IS6FXを最大限有効活用する方法とは?株式、投資信託編

IS6FXは最大レバレッジが1000倍と非常に高く、スプレッドやスワップポイントなどの基本スペックも非常に高いため、すべての人におすすめできる海外FX業者です。

もちろん、IS6FXは非常に優れた金融商品を提供しているため、IS6FXだけで運用しても十分な成果が期待できますが、株式や投資信託を合わせて利用することで、より高い効果を得られるのを皆さんはご存知でしょうか?

そこで今回は、株式投資や投資信託などの特徴について説明をし、なぜIS6FXとの相性が良いのかについて説明をします。わかりやすく説明をしますのでぜひ参考にしてくださいね。

株式投資の特徴とは

株式投資には様々な特徴がありますが、主な特徴は3つです。

株式投資の特徴
  • キャピタルゲイン、インカムゲイン、株主優待の3つの利益が狙える
  • 分散投資ができる
  • 値動きがわかりやすい

    株式投資のそれぞれのメリットについてわかりやすく説明をします。

    キャピタルゲイン、インカムゲイン、株主優待の3つの利益が狙える

    株式投資で得られる利益は主に3つあります。それぞれの利益についてわかりやすく説明しますのでぜひ参考にしてください。

    キャピタルゲイン

    キャピタルゲインとは、売却益のことで、株式投資最大の魅力です。しかし、IS6FXでは、最大1000倍のレバレッジが使えるので株式投資よりもはるかに大きいキャピタルゲインが狙えます。

    キャピタルゲインは、株式投資最大の魅力ではありますが、IS6FXと併用して投資するのであればそんなに重視すべき利益ではないでしょう。

    インカムゲイン

    インカムゲインとは、配当収益のことです。配当は、キャピタルゲインに比べ安定的に入ってくる傾向にあります。経済的自立をし早期退職をするFIREを目指す場合、インカムゲインは非常に重要です。インカムゲインについてもIS6FXで充分狙えますが、コロナショック以降、世界各国の政策金利は過去最低水準で推移しています。

    当然、スワップポイントも過去にないほど低い状況になっていますので、株式投資の配当収益は非常に大きなメリットになるでしょう。

    株主優待

    株主優待とは、その企業の株を買ってくれた投資家に食品や優待券などのプレゼントをしてくれる制度になります。IS6FXを始めとする海外FXには来行制度になりますので、株主優待はIS6FXと併用して利用する場合、大きなメリットです。

    人気のある株主優待についてまとめましたのでぜひ参考にしてください。

    種類 内容 代表例
    外食優待券 その名の通り外食で優待を受けることができる券になります。
    一般的にファミレスや居酒屋などを運営している企業が実施していることが多いです。
    コロワイド(7616)
    鳥貴族(3193)
    金券 金券とは商品券やクオカードなど現金と同様に使うことができる券になります。 イオンモール(8905)、タカラレーベン(8897)、
    パレモ・ホールディングス(2778)、
    東海東京フィナンシャル・ホールディングス(8616)
    施設利用券 遊園地などのエンターテイメントやスポーツジムなどの施設利用券になります。 オリエンタルランド(4661)、サンリオ(8136)、
    ラウンドワン(4680)、極楽湯(2340)
    日用品 日常生活で利用できる日用品をもらえる株主優待です。 ライオン(4912)、DCMホールディングス(3050)、
    小林製薬(4967)、エステー(4951)
    飲料・食品 その名の通り飲料食品をもらえる優待です。喰べ物や飲み物がもらえるのはありがたいですね。 DDホールディングス(3073)、JT (2914)、
    積水ハウス(1928)、ペッパーフードサービス(3053)、シダックス(4837)
    優待カード 店舗などで利用できる優待カードがもらえる株主優待です。 イオン(8267)、ドトール日レス(3087)、オリックス(8591)、すかいらーくホールディングス(3197)
    カタログギフト こちらもその名の通りカタログギフトが選べる優待です。カタログギフトから好きなものを
    選ぶことができますので非常に人気が高い優待になります。
    KDDI(9433)、タメニー(6181)、東京個別指導学院(4745)、ウエルシアホールディングス(3141)

