トルコリラ円での運用ができる!fxbeyondとは

トルコリラは、高金利通貨としてFXで非常に人気のある通貨の1つです。

トルコリラの高いスワップポイントを利用して長期トレードしたい方も多いでしょう。しかし、トルコリラのスワップポイント狙いのトレードには様々な注意点があります。

 

また、そもそもスワップポイントについてやスワップポイントの決まり方について知らない方もいらっしゃると思います、そこで、今回は、トルコリラのスワップポイントの推移やトルコリラのスワップポイント狙いの投資のポイントについて説明をします。

また、トルコリラのトレードを行うのにおすすめの海外FX業者であるfxbeyondも紹介しますので、実際にトレードを行う際の参考にしてください。

 

【トルコリラ】スワップポイントの推移

まずは、トルコリラのここ最近のスワップポイントの推移について説明します。

<トルコリラの政策金利の推移>

出典:https://www.gaitame.com/markets/seisakukinri/turkey.html

2020年3月に起きたコロナショックの影響で4月から6月のスワップポイントは大幅に下落していますが、7月には回復をしています。8月・11月・12月にそれぞれトルコは政策金利を上げたこともあり、スワップポイントも上昇傾向にありました。しかし、2021年1月にトルコリラのスワップポイントは急落しています。

 

政策金利は据え置きの予想で実際も17%で据え置きでしたが、過去2ヶ月連続で政策金利を上げた影響もあり下落したと推測されます。その後は、高い政策金利が見直されたのかスワップポイントは上昇傾向になりましたが最近また政策金利を下げました。

 

たしかに米ドルやポンドなどの先進国通貨に比べると、トルコリラのスワップポイントは高いですが、2019年のスワップポイントと比べると2020年は大幅に下落しました。

トルコの政策金利は乱高下を繰り返していますが10%台後半の高い金利を維持しています。それにもかかわらずスワップポイントが低くなっているのは、やはり世界的なコロナの影響なのでしょうか?

では、そもそもスワップポイントはどのように決まるのでしょうか?

スワップポイントはどうやって決まる?

この章では、そもそもスワップポイントはどうやって決まるのかについて説明をします。またスワップポイントが変動する要因についても説明しますのでぜひ参考にしてください。

スワップポイントはどうやって決まる?

スワップポイントとは、2つの通貨の間の金利差調整分のことです。金利差調整分といわれてもいまいちピンとこない方も多いでしょう。要はスワップポイントは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えばもらえる金利のことです。なぜ、金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買えば金利がもらえるのでしょうか?

 

スワップポイントの仕組みを理解するにはまずは為替取引について理解する必要があります。

他国の通貨に換えるために為替レートが存在するのはわかりますよね?例えば、日本円からトルコリラに換えるには、日本円/トルコリラの為替レートを使います。

1トルコリラ=8円の場合、日本円から10トルコリラに換えたい場合、8円×10=80円が必要です。つまり、80円あれば10トルコリラに換えることができます。

 

「何を当たり前のことを…」と思っている方もいらっしゃると思いますが、円から外貨に換える時、皆さん金利について意識したことはあるでしょうか?

円から外貨に換える時、為替レートについてはほとんどの方が意識すると思います。しかし、金利を意識している人は少ないのではないでしょうか?どういうことかというと、円から外貨に換えるなど他国通貨に換える際は、金利も交換しなければいけないのです。

 

通貨によって金利が違うので、金利についても交換しなければ平等とはいえないですよね?通貨ごとに金利が違うので金利を調整しなければいけません。これを金利差調整分と呼ぶのです。この他国通貨に換える際に発生する金利差があるからこそスワップポイントがもらえるのです。

 

例えば、日本円の金利が0%でトルコリラの金利が10%の場合、日本円を売ってトルコリラを買えば10% − 0% = 10%の金利をもらうことができるということになります。

 

しかし、逆に、トルコリラから日本円に換える場合、0% − 10% = − 10%の金利を支払わなければなりません。このように、金利が低い通貨から高い通貨に換える場合はスワップポイントをもらうことができますが、逆に金利が高い通貨から金利が低い通貨に換える場合はスワップポイントを逆に取られることになります。

基本的に、スワップポイントは2カ国間の政策金利の差によって決まりますが、一方の通貨において価格が不安定な状況となった場合には金利差が反映されない場合がありますので注意してください。

FX会社によってスワップポイントが違う理由

しかし、「なぜ、FX会社によってスワップポイントにばらつきがあるのか」という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

