XMは富裕層にも向いている金融商品!

みなさんは、プライベートバンカーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?プライベートバンカーとは、主に富裕層の資産運用を専門に行う銀行員や証券マンのことです。

ブライトベートバンカーに担当してもらうためには少なくとも億を超える金融資産が必要ですが、富裕層のみが利用することができるプライベートバンクには一般の支店にはない様々な金融商品があります。

そこで今回は、プライベートバンクの話を交えつつ、富裕層が投資をする商品について説明します。また富裕層が海外FX業者「XM」を利用している実態やその理由についても説明しますので是非参考にしてください。

プライベートバンカーとは?

改めてになりますが、プライベートバンカーとは、億を超える金融資産を保有する富裕層のみが担当してくれる資産運用の専門家のことです。

メガバンクや大手証券会社などはプライベートバンク部門を持っており、優秀な担当者をプライベートバンカーとして富裕層の担当者にしています。

プライベートバンカーになるためには豊富なマーケット知識が必要ですし、高い人間力が求められますので総じて担当者のレベルが高いことが特徴です。

 

また、プライベートバンカーは、資産運用の相談だけではなく顧客のプライベートな相談にも乗ります。

たとえば、顧客の子供の進学先の相談を受けたり、旅行先のコーディネートをすることもあり、プライベートバンカーはまさに富裕層にとって良き相談相手なのです。

通常のメガバンクや大手証券会社の支店にいる営業マンの担当顧客数は300人から500人程度が一般的です。しかし、プライベートバンカーが担当する顧客は10人以下であることがほとんどです。

優秀なプライベートバンカーが厳選された顧客のみを担当することになりますし、プライベートバンカーは基本的に異動がないのでより濃密な生涯のパートナーとしての関係を築くことができます。

 

このようにプライベートバンカーに担当してもらうことには様々なメリットがありますが、この記事を読んでいる方の中には、富裕層はどのような金融商品を購入しているのか気になる方も多いことでしょう。

そこで次からは、プライベートバンカーが提案する資産運用商品について紹介していきます。

富裕層が主に利用する商品とは?

プライベートバンカーが、担当顧客である富裕層に提案する金融商品は、一般の支店で販売されている金融商品とは全く違うものになります。

支店では、投資信託や株式、保険商品、債券などが販売されていることが多いですが、プライベートバンカーが販売する投資信託や債券は非常に内容が良いです。

たとえば、投資信託の場合、一般の人では購入することができないプライベートバンカー専用の投資信託があります。

当然、富裕層から多額のお金を集めて運用することになりますので、運用会社も非常に力を入れる傾向にあり、運用実績が良いことが多いです。

また、債券に関しても、一部の人しか利用できない仕組債や私募債を利用することができます。

仕組債に関しては、一般の人でも購入することができますが、一般の人が購入することができる仕組債はあらかじめ条件が決められており、自分好みにカスタマイズすることができません。

 

しかし、プライベートバンカーが提案する仕組債の場合、顧客の意向に沿っていくらでもカスタマイズさせることが可能です。

ノックインレベル(元本が割れる水準)を現在の価格の30%程度まで下げることも可能になります。

一般で販売されている仕組債の場合は、ノックインレベルが60%から70%程度のものが多いので、いかに富裕層が利用する仕組債は安全性が高いかわかるでしょう。

また安全性だけではなく、銀行や証券会社など仕組債を組成する金融機関が受け取る手数料を低くすれば、顧客の金利を上げることもできます。

投資対象によってはノックインレベルを30%程度まで下げても、年率5%程度の金利をつけることが可能です。

つまり安全性は極めて高く、それなりの金利を取れる仕組債を富裕層は利用をしているのです。

 

私募債に関しても、少数の投資家からお金を集めて組成するので、一般的なファンドに比べて運用の柔軟性が広く高い運用成績を期待することができるのです。

投資対象も多岐に渡っており、通常、なかなか投資することができない新興国の事業などに投資することも可能になります。

このように、プライベートバンカーに担当してもらうことができると、一般では出回っていない様々な有利な商品を提案してもらうことができるのでプライベートバンカーと付き合う価値は非常に高いといえるでしょう。

富裕層の理想的なポートフォリオ大公開!

