制限のレバレッジが使います。スキャルピングは1回あたりに取る利益が少ないので、少額投資では大きな利益が出しにくいです。一方、レバレッジが高ければ、保障額資金での取引でも充分な利益を出すことができるでしょう。

            ただし、LAND FXの最大レバレッジは証拠金によって変わりますので注意してください。

            証拠金額 レバレッジ
            0円~10万円未満 無制限
            10万円~50万円未満 2,000倍
            50万円~300万円未満 1,000倍
            300万円~2,000万円未満 500倍
            2,000万円以上 200倍

            それでも表の通りかなり高いレバレッジが使えますので少額投資を行う上で大きなメリットになるでしょう。

            ゼロカットシステムが完備されている

            LAND FXは、ゼロカットシステムが完備されています。ゼロカットシステムとは追証(追加証拠金)が発生しない強制決済システムです。

            国内FX業者の場合、ゼロカットシステムは禁止されているので追証が発生します。追証とは要は、FX会社に借金をすることです。借金なので当然返済しなければなりません。

            ゼロカットシステムがあるので、安心して取引ができます。例えば相場急変時などはあらかじめ決められたロスカット水準の遥か下で強制決済されることがあるからです。

            ロスカット水準のはるか下で強制決済すると、当然残高がマイナスになる可能性もあります。場合によっては、人生をかけて返済しなければならないほどの借金を負ってしまう可能性もあるのです。

            さらに、投資で損失を出した場合、自己破産はできません。つまり一生涯をかけて返済しなければならなくなってしまうのです。そのような心配なく取引できるのは、いくら少額投資といえども大きなメリットになるのではないでしょうか。

            ロスカット水準が0%と資金効率の高い取引ができる

            LAND FXでは、ロスカット水準が0%です。国内FX業者の場合、低くても50%程度なので、LAND FXでは、かなり資金効率の高い取引ができるのがわかります。

            少額投資で高いレバレッジをかけた場合、ロスカット水準が高いとあっという間にロスカットになってしまう可能性があるので大きなメリットになるでしょう。

            ロスカット水準が極めて低いので、資金効率が高い取引が可能なLAND FXは少額投資に非常に向いています。

            まとめ

            今回は、LAND FXを使った少額投資について説明をしました。少額投資は、特に海外FX初心者の方には非常におすすめです。

            なぜなら致命的な損失を負う可能性が低いからです。少額投資には様々なメリットがありますが、LAND FXは少額投資に非常に向いている海外FX業者になります。

            ぜひ今回の記事を参考にしていただき、少額投資をLAND FXで行ってみてはいかがでしょうか。

            おすすめの記事