IS6FXと相性の良い金融商品とは

IS6FXには、最大レバレッジが1000倍とTOPクラスに高い点、スプレッド・スワップポイントなどの基本スペックが非常に高い点など、非常に多くのメリットが盛り込まれていることから、自信を持っておすすめできる海外FX業者です。

IS6FX体だけでも十分ではありますが、もし、IS6FXと相性の良い金融商品があるとしたらいかがでしょうか?

結論から言うと、IS6FXと相性の良い金融商品として挙げられるものとして「株式」や「投資信託」が挙げられます。

これらを併用するすることで、より高い効果を得られるのをご存知でしょうか?

そこで今回は、株式投資や投資信託などの特徴について説明をし、IS6FXとの相性が良い理由について徹底説明いたします。

株式投資って何?

そもそもの「株式投資とは何か」という点からお話すると、株式投資とは『将来性のある企業を見つけ、その企業に出資すること』です。

企業へ出資する代わりに、その企業の所有権を得ることができます。出資することによって、その会社の経営に株主として参加する権利を獲得することができるわけです。株主となることで、企業の経営に参加できる権利が得られることは大きなメリットですが、元本保証がなく、株価の変動によって損失を被ってしまうデメリットがあります。

株式投資には様々な特徴がありますが、主な特徴を詳しく見ていきましょう。

 1.キャピタルゲイン、インカムゲイン、株主優待の3つの利益を狙える

 

株式投資では3つの利益を狙うことができます。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、株を売却することで得られる利益を指します。売却することで初めて利益になるため、株を持っているだけでは利益にはなりません。しかし、ここでIS6FXのメリットである『最大1000倍のレバレッジがかけられる』ことが有効活用できます。このメリットを活かすことで、株式投資よりも遥に大きいキャピタルゲインを狙うことができます。

キャピタルゲインは、株式投資最大の魅力の一つではありますが、IS6FXと併用して投資するのであれば、最重視すべき利益ではなくなることが分かると思います。

 インカムゲイン

インカムゲインとは、「株を保有することにより得られる利益」」を指します。

配当は、キャピタルゲインに比べて安定的に入ってくる傾向のため、昨今話題になっている経済的自立をして早期退職をする「FIRE」を目指す場合、インカムゲインは非常に重要な要素です。

インカムゲインについてもIS6FXで十分狙うことができますが、コロナ禍により、世界各国の政策金利は過去最低水準で推移しています。当然、スワップポイントも過去最低レベルで低い状況に陥っておりますので、IS6FXの弱っている部分をリカバリーする意味合いでも、株式投資の配当収益は非常に大きなメリットになります。

株主優待

株主優待とは、その企業の株を買ってくれた投資家に対して、優待券などのプレゼントをしてくれる制度です。外食優待券の他、施設利用券・日用品や食料品などの生活基盤を支えるものを受け取ることができます。

種類 内容 代表例
外食優待券 外食で優待を受けることができます。 鳥貴族(3193)
コロワイド(7616)
金券 商品券やクオカードなど現金と同様に使えます。 イオンモール(8905)、
タカラレーベン(8897)
パレモ・ホールディングス(2778)
施設利用券 映画館・遊園地・ジムなどを利用することができます。 サンリオ(8136)
極楽湯(2340)
ラウンドワン(4680)
ラウンドワン(4680)
オリエンタルランド(4661)
日用品 日常生活で利用できる日用品をもらうことができます。 ライオン(4912)
小林製薬(4967)
エステー(4951)
DCMホールディングス(3050)
飲料・食品 飲料品・食料品をもらうことができます。 JT (2914)
シダックス(4837)
DDホールディングス(3073)
ペッパーフードサービス(3053)
優待カード 店舗などで利用できる優待カードです。 イオン(8267)
ドトール日レス(3087)
オリックス(8591)
すかいらーくホールディングス(3197)
カタログギフト
カタログギフトから好きなものを選ぶことができます。
KDDI(9433)
タメニー(6181)
東京個別指導学院(4745)
ウエルシアホールディングス(3141)

株式優待は様々なかたちがありますので、ご自身が好む株主優待を探してみましょう。

 2.分散投資ができる

株式投資は、国内のみならず世界各国の企業へ投資することができます。

日本だけでも上場企業は約4,000社あります。最近は、アメリカ株に投資できる証券会社も増加傾向にあり、アメリカ株の取り扱いが多い証券会社ですと、4,000社以上のアメリカ株に投資をすることができます。株式は、銘柄によって違う動きを取りますので、様々な銘柄を保有することによって分散投資をすることが可能です。

 3.値動きがわかりやすい

株式は、非常に値動きが分かりやすい特徴があります。値動きはインターネットで簡単に検索することができますので、専門知識がない初心者の方であっても、価格の把握は非常に簡単です。IS6FXの運用対象である為替に関しても多くの情報が入ってきますが、為替を読むのは専門家にとっても決して簡単ではありません。為替に比べて、中長期で見ると値動きが分かりのは大きな特徴です。

 投資信託の特徴とは

ここまで、株式投資について見てきました。株式投資には様々なメリットがあり、IS6FXでの取引を行う上で様々な利点が作用する、非常に相性の良い金融商品であることがお分かりいただけたかと思います。

では続いて、投資信託の特徴について詳しく見ていきましょう。

 投資信託って何?

