IS6FXの運用資金を貯めるために効果的な節約方法とは?

近年、過去にないほどの資産運用ブームが起きています。資産運用には様々な金融商品がありますが、海外FXは非常におすすめです。

なぜなら、海外FXは非常に高いレバレッジが使えるため、手元資金が少なくても大きな利益が狙えるからです。

特に、今回紹介するIS6FXについては、最大レバレッジが1000倍と非常に高いですし、その他の基本スペックも高いため、万人におすすめできる海外FX業者になります。

しかし、いくら海外からは手元資金が少なくても大きな利益が狙えるといっても、やはりある程度の資金があった方がより効率的に運用ができます。そこで今回はIS6FXで効率的に運用するための資金を貯める方法について説明します。

わかりやすく説明をしますのでぜひ参考にしてくださいね。

節約はまずは固定費から!

投資資金を捻出するために、節約は非常に重要です。

しかし、やみくもに節約をしても、大きなストレスになってしまう可能性がありますし、効率的にお金を残しておくことはできないでしょう。

支出には変動費と固定費が主にありますが、まずは固定費から節約するのがおすすめです。

代表的な変動費と固定費についてまとめました。

固定費の種類

固定費とは、毎月もしくは毎年決まった金額のを支払っている支出のことです。例として次のようなものが挙げられます。

代表的な固定費
  • 住居費
  • 光熱費
  • 通信費
  • 保険料
  • 子どもの学費

固定費は一度見直せば、それ以降は自動的に支出が減っていきます。支出を減らしたいのであれば、まずは固定費を見直すところから始めてみましょう。

固定費の具体的な削減方法については後ほど説明します。

変動費の種類

変動費とは、月もしくは年によって変動がある支出のことです。

代表的な変動費
  • 食費
  • 日用品
  • 美容代
  • 趣味娯楽費

    変動費は毎月出ていく金額が必ずしも同じではありません。そのため、家計を見直す際には変動費から手をつける人も多いですが、削りすぎてしまうと生活にストレスがかかってしまいます。そのため極端な節約をしないよう注意しましょう。

    固定費の削減方法

    固定費の具体的な削減について説明をします。大きな効果のある固定費の削減は主に5つです。

    固定費の中で効果が高いもの
    • 住居費
    • 生命保険
    • 携帯電話
    • 公共料金
    • サブスクリプション

      固定費の具体的な削減方法についてわかりやすく説明します。

      住居費

      住居費は毎月の支出の中で最も大きな支出になるでしょう。住居費は、毎月の給料の約3割以内に抑えておくべきだといわれています。

      給料対比割高な物件に住んでしまうと、なかなかIS6FXへの投資に回すお金を貯められないでしょう。物件のランクを下げてしまうと、日々の生活に大きなストレスがかかってしまうかもしれませんが、分不相応の物件に住んでいてはいつか生活は破綻してしまいます。

      それに、今は我慢してIS6FXで大きなお金を貯められれば、ランクの高い物件に住めますし、お金に余裕があれば安心して住めるでしょう。

      IS6FXは、非常に夢のある取引になりますので、しっかりと投資資金を確保するためにも住居費についてはしっかり見直ししてください。

      生命保険

      生命保険の見直しは非常に重要です。日本人の80%以上の人が何かしらの生命保険に加入しているようですが、皆さんは、ご自身が加入している保険の内容についてしっかり理解しているでしょうか。

      社会人になってなんとなく保険に加入しそのままになっている方はいらっしゃらないでしょうか。もちろん、生命保険は非常に大切です。しかし、近年はネット生命保険会社が台頭してきており、今まででは考えられないほど安い保険料で充実した保障の保険の提供をしています。