     

    このように一口に株主優待といっても様々な種類があります。自分好みの株主優待を探すのに役に立ててくださいね。

    分散投資ができる

    株式投資は日本だけではなくアメリカなど世界各国の企業に投資ができます。日本だけでも上場企業は約4000社あります。また、最近は、アメリカ株に投資できる証券会社も増えており、アメリカ株の取り扱いが多い証券会社の場合、4000社以上のアメリカ株に投資ができます。

    株式は、銘柄によって全く違う動きをしますので、様々な銘柄を保有することによって分散投資ができます。

    例えば、景気敏感株とはその名の通り景気によって大きく株価が左右される株です。一方ディフェンシブ株とは景気に左右されにくい株になります。

    <代表的な景気敏感株>
    • 自動車等メーカー企業→トヨタ自動車、本田技研工業など
    • 鉄鋼→日本製鉄、神戸製鋼所など
    • 化学→旭化成、住友化学
    • 紙パルプ→日本製紙、王子ホールディングス
    • 精密機器→オリンパス、東京精密
    <代表的なディフェンシブ株>
    • 食品→キッコーマン、味の素
    • 医薬品→武田薬品工業、塩野義製薬
    • 電力・ガス→東京電力、東京ガス

    値動きがわかりやすい

    株式は非常に値動きがわかりやすいです。インターネットで簡単に値動きの検索ができますし、たくさんの情報が入ってくるので価格の把握は非常に簡単でしょう。

    IS6FXの運用対象である為替についても多くの情報が入ってきますが、為替については専門家でもなかなか読めないところがあります。

    もちろん株式についても完全に読みきるのは難しいですが、為替に比べ中長期で見ると値動きがわかりやすいのは大きな特徴になるでしょう。

    投資信託の特徴とは

    投資信託にも様々な特徴がありますが主な特徴は3つです。

    投資信託の特徴
    • おまかせで運用できる
    • 様々な商品がある
    • 少ない金額から投資ができる

      投資信託の特徴についてわかりやすく説明します。

      おまかせで運用できる

      投資信託は、ある程度お任せで運用ができます。投資信託の運用はファンドマネージャーと呼ばれる資産運用のプロが行ってくれますので投資家は日々株式や債券等を売ったり買ったりする必要はありません。

      専業の投資家であれば、特に問題ないかもしれませんが、忙しいサラリーマンや色の方にとってお任せで運用できるのは非常にありがたいのではないでしょうか?

      もちろんIS6FXでも自動売買ができるので、ある程度運用をお任せできますが、高いレバレッジを使って自動売買する場合、こまめに値動きのチェックが必要でしょう。

      その点、投資信託であればレバレッジが使えない分、安全性が高い運用になりますので都度のチェックは必要ありません。運用をある程度お任せできるのは投資信託の大きな特徴といえるでしょう。

      様々な商品がある

      日本には5000種類を超える投資信託があるといわれています。投資信託には様々な種類があり、日本株に投資されているものやアメリカ株に投資されているもの、ブラジルやロシアなどの新興国に投資されているものなど様々です。

      また、投資信託は、様々な企業に分散して投資をしています。なかなか個人の投資家でたくさんの企業に分散投資するのは難しいでしょう。

      様々な商品から選ぶことができ、簡単に分散投資ができるのは投資信託を利用する大きなメリットになるのではないでしょうか。

      少ない金額から投資ができる

      投資信託は、100円だと少ない金額から投資ができます。

      もちろんIS6FXも少ない金額から投資ができますが、少ない金額で高いレバレッジをかけてしまうとあっという間にロスカットにかかってしまいますので注意が必要です。

      一方、投資信託の場合、IS6FXのように大きな利益を狙うのは難しいかもしれませんが安定的に運用ができます。少ない金額から投資できるのは投資信託の大きな特徴といえるでしょう

      IS6FXと株式投資、投資信託を組み合わせて運用するメリットは3つ!