FX会社によってスワップポイントが違うのは、FX会社が手数料としてとっているからです。

 

当然、手数料が安い会社のスワップポイントは高いですし、手数料を多くとっている会社のスワップポイントは低くなります。

通貨によって、FX会社のスワップポイントはかなり大きく異なりますので、スワップポイント狙いのトレードを行うのであれば、できるだけスワップポイントが高いFX会社を選ぶようにしましょう。

スワップポイントは変動する

スワップポイントは、基本的には政策金利によって決まりますが、政策金利の変動がなくても、スワップポイントは変動することがあります。スワップポイントは為替レートや市場金利の動向などによっても変動するのです。

スワップポイントは政策金利だけでなくさまざまな要因で変わることは覚えておきましょう。

【トルコリラ】スワップポイント見通し

結論からお話しすると、トルコリラの政策金利は一進一退の状況が続くでしょう。

2021年4月にトルコのエルドアン大統領が国内の物価上昇率を1桁台に下げることに注力すると述べ、政策金利も10%を下回る水準まで下げることを目指す姿勢を示しました。

 

エルドアン大統領は2014年の就任以来金利の引き下げを主張していますが、実際はそのようになっていません。

なぜなら、トルコ中央銀行は、恒久的なインフレ低下と物価安定が確実になるまで、断固として金融引き締めスタンスを維持するスタンスを取っており必要となれば追加利上げの可能性も常に示唆しているからです。

 

本来であれば、中央銀行は政府から独立した機関にあるため、大統領の意向が及ぶことは一般的にはありません。

しかし、エルドアン大統領は、あらゆる権力を集中させ独裁体制を確固としたものにしているため、中央銀行にも度重なる圧力をかけてきました。

 

トルコ中央銀行が、エルドアン大統領の圧力に負けなければ利上げの可能性もありますが、もし圧力に負けてしまうと急激に金利が低下する可能性もあります。

このような状況はしばらく続くとみられるためトルコリラの政策金利は一進一退の状況が続くでしょう。

【トルコリラ】スワップを狙った投資のポイント

トルコリラは、数ある通貨の中でも、高金利通貨として有名です。トルコリラを使ってスワップポイントを狙った長期投資を行いたい方も多いでしょう。

 

しかし、トルコリラでスワップポイント狙いの投資を行うにはいくつかの注意点があります。トルコリラでのスワップポイント狙いの投資を行う注意点はたくさんありますが、主な注意点は4つです。

トルコリラでのスワップポイント狙いの投資を行う注意点
  • レバレッジをかけすぎない
  • 証拠金維持率にはかなりの余裕を持たせる
  • トルコリラは今後も下がり続ける可能性がある
  • 分散投資を行う

それぞれの注意点について説明します。

    レバレッジをかけすぎない

    高いレバレッジをかければかけるほど1回あたりにもらえるスワップポイントは大きくなるので、多くの人は高いレバレッジをかけてトルコリラのスワップポイント狙いの投資を行いたいと思うでしょう。

    しかし、トルコリラの長期投資を行うのであれば高いレバレッジは絶対にかけないでください。なぜならトルコリラは先進国通貨と違い、何の前触れもなく急激に下落することが多々あるからです。

     

    2018年の7月から8月にかけて起こったトルコリラショックは記憶に新しいですし、最近の2021年3月22日には、一瞬でトルコリラは対ドルで15%前後下落しました。

    このように、トルコリラは急激に下落することがありますので、高いレバレッジをかけているとあっという間に大きな含み損を負うことになってしまいます。

     

    トルコリラのスワップポイントが高いといっても、為替の急落に比べれば微々たるものです。積み重ねてきたスワップポイントなど為替が急落すればあっという間にマイナスになってしまうので、高いレバレッジをかけるのは絶対にやめましょう。

    もしレバレッジをかけて長期投資を行うのであれば2倍から3倍程度の低いレバレッジで行うようにしてください。

    証拠金維持率にはかなりの余裕を持たせる

    先ほど説明した通り、トルコリラは急落することがありますので、証拠金維持率にはかなりの余裕を持たせるようにしてください。

    先進国通貨である米ドルやユーロであれば証拠金維持率200%から300%もあれば十分ですが、トルコリラで長期投資を行うのであれば1000%以上の証拠金維持率がおすすめです。高い証拠金維持率で長期投資を行えば、仮にトルコリラが急落してもロスカットに引っかからずに済みます。

     

