FBSでは出金拒否はない?FBS利用者が気になる真相をチェック!

FBSは海外FX業者の特徴である高いレバレッジや豪華なボーナスが人気となっているFX業者です。
しかし、FBSをこれから利用しようと考えている方は、「本当に出金できるのか」と不安に感じている方もいるでしょう。

海外FX業者の中には出金ができないというトラブルを抱えているFX業者もあるため、どれだけ条件がよくても出金できないというリスクを考える方は多くいるようです。
そこで今回は、実際にFBSを使っている方の口コミから、本当にFBSは安心して出金することができるFX業者なのかをチェックしていきましょう。

 

FBSの出金に関する口コミ

ではここからは、FBSの出金に関する口コミについて見ていきましょう。
FBSを実際に利用している方の中には、よい口コミを上げている方もいますが、ネガティブな意見を発している方もいます。
どちらもチェックして、安心して利用することができるかチェックしておくことをおすすめします。

 

FBSの出金に関するよい口コミ

ではここからは、まずはFBSの出金に関するよい口コミについてご紹介していきます。

出金拒否はないという声が多くある

FBSを実際に利用している方の声を見てみると、出金拒否はないという意見が多数ありました。
決済ができないというケースでも、しっかりとサポートしてくれるため、安心して利用できると感じている方も多くいるようです。

このことから、心配せずにFBSを使ってもいいと言えるでしょう。

 

FBSの出金に関する悪い口コミ

ではここからは、FBSの出金に関する悪い口コミについて見ていきましょう。

 

出金拒否をされたという声もある

FBSを利用している方の中には、出金拒否をされたことがあるという声もありました。
何かしらの問題があった場合には、出金拒否という対応をされてしまう可能性もあるようです。

問題が解決したら返金される

FBSでは、何かしらの問題があった場合には出金拒否という対応を行うことがあるようです。
しかし、問題が解決したらきちんと資産は返金されることもあるようです。

ユーザーが原因で出金拒否にあってしまうことはあるようなので、注意して取引を行う必要があると言えるでしょう。

 

 

出金拒否をされてしまうケース

FBSでは、何かしらの問題があった場合には出金拒否という措置がとられることもあるようです。
では、どのような場合にスムーズに出金できないというケースが起こるのでしょうか?
その理由について具体的にみていきましょう。

規約違反をしている場合

FBSで出金拒否をされる1番の原因は、規約違反です。
FBSは取引をする上でいくつかのことを禁止しており、そのような取引を行ってしまった場合には悪質だとみなされて出金拒否という措置がとられる場合もあります。

自分に悪意がなくてもこのような対処をされてしまう可能性があるので、注意しておきましょう。
ではここからは、規約違反しやすい内容について具体的にご紹介していきます。
ぜひ参考にして、取引を進めるようにしましょう。

 

極端なスキャルピング

スキャルピングとは、短時間で決済を行う取引方法です。
FBSはスキャルピングの取引に関しては許可していますが、あまりにも極端な取引に関しては利用規約で禁止しています。

その理由は、FBSの3000倍というレバレッジが要因だと言われています。
このように高いレバレッジを使ってスキャルピングの取引を行えば、大きな利益を出しやすくなりますが、その分FBS側が損失を被る可能性も十分にあります。

そのことを懸念して、極度なスキャルピング取引は禁止しているのです。
ただ、FBSの利用規約にもどの程度の取引がダメなのかという明確な定めはないので、スキャルピングの取引を行う際には注意しておいた方がよいでしょう。

 

ゼロカットシステムの悪用

FBSでは、ゼロカットシステムが採用されています。
ゼロカットシステムとは、ロスカットになってしまった場合に口座残高のマイナス分をFX業者が補填してくれるというものです。
このようなシステムがあるため、FBSで取引を行っていても口座残高以上の損失を被る心配はありません。

しかし、このゼロカットシステムを悪用した取引は利用規約で禁止されています。
特にFBSの場合は高いレバレッジを活用することができるため、ゼロカットシステムを前提としたローリスクハイリターンとなっている取引を行うこともできます。
ただ、このような取引はFX業者に対して悪意を持って損失を被らせているととられてしまうため、出金拒否になってしまう可能性が十分にあると言われています。

ゼロカットシステムは万が一の時の救済措置として考えておき、ロスカットを前提とした取引は行わないようにしましょう。

 

複数口座での両建て取引

FBSでは、同一の口座内での両建て取引はできるFX業者となっています。
しかし、複数の口座での両建て取引は利用規約違反となります。

自分が持っている他の口座との両建てや、他の方との両建て取引、他社の口座を活用した両建て取引等はすべて禁止されているため、やらないように注意しておきましょう。

 

