theoptionの出金方法にはどんなものがあるの?

theoptionで口座開設を検討しているトレーダーにとって、入出金方法は気になるところ。

口座開設したのち希望する入出金方法が利用できないとわかれば、バイナリーオプションすることに面倒さを感じてしまい、結局サービスを使用しなくなることもあるでしょう。

今回は、theoptionの出金方法について見ていきましょう。theoptionでは以下の出金方法が利用できます。

theoptionの基本情報

theoptionは、Arktech Ltd.が運営する海外バイナリーオプションサービス。拠点はマーシャル諸島共和国にあります。

日本進出は2018年ですでに5年以上の実績があることから日本の投資家にも人気があります。

theoptionの主な特徴は、その高いペイアウト率。バイナリーオプション初心者からプロトレーダーまで幅広い層が利用できる使いやすさがポイントです。

theoptionの取引形態

そんなtheoptionの取引方法ですが、以下の手順で取引を行っていきます。

手順
  1. 取引オプション(ハイロー/スプレッドハイロー/短期)のいずれかを選択
  2. 取引したい原資産(例:EUR/JPYなど)を選択
  3. 判定時刻を選択します。HIGH(上)、LOW(下)のいずれかを予想し、クリックで選択
  4. 金額を入力して「購入」ボタンをクリックすると、取引が完了

theoptionのプラットフォーム

theoptionは、評価の高いプラットフォームを提供しています。

プラットフォームは、バイナリーオプション初心者からプロトレーダーまで、幅広いレベルのトレーダーに対応。ライブデータストリーミングは、Lightstreamer社経由でFXCM社によって提供されていることもあって、市場情報をリアルタイムで正確に受け取ることができます。

金融ライセンスを保有

theoptionは、FIUによって運営ライセンス(運営ライセンス番号FFA000397)を認可された金融機関として運営されているバイナリーオプションです。これにより厳格な社内体制を維持することができ、資金管理も分別管理を徹底しています。お客様の資金の安全性と保護を最優先に考えています。

スピーディーな出金対応

theoptionでは、迅速な出金手続きを重視してトレーダーがすぐに資金を必要とする場合にも快適に出金可能としています。

業界最少額の出金対応のため、スムーズに出金手続きや利益の引き出し行うことが可能です。また不当な出金拒否や長時間のペンディングタイムもなく、迅速に対応しています。

theoptionの取引オプション

theoptionの取引オプションは全部で3種類です。

ハイロー

トレンドトレーディング取引の中で最も一般的なオプションとしては「ハイロー」があります。

ハイローは、アセットの価格が上昇するか下降するかを予測し、正確な予測ができれば最大95%のリターン率を獲得することができますが、予測が外れた場合には、購入した金額は戻ってきません。ハイロー自体はシンプルな取引形式であり、効果的なリターンを得ることができる方法として人気です。

スプレッドハイロー

スプレッドハイローは、ハイローの取引オプションにスプレッドが追加されたもの。

スプレッドとは、買値と売値の間に存在する差をいいます。スプレッドハイローではこの差があることで最大100%という高いリターン率を実現します。スプレッドハイローは、投資家にとって魅力的な取引オプションで高い利益を追求できます。

短期取引

短期取引は、取引結果が即座にわかる時間枠内で行われるオプション取引の一種。

ハイローオプションと同様に広く利用されていますが、この短期オプションでは、リターン率は一般的に80%前後と低めです。

短期取引は、投資家にとって即効性が求められる場合や短期の市場変動を活用したい場合に適しています。

theoptionの出金方法

theoptionでは、現在のところ2つの出金方法が提供されています。

1つは、口座開設者本人名義による銀行口座への出金で、口座開設時に登録した銀行口座に出金されます。

2つ目は、bitwallet口座への出金です。

ポイントとしてはクレジットカードを使用した入金に対し現在のところ出金方法が提供されていません。公式サイトには「出金方法はお選びいただけません。複数の方法でご入金されている場合の出金の振り分けは、自動的に振り分けられますのでご了承ください」と明記されています。複数の入金を行っている場合には、システム側で自動的に出金方法が選ばれてしまいます。

最低出金額

theoptionの出金には、最低出金額の規定があります。

利益分の場合、最低出金額は3,000円です。この規定により、利益を出金する際には最低出金額を満たす必要があります。最低出金額を下回る場合は、出金手続きができません。出金の際には最低出金額を考慮しておきましょう。

出金額の種類可能額
最低出金額5,000円から
利益分の最低出金額3,000円から
入金額までの出金制限なし

出金手数料

theoptionでは、「口座開設者本人名義による銀行口座への出金」と「bitwallet口座への出金」いずれの場合も出金手数料は無料です。

ただし、以下の場合は特定の条件が適用されます。

 

  • 全く取引を行っていない場合や取引額が入金額に満たない場合
  • 取引回数が著しく少なくキャンペーンを悪用していると判断された場合

この場合決済手数料が徴収されます。この決済手数料は、最低1,500円から入金額または出金額の最高10%のいずれか高い方が適用となります。

また、口座凍結対象となった場合の出金は、返金される額より決済手数料が差し引かれます。具体的には、残高もしくは入金額から決済手数料(最低1,500円から最高10%)が差し引かれた金額が返金されます。

theoptionの入金方法

一方、theoptionの入金方法には、「クレジットカード入金」と「bitwallet(ewallet)即時決済サービス」が利用できます。

クレジットカード入金

theoptionでは、Eprotections社のewallet決済サービスを利用することができます。最低入金額は5,000円となっております。

カード利用のケース

theoptionでは、「VISA」「MasterCard」「AMEX」のカードを使用して入金することが可能です。

また、bitwallet口座を未開設の場合でも、初回利用時にはワンタイム決済を利用して安全なカード決済を無料で行うことができます。

国内振り込みのケース

国内の振り込みに関しては、三井住友銀行またはみずほ銀行への振込を利用して、bitwallet口座に資金をチャージすることができます。その後、サイト上で即時入金手続きを行ったうえ、チャージした資金を取引口座に入金することが可能です。

STEP1.口座登録
  1. bitwallet口座を登録します
  2. 登録フォームにお客様の情報を入力して登録手続きを行います。登録の際には、必ずtheoptionの登録メールを入力しましょう
  3. 登録メールに個人用アカウント開設用のリンクが届きますので、リンクをクリックして登録手続きを完了させましょう
STEP2.bitwallet口座へ入金

入金手数料は入金額の1%です。たとえば5100円を振込みする場合、bitwallet口座への反映額は5049円となります。三井住友銀行またはみずほ銀行への振込みによる入金が可能ですが、振込手続きののち、bitwallet口座への反映は当日または翌営業日になります。

(1) 「口座への入金」ページの下部にて、振込先銀行口座情報を確認します。
(2) ATMやオンラインバンキングなどを利用して振込手続きを行います。送金元名義(8桁の数字とローマ字の氏名)の入力は必須です。送金先口座情報は下部に表示されます。
(3) 入金が完了し口座に反映されると自動的にメールが届きます。この時点では、bitwallet口座への入金が完了した状態でtheoptionへの口座反映はまだ完了していません。

STEP3.theoption側のbitwallet口座への送金

(1) theoptionの入金画面から手続きを行います。
(2) 入金金額を入力し、「決定」ボタンをクリックします。
(3) bitwalletの画面で「bitwallet口座をお持ちの方」を選択して手続きを完了すると入金額が口座に反映されます。

おすすめの記事