FBSの入出金方法|FBSを利用するならどの方法を選んだらいい?

FBSは魅力の多いFX業者です。
そのため、利用してみたいと思う方は多くいるのではないでしょうか?

しかし、FBSにはさまざまな入出金方法があるため、利用する前にどの方法がよいか判断しておきたいという方もいるようです。
そこで今回は、FBSの入出金方法について具体的に見ていきましょう。

 

FBSの入金方法

ではまずは、FBSの入金方法を見ていきます。
まずはよく使われている入金方法について確認しましょう。

 

入金方法 入金にかかる時間 入金手数料
国内銀行振込 15〜20分(最大48時間) 2%
Bitwallet Bitwallet側手数料が発生 即時
クレジットカード(JCB) 無料 即時
STICPAY 2,5% + $0,3 即時
PerfectMoney ベンダー側手数料が発生 即時
Webmoney 2% 15〜20分(最大3 時間)

FBSでは、仮想通貨での入金方法も多数あるので、そちらも見ていきましょう。

 

入金方法 入金にかかる時間 入金手数料
USDT(ERC20) ネットワーク手数料 15〜20分(最大24時間)
USDT(TRC20) ネットワーク手数料 15〜20分(最大24時間)
Bitcoin 2% 15〜20分(最大48時間)
Bitcoin Cash ネットワーク手数料 15〜20分(最大24時間)
Litecoin ネットワーク手数料 15〜20分(最大24時間)
Ethereum ネットワーク手数料 15〜20分(最大24時間)

 

FBSの入金方法のメリット・デメリット

ではここからは、それぞれの入金方法のメリット・デメリットについて具体的に見ていきましょう。

国内銀行送金での入金

国内銀行送金とは、私たちが普段から使っている銀行から送金する方法です。
普段から使っている方法で簡単に送金することができるので、より扱いやすいと言う方も多くいるようです。

元々、FBSでは銀行送金に対応していなかったのですが、近年銀行送金を行い始めたことによって高い評価を得ています。

 

出金する時が楽

出金の際にはさまざまなルールが用意されており、そのルールに従って出金申請を行わなければ損失を出してしまうことがあります。
しかし、そのルールの中では「国内銀行送金」は最も下になっているため、銀行送金で入金を行えば利益も含め、全額をすぐに出金することができます。

そのため、出金のことも考えて国内銀行送金を選ぶ方は多くいるようです。

 

入金に時間がかかるケースもある

FBSの銀行送金の場合、15~20分ほど時間がかかるようになっています。
しかし、長いと48時間程度かかるため、急な送金には向かないと言われています。

ロスカット間近な時等には、他の方法を選択して入金した方がよいでしょう。

 

手数料がかかる

FBSで入金する場合には、入金額の2%ほどの手数料がかかってきます。
例えば、100万円を入金した時には2万円を手数料として支払わなければいけません。

この手数料分がもったいないと感じる方は、手数料のかからない方法を選んだ方がよいでしょう。

クレジットカードでの入金

FBSでは、クレジットカードでの入金でも可能となっています。
クレジットカードであれば、手軽に取引を始めることができるので、魅力的だと言われています。

すぐに取引ができる

クレジットカード入金の1番のメリットは、送金にかかる時間が早いという点です。
クレジットカードの場合、着金までの速度が即時となっているので、より早く入金の確認をすることができます。

FXの取引では、すぐに着金する必要があるタイミングもあるので、そのような場合には便利に使うことができるでしょう。

 

JCBしか使えない

FBSではクレジットカードでの入金が可能となっていますが、使用できるカードはJCBのみとなっています。
JCB以外のカードを使っている方も多くいると思いますので、この点をデメリットと感じる方は多数いるようです。

他のカードでは入金することができないので、注意しておきましょう。

 

手数料が無料

通常、クレジットカードでの入金には手数料がかかりますが、FBSではその手数料を業者側が負担してくれます。
そのため、トレーダーは無料で入金することができるのです。

この点はクレジットカードの大きなメリットと言えるでしょう。

 

Bitwalletでの入金

Bitwalletとは、多くの海外FX業者が採用しているオンラインウォレットのことを指します。
FBSはもちろん、他のFX業者を使っている方もBitwalletでの入出金を行う方は多くいるようです。

入金速度が早い

Bitwalletの入金速度は、即時となっています。
そのため、より早く入金することができると考えられています。

その上、Bitwalletへの入金は銀行送金でも可能となっています。
普段から定期的に資金を入れておけば、銀行振込という方法を使いつつ、より速いスピードでFBSに入金することができるでしょう。

 

手数料が発生する

Bitwalletで入金する場合、824円の手数料が発生します。
そのため、その料金が負担に感じるという方もいるようです。

しかし、銀行振込の場合は2%という資金がかかるのに対して、Bitwalletは常に一定の手数料となっているので、大きな金額を振り込む場合にはその負担をかなり軽くすることができるでしょう。
この点はBitwalletでの入金のメリットと言えます。

 

仮想通貨での入金

FBSでは、仮想通貨での入金も可能となっています。
そのため、仮想通貨の取引をしている方の中には、便利だと感じる方もいるようです。

 

入金する方法が豊富

FX業者の中には、仮想通貨での入金に対応しているところも増えてきています。
しかし、豊富な種類が用意されているところはほとんどありません。

それに対して、FBSは6つもの入金方法があるため、自由に選択することができます。
このような自由度がFBSが便利と言われる理由でしょう。

 