    朝起きて、ロスカットになって全てを失うということもトルコリラに関しては十分あり得ますので、証拠金維持率はかなり高い水準で維持するようにしてください。

    トルコリラは今後も下がり続ける可能性がある

    トルコリラの長期チャートを見てください。

    出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/data/try.html

    このチャートを見るとトルコリラは長年下落傾向にあることがわかると思います。

    これだけ下がっているので今後反転する可能性は十分ありますが、今後もさらに下落傾向が続く可能性は、残念ながら高いといえるでしょう。

     

    いつ反転するかは誰にもわかりませんので、もしトルコリラで長期投資をするのであれば、利益を得るためには長い時間かかることは覚悟しておくことが必要でしょう。

    分散投資を行う

    トルコリラで長期投資を行う際は、他の通貨でも投資をするようにしましょう。なぜなら、先ほど述べたようにトルコリラの長期投資で大きな利益を得るためには相当の時間がかかる可能性があるからです。

     

    その長い時間を与えることができれば良いですが、なかなか精神的に辛いものがあるでしょう。

    他の通貨でも投資を行っていれば、そちらの方で利益を取れる可能性がありますので、トルコリラで長期投資を行う際は他の通貨でもトレードをするようにして下さいね。

    fxbeyondはトルコリラ円の取引におすすめ

     

    FX Beyondは、2021年3月に日本でサービスを開始した新しい海外FX業者です。

    スタンダード口座

    (STP)

    ゼロスプレッド口座

    (STP)

    プロ口座

    (STP/ECN)

    最低入金額 5001円 5001円 5001円
    最大レバレッジ 1111倍 500倍 100倍
    ゼロカットシステム
    ボーナスやキャンペーン 口座開設ボーナス

    (2万円)

    × ×
    マージンコール 100% 100% 100%
    ロスカットレベル(強制ロスカット水準) 50% 50% 50%
    ストップレベル 4.0pips 4.0pips 4.0pips
    ロット単位 100,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
    最小取引量 1,000通貨

    (0.01ロット)

    1,000通貨

    (0.01ロット)

    10,000通貨

    (0.01ロット)

    最大取引量 5000ロット 5000ロット 5000ロット
    取引手数料 無料 無料 無料
    取引方式(DD方式とNDD方式) NDD方式 NDD方式 NDD方式
    スプレッド

    (ドル円)

    1.5 pips 0.1Ppips 0Ppips
    取引ツール(取引プラットフォーム)
    取引銘柄 29種類 29種類 29種類

    FXBeyondの特徴を見ていきましょう。

    FXBeyondの特徴

    FXBeyondには様々なメリットがありますが、主なメリットは5つです。

    FXBeyondの特徴
    • 最大レバレッジ
    • 金融ライセンスを取得している&会社情報をしっかり公開している
    • 機能性の高いトレード分析ができる
    • 入出金の対応
    • スプレッドが狭い

    FXBeyondの特徴について説明します。

      最大レバレッジ

      FXBeyondの最大レバレッジは、スタンダードロ座が1111倍、ゼロスプレッドロ座が500倍、プロ口座が100倍です。

      海外FX業者は国内FX業者に比べ高いレバレッジがかけられます。その中でも、FXBeyondの最大レバレッジはかなり高いです。

      高いレバレッジが使えるのは、FXBeyondの大きなメリットといえるでしょう。

      金融ライセンスを取得している&会社情報をしっかり公開している

      海外FX業者の中には残念ながら、約定拒否を起こしたり最悪の場合、出金ができない業者もあります。

      レバレッジやゼロカットシステムなどの基本的なスペックはもちろん重要ですが、安全性や信頼性も非常に重要です。

       

      海外FX業者の安全性を調べるのに重要なのは、金融ライセンスを取得しているかどうかと会社情報をしっかり公開しているかどうかになります。FXBeyondはパナマ共和国の金融ライセンス取得しておりホームページでもしっかり記載しています。

       

      パナマの金融ライセンスは、正直簡単に取れる金融ライセンスになりますので、そんなに信頼性が高いものではありません。しかし金融ライセンスを取得しているのは一定の信頼感につながるはずです。

       

