海外FXで一攫千金を狙え!ハイレバレッジトレードのメリット・デメリット

海外のFX口座は、日本のFX口座と比較するとレバレッジ倍率がかなり高くなっています。

そのため、少ない資金でも大きなお金を動かすことができるのが大きな魅力です。

しかし、もちろんハイレバレッジであることによるリスクもあるので、そのメリットとデメリットを事前に理解をしておくことが重要となります。今回は海外FX特有のハイレバレッジについて詳しく説明していきます。

レバレッジとは?

レバレッジとは、直訳すると「てこの原理」ということになります。つまり、自己資金以上の取引額で運用ができるということです。FXはレバレッジがあることによって、少額で大きな取引ができるようになっているため、利益が出しやすいと考えられています。

海外FXは国内よりもレバレッジが高い

国内FXではレバレッジ規制があり、どこのFX業者を使っても25倍が最大となっています。

しかし、海外FX業者はこのようなレバレッジの規制が設けられていない為、平均のレバレッジは400~500倍となっています。FX業者によっては、最大1,000倍、3,000倍という高いレバレッジで運用できるものもあります。その中で自分が設定したレバレッジによって利益が変わってきます。

レバレッジを高く設定していると、少額の資金や少しの値動きでも大きく利益を出すことができるので、海外FXでは一攫千金を狙うことができるのです。

ハイレバレッジのメリットとは?

海外FXのハイレバレッジには、どのようなメリットがあるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

1.少ない入金金額で大きな取引ができる

たとえば、1ドル100円の時に1万ドルの取引をしようと考えた場合に、必要な入金金額が全く違ってきます。

レバレッジ25倍の場合→4万円
レバレッジ1,000倍の場合→1,000円

国内FXと海外FXで比較をしてみると、これだけ必要な金額が違います。

1,000倍のレバレッジをかけると10万円で1億円分のお金を動かせるということです。

もし、国内FXで同じように1億円分の取引をしようと思うと、400万円もの資金が必要になります。このように、ハイレバレッジだと少ない金額でより大きい資金を動かして運用することができ、効率よく資本を増やすことができます。

ロスカットになりにくい

ロスカットとは、保有しているポジションが一定水準の損失を受けた場合、これ以上損失が大きくならないように強制的に保有しているポジションを決済することをいいます。

このロスカットをされるタイミングは各々のFX業者で異なり、証拠金維持率によって定められています。

ロスカットを気にしながらの運用は精神的にもあまりよくありません。レバレッジが高く設定されていると、その分ロスカットラインが下がるので、より安心して運用をすることができます。

一攫千金を狙える

海外FXでハイレバレッジを設定することによって、国内FXよりも少額で大きなリターンを得られるため、その分効率よく資産を増やすことができます。つまり、数万円から数十万円ほどの資金が数千万円~数億円になることも夢ではないということです。

効率よく一攫千金を狙いたいのであれば、海外FXほど適したものはないでしょう。 

ハイレバレッジのデメリットとは?

ここまでハイレバレッジのメリットについてお話をしてきましたが、もちろんハイレバレッジにはデメリットも存在します。魅力的な一攫千金だけを見るのではなく、デメリットを理解しておくことも重要です。

ポジションを増やしすぎて損失を出してしまう

ハイレバレッジ自体に大きなリスクが伴うというイメージを持っている人もいると思いますが、ハイレバレッジにすることが問題ではありません。ハイレバレッジだと、少ない金額で大きく取引ができるので、たくさんのポジションを抱えてしまう人が多くなってしまうのです。

多くポジションを持っていると、その分値動きをした時に出る損益も損失も大きくなります。そのため、ハイレバレッジだと大きく損失を出してしまうケースがあるのです。つまり損失を出している要因は、ハイレバレッジに設定していることではなく、ポジションを多く持っていることにあります。

もちろん一攫千金を狙うために多くポジションを持ち、多く利益を出したいという気持ちは分かりますが、あまり熱くなりすぎずに冷静に判断をすることが重要です。 

ロスカットの確率が高くなる

ハイレバレッジの場合、ロスカットに関してはメリットでもありデメリットにもなります。

レートが逆行した時にハイレバレッジでたくさんポジションを持っていると、その分含み損が大きくなってしまうため、あっという間にロスカットされてしまう危険性があります。特に少額の場合は注意が必要です。レバレッジを高く設定する時には、常に高い証拠金維持率をキープするようにしましょう。

ハイレバレッジ以外の海外FXの魅力

今回は海外FXで一攫千金を狙える要因としてハイレバレッジのメリットとデメリットをお話してきましたが、それ以外にも海外FXには少ないリスクで大きな資本を手に入れることができる魅力的なサービスがあります。

豪華ボーナス

海外FXには豪華な入金ボーナスが設定されていることが多くあります。FX業者によっては入金額の最大100%のボーナスが付与されるという場合もあります。つまり、100万円入金した場合、200万円が反映されるということです。このような豪華な入金ボーナスによって、少ない自己資金でも資金以上の取引が可能になります。このボーナスとハイレバレッジを掛け合わせて行うことでより効率よく資金を増やすことができます。

ゼロカットシステムでリスクを減らせる

急激にレートが変動してFX業者のロスカットが間に合わなかった時は、口座残高がマイナスになってしまいます。通常だとそのマイナス分はユーザーが払わないといけないということです。そのため、相場が大暴落した時等は多くのトレーダーが一瞬の間に数千万円の借金を背負うという事態が起きてしまいます。特に海外FXで高いレバレッジの設定にしていた場合はその損失額も多大なものになってしまいます。そのようなリスクを防ぐためにゼロカットシステムがあります。

このシステムが導入されていることで、マイナスが出た場合も自分で追加資金を払う必要がないですし、借金を背負うこともありません。大きく資金を狙いにいったとしても、損失の最大の金額は入金金額だということになります。このシステムがあることでより安心して運用ができることでしょう。

海外FXで一攫千金を狙おう!

海外FXは国内FXと比較すると、高いレバレッジをかけれたり豪華な入金ボーナスがあることから、少ない資金でも大きな利益を出せるということが分かりました。上手に運用をすれば自分の手持ちの数万円が数百万、数十万円が数千万に変わることも夢ではありません。しかし、高いレバレッジをかけて一攫千金を狙う以上運用にはリスクが伴います。

そのリスクをしっかりと理解をして、事前に大きな損失を出さないような対策が必要です。海外FXといってもFX業者によってその信頼性や行っているサービスは異なるので、安心できるFX業者を選んでローリスクハイリターンになるようにしましょう。

おすすめの記事