手数料がかかる

FBSで仮想通貨を使って入金する場合には、ネットワーク手数料がかかります。
そのため、負担を感じている方もいるでしょう。

ただ、仮想通貨はボラティリティが高いので、そのタイミングを見計らえばよりお得に入金することができます。

FBSの出金方法

ではここからは、FBSの出金方法についてご紹介していきます。

入金方法 入金にかかる時間 入金手数料
Bitwallet 即時 1ユーロ
クレジットカード(JCB) 5~7営業日 1ユーロ
STICPAY 即時 2,5% + $0,3
PerfectMoney 即時 0.5%
Webmoney 即時 2%

 

出金方法もさまざまありますので、しっかりと確認しておきましょう。

 

FBSの出金方法のメリット・デメリット

ではここからは、FBSの出金方法のメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

Bitwalletでの出金

ではまずはBitwalletのメリット・デメリットについてチェックしていきます。

出金速度が速い

Bitwalletの1番のメリットは、出金速度が速いという点です。
海外FX業者の場合、なかなか出金ができないと「出金拒否されたのかもしれない」と心配になる方もいるでしょう。

しかし、Bitwalletであればそのような心配をする必要がないので、負担に感じることなく取引を行うことができます。
その上、すぐに出金したお金を異なる使い方ができるという点も便利でしょう。

 

手数料が安い

Bitwallet側では、出金手数料は無料となっています。
しかし、FBSに支払わなければいけない手数料は1ユーロかかってきます。

金額自体はかなり少ないので、あまり負担に感じらずに出金することができるでしょう。

クレジットカードでの出金

ではここからは、クレジットカードでの出金について見ていきましょう。

出金の時間がかかる

クレジットカードでの入金は、即時に着金することができるので、便利に感じる方も多いでしょう。
しかし、出金には時間がかかります。

そのため、不便に感じる方は多くいるようです。
クレジットカードで出金する際には、かなり長い時間がかかることを理解しておきましょう。

それぞれの入出金方法が向いている方

ではここからは、それぞれの入出金方法が向いている方についてご紹介していきます。

 

国内銀行送金が向いている方

国内銀行送金は、より簡単に入金することができる方法です。
そのため、普段使っている方法で手軽にFXを始めたいという方やクレジットカードを持っていないという方、手元にある現金で取引をしたいと思っている方に最適です。

特にオンラインウォレットを使っている方であれば、手軽に取引を始めることができるでしょう。
ただ、銀行に直接送金することはできないので、その点には注意しておく必要があります。

 

クレジットカードが向いている方

クレジットカードでの入出金が向いている方は、すぐに入金したいと考えている方や、手元に資金がないけれども資産を増やしたいと考えている方です。
FXでは急に自分の想定とは異なる動きをするケースもあるので、そのような時には資金を増やす必要があります。
そのような場合に手元に資金がないのであれば、クレジットカードが便利でしょう。

しかし、クレジットカードは出金の際にかなり長い時間がかかってしまうため、その点には十分に注意が必要です。

 

Bitwalletが向いている方

Bitwalletでの入金が向いている方は、よりバランスのよい入出金方法がよいと考えている方です。
Bitwalletでの入出金には手数料がかかりますが、一律となっているので手軽に資金を動かすことができます。
その上、着金も早いので安心して取引をすることができるでしょう。

そのため、より安い手数料で早く取引をしたいと考えている方は、Bitwalletを利用することをおすすめします。

 

仮想通貨が向いている方

仮想通貨での入出金が向いている方は、仮想通貨の取引を普段行っている方や、仮想通貨の取引をFBSで行いたいと考えている方です。
ボラティリティの高い仮想通貨をFXで取引すれば、大きな利益を出すことができます。

その上、FBSには仮想通貨の取引を行うことができる口座が用意されているため、仮想通貨の取引をしたいと思っている場合にはそのような入金方法を選ぶといいでしょう。

出金の際に注意するべきこと

ではここからは、入出金の際に注意するべきことについてご紹介していきます。
ぜひ参考にして、自分に合った入出金方法を選ぶようにしましょう。

銀行口座での出金は不可

FBSでは、現在銀行口座への出金を行うことはできません。
銀行口座での出金は便利と言われているので、利用したいと思う方も多いでしょう。
そのため、この点はデメリットと言えます。

しかし、近年まではFBSへの銀行口座からの入金はできなかったのですが、改善されて可能となっています。
このことから、出金方法についても再度変更されることが期待されています。

 

入金額分は同じ方法で出金する必要がある

FBSも他の海外FX業者と同じように、入金した額分は同じ方法で出金しなければいけないと言われています。
そのため、入金した方法と入金額をしっかりと覚えておき、対応する必要があります。

入出金を行う際には、この点に注意しておきましょう。

 

ボーナスによって出金することができないケースもある

FBSには豪華なボーナスが用意されています。
このようなボーナスを使うことによって、より効率のよい取引を行うことができますが、ボーナスを出金する際には条件が設定されているケースもあります。

このような条件つきのボーナスの場合、出金する際に注意しておかなければいけません。
ボーナスを利用する前に、しっかりと条件を確認しておくようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?FBSにはさまざまな入出金方法があります。
そのため、どの方法を選択するか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

FBSの入出金方法はそれぞれ特徴があるため、どの方法が最適なのかしっかりと判断して選択する必要があります。
自分の環境や取引の方法によってどの方法を選ぶか決めるようにしましょう。

また、FBSは豪華なボーナス等が多数用意されている上に高いレバレッジを使うこともできます。
このような環境を使えばより大きな収益を生み出すことができるので、より効率のよい入出金方法を考えて取引をすることをおすすめします。

おすすめの記事