      また、FXBeyondは、会社情報をしっかり公開しています運営会社や金融ライセンス電話番号や住所などもしっかり公開していますので安心でしょう。

      ホームページに載っている会社情報をまとめましたので参考にしてください。

      運営会社 Beyond Systems Inc 登録番号:155699908 所在地:Azuero Business Center Suite 918, Avenida Perez Chitre Panama, 0395 Republic of Panama
      関連会社 Beyond Solutions Ltd 登録番号:224756 所在地:102 Aarti Chambers, Mont Fleuri, Victoria, Mahe, Seychelles
      ベトナムオフィス 所在地:The Golden Palm Building, 21 Le Van Luong Street, Thanh Xuan Ward, Hanoi, Vietnam, 100000
      金融ライセンス AVISO LICENCE: 15569908-2-2020-2020-4294967296
      電話番号 (+507) 202-7930 (日本からは010をつけて)

      機能性の高いトレード分析ができる

      FXBeyondはトレードツールの機能性が非常に高いです。FXBeyondのトレードツールで主にできることをまとめておきました。

      • アカウントの残高の推移
      • 通貨ペア別の勝率
      • 勝ち負けの比率
      • 利益額比率・損失額比率
      • 獲得したPipsの数
      • 平均利益/損失
      • トレードP&Lの売買
      • 位置保有時間
      • トランザクションの数(買いと売り)

      アカウント別の残高の推移は、期間を「日、週、月、年、カスタム」と設定できます。

       

      利益額・損失額比率では、設定した期間中に取引した通貨ペアの利益が全体の何%を占めているか、損失が全体の何%を占めているのかを確認が可能です。

      このように、FXBeyondでは他の海外FX業者にはない様々な分析を行うことが可能です。

      入出金の対応

      海外FXの業者を選ぶ際、入出金がしっかりできるかどうかも非常に重要です。国内FXの場合は入出金に問題がある業者が基本的にありません。

      かし、先ほど少し説明した通り海外FXの中には出金を拒否する業者も残念ながらあるのです。入出金をしっかり対応してくれるかどうかしっかり確認する必要があります。

       

      その点、FXBeyondは、多様な入出金方法を用意していますし手数料、着金のスピードも非常に優秀です。FXBeyondの入出金方法についてまとめておきましたので参考にしてください。

      <入金方法>

      最低入金額 最高入金額 手数料 反映時間
      クレジットカード(VISA・Mastercard) 5,001円 無料※ただし2万円以下の場合、

      1000円の手数料がかかる

      即時~2営業日
      銀行振込 5,001円 1000万円 無料※ただし2万円以下の場合、

      1000円の手数料がかかる

      即時~2営業日
      STICPAY 1万円 1000万円 無料※ただし2万円以下の場合、

      1000円の手数料がかかる

      即時~2営業日
      BitGo 5,001円 1000万円 無料※ただし2万円以下の場合、

      1000円の手数料がかかる

      即時~2営業日
      Perfect Money 1万円 1000万円 無料※ただし2万円以下の場合、

      1000円の手数料がかかる

      即時~2営業日

      <出金方法>

      最低入金額 最高入金額 手数料 反映時間
      銀行振込 5000円 1000万円 無料※ただし出金額が200,000円以下の場合、

      手数料が1500円かかる

      3~5営業日
      STICPAY 1万円 1000万円 無料※ただし出金額が200,000円以下の場合、

      手数料が1500円かかる

      即時~2営業日
      BitGo 5000円 1000万円 無料※ただし出金額が200,000円以下の場合、

      手数料が1500円かかる

      即時~2営業日
      Perfect Money 1万円 1000万円 無料※ただし出金額が200,000円以下の場合、

      手数料が1500円かかる

      即時~2営業日

      スプレッドが狭い

      FXBeyondのスプレッドは非常に優秀です。スタンダード口座とゼロスプレッド口座のスプレッドを主要FX業者と比較してみましたので参考にしてください。

      <スタンダード口座>

      FX業者名 USD/JPY EUR/USD GBP/USD EUR/JPY
      FXBeyond 1.5 1.5 1.5 1.5
      XM 1.6 1.6 2.3 2.6
      FBS 2 1.1 0.9 3
      GEMFOREX 1.6 1.6 2.2 1.7
      IS6FX 1.6 1.5 2.4 2.3
      HOTFOREX 1.7 1.2 1.8 1.7

      <ゼロスプレッド口座>

      FX業者名 USD/JPY EUR/USD GBP/USD EUR/JPY
      FXBeyond 0.1 0.1 0.1 0.1
      XM 1.1 1.1 1.4 1.6
      FBS 0.9 0.6 1.1 1.1
      GEMFOREX 0.3 0.3 1.3 0.5
      IS6FX
      HOTFOREX 0.8 0.7 0.9 1.4

      スプレッド狭いのもFXBeyondの大きなメリットです。

      FXBeyondのトルコリラ円はおすすめ!

