FXのレバレッジと計算方法は?

今回はFXトレードをするにあたって、ぜひ知っておきたい「レバレッジ」の計算方法についてお伝えしていきます。

 

FXのレバレッジとは?

レバレッジ」を日本語で言うと「てこ」です。
「てこの原理」を使えばわずかな力で大きなものを動かせますが、FXにおいても本質的には同じ意味だと思ってください。

FXに当てはめて言えば「わずかな資金で、大きなトレードをする」と捉えるべきでしょう。

 

FXのレバレッジの計算方法

さて、FXのレバレッジをかけることで、どれくらいの資金でどれだけのお金を動かすことができるのでしょう?

ここではその計算方法を見ていきます。

 

レバレッジ倍率は

「レバレッジ倍率=トレードしたい金額÷証拠金」

で容易に計算可能です。

たとえば、

トレードしたい金額:100万円
証拠金:2万円

なのであれば、上記の計算方法に当てはめて、

レバレッジ倍率=100万円÷2万円=50倍

という事になります。

筋道立てて計算するよりも「100万円分のトレードがしたいけれど、レバレッジ倍率を50倍にすれば2万円でトレードが可能になる」と考えたほうが理解しやすいかもしれませんね。

 

FXのレバレッジの計算方法:レバレッジ倍率を変更してみると?

さて、ここでレバレッジ倍率を変更してみましょう。

トレード金額:100万円
レバレッジ倍率:100倍

の場合、もちろん

100万円÷100(倍)=1万円

でトレードが可能ということになります。

しかし、

トレード金額:100万円
レバレッジ倍率:25倍

の場合は

100万円÷25(倍)=4万円

も用意しなければならなくなります。

 

極端な例ですが「怖いからレバレッジ倍率は1倍にしよう。でも100万円分のトレードがしたい」などと考えていると、

100万円÷1(倍)=100万円

100万円を準備する事になります。

しかし

トレード金額:100万円
レバレッジ倍率:50倍

この場合は2万円の証拠金があればトレードが可能になります。

トレード金額を上げて200万円にするなら4万円が必要、逆に50万円に減らすのであれば1万円で足りることとなります。

 

なんとなく「レバレッジ」「トレード金額」「必要な元手金額」の関係性についてお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

FXのレバレッジについて持っておくべき意識

FX初心者の多くの方は、「レバレッジ倍率を上げれば、たくさんの金額を動かすことができる」と安易に考えますが、この発想は危険です。

なぜなら、「1万円で100万円分のトレードができる→じゃあ2万円で200万円のトレードがしたい→もっとレバレッジ倍率を上げて5万円で2,000万円のトレードをしよう!」などと感覚がマヒしていき、どんどん自己資金を費やしてしまう可能性があるからです。

ですからレバレッジに関しては、

レバレッジ倍率を上げれば、同じトレード量なのに準備する証拠金を少なくすることができる

と考えましょう。

たとえば
「10万円分トレードするのにレバレッジ倍率が1倍だと10万円用意しなければならない→でもレバレッジを100倍にすれば、1,000円用意するだけでいいから安全!」
という発想です。

 

そもそもなぜFXにレバレッジがあるのか?

「しかし、なんでレバレッジという仕組みが成り立つのだろうか」と疑問に感じた方もいるかと思います。

それを一言で言えば「証拠金がある」からです。

証拠金とは、おおよそ「口座残高」と同じ意味だと考えてください。
FX業者側としては「口座にお金があるし、レバレッジを上げさせてもいいか。その代わり、トレードで損失が出たらその口座のお金をもらうけど」と考えるわけです。

また、「レバレッジが導入された理由」については色々な説がありますが、「通貨」という変動が少ないものを扱う関係上、そのままでは利益が少なくなるからユーザーを呼び込むため、といった説が有力とされています。

 

レバレッジは基本的に高いほうが安全

先ほど触れた「最低限用意しなければならないお金」のことを必要証拠金と言います。
たとえば、レバレッジ50倍、トレード金額100万円なら、必要証拠金は2万円ということになります。

そして「口座にある「含み損」と「含み益」を全て足したもの」のことを有効証拠金と言います。
「口座残高がいくら多くても、含み損が多すぎると有効証拠金が下がってしまいます。

 

次に証拠金維持率について見ていきたいと思いますが、これは

証拠金維持率=(有効証拠金÷必要証拠金)×100

という計算方法で算出できます。

たとえば、

レバレッジ:50倍
トレード金額:100万円
有効証拠金:200万円

だとすると、必要証拠金は2万円ですから、

証拠金維持率=(200万円÷2万円)×100=10,000%

となります。

ここでレバレッジ倍率を上げてみましょう。

レバレッジ:200倍
トレード金額:100万円
有効証拠金:200万円

必要証拠金は0.5万円(5,000円)ですから、

証拠金維持率=(200万円÷0.5万円)×100=40,000%

となります。

証拠金維持率が一定の値を下回るとロスカット(業者の権限で行う強制的な損切り)が発生します。
ロスカットが起きると損失は非常に大きくなるので、証拠金維持率はできるだけ高くしておきたいところです。

だからこそ、「レバレッジ倍率は高いほうが基本的に安全」なのです。

しかし、先ほど触れたように「レバレッジ倍率を高くして、トレード量も上げてしまう」と、結局リスクが高くなります。

よって、厳密に言えば「同じトレード金額ならば、レバレッジ倍率が高いほうが安全」ということになりますね。

 

国内FXと海外FXの最大レバレッジはまるで違う

国内FXの最大レバレッジは25倍まで
海外FXの最大レバレッジは200~1,000倍が多い(平均400~500倍と言われています)

ということで大幅に違います。

  • レバレッジ倍率が高いほうが効率よく稼げる
  • トレード量を守るのであればハイレバレッジのほうが安全

と言えますので、国内FXよりも当然海外FXを利用することをおすすめします。

 

なぜ国内FXのレバレッジは25倍までなのか?

過去には国内FXでも最大レバレッジが200倍や400倍だった時期がありましたが、しかし法規制が進み「25倍まで」に変更されたわけです。
一応「投資家を負債のリスクから守るため」というのが理由だとされています。

ですが、ここまでお読みになった方であれば
「最大レバレッジ倍率を変えても、根本的な解決にはならないのではないか」と感じるのではないかと思います。

本当にFXトレーダーを守りたいのであれば、シンプルに「FXで使える金額は年収の○パーセントまで」などのルールを作るべきですよね。

しかし日本人は、「レバレッジ倍率が高い=とにかく危険!」と勘違いしている人が多いです。全然危険がないとは言いませんが、トレード量を増やさなければむしろ安全です。

 

まとめ:レバレッジの計算方法を覚えてFXで活用しましょう

今回はFXトレードをする上で重要となるとなるFXのレバレッジについての計算方法を紹介しました。

まとめると

  • 用意できるお金×レバレッジ倍率=トレードできる金額
  • でもトレード金額を安易に増やすべきではない
  • 「レバレッジ倍率を上げる=資金が減りにくくなる」と考えるべき
  • レバレッジ倍率が高いほうが基本的に安全
  • マックスレバレッジ倍率が高い海外FXがおすすめ

 

レバレッジの設定は口座開設時に設定することが多く、同じ業者であっても口座によって最大レバレッジが異なるところもあります。
また口座残高によって、レバレッジが制限されることもありますので、初期設定で1,000倍にしていたのに、口座残高が20,000ドルを超えたら200倍に減らされた、ということもあり得ることは知っておきましょう。

おすすめの記事