口座凍結されている場合

FBSは十分に条件の揃った海外FX業者となっていますが、他社に比べて口座凍結される条件が厳しくなっていると言われています。
FBSでは、口座開設後に取引をしていたとしても、最後の取引を行ってから90日以上たってしまうと、口座が凍結されてしまうのです。

口座が凍結してしまうと、資金を引き出すことができないので、出金拒否をされたと感じてしまう方もいるようです。
しかし、口座を復活させれば資金を出金させることができるため、口座復活の手続きを行うようにしましょう。

 

ボーナス関連

FBSでは、さまざまなボーナスが用意されています。
しかし、ボーナスを受け取るためには条件が設定されているケースもあります。

特に話題となっていたのは、「100ドルボーナス」です。
100ドルボーナスとは、口座開設時に100ドルのボーナスが付与されるというものです。

しかし、このボーナスを使って出した利益を出金する際には、条件が設定されています。

100ドルボーナスを出金する条件
・1回0.01ロットでしか取引ができない
・5ロット以上の取引が必要
・有効期間は最大50日間
・出金できる利益は最大100ドル
この条件を満たしていない状態で出金をしようとしても出金することができないので、それを出金拒否だと勘違いしてしまうユーザーも多くいるようです。
ボーナスを利用して取引を行う場合には、条件面もしっかりと確認してから取引を始めるようにしましょう。

出金拒否だと勘違いしやすい状況

FBSでは、取引に何かしらの問題がない場合には、出金拒否をすることはありません。
しかし、ユーザーが出金拒否だと勘違いしてしまうケースも多くあるようです。
では、その理由はどのようなものでしょうか?
具体的にご紹介していきます。

入金方法と出金方法の違い

FBSでは、入金方法と出金方法は同じにしなければいけないという規約があります。
これはマネーロンダリングを防ぐために設定されていると言われています。
特に問題として挙げられるのが、クレジットカードで入金したケースです。
クレジットカードで入金した金額と同等の金額は、クレジットカードで出金する必要があります。
しかし、入金した金額以上の利益が出た場合に、すべてを銀行振込で出金しようとしてしまうことがあるようです。
出金には「クレジットカード→オンラインウォレット→銀行振込」という順番で優先順位を決める必要があるため、正しく金額を理解して出金の手続きを行う必要があると言われています。

クレジットカードの着金時間

FBSでは、出金方法によって着金のスピードが異なると言われています。
特にクレジットカードの場合、クレジット会社によって着金までのスピードが異なります。
実際に10日~数か月ほどかかるケースもあるため、出金拒否をされたと勘違いする方もいるようです。
クレジットカードを利用する際には、事前にクレジット会社に時間を確認しておいた方がよいでしょう。
また、Bitwalletを使えば24時間以内に手続きが完了し、即時着金する仕様となっているので、すぐに出金したいと思っている方はBitwalletを利用することをおすすめします。
出金方法 手続き時間 着金までの時間
クレジットカード 24時間以内 クレジット会社によって異なる
Bitwallet 24時間以内 即時
PerfectMoney 24時間以内 15~20分
銀行振込 24時間以内 15~20分

出金拒否されたと思った時の対処方法

FBSでは悪質な出金拒否はありませんが、出金拒否をされたと感じることはあるでしょう。
そのような場合にはどのように対処したらよいのでしょうか?
ではここからは、具体的な対処方法についてご紹介していきます。

規約をチェックする

本当に出金拒否をされているとすれば、規約違反を行っている可能性もあります。
そのため、FBSの規約をチェックして、自分が規約違反をしていないか確認しておいた方がよいでしょう。
健全な取引を行っていれば規約違反になる可能性はないので、注意しておく必要があります。

FBSのサポートに確認する

FBSから出金拒否をされた要因が分からない場合には、サポートに問い合わせてみましょう。
本当に何も問題がなければ、サポートと話をして出金されるケースも多くあるようです。
もしも規約を破ってしまっている場合にはどうしようもありませんが、それ以外のケースは要因を教えてもらえるでしょう。

その他の機関に連絡する

出金拒否の原因がすべてFBSにあるわけではありません。
特には利用しているクレジットカードやBitwalletが出金拒否を行っているというケースもあります。
もしもFBSに相談しても要因が分からない場合には、他の機関に連絡して用件を伝えてみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?FBSは真っ当な取引を行っていれば、出金拒否をすることはありません。
しかし、ユーザーが悪質な取引を行ってしまった場合には、出金拒否という措置を行うこともあるようです。
そのため、取引をする際には注意しておいた方がよいでしょう。
実際にFBSを使っているユーザーの中では、安心して出金できるという声が多数あるため、心配せずに利用することができるFX業者だと言えます。
高いレバレッジや豪華なボーナスも用意されているため、より利益の出しやすい場所だと考えることができます。
安心して使えるFX業者を探している方は、この機会にFBSを使ってみてはいかがでしょうか?
おすすめの記事