      生命保険は一度加入するとなかなか見直ししない人が多いです。しかし、抜本的に見直しをすることによって毎月の保険料を劇的に安くできる可能性があります。

      保険の見直しについては、インターネットでも情報を仕入れられますし、最近は保険の相談ができる無料相談所も増えていますので、比較的簡単に行うことが可能です。

      ぜひこの記事をきっかけに生命保険に入っている方は抜本的に見直しを行うようにしてください。毎月数万円単位で保険料が変わってくるかもしれませんよ。

      携帯電話

      携帯電話の見直しも非常に重要です。最近は格安キャリアを使っている人も増えていますが、まだまだ割高な大手携帯キャリアに加入している人も多いでしょう。

      格安キャリアと大手携帯キャリアの契約内容にほとんど違いはありません。ほぼ一緒に使えるものになりますが、毎月の利用料金は大きく変わります。

      変なプライドを持たず、是非、格安キャリアの利用を検討してください。格安キャリアに切り替えることによって大きく毎月の携帯料金を安くできます

      公共料金

      公共料金の見直しも重要です。公共料金というと節約のしようがないように思われている方もいるかもしれませんが、最近は電気やガスに参入する企業が増えています。

      非常に安い電気やガス会社がある可能性は十分にあるので、しっかり調べるようにしましょう。

      サブスクリプション

      ここ数年でサブスクリプションの利用者数は急増しました。皆さんの中にも動画や音楽などのサブスクリプションを利用している方は多いのではないでしょうか。

      もちろん、利用頻度が高いものであれば何の問題もありませんが、中にはほとんど使っていないサブスクリプションの契約をしている方は一定数いらっしゃるはずです。

      一度契約をするとなかなか解約しない方は多いようですが、ぜひこの記事をきっかけに見直しをしてみてください。

      1つあたりの契約金額が小さくても、まとめて見直しをすることによって大きな金額の節約になるかもしれません。

      固定費の支払いにはクレジットカードの利用がおすすめ!

      固定費の見直しをしたら、固定費の支払い方法にもこだわりましょう。もし、振り込みや口座振替で固定費の支払いをしている人は、すぐにクレジットカードの支払いに切り替えるようにしてください。

      固定費は毎月大きな金額になりますので、クレジットカードでの支払いにすれば毎月多くのポイントが貯まります。

      楽天ポイントやTポイントなど現金とほぼ同じに使えるポイントが非常に多いので、固定費の支払いにはぜひクレジットカードを使ってください。

      例えば毎月10万円の固定費の支払いがある場合、クレジットカードのポイント還元率が1%であれば、毎月1000円分のポイントが貯まります。

      年間にすると1万2000円分のポイントがつきますので大きな節約になるでしょう。

      貯蓄や節税を支援してくれる制度の活用

      IS6FXの投資資金を効率的に貯めるためには、貯蓄や節税を支援してくれる制度も積極的に活用しましょう。

      貯蓄や節税を支援してくれる制度はたくさんありますが、自分で積極的に行動をしないと、誰も教えてくれません。最新の情報をしっかり取りに行くことが重要です。代表的な貯蓄・節税できる仕組みについて一覧表にしましたので是非参考にしてください。

      制度 貯蓄ポイント 節約ポイント
      ふるさと納税 ふるさと納税とは、各地域の特産品などのを寄付したお礼として寄付した人にプレゼントしてくれる制度。返礼品には、特産品だけでなく家電などもある。

