海外FXでハイレバレッジをうまく活用するにはどんな手法がある?

海外FXの魅力の一つに、国内FXではできないハイレバレッジトレードができる点があります。

しかし、このハイレバレッジのトレードをいきなりやるのはちょっとハードルが高い気もしませんか。

今回は、ハイレバレッジのトレードをどのようにやるのかについて簡単に解説していきます。 

レバレッジとは何か?

レバレッジについては、もう既にご存知の方も多いと思いますので、簡単に説明していきます。

レバレッジとは日本語で「てこの力」を指します。てこというと、重い物を持ち上げるなど、小さな力で本来なら持ち上げられないような物を持ち上げるときなどに使われますが、FXにおけるレバレッジもそのようなニュアンスで、少ない資金で大きな利益を得るためのツールと言えばわかりやすいかと思います。

たとえば、証拠金が1万円の場合、国内FXだと最大レバレッジが25倍までという規制がありますから、25万円分のトレードまでを行うことができます。

一方海外FXの場合は、レバレッジの最大値に規制がありませんから、1,000倍、3,000倍といったような国内FXでは考えられないレバレッジをかけることができるわけです。たとえば、証拠金1万円の場合、レバレッジが1,000倍なら1,000万円です。この分をトレードに充てることができるという仕組みとなります。

ゼロカットで安心・安全を確保する

さて、これほどのハイレバレッジでトレードをするということは、それなりのリスクを負うような気がします。

ところが、海外FXでは「ゼロカットシステム」が採用されています。これは、口座残高がマイナスにならないように強制的にロスカットが発生するしくみで、借金を抱えることがないというものです。

このため、実は国内FXよりも安心かつ安全にトレードできてしまうというのが海外FXの強みとなっています。借金を背負う心配がないとなれば、多少大きめのレバレッジをかけても、証拠金より大きな損失がないことがわかっているので、少し精神的に楽になります。

ハイレバレッジトレードのコツ

さて、いきなりハイレバレッジで取引するぞ!と思っても、不安は残ることでしょう。

「ではどんな方法がいいんだろう?」
「本当にリスクは大丈夫かな?」

そう思ったら、なかなか踏ん切りがつかないかもしれません。

ここからは、ハイレバレッジトレードを行う上でのコツを紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

どれくらいのレバレッジを掛ける?

レバレッジはどれくらいかけることがベストなのでしょうか?

「これくらいがいいよ!」というものは、その人の資産やトレードスタイルによって変わってきますので、一概には言うことができません。しかし、海外FX初心者の方にいきなり「レバレッジ1,000倍でやってみて!」とも言いにくいのが現実です。海外FXの最大レバレッジの平均は大体400~500倍程度となっています。

では、レバレッジ500倍で行うトレードの際の必要証拠金について例を挙げて見ていきたいと思います。ちなみに、「必要証拠金」とは、ポジションを取るために最低限必要となる資金のことです。必要証拠金は資金額とレバレッジの数値によって変動します。

たとえば、レバレッジ10倍の時を見てみましょう。 

取引金額→1万米ドル×100円=100万円
必要証拠金→100万円÷10倍=10万円

  この場合、必要証拠金は10万円となりますね。10万円の証拠金で100万円分のトレードができるというのはこういうことです。

一方で、レバレッジ500倍の場合どうなるのでしょうか。 

取引金額→1万米ドル×100円=100万円
必要証拠金→100万円÷500倍=2,000円

 なんと、必要証拠金がわずか2,000円となります。つまり、2,000円あれば100万円分のトレードができるということです。

このように、FXのレバレッジ制度は、非常に投資効率が良いということがわかります。上の例だと、必要証拠金を減らすために高レバレッジをかけていますが、取引量を増やすためにレバレッジを掛けることもあります。しかし、高レバレッジのトレードの場合は少ない証拠金でトレードを進めていくのがポイントになっています。

少ない証拠金でチャレンジし、こまめに出金する

証拠金として入金したお金は、ゼロカットがあるとしても負ければそのまま無くなる可能性があります。

実は負けている際には慎重になるのでいいのですが、勝ち始めると注意が必要です。少ない資金で運用したとしても、ハイレバレッジを利用することで、あたかもたくさんの資金を持っているかのように錯覚してしまい、更に勝つことでその資金がよりたくさんに増えたと感じるなど、金銭感覚に狂いが生じてくる場合があります。

こうしていくうちに、負けても資金がたくさんあると思って、今度は多額の証拠金を突っ込んでしまうという判断ミスが起こる場合があります。

前述しましたが、証拠金として突っ込めば負けた時にそれが持っていかれる可能性があることは忘れてはなりません。ハイレバレッジで得た大きな利益を失うリスクというのを頭の片隅に置いておく必要があるわけです。

このリスクを低減させるためには、発生した利益をそのまま次のトレードにつぎ込むのではなく、こまめに出金することで損失を抑えることです。ただし、この方法だと、その都度出金手数料がかかるので、口座間の資金移動が簡単にできる会社を利用するのがおすすめです。

先程の例では、2,000円の証拠金で100万円分のトレードができるという話でしたが、2,000円だけ入金してトレードしてしまうと、すぐにロスカットされる可能性があります、少ない資金かつハイレバレッジでトレードする際には、こまめに決済をするスキャルピングトレードがおススメです。 

スキャルピングトレードがよい理由

スキャルピングトレードとは、数秒~数分単位の値動きを狙って決済する超短期間トレードです。

この場合、一回に得られる利益が少ないため、ハイレバレッジを掛けて行うことで資金効率を上げていきます。ハイレバレッジの場合は、ポジションを長く持っていると急な価格の下落によって大きな損失を出してしまう可能性が高くなります。このため、なるべくこまめにポジションを切り替えて、出金するのがおススメの手法となります。

ただし、海外FX業者によってはスキャルピングトレードそのものを禁止しているところがあるので、スキャルピングトレードを許可している業者を選ぶ必要があります。

総資産の5%マイナスで損切りする

これは全体的な資金運用計画の話になりますが、ハイレバレッジでスキャルピングトレードを行っていくと、負けた時に損失も少ないと感じてしまいます。しかし、それを何度も積み重ねると損失は大きくなります。

一般的な人間の心理として、少ない資金の損失なら取り返せるだろうと思ってしまい、何度も何度もトレードに挑み、さらに損失を膨らませるという現象が起きてしまいがちです。そこで、ある一定の損失額になったら損切りするなどして、資産管理を徹底していくことが、ハイレバレッジトレードのコツとなります。

たとえば、資金の5%を損切ラインと設定した場合、10万円の資金なら5,000円の損失が出た時点で損切りする、ということを決めておきます。敢えて損切りを設定せずに、強制ロスカットが発生するまでトレードを続けていると、損失額が大きくなってしまうからです。

こうした細かい管理やこまめな損切りなどを設定することで、ハイレバレッジという環境の中ででも確実に利益を重ねていくことができるようになります。

おすすめの記事