IS6FXの通貨ペアについて徹底解説

IS6FXの大きな魅力は、レバレッジが高いこと、豪華な口座開設キャンペーンがあること、約定力の高さなどの様々な点が挙げられます。

ここでは、IS6FXでトレードを行う上で重要なポイントとなる「通貨ペア」について詳しく解説していきます。

取引を進めていく上で参考になる内容がふんだんにまとめられています。

通貨ペアとは

「通貨ペア」とは、FX取引における通貨の「組み合わせ」のことを指します。

通貨ペアの代表的な組み合わせであるUSD/JPY(ドル円)は、アメリカの「米ドル」と日本の「円」を組み合わせた通貨ペアです。FXは、2つの通貨を交換して利益を狙いますが、その時に交換する2つの通貨の組み合わせを通貨ペアといいます。

FXで取り扱える通貨ペアはFX業者によって異なっており、あるFX業者が取り扱う通貨ペアが約50種類であるのに対し、別のFX業者は約100種類と、FX業者によって大きく差があるのです。

では、IS6FXはどれくらい通貨ペアを取り扱っていて、どのような特徴があるのか?を順を追って説明していきます。

IS6FXの通貨ペアは全部で34種類

IS6FXの通貨ペアは全部で34種類です。

IS6FXの通貨ペア
  • AUD / CAD(豪ドル/カナダドル)
  • AUD / CHF(豪ドル/スイスフラン)
  • AUD / JPY(豪ドル/円)
  • AUD / NZD(豪ドル/NZドル)
  • AUD / USD(豪ドル/米ドル)
  • CAD / JPY(カナダドル/円)
  • CHF / JPY(スイスフラン/円)
  • EUR / AUD(ユーロ/豪ドル)
  • EUR / CAD(ユーロ/カナダドル)
  • EUR / CHF(ユーロ/スイスフラン)
  • EUR / GBP(ユーロ/ポンド)
  • EUR / JPY(ユーロ/円)
  • EUR / NZD(ユーロ/NZドル)
  • EUR / USD(ユーロ/米ドル)
  • EUR / ZAR(ユーロ/南アフリカランド)
  • GBP / AUD(英ポンド/豪ドル)
  • GBP / CAD(英ポンド/カナダドル)
  • GBP / CHF(英ポンド/スイスフラン)
  • GBP / JPY(英ポンド/円)
  • GBP / NZD(英ポンド/NZドル)
  • GBP / USD(英ポンド/米ドル)
  • NZD / CAD(NZドル/カナダドル)
  • NZD / CHF(NZドル/スイスフラン)
  • NZD / JPY(NZドル/円)
  • NZD / USD(NZドル/米ドル)
  • SGD / JPY(シンガポールドル/円)
  • USD / CAD(米ドル/カナダドル)
  • USD / CHF(米ドル/スイスフラン)
  • USD / CNH(米ドル/人民元)
  • USD / JPY(米ドル/円)
  • USD / MXN(米ドル/メキシコペソ)
  • USD / SGD(米ドル/シンガポールドル)
  • USD / TRY(米ドル/トルコリラ)
  • USD / ZAR(米ドル/南アフリカランド)
  • NZD / CAD(ニュージーランドドル/カナダドル)
  • NZD / CHF(ニュージーランドドル/スイスフラン)
  • SGD / JPY(シンガポールドル/日本円)

IS6FXの通貨ペア数は34種類と、他のFX業者と比較するとやや少ない傾向です。

しかし、メジャー通貨ペアである米ドル・日本円・ユーロ・ポンドなどから、トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドなどのマイナー通貨ペアも取り扱っており、売買差益や金利差益などの幅広いトレードに対応していることはIS6FXの強みの一つになります。

また、IS6FXでは不定期に通貨ペアの更新を行っており、CFD商品の取引ジャンルも拡大し続けています。現在は基本的な通貨ペアは全て採用しており、トレード商品の取り扱い数も増加傾向です。

IS6FXにおける口座タイプ別のスプレッド

続いて、口座タイプ別のスプレッドについて紹介します。IS6FXの口座タイプは、スタンダード口座・マイクロ口座・プロ口座の3つです。IS6FXは、たとえ同じ通貨ペアであっても、口座タイプごとにスプレッドが異なります。では、実際のスプレッドはどれくらいなのでしょうか?各口座タイプのメジャー通貨の平均スプレッドを見てみましょう。