富裕層の考え方や年齢にもよりますが、理想的なポートフォリオ(例)は以下の通りです。ちなみに総金融資産を10億円と仮定しました。

富裕層の理想的なポートフォリオ
  • 現預金…2億円(20%)
  • XM(海外FX業者)…1億円(10%)
  • 株式・投資信託…2億円(20%)
  • 債券(仕組債)… 3億円(30%)
  • 債券(米ドル建てゼロクーポン債・利付債)… 2億円(20%)

    なぜこのポートフォリオが良いかというと、現預金に2億円残しておけば、相場が下落したときにナンピン買いなどの選択肢が取りやすいからです。

    XMはリスクは高いですが莫大な利益が得られる可能性がありますので、総金融資産の1割程度であれば海外FXの「XM」を利用して投資するのが良いでしょう。

     

    株式や投資信託については、短期間で見ると大きく値下がりしてしまう可能性はありますが、中長期で見ると大きく上昇することが多いのでやはりポートフォリオの中心に置いておくべきです。

    仕組債については一般の方が購入できるパッケージ型の日経平均株価に連動する仕組債だと購入する意味があまりありません。

    富裕層が利用できる仕組債は、先ほども説明しましたが自分好みにカスタマイズでき、条件を非常に良くすることができるので、世間一般でイメージされている仕組債とは全く違う商品になります。

    例えば、日経平均株価に連動する仕組債の場合でも、ノックイン価格を30%まで下げて、2%程度の金利を確保することも可能でした。

    もちろん金利情勢などによって組成できる限界はありますが、金融機関が取る手数料を極力少なくすることによって、内容の良い仕組債の組成は可能です。

    内容の良い仕組債であれば元本割れを起こす可能性は極めて低くなりますので、ポートフォリオの中心に置くべきでしょう。

     

    また、米ドル建の債券についても保有しておくべきです。

    日本の円の価値がなくなることは無いかと思いますが、これだけ借金があり、資源もない、経済成長もここ30年間していない国の通貨なのでいつ暴落するか分かりません。

    日本円の世界的な価値がなくなったときに備えて基軸通貨である米ドル建の債券は保有しておくべきでしょう。

    富裕層はお金を増やすよりも守ること・次世代に引き継ぐを考えている

    富裕層の投資の理想的なポートフォリオについて紹介しましたが、富裕層はお金を増やすよりも守ることや次世代に引き継ぐことを考えています。

    相続税の最高税率は55%なので、相続対策を全く行わないと半分以上の資産がなくなってしまいますので、相続対策は富裕層にとって必須です。

    もちろん、先ほどお示ししたポートフォリオでお金を守りつつしっかり増やしていくことも必要でしょう。

     

    ただし、ある程度の年齢になった場合は、投資の比率を下げて相続対策になる「生命保険」を利用する富裕層が圧倒的に多いです。生命保険は、法定相続人×500万円の非課税枠がありますし、スムーズに相続人にお金を残せる特徴があります。また、生命保険の中には一括で保険料を支払える一時払い終身保険というものがあります。

    一時払い終身保険の中には、米ドル建やオーストラリアドル建ての保険もあり、日本円に比べて大きな保険金を残すことが可能です。米ドル建ての商品の中には年齢にもよりますが、保険料の3倍程度の保険金が出るものも少なくありません。

     

    残された家族のために保険を用意することで相続税の支払いに充てることが可能です。

    富裕層は、インフレからお金の価値を守るためにある程度増やしつつ次世代に引き継ぐための相続対策もしっかり行う必要があります。

    年齢やタイミングによって富裕層の多くはポートフォリオを変える傾向にありますのでぜひ参考にしてください。

    海外FX「XM」をポートフォリオに組み入れるメリットは大きい!