      海外FX業者はトルコリラドルの取引ができる業者はあっても、トルコリラ円の取引ができる業者は非常に少ないです。そんな中、FXBeyondでは、トルコリラ円の取引ができます。

      スプレッド
      • スタンダード口座…1.5
      • ゼロスプレッド口座…0.1
        スワップポイント
        • スタンダード口座・ゼロスプレッド口座…買い:0.851266 売り:-3.277114

          上記の通りトルコリラ円の条件は比較的良いといえます。高金利通貨であるトルコリラ円で取引したいのであれば、FXBeyondは間違いなくおすすめできる業者です。

           

          トルコリラにおすすめの国内FX会社

          この章では、トルコリラにおすすめのFX会社を2社紹介します。

          トルコリラのおすすめの国内FX会社
          • ヒロセ通商
          • GMOクリック証券

            トルコリラで投資する際の参考にしていただければ幸いです。

            ヒロセ通商

            ヒロセ通商の2022年4月26日時点でのトルコリラのスワップポイントは23円です。

            主要FX会社のトルコリラのスワップポイントをまとめました。

            FX会社 トルコリラ/円 米ドル/円
            GMOクリック証券 売:−22
            買:19
            売:−12
            買:9
            LIGHT FX 売:−33
            買:23
            売:−8
            買:5
            ヒロセ通商(LION FX) 売:−53
            買:23
            売:−8.3
            買:0.2
            LINE FX 売:−29
            買:22
            売:−7
            買:4
            トライオートFX 売:−53
            買:28
            売:−32
            買:9
            MATSUI FX 売:−34
            買:24
            売:−44
            買:4
            外為どっとコム 売:−48
            買:23
            売:−31
            買:6
            SBI FXトレード 売:−41
            買:21
            売:−10
            買:6
            セントラル短資FX 売:−35
            買:5
            売:−82
            買:4
            みんなのFX 売:−33
            買:23
            売:−8
            買:5
            楽天FX 売:−40
            買:10
            売:−10
            買:4

            ヒロセ通商のトルコリラのスワップポイントはかなり高い水準であることがわかりますね。

             

            またヒロセ通商は、スワップポイントが高いだけでなく1000通貨単位から取引することができるFX会社です。

            通常、FXは1万通貨単位で取引する会社が多いので、少額から取引することができることヒロセ通商の大きなメリットでしょう。ヒロセ通商は、キャンペーンも非常に豪華なので、楽しみながらトレードすることができる要素かもしれませんね。

            GMOクリック証券

            GMOクリック証券の2022年4月26日のトルコリラのスワップポイントは、19円です。

             

            GMOクリック証券は、国内第2位の口座数を誇る、FXトレーダーにとても人気のある証券会社です。GMOクリック証券が人気の理由は様々ありますが、スプレッドの狭さやトレードツールが使いやすいことなどがあげられます。

            トルコリラのスワップポイントもまぁまぁ高いので、トルコリラ投資にはおすすめのFX会社といえるでしょう。

            まとめ

            トルコリラのスワップポイントの推移を見ると、最近は上昇傾向にありますが、過去のスワップポイントから見るとまだまだ低い水準です。スワップポイントは基本政策金利で決まりますが、市場動向によっても左右されます。

             

            今後のトルコリラのスワップポイントは、一進一退の状況が続くでしょう。トルコ中央銀行は政策金利を上げることにためらいはありませんが、独裁政権であるエルドアン大統領は政策金利の引き下げを一貫して主張しているからです。トルコ中央銀行がエルドアン大統領の圧力に耐えられるかが今後のトルコリラの政策金利を占う大きなポイントになるでしょう。

             

            トルコリラのスワップポイント狙いのトレードの注意点はたくさんありますが、最も大切なことは資金管理をしっかりすることです。

            今回はトルコリラのスワップポイントにフォーカスしました。トルコリラのスワップポイントは他通貨対比高いことに間違いはありませんが、トルコリラのスワップポイント狙いの投資を行う際は資金管理をしっかり行い長期戦になることを覚悟して行いましょう。

             

            また、FXBeyondは数ある海外FX業者の中でも数少ない「トルコリラ円」で取引できる海外FX業者です。ぜひ今回の記事を参考にFXBeyondでトルコリラ円の取引をしてみましょう。

            おすすめの記事