      IS6FXと株式投資、投資信託を組み合わせて運用するメリットはたくさんありますが主なメリットは3つに集約されます。

      IS6FXと株式投資、投資信託を組み合わせて運用するメリット
      • 分散投資ができる
      • 安定収入であるインカムゲインが増える
      • IS6FXに集中できる

        IS6FXと株式投資、投資信託を組み合わせて運用するメリットについてわかりやすく説明をします。

        分散投資ができる

        IS6FXでは、30を超える通貨ペアから選択して運用できるので、IS6FXだけでも充分分散投資は可能です。しかし、為替は、経済状況によって全ての通貨が一方向に動くこともあり、状況によってはいくら複数の通貨に分散しても分散投資にならないケースがあります。

        IS6FXだけでなく株式や投資信託に投資をしていれば、IS6FXだけで投資するより分散投資が可能です。投資の基本は長期分散投資になります。できるだけ様々な資産に投資することによって長期で見れば安定的に利益が狙えるのです。

        投資の大原則である分散投資の実現が株式投資や投資信託と組み合わせることによってできるのはIS6FXのトレーダーにとって大きなメリットになるでしょう。

        安定収入であるインカムゲインが増える

        IS6FXの最大のメリットは、最大1000倍を超える高いレバレッジを使ったキャピタルゲインです。

        うまく為替の予測が当たれば短期間で莫大な利益を上げることもできるでしょう。しかし、いつも大きなキャピタルゲインが狙えるとは限りません。

        収入を安定させるためには、スワップポイントや配当金などのインカムゲインが重要になります。

        株式投資の場合は、先ほど説明した通り、配当金のほかに株主優待もありますし、投資信託の場合は分配金が受け取れるファンドもあるので、IS6FXだけで運用するより多くのインカムゲインを受け取れるようになるでしょう。

        特に、投資で生計を立てている方については、安定的に入ってくる収入が非常に重要になります。

        インカムゲインの収入源を増やせるのは、IS6FXに株式投資や投資信託を組み合わせる大きなメリットといえるのではないでしょうか。

        IS6FXに集中できる

        IS6FXは最大1000倍のレバレッジが使えるので短期間で大きな利益が狙えますが、その分集中して取引しなければなりません。

        もちろんIS6FXだけの運用でも十分集中できる人はいらっしゃると思いますが、株式投資や投資信託を組み合わせることによって安定的な収入源を作ることができます。

        安定的な収入源を持つことによってよりIS6FXのトレードに集中できるという方は多いのではないでしょうか。

        つまり、株式投資や投資信託を組み合わせることによってIS6FXで大きな利益を上げられる可能性が高まるということです。IS6FXへのトレードに集中できるのは大きなメリットといえるでしょう。

        IS6FXはすべての金融商品と相性が良い!

        IS6FXは、株式投資や投資信託だけではなくすべての金融商品と相性が良いです。仮想通貨とも相性が良いですし、不動産投資とも相性が良い万能の金融商品になります。

        しかし、やはり、インカムゲインのある金融商品との相性は抜群に良いです。理由は先ほどから説明している通り、インカムゲインの収入源を増やすことによって収入を安定させることができるからです。

        収入を安定させることによってよりIS6FXのトレードに集中できるようになりますので、IS6FXで運用する際は相性の良い金融商品と組み合わせるのをおすすめします。

        まとめ

        今回はIS6FXと相性の良い、株式投資や投資信託について説明をしました。また、なぜIS6FXと相性が良いかの理由についても説明しましたが、ご理解いただけたでしょうか。

        海外FX業者の中でもIS6FXは自信を持っておすすめできる業者です。現に、IS6FXで莫大な利益を上げた投資家は決して少なくありません。

        しかし、株式投資や投資信託と組み合わせることによってよりIS6FXで大きな利益を出せる可能性が高まるのです。ぜひ今回の記事を参考にしていただきIS6FXと株式投資や投資信託を組み合わせて運用してみてはいかがでしょうか。

        おすすめの記事