    富裕層の多くは、次世代にしっかりと資産を残すのが主な目的ではありますが、資産をしっかり残すためにはお金を増やす必要があります。

    富裕層のポートフォリオの中心は株式や債券などで決してFXではありません。しかし、多くの富裕層は、FXをポートフォリオに組み入れています。なぜなら大きく増やせる可能性があるからです。

    その中でも、海外FXの中で最も人気のある「XM」は多くの富裕層にも支持されています。XMは、皆さんご存知の通り最大1,000倍のレバレッジがかけられますので一瞬にして大きな利益を得ることが可能です。

     

    また、富裕層の投資資金は、FXに振り向ける割合が少ないといってもそれでも1億円以上になるのは珍しくありません。

    1億円の投資資金でXMを利用してFX投資を行えば、証拠金にかなり余裕を持たせて取引ができますので、安定した取引が可能でしょう。

    決して大きなリスクを取らなくても資金効率の高い取引ができるので多くの富裕層は海外FXの中でも「XM」を愛用しているのです。

    富裕層の多くが利用している海外FX業者「XM」は自信を持っておすすめできる!

    このように、海外FX業者「XM」は富裕層の方でも利用している方は多いです。皆さんの中には、FXで資産運用するのが怖いと思ってらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、XMは自信を持って万人におすすめできる海外FX業者なので安心してください。

    給料が上がりづらく終身雇用が崩れている今、資産運用を行う事はもはや必須になっています。富裕層のポートフォリオを完全に真似するのは難しいかもしれませんが、海外FX「XM」はすべての方が実践できる運用商品です。

    富裕層が使っている海外FX業者「XM」で皆さんも大きな利益を狙ってみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    今回は、富裕層のポートフォリオの考え方について説明をしました。富裕層と聞くと安定的な投資をしているイメージがあると思います。確かに安定的な投資が中心ではありますが、海外FX業者「XM」を利用して資産運用している富裕層も決して少なくは無いはずです。

    ぜひ今回の記事を参考に富裕層のポートフォリオについての理解を深め、ご自身の運用の戦略に一部入れてみてはいかがでしょうか。

    最後に海外FX「XM」の口座別のスペックをまとめておきましたので参考にしてくださいね。

     

    スタンダード口座

    (STP)

    マイクロ口座

    (STP)

    ZERO口座

    (ECN)

    最低入金額 5$ 5$ 100$
    最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 500倍
    ゼロカットシステム
    ボーナスやキャンペーン 口座開設3,000円ボーナス

    入金100%ボーナス+20%ボーナス

    取引キャッシュバック

    口座開設3,000円ボーナス

    入金100%ボーナス+20%ボーナス

    取引キャッシュバック

    口座開設3,000円ボーナス
    マージンコール 50% 50% 50%
    ロスカットレベル(強制ロスカット水準) 20% 20% 20%
    ストップレベル 4.0pips 4.0pips 4.0pips
    ロット単位 100,000通貨 1,000通貨 100,000通貨
    最小取引量 1,000通貨

    (0.01ロット)

    10通貨

    (0.01ロット)

    10,000通貨

    (0.01ロット)

    最大取引量 500万通貨

    (50ロット)

    10万通貨

    (100ロット)

    500万通貨

    (50ロット)

    取引手数料 無料 無料 1.0pips
    取引方式(DD方式とNDD方式) NDD方式 NDD方式 NDD方式
    スプレッド

    (ドル円)

    1.6pips 1.1pips 0.1pips
    取引ツール(取引プラットフォーム) MT4・MT5 MT4・MT5 MT4・MT5
    取引銘柄 57種類 57種類 56種類
    登録方法 日本語可能 日本語可能 日本語可能
    信頼性(安全性)の高さ 高い 高い 高い
    入出金の方法 豊富 豊富 豊富
    税金 総合課税 総合課税 総合課税
    日本語対応 十分 十分 十分

     

    おすすめの記事