      ふるさと納税をうまく活用することで、

      食費や日用品などの出費を減らすことがその分を貯蓄に回せる。

      ふるさと納税は、所得によって実質2000円の負担のみで返礼品をもらうことができる。

      2000円の負担で収めるために上限金額まで利用することがポイント。

      また、ポイントサイトを利用することによって、返礼品と同時にポイントももらうことができる。

      企業型確定拠出年金 企業型確定拠出年金は、投資信託や債券で掛金を運用する制度。運用益については税金がかからない。

      通常の株式投資や投資信託、債券投資の場合、20.315%の税金がかかるため効率的にお金を増やせる。

      掛金が全額所得控除になるので、毎年の所得税や住民税を減らすことができる。

      またiDeCoの場合、口座管理手数料や運用にかかる手数料は、自己負担になるが、企業型確定拠出年金の場合は、すべて会社負担になる。

      iDeCo(個人型確定拠出年金) 企業型確定拠出年金の個人版。企業に勤めていない人も加入できる。

      口座管理手数料や運用にかかる手数料は自己負担ではあるが、ネット証券を中心に手数料が非常に安い金融機関もある。

      手数料の安い金融機関を選べば効率的に運用できる

      企業型確定拠出年金と同じく掛金が全額所得控除になる。

      毎年の所得税や住民税を減らしながら運用

      が可能。

      また、企業型確定拠出年金と同様、DeCoを貯めた資金を受け取る時の税制も非常に有利のため税金を抑えて運用できる。

      NISA・つみたてNISA NISAは最長5年間、年間最大120万円まで、つみたてNISAは最長20年間、年間最大40万円まで非課税で運用できる制度。運用益に税金がかからず効率的に運用できる。 最近はクレジットカードで投資信託を買うことができる制度があるので、非課税の恩恵を受けつつ、ポイントも貯めることができる。
      財形貯蓄制度 給料から毎月天引きになるので計画的に貯めることができる。また一般の積立預金より金利が高いので有利に貯められる。 財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は合わせて元利合計550万円から発生する利息については、徐課税のため節税をしながらお金を貯められる。

      このようにお金を計画的に貯められる制度はたくさんあります、しかし、ただ単に制度を使うだけでなく、よりお得に制度を活用しましょう。

      例えば、ふるさと納税を利用するのであれば、単にふるさと納税を行うのではなくポイントが貯まるポイントサイトを経由して利用するようにしましょう。

      また、せっかくNISAを利用するのであれば、クレジットカードで投資信託を買えるサービスを利用しましょう。いつも使うポイントを貯めつつ、NISAの利用ができます。

      無理なく節約し、貯金を増やすためにしておきたいこと

      無理なく節約をして、貯蓄を増やすためにしておきたいことは主に2つあります。

      貯蓄を増やすおすすめの方法
      • 収支の把握
      • 貯蓄口座の活用

        収支の把握を行うことは、効率的に貯蓄を行うために非常に大切です。普段は何にお金を使っているのかをしっかり把握しなければ、計画的に貯蓄できません。しかし、普段のお金の流れを把握することは意外と大変です。

        毎日、家計簿を付ければ良いですが、仕事をしているとなかなかそのような余裕はないでしょう。

        そんな忙しい方におすすめなのが、「アプリの家計簿」です。家計簿アプリの中には、普段使っている金融機関と提携させることで、毎月の収支を簡単に把握できるものがあります。事前に金融機関と連携させれば、あとは勝手に家計簿を付けてくれるイメージです。

        家計簿アプリを利用して、毎月の収支をしっかり把握するようにしましょう。

        また、計画的に貯蓄を行うためには、生活費で使っている口座と別の貯蓄専用の口座を作っていくことも有効です。毎月給料日に自動的にお金を貯蓄専用の口座に振り替えるようにしておけば、計画的にお金を貯めることができるでしょう。

        IS6FXは夢を実現できる投資!

        突然ですが、投資をする目的は何でしょうか?人によって目的が様々ですが、大きく分けると、「安定した生活を送りたい」「夢を実現させるためにお金を貯めたい」に分けられるでしょう。

        最近は、経済的自立を早く手に入れ、早期退職をするFIREがブームになっています。IS6FXを利用をすることによってFIREの実現を現実にできる可能性が高まるでしょう。

        また、この記事を読んでいる方の中にはお金を貯めてご自身の夢の実現をしたい方もいらっしゃるはずです。

        投資信託や株式等投資手法には様々な方法がありますがIS6FXは価値ある投資手法の中でも最も効率的な運用商品の1つになります。

        なかなかIS6FXほど高いレバレッジを使える金融商品はありません。投資資金が少なくても大きな利益が狙えるのはIS6FXならではの大きなメリットになります。ぜひ、IS6FXでご自身の夢を叶えていただければ幸いです。

        まとめ

        今回は、IS6FXの運用資金を効率的に貯める方法について説明をしました。

        中には住居費の節約などストレスがかかるものもありますが、生命保険やサブクリップションの節約などは一度行えば、その後は自動的に支払い金額が減りますし、そんなに大きなストレスにはならないはずです。ぜひ今回の記事を参考にしていただきIS6FXの運用資金を効率的に貯めていただければ幸いです。

        おすすめの記事