スタンダード口座の平均スプレッド
AUD / CAD 3.8 pips
AUD / CHF 3.5 pips
AUD / JPY 2.9 pips
AUD / NZD 3.4 pips
AUD / USD 2.0 pips
CAD / JPY 3.0 pips
CHF / JPY 2.9 pips
EUR / AUD 3.4 pips
EUR / CAD 3.7 pips
EUR / CHF 2.5 pips
EUR / GBP 2.0 pips
EUR / JPY 2.3 pips
EUR / NZD 5.5 pips
EUR / USD 1.5 pips
EUR / ZAR 185.0 pips
GBP / AUD 4.8 pips
GBP / CAD 5.1 pips
GBP / CHF 4.4 pips
GBP / JPY3.1 pips
GBP / NZD 7.6 pips
GBP / USD 2.4 pips
NZD / CAD 3.5 pips
NZD / CHF 2.8 pips
NZD / JPY 3.1 pips
NZD / USD 2.7 pips
SGD / JPY 6.8 pips
USD / CAD 2.1 pips
USD / CHF 2.3 pips
USD / CNH 21.0 pips
USD / JPY 1.6 pips
USD / MXN 55.0 pips
USD / SGD 4.5 pips
USD / TRY 18.9 pips
USD / ZAR 80.0 pips
マイクロ口座の平均スプレッド
AUD / CAD 4.7 pips
AUD / CHF 4.4 pips
AUD / JPY 3.7 pips
AUD / NZD 4.3 pips
AUD / USD 2.5 pips
CAD / JPY 3.8 pips
CHF / JPY 3.6 pips
EUR / AUD 4.3 pips
EUR / CAD 4.6 pips
EUR / CHF 3.2 pips
EUR / GBP 2.5 pips
EUR / JPY 2.9 pips
EUR / NZD 6.8 pips
EUR / USD 1.9 pips
EUR / ZAR 190.0 pips
GBP / AUD 6.1 pips
GBP / CAD 6.4 pips
GBP / CHF 5.1 pips
GBP / JPY3.9 pips
GBP / NZD 9.2 pips
GBP / USD 3.1 pips
NZD / CAD4.3 pips
NZD / CHF3.6 pips
NZD / JPY 3.9 pips
NZD / USD 3.4 pips
SGD / JPY 7.5 pips
USD / CAD 2.7 pips
USD / CHF 2.9 pips
USD / CNH 25.5 pips
USD / JPY 2.0 pips
USD / MXN 60.0 pips
USD / SGD 5.6 pips
USD / TRY 20.4 pips
USD / ZAR 85.0 pips
プロ口座の平均スプレッド
AUD / CAD D2.0 pips
AUD / CHF 1.8 pips
AUD / JPY 1.4 pips
AUD / NZD 1.6 pips
AUD / USD 1.0 pips
CAD / JPY 1.4 pips
CHF / JPY 1.5 pips
EUR / AUD 1.7 pips
EUR / CAD 1.9 pips
EUR / CHF 1.2 pips
EUR / GBP 1.0 pips
EUR / JPY 1.1 pips
EUR / NZD 2.9 pips
EUR / USD 0.7 pips
EUR / ZAR 175.0 pips
GBP / AUD 2.3 pips
GBP / CAD 2.6 pips
GBP / CHF 3.1 pips
GBP / JPY 1.5 pips
GBP / NZD 4.5 pips
GBP / USD 1.1 pips
NZD / CAD 1.8 pips
NZD / CHF 1.5 pips
NZD / JPY 1.5 pips
NZD / USD 1.3 pips
SGD / JPY 3.4 pips
USD / CAD 1.0 pips
USD / CHF 1.2 pips
USD / CNH 12.0 pips
USD / JPY 0.8 pips
USD / MXN 45.0 pips
USD / SGD 2.4 pips
USD / TRY 15.9 pips
USD / ZAR 70.0 pips

上記が、各口座別のスプレッド値になります(レバレッジ6,000倍口座は除く)。

一般的な海外FXのスキャルピング専用口座では、トレードごとにスプレッド+取引手数料が別途上乗せされます。

ほぼ全てのトレーダーが、「必要最低限のコストでトレードを進めたい」という気持ちを一度は抱くでしょう。その中で、IS6FXには取引しやすいポイントが一つあります。それは「取引手数料はかからず、スプレッドのみトレードコストとして発生する点」。なぜなら、スプレッドに手数料が既に含まれているためです。