投資信託とは、株式や債券などの資産に投資家に代わってプロのファンドマネージャーが運用してくれる商品です。

投資信託の特徴については以下の通りです。

1.運用を資産運用のプロフェッショナルに任せられる

投資信託は、ある程度まで運用を任せることができます。投資信託の運用は「ファンドマネージャー」と呼ばれる資産運用のプロフェッショナルが代行してくれますので、投資家は株式や債券などの売買に日々勤しむ必要はありません。

特に、副業をしたいけれど日々忙しくて時間的余裕がつくれないサラリーマンにとって、運用をお任せできるのは非常に嬉しいポイントです。

IS6FXでも自動売買ができますが、高いレバレッジを自動売買で使用する場合、こまめな値動きのチェックが必要です。しかし、投資信託であればレバレッジが使えない分、安全性が高い運用になりますので、都度のチェックは必要ありません。

2.様々な商品を取り扱っている

日本には、なんと5000もの種類を超える投資信託があると言われています。また投資信託は、様々な企業に分散して投資をしています。様々な商品から選ぶことができ、簡単に分散投資ができるのは投資信託を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

3.少ない金額から投資できる

投資信託は、最低100円から投資をすることができます。もちろんIS6FXも少ない金額から投資ができますが、少ない金額で高いレバレッジをかけてしまうと、あっという間にロスカットになってしまいます。

一方の投資信託の場合には、IS6FXのように大きな利益を狙うのは難しいかもしれませんが安定的に運用ができます。少ない金額から投資できるのは投資信託の大きな特徴といえるでしょう。

IS6FXと株式投資、投資信託を組み合わせるメリットは?

これまでの記事で、IS6FXと株式投資、投資信託を組み合わせることのメリットはお分かりいただけたかと思います。

IS6FXと株式投資、投資信託を組み合わせることで多くのメリットを享受できることは間違いないですが、その中でも、主なメリットは3つ。以下3つについて、詳しく説明していきます。

1.分散投資ができる

IS6FXでは、30種類以上ものを通貨ペアから利用する通貨ペアを選びますので、IS6FXだけでも十分に分散投資が可能ですが、為替は、経済状況によって全ての通貨が一方向に動くこともあるため、経済状況次第ではどれだけ複数の通貨に分散したとしても、分散投資として成り立たない場合もあります。

しかし、IS6FXだけではなく株式や投資信託への投資を行っていれば分散投資が可能です。出来る限り、様々な資産に投資することによって、長期的に見れば安定的に利益を生み出すことができます。IS6FX単独では難しい「分散投資」が株式投資・投資信託と組み合わせることによって可能となる点は、IS6FXのトレーダーにとって大きなメリットになります。

2.安定収入であるインカムゲインを増やせる

IS6FXの最大のメリットは、最大1000倍を超える高いレバレッジを使ったキャピタルゲインです。上手くいけば短い期間で莫大な利益を上げることもできますが、為替の予想は運も左右されますので、いつでも大きなキャピタルゲインが狙えるとは限りません。

収入を安定化させるためには、スワップポイント、配当金を始めとした安定的な利益を得られるインカムゲインが非常に重要です。株式投資の場合は、配当金の他にも株主優待も享受することができます。

また、投資信託の場合は分配金が受け取れるファンドもありますので、IS6FX単体の運用と比較しても、より多くのインカムゲインを受け取ることができます。特に、投資で生計を立てている方にとっては、安定的に入ってくる収入が非常に重要になるでしょう。このような点から、インカムゲインの収入源を増やせることは、IS6FXと株式投資や投資信託を組み合わせる大きなメリットといえるでしょう。

株式投資・投資信託を併用することでIS6FXに集中できる

IS6FXのメリット「最大1000倍のレバレッジが使える」点は、短期間で大きな利益が狙う上で非常に活用したいメリットです。

しかし、大きな額の取引だからこそ、集中して取引しなければなりません。もちろん、IS6FXの運用だけで十分集中し、莫大な利益を生み出す投資家は多くいますが、株式投資や投資信託と組み合わせることで、安定的な収入源を得ることができます。

いわば単発の利益を追う側面、安定的な利益を積み上げる側面の両方を得ることができますので、たとえ一方がバランスを崩してしまっても、リカバリーをすることができます。

このようにリスクヘッジを図ることで、経済的・精神的にも余裕ができ、IS6FXのトレードに集中できるという方は多いのではないでしょうか。IS6FXと株式投資や投資信託を組み合わせることで、IS6FXで大きな利益を上げられる可能性が高まると言い換えることもできます。IS6FXへのトレードに集中できるようになることは、大きなメリットといえるでしょう。

 まとめ

IS6FXは、株式投資、投資信託だけではなく、仮想通貨や不動産投資など、あらゆる金融商品と相性が良いです。その中でも、インカムゲインのある金融商品との相性は抜群と言っても過言ではありません。

その理由は、インカムゲインの収入源を増やすことによって収入を安定させることができるからです。収入を安定させることで、IS6FXのトレードに集中できるようになります。

IS6FX独自の強み・特徴と、あらゆる金融商品との相性の良さをふまえても、数ある海外FX業者の中でもIS6FXは非常におすすめできる海外FX業者です。IS6FX単体でも莫大な利益を生み出したトレーダーもいますが、さらに株式投資や投資信託と併用することによって、さらにIS6FXで大きな利益を出せる可能性をアップさせることが可能です。

ぜひ今回の記事を参考にして、FXと株式投資・投資信託を併用させることにより、ビッグな利益を生み出す投資家への道を目指してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事