各通貨ペアのスプレッドのうち、プロ口座のスプレッドが最も狭く、その次にスタンダード口座⇒マイクロ口座、という順番で広くなっています。どの口座においてもスプレッドは定期的に変動されますので、トレードを検討する際は必ずIS6FXの公式サイトより、最新のスプレッド値を確認するようにしましょう。

IS6FXの通貨単位は口座タイプごとに異なる

続いて、「通貨単価」について紹介していきます。IS6FXは、通貨単位も口座タイプごとに異なるのでしっかり確認しましょう。ここでいう「通貨単位」とは、1Lotあたりの通貨数量を指しています。

IS6FXの通貨単価
  • スタンダード口座:1Lot100,000通貨
  • マイクロ口座:1Lot1,000通貨
  • プロ口座:1Lot100,000通貨

例えば、スタンダード口座の場合、1Lot=100,000通貨ということになるので100,000ドルになります。そのため、同じく「1ドル=100円」の場合には、1Lot=10,000,000円として換算されるのです。

マイクロ口座は1Lot=1,000通貨⇒1,000ドルになり、レートが「1ドル=100円」の場合には1Lot=100,000円として換算されます。同じ通貨ペアの1Lotであっても口座タイプによって取引量が異なるため、スプレッドと同様、口座タイプを選択する時の判断基準の一つにすることがポイントです。

このポイントも一緒に知っておけば、IS6FXの取引はバッチリ!

ここまで、IS6FXの通貨ペアの数・種類から口座別のスプレッド値、通貨単位について紹介しました。

次に、IS6FXでの取引を実際に行うにあたって知っておきたいポイントを紹介していきます。

取引プラットフォームはMT4/MT5さえあればOK!

S6FXでのトレードを行う際のプラットフォームについて紹介します。IS6FXのプラットフォームは、全ての口座でMT4/MT5が採用されています。そのため、FX・貴金属でも同じ取引き口座で自由な取引が可能です。

ゼロカットシステムで取引のリスクを最小限に

IS6FXの全て口座では、ゼロカットシステムが導入されています。ゼロカットシステムとは、どんなに相場が急変しても、大きな追加証拠金がトレーダーへ要求されないシステムです。

いわば、トレーダーにとって絶対に避けたい「ハイリスクノーリターン」をあらかじめ防ぐシステムです。ゼロカットシステムを導入していない海外FX業者もある中で、IS6FXはトレーダーを守るためのシステムを導入していますので、国内業者で取引きするよりもはるかに安心・安全な取引ができると言っても過言ではありません

安心して取引をしたい多くのトレーダーにとって、とっても嬉しいポイントです。

ボーナスプログラムが盛りだくさん

IS6FXの嬉しいポイントとして、「ボーナスプログラムが充実していること」が挙げられます。IS6FXでは、口座開設だけで多額のクレジットボーナスをGETできたり、入金時に大きなボーナスが支給されるなどのキャンペーンが随時開催されています。

ボーナス条件はその都度変わりますので、ボーナスプログラムの利用を検討したいタイミングで、正しい情報を公式サイトでチェックしましょう。

一方、注意点として「ボーナスプログラムが適用されるのはスタンダード口座のみ」という点が挙げられます。ボーナスプログラムの利用を希望する場合は、まずはスタンダード口座を開設するところから始めましょう。

また、ボーナスの支給タイミングは、口座開設後に必要書類(身分証明書&住所証明書)の提出が完了した段階になります。中には、最低15lot(150万通貨)以上のトレードをしなければ出金ができないキャンペーンもあるので、しっかり取引きされることが前提であることも理解しておきましょう。

まとめ

今回は、IS6FXの通貨ペア、スプレッド、そして取引においてあらかじめ知っておきたいポイントについて詳しく紹介してきました。

IS6FXには、豪華なキャンペーンの実施を始めとしてトレーダーが安心・安全に取引をできるようなシステムが採用されている点など、トレーダーにとって嬉しいメリットがたくさんあります。

海外FXは国内FXと比べて情報が判りにくい、という点もあることから、なかなか情報収集がしにくい側面はあるかと思います。

しかし、取引をスタートしてから「これは知らなかった!」と気づいてしまい、損をしてしまう・・・というのは避けたいところです。どうか、IS6FXへの理解を深めていただき、より良いトレードにむけて活用してみてください